• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ブラックホールの存在を信じていますか?

銀河の中心には大質量ブラックホールが鎮座しているとか、 超新星爆発の後にブラックホールが誕生するとか、 恒星と連星をなして降着円盤やジェットを形成しているといった話を どの程度、信用していますか? また、ブラックホールについて、どのようなイメージを抱いていらっしゃいますか? 教えて下さいませ。

noname#168349

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数9
  • 閲覧数92
  • ありがとう数12

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
noname#227567

個々人の信じてる・信じてないなら・・・・・・・・・・ キリスト教徒の終末思想(どれだけ環境を破壊しても、「神」が降臨すれば世界を『人間(キリスト教徒だけ)』のために再生させたもうから何の問題も無いという無責任の極み=某A国大統領は公言しましたね) や、「いんてりじぇんとでざいん・そうぞうかがく」だの、天動説だの、一種類づつ収容した「ノアの箱舟」その他、「敬虔で真摯なキリスト教徒」が生涯をかけて「解き明かした宇宙の真実」なんかよりも、一介の凡庸な(語弊がありますが…)現代科学の研究学者の研究成果や仮説の方を信じます。 ブラックホールですか…?接近とともに少しづつ強くなる引力が、「事象の地平(面)」を超えたとたん、一気に「むしりとる」でしょうか。 潮汐力で引き伸ばして細切れにするのが実際の予想モデルだそうですが。(こっっちは参照意見程度のものです)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

宗教的な宇宙観は論外かなと思いますが、 科学の描く宇宙観でさえ数十年後には大きな変貌を遂げているかもしれませんね。 回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 中心にブラックホールがない、銀河はあるのか?

    ナショナルジオグラフィックの番組で 『“ほとんど”の銀河はその中心にブラックホールを持つ』という解説がありました。 稀にでも、ブラックホールがない銀河ってありうるのでしょうか?  (超新星爆発を起こしていない巨大な引力をもつ恒星が銀河の中心にあったりするのか?) ブラックホールがない銀河の形成過程を教えてください。 ※私は宇宙のTV番組をたまに見ますが、知識ゼロです。 お手数ですが出来る限り、簡単にお願いいたします。

  • ブラックホールを伴う連星系の生成過程は?

       有名な、はくちょう座のX1を初めとして、ブラックホールと推測される天体が連星系を形成しているケースが複数発見されていますが、これらの連星系はどのように形成されたのでしょうか? 現在定説とされる恒星の進化(成長)モデルでは、ブラックホールとなる大質量の恒星は、重量崩壊の前段階で、 赤色超巨星 → 超新星 という過程を通るはずで、近傍に存在する恒星は、この超新星爆発の際に「巻き添え」を食って、一緒に吹き飛ばされるか、遠方にはじき飛ばされると思うのです。  にも関わらず、潮汐力の強い影響を受けるほどの至近距離を公転する伴星が存在しているということは、これらは元来の連星系ではなく、元々別の場所で単独に存在した2つの星が偶然接近した際に互いの重力で捕捉し合って連星系を形成した、と考えないと説明が付かないと思うのですが、この推論は妥当でしょうか?  連星のペアの一つが「中性子星」の場合も同様の疑問が生じますが、同じ解釈でよいのでしょうか?  

  • ブラックホールの大きさについて

    ブラックホールの大きさについて 大質量の恒星が超新星爆発した後、自己の重力によって無限に収縮していき、やがて密度無限の特異点となる。 これがブラックホールであるということですが、つまりブラックホールとは点であり、直径などの概念はないのでしょうか? よく大きさは云々と書いてありますが、これはシュバルツシルト半径の大きさのことと考えてよろしいのでしょうか?

