• 締切済み
  • 暇なときにでも

ブラックホールと特異点について

全くの素人です。 星に関する本を読んでいて疑問に思ったことがあるのですが、教えて下さい。 太陽より数十倍もの質量を持つ恒星は、晩年期に超新星爆発を起こし、ブラックホールを形成すると、説明されています。 ブラックホールとは恒星が爆縮を起こして形成されたなんらかのコア(縮小しきれなかった星は中性子星ですよね?)からの重力の影響範囲の一部であって、光すら脱出できない部分のことですよね? では、ブラックホール程の重力を形成するに至ったコアの部分は理論的にはどれ位の大きさなんでしょうか?(観測できないからブラックホールなんでしょうし、理論で結構です) また、どんどん縮小していって今の科学理論が追いつかなくなってしまう部分からを特異点と理解しているのですが、どれくらいの大きさからなのでしょうか? 私の頭では無限大に小さくしてしまうと物体そのものが完全に消えてしまい、ブラックホールそのものもないじゃん!ってことになってしまうものですから。。。 私の理解で間違っている部分の指摘も宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数478
  • ありがとう数6

みんなの回答

  • 回答No.8

特異点など「解」が得られない部分が存在する以上、理論じゃ無いと思う罰当たり者です。 数学の世界では、ポアンカレ予想のように「後一歩!」に見えた天才数学者達の想像を絶する方法で「解」を得る論理方程式出して来て、「解が得られちゃった・・」事も有りますので、まずは相対性理論+特殊相対性理論が本当に正しいのか?を検討しなければ解決まで至らないかと思います。 スーパーコンピューター駆使してバリバリ検証させちゃっている偉い物理学者様達でもまだ解」を得るまで「後一歩!!」みたいなので、相対性理論が全部転覆するという大ハプニングが起きる可能性さえ有ります。 まだまだ、今後の検証や新しい側面からの研究を待つ必要が有るかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ブラックホールの大きさについて

    ブラックホールの大きさについて 大質量の恒星が超新星爆発した後、自己の重力によって無限に収縮していき、やがて密度無限の特異点となる。 これがブラックホールであるということですが、つまりブラックホールとは点であり、直径などの概念はないのでしょうか? よく大きさは云々と書いてありますが、これはシュバルツシルト半径の大きさのことと考えてよろしいのでしょうか?

  • ブラックホールに落ちる粒子についてと特異点について。

    ブラックホールとは光すら脱出できない星の最期の果てですよね? またアインシュタインの特殊相対性理論によると、ある粒子を光速まで加速するには無限大のエネルギーが要るとのこと。つまり実在は確認されていませんが、タキオン等最初から超光速で飛んでいる粒子を除けば、真空中の光速度を越えることはできないということですよね? だとしたら、事象の地平線を越えて落ちてゆく粒子は重力に加速されて光速度を越えたことにならないのでしょうか?私はどこを誤解しているのでしょう? また、ブラックホールの最深部の特異点とは数学的な点(つまり大きさを持たない)なのでしょうか?ということは事象の地平線を越えて落ちていく物質はすべてなくなるということ??それとも数学的な点ではなくて、例えば無限小の体積を有するということなのでしょうか?それとも数学的な点=大きさを持たないという前提が間違っているのでしょうか? いろいろ質問しました。欲張りですみません。

  • ブラックホールを伴う連星系の生成過程は?

       有名な、はくちょう座のX1を初めとして、ブラックホールと推測される天体が連星系を形成しているケースが複数発見されていますが、これらの連星系はどのように形成されたのでしょうか? 現在定説とされる恒星の進化(成長)モデルでは、ブラックホールとなる大質量の恒星は、重量崩壊の前段階で、 赤色超巨星 → 超新星 という過程を通るはずで、近傍に存在する恒星は、この超新星爆発の際に「巻き添え」を食って、一緒に吹き飛ばされるか、遠方にはじき飛ばされると思うのです。  にも関わらず、潮汐力の強い影響を受けるほどの至近距離を公転する伴星が存在しているということは、これらは元来の連星系ではなく、元々別の場所で単独に存在した2つの星が偶然接近した際に互いの重力で捕捉し合って連星系を形成した、と考えないと説明が付かないと思うのですが、この推論は妥当でしょうか?  連星のペアの一つが「中性子星」の場合も同様の疑問が生じますが、同じ解釈でよいのでしょうか?  

  • 回答No.7
  • hiffam
  • ベストアンサー率0% (0/0)

 ブラックホールという天体の概念はシュバルツシルトがアインシュタインの重力場の方程式を半径ゼロに質量が集中した質点(=数学的にいうと特異点)を仮定して解いたことに始まります。というのもアインシュタインの重力場の方程式は数学的に解くのが難解で質量に半径を持たせると解けなかったからです。ゼロが特異点といわれるゆえんで重力はおのずと無限大となり数学的には発散します。よって脱出速度は光速を超えて何もそこからは出てこれないというブラックホールの考え方生まれました。実際には重力無限大なんてありえませんので実際にはその質量集中度合が増すと重力はこれに比例して強くなりブラックホールになり得ると考えられています。このブラックホールの大きさはその質量により脱出速度が光速を超える半径(シュバルツシルド半径=時空の地平線)で r=2GM/C^2 G:重力定数 M:質量 C:光速 ちなみに地球の質量であれば半径1cmとなります。言い換えれば地球が半径1CM以内に収縮できればブラックホールになり得るとなるわけです。アインシュタインの一般相対性理論によれば質量を持った物質を光速で運動させる為には無限大のエネルギーが必要となる為(だから光子に質量は与えられていません)この半径内は実質重力無限大といえます。これが宇宙物理学上一般的な特異点問題です。  しかしこのような質量の集中が実際に起こるかどうかはわかりませんでした。しかし天体の進化の過程で起こる可能性があることがわかってきました。太陽の6倍以上の質量のある天体は自らの重力え自らを圧縮内部加熱をして核融合を進め(質量により内部の温度は決まり核融合がどこで止まるか決まります。太陽は水素がヘリウムになる時点で止まります。)最後は超新星爆発を起こします。ここで外層が飛び散った後中心に中性子からなる非常に密度の高い星が残る場合がありますます。これが中性子星でその質量が太陽の2倍あれば安定して存在し得るといわれています。この質量がかなり大きい場合は自らの重力で量子力学的に重力崩壊を支えきれずに果てしなく収縮してシュバルツシルト半径を形成しそうだと考えられています。  量子力学的に考えれば質量とエネルギーは等価でただ単に形を変えたものですので中性子もクオークに崩壊このクオークも崩壊してエネルギーにこのエネルギーがみちみちているような想像を絶する世界です。とてつもない高エネルギーですので未知の粒子の形をしているかも知れません。以上あくまで理論的な話でブラックホールは観測できませんし/こんな高エネルギー状態の実験もできませんので真偽はいまだ謎です。  

参考URL:
http://www3.osk.3web.ne.jp

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
  • furu007
  • ベストアンサー率46% (14/30)

ttstさんがお書きになられた、事象の地平線(シュバルツシルト半径)は ブラックホールの「大きさ」の一つの指標です。 事象の地平線に入り込んだ光は、そこから抜け出る事が出来ません。 我々が物を見る時には、下記の2種類の見方があります。 1、その物が光っていて、その光を見る。 2、その物に他からの光が当たり、その光が反射した物を見る。 項2を拡張すると、真っ黒な物の後ろに光があって、その真っ黒な物が光を遮って影となって見える事も言えます。 ブラックホールはまさにこの状態です。 (厳密では無いですが)この時の「影」の大きさが ブラックホールの大きさ(の定義の一つ)と言えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • ttst
  • ベストアンサー率37% (10/27)

すいません、補足です。 重力はその中心点からの距離の2乗で弱くなります。したがって、私達の太陽をりんごの大きさまで圧縮しても、太陽と地球の距離が変わらない限り地球は、太陽ブラックホールの周りを1年で一周し続けます。りんごの大きさの太陽ブラックホールに近づいて行けば行くほど重力が強くなりある所を境にして、脱出速度が光速を超えます。このある所は、球面上にあって、これを事象の地平面といいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • ttst
  • ベストアンサー率37% (10/27)

私達の太陽をりんご程度の大きさまで圧縮するとブラックホールになります。 この場合のブラックホールは、りんごぐらいの大きさですね。  重力の物をひきつける作用を引力と言いますが、この引力からのがれるためには、重力の方向に対して直角(正確にはベクトルですが)に直線運動すればよいのです。私達の地球の引力からのがれて宇宙へとびたすためには、秒速8kmぐらいのスピードが必要です。これを、脱出速度といいますが、この脱出速度が光の速さを超えてしまうような天体をブラックホールといいます。脱出速度を決めるのは、引力の強さ、つまり重力ですね、重力というのは、重さのことです。したがって、理論的には、脱出速度が光速を超えるようなすごく重い天体であれば、それが土でできていようが、水でできていようがブラックホールです。ただ、そんなに重くなると重力崩壊といって全ての原子核の周りにある電子がすさまじい重力によって原子核の中の陽子に押し込められてしまい全ての原子核は中性子になってしまうのですね、だから、プラックホールは中性子だけでできていてます。そして、中性子だけになってしまうと重力崩壊は、止まります。もうこれ以上圧縮できないところがあるわけです、そこまで行ったら、その中性子星の大きさが確定します。そして、その中性子星の脱出速度が光速を超えるほど重ければブラックホールとなる訳ですね。  無限大に小さいのではなく大きさは確定できます。重力が無限大になる可能性をもっているから特異点といわれている訳です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