その他の回答 (8)

  • 回答No.9

存在は信じてます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そろそろ回答を締め切ろうと思います。 回答ありがとうございました。

  • 回答No.8
  • dell_OK
  • ベストアンサー率10% (472/4469)

え?え?え? ブラックホールの存在はウソなのですか。 完全に信じています。 黒い穴のイメージかな。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そろそろ回答を締め切ろうと思います。 回答ありがとうございました。

  • 回答No.7
  • Nannette
  • ベストアンサー率26% (1499/5698)

恒星と連星をなして降着円盤やジェットを形成しているという話はここではじめて知りました。また、ブラックホールは銀河の中心にだけでなく、この宇宙に無数無限に存在するとされています。 ブラックホールは超新星爆発の後に反作用として起きる超収縮作用によって物質がふたたび集まりはじめ、地球上では想像もつかないほどの密度に収縮しますが、猛烈な密度が生み出す巨大な引力がさらに周辺の何かもを引き寄せ、さらに密度と引力を高めます。その結果、空間までもを歪めてしまうことにもなりますが、その終末は、耐え切れないまでに高くなった密度と、それによって起きた超高温によってプラズマ化した元素が、また再び爆発を繰返すといった構造で信用しています。 この宇宙を構成する空間もまた、別の空間において存在したブラックホールによって歪められた結果出来上がったものだと考えられていて、ビッグバンがその歪曲の最初の現象であったとされる、こうしたことはリーマン幾何学では既に解析された事実とされてます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

物体がブラックホールに落ちる際には莫大な重力エネルギーが解放されますから、 爆発を繰り返しているような系も観測されているかもしれませんね。 宇宙論のいうことについては、私にはあまりイメージできていません。 凡人の理解を超えているというか・・・。 回答ありがとうございました。

  • 回答No.5
  • debukuro
  • ベストアンサー率19% (3635/18948)

光速度が有限であり光が重力に引かれるのなら当然存在する

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 経験者ということは、学者か何かでしょうか? ブラックホール周辺の現象については未解明の部分が多く、 何光年もの距離にある天体を研究するのは難しいと、つくづく感じます。

  • 回答No.4
  • dogday
  • ベストアンサー率29% (2314/7952)

ブラックホールとかダークマターは物質的なものじゃなく、何もないがそこにあるんです。 見える見えない信用するしないじゃなくて、何もないものがそこにあってくれないとその周囲に物質が存在できない、鏡の中のような正負の因果関係。 特殊相対性理論とか素粒子論を勉強すれば、次元の感覚は誰でもつかめますよ。 見えないものがあったりなかったりって、ガスでの窒息とかで一般生活にもありますし、火薬の爆発もブラックホールと似たような現象が発生します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 ダークマターに関しては存在するとまでは言い切れないと、私は考えています。 宇宙空間を満たしているにもかかわらず、観測に掛からない物質があるのかと。 そもそもダークマターという名称自体がよく分からないものに対する仮名のようなものですからね。 陳腐なまとめではありますが、観測技術のさらなる発展に期待します。

  • 回答No.3
  • ota58
  • ベストアンサー率27% (219/796)

磁石 いすれ吸引物(隕石など)で大きくなればブラックホールでなくなる。 地球ぐらいの大きさもいらない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 隕石等を吸引させてブラックホールの質量を増やすと さらに質量の大きいブラックホールになるらしいですよ。 なんか身も蓋もないですね。

  • 回答No.2
  • tomban
  • ベストアンサー率26% (2616/9772)

…というか存在の前提で宇宙物理学が進んでいるんじゃないんでしょうかね?。 私もあまり詳しいことは知らないけど。 イメージ…うーん、やっぱり「現象」としか考えていません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 >…というか存在の前提で宇宙物理学が進んでいるんじゃないんでしょうかね?。 宇宙物理学では、理論と観測の両面からブラックホールの概念はかなり確立されてきているそうです。 >イメージ…うーん、やっぱり「現象」としか考えていません。 確実な表面や大きさがないという点では、確かに得体がしれませんね。

  • 回答No.1
  • l4330
  • ベストアンサー率22% (4372/19584)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