以前、私が見たところを下記に紹介します。具体的な大きさまでは載っていないようですね。すみません。 これに対して、下記のようなものもあります。 http://www3.osk.3web.ne.jp/~redshift/th1.html ご参考になれば幸いです。

参考URL:
http://www.st.rim.or.jp/~naot/death.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • alfeim
  • ベストアンサー率58% (114/195)

#専門家ではないので間違ってるかもです ブラックホールはその重力の強さで周囲の空間自体を捻じ曲げてしまいます。 ここで問題になってくるのは「大きさ」すなわち「長さ」は何を基準に決めるか?という事になってきます。 我々が住む通常空間においては光速を元に決定されているわけですが、そうすると光すら脱出不可能=光が進めない=距離は存在しない という事が成り立ってしまうわけですよね? ブラックホールは無限に「潰れて」いるわけですから大きさは当然0、という事になりますが、周囲の空間の曲率は無限に大きくなり、且つ光も進めない=距離も無いという事になるのではないでしょうか? そうすると物差しが無いため、大きさは当然測れない、という事になると思います。 #私の適当な回答よりも識者の方がちゃんとした解答をつけてくれる事を求む(^^;

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

私も一般人なので、詳しい人が訂正や補足をしてくれると期待して。。。 中性子星って、巨大な重力に原子が押しつぶされて、原子核に電子が取り込まれちゃって中性子になった物質でできた星ですよね。ある重力ではそこで安定するんでしょうが、もっと大きい重力では、中性子だけになった物質も更に押しつぶされて行くということだと思います。こうなっちゃうと、もう重力に抗う力は何もなくて、無限に小さくなる、これがブラックホールって思ってます。従って、感覚的には、何も無いような所に巨大な重力だけが存在する、って感じでしょうか。だから大きさって無いんじゃないですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ブラックホールの存在を信じていますか?

    銀河の中心には大質量ブラックホールが鎮座しているとか、 超新星爆発の後にブラックホールが誕生するとか、 恒星と連星をなして降着円盤やジェットを形成しているといった話を どの程度、信用していますか? また、ブラックホールについて、どのようなイメージを抱いていらっしゃいますか? 教えて下さいませ。

  • 中性子星 ブラックホール 超新星爆発

    いつもお世話になります。 数ヶ月前ですが、NHK教育の番組で、太陽の1.4~3倍の質量の恒星は、中性子星になり、それ以上重たい恒星はブラックホールになる、と言ってました。 私の昔の記憶では、3~8倍が「中性子星」で、それ以上が「ブラックホール」だったような気がしたのですが、NHKの、しかも科学番組で言っていたので、私の記憶違いは明らかです。 そこでインターネットで「超新星爆発」について調べてみました。 しかし、明確な記述が無かったり、あいまいな記述しか私の探した範囲では見つからず、分からなくなってしまったのですが、「超新星爆発」は我々の太陽の質量の何倍から起こるのでしょうか? 私は単純にブラックホールになる恒星は、イコール「超新星爆発」をする、と思っていたのですが、インターネットの記述を見ていると、どうもそうでもないような気がしてきました。 また、合わせて教えて頂きたいのですが、我々の太陽は、赤色巨星から白色矮星へと、その最期をたどるのは知っているのですが、「中性子星」になるような恒星は、どのような最期を迎えるのでしょうか? 詳しい方がおられましたら、お教えください。

  • 超新星爆発の仕組み

    はじめに私は天文関係は好きなのですが、文系出身で知識不足であることをお断りします。 超新星爆発の仕組みについてお伺いします。 太陽の数倍もの質量を持つ恒星の場合、星の一生の最終場面で、超新星爆発が発生することは良く目にします。 恒星中心部の核融合が止まり、原子核内の反発力を超えて、自らの質量に耐え切れず突然収縮してしまうところまでは分かります。その結果として、中性子星やブラックホールが作られるのも科学雑誌等で目にすることが出来ます。 しかし、「つぶれる芯から出るエネルギーの流れは、宇宙空間に星を破壊して吹き飛ばしてしまいます。」等の記述が理解できません。 単純に収縮時に発生する衝撃が収縮の重力よりも勝っている為に爆発を起こすのでしょうか?それとも、収縮結果として生成される中性子星等で余る物質が放出されるという意味なのでしょうか? 原子核を押しつぶす程の重力が発生しているのなら、なぜそれにつられて星全体が収縮してしまわないのかが分かりません。 どなたか解説して下さるか、関連HPを紹介していただければ幸いです。 宜しくお願いします。

  • 中心にブラックホールがない、銀河はあるのか?

    ナショナルジオグラフィックの番組で 『“ほとんど”の銀河はその中心にブラックホールを持つ』という解説がありました。 稀にでも、ブラックホールがない銀河ってありうるのでしょうか?  (超新星爆発を起こしていない巨大な引力をもつ恒星が銀河の中心にあったりするのか?) ブラックホールがない銀河の形成過程を教えてください。 ※私は宇宙のTV番組をたまに見ますが、知識ゼロです。 お手数ですが出来る限り、簡単にお願いいたします。

  • ブラックホールの存在

    星が超新星爆発したあとにできるとされているブラックホールは本当に存在するんですか?もしそういう専門の方がいたら、簡単でいいので、その説明もしてもらえると嬉しいです。

  • ブラックホールと恒星の重力

    星などの物体がおよぼす重力の影響は、 その物体の中心からの距離と質量で決まるという認識でいるのですが、 ブラックホールのもとになるような恒星の中心部分では、 ブラックホールと同じ重力があるのでしょうか? とすると、大きな恒星の中心からは、 光や物質がでてこれなくなると思うのですが? 初歩的なことを聞いているのでしょうが、 どなたか教えていただければ幸いです。

  • ブラックホールの誕生について

    ・ブラックホールはなぜ恒星の爆発でなくてはならないのですか ・爆発によってなぜ重力が急激に増大して星は萎縮するのですか ・恒星の大きさによって、ブラックホールにならないものがあるのはなぜですか ・恒星はなぜ爆発するのですか。また、その爆発の原理はどのようなものですか 初心者です、簡易な解説をお願い致します

  • ブラックホールとは何か

    ブラックホールって一体なんなのでしょう?僕が聞いたことがある話では、なんでも吸い込む穴。また別の話では、恒星が古くなり、自分の重力で潰れ、なおも重力が増していった星の原型もなくなったただの重力。ワームホールの入り口(?)などです。辞書で調べましたところ、恒星が、進化の最終段階で限りなくくずれ落ち、中心部が光を吸収するほどの超高密度になった天体。だそうです。でもなぜ重力が光を吸い込むのでしょう? ブラックホールに詳しい方、もしくは豆知識的なものをご存知の方、どんなことでも結構ですので教えて下さい。お願いします。

  • ブラックホールの状態

    ふとした疑問なんですが、重力は地表が最も強いので中心近くはブラックホールではないのじゃないでしょうか? いや圧力はかかってるからブラックホールかな? 例えば私が、ブラックホールに落ちてみます。 どんどん落ちて行きますが、落ちるのは私の話で、外から見てる人にとっては止まってしまうと思います。 そこで、現在、と言う意味ではブラックホールに落ちきった物はないんじゃないでしょうか? 新星爆発が起きた時、内向きの力を受ける中心付近じゃない場所は圧力によって 光速に近い速度で中心(ブラックホール)に向かっていきますが、 それは古いブラックホールでも現在ではまだ爆発を受けた直後の状態として存在してるのではないでしょうか? ではもともと中心だった場所はどうなっているのでしょうか? まだブラックホールになってない、限りなくブラックホールに近いけどブラックホールになっていない状態のような気もします。 と言うか新星爆発の爆発はどこで起きるんだろう。 なんと言うかギリギリ光も抜け出せないかのように見える限りなく特異点に近い特異点じゃない場所と言うような気もします。 よく分かりません。 そもそも爆発の計算の段階からよくわかりません。 よろしくお願いします。 (元からあって回転しなくて静かなブラックホールくらいなら分かるくらいの感じです。ジェット?ナニソレ状態です)

  • ビッグバンとブラックホール

    ずっと疑問に思っていたことです。 ビッグバンとは、無限小の大きさの空間に宇宙の全質量が詰まっている「特異点」が爆発し(=大きさがどんどん広がり)、今の宇宙ができたと理解しています。 一方、「特異点」があるブラックホールとは、密度が大き過ぎて、強い重力のため光すら脱出できない小さな天体(領域)と理解しています。 ということは、ビッグバン自体が「密度が大き過ぎて、強い重力のため光すら脱出できない小さな天体(領域)」なので、爆発的に広がれないと思うのですが。 何で、ビッグバンの特異点は爆発的に広がることができて、ブラックホールの特異点は広がれないのでしょうか?