美しい画像をありがとうございます。 説明を読んだだけではどのような現象なのか分かりませんが、 球状や円盤状ではなく双方向であるのがとても興味深いですね。 それから、波長域がX線であることも重要であると思います。

関連するQ&A

  • ブラックホールの存在

    星が超新星爆発したあとにできるとされているブラックホールは本当に存在するんですか?もしそういう専門の方がいたら、簡単でいいので、その説明もしてもらえると嬉しいです。

  • ブラックホールと特異点について

    全くの素人です。 星に関する本を読んでいて疑問に思ったことがあるのですが、教えて下さい。 太陽より数十倍もの質量を持つ恒星は、晩年期に超新星爆発を起こし、ブラックホールを形成すると、説明されています。 ブラックホールとは恒星が爆縮を起こして形成されたなんらかのコア(縮小しきれなかった星は中性子星ですよね?)からの重力の影響範囲の一部であって、光すら脱出できない部分のことですよね? では、ブラックホール程の重力を形成するに至ったコアの部分は理論的にはどれ位の大きさなんでしょうか?(観測できないからブラックホールなんでしょうし、理論で結構です) また、どんどん縮小していって今の科学理論が追いつかなくなってしまう部分からを特異点と理解しているのですが、どれくらいの大きさからなのでしょうか? 私の頭では無限大に小さくしてしまうと物体そのものが完全に消えてしまい、ブラックホールそのものもないじゃん!ってことになってしまうものですから。。。 私の理解で間違っている部分の指摘も宜しくお願いします。

  • ブラックホールの形状について

    ブラックホールの形状について 表題の通りです。ここではごく一般的な中間質量ブラックホールでのご回答をお願いします。 実際に観測されたブラックホールは存在(観測はできたが、明確に「存在する」とまでは 言えない?)せず、観測上/論理上「~である」としか判断できない様なことも聞いております。 天文物理学など知らない、ズブの素人なので、アホな質問で申し訳御座いませんが、 ご賢人の方々の回答をお願いします。用語の使用方法の間違いも指摘して頂ければ幸いです。 以下、質問です。 1) ブラックホール本体(シュバルトシルツ半径?面)の形状はどの様なものでしょう   ※ 例えば、「面」だとか「球」、「凸レンズ形」等 2) ブラックホールの中身を観測する方法はあのでしょうか?   ※ 素人考えでは、シュバルトシルツ半径に電磁波(光?素粒子?)が突入しても     反射(透過も)しないので、わからない(観測できない)? 3) 見た目に降着円盤がないブラックホールは存在する(観測されている)のでしょうか?   ※ 超新星爆発の反動で、超新星残骸から飛び出し、若干の降着円盤を形成していたが     年月と共に降着円盤上のガスやチリがシュバルトシルツ半径に落ち込んでいった     結果、本体だけになった物など。(爆発となっていますが、実際は爆縮になるから     そんなことにはならない?(伴星があった場合はありえるかな?)) 4) 「3)」にも関係しますが、何かの弾みでブラックホールが移動をはじめると、降着円盤の   形状はどうなるのでしょうか。(まぁ、何もしなくても移動はしているでしょうが…) 5) ブラックホールをフライ・バイ(スイング・バイ)のために利用することは可能で   しょうか。   ※パっと考えると、近寄っただけで、人口衛星などはペシャンコになりそうですが… なぜ、この様な質問をしたのかは、某SF映画を見て「それは無いやろ?」と思えた からです(主に、質問の 1)、2)、4)、5) です)。まぁSFでの表現上仕方ないのかと 思えなくもないですが、自分的には納得できないもので(某都知事原案?のアレですわ)。 お手数ですが、ご回答の程宜しくお願い致します。

  • 中性子星 ブラックホール 超新星爆発

    いつもお世話になります。 数ヶ月前ですが、NHK教育の番組で、太陽の1.4~3倍の質量の恒星は、中性子星になり、それ以上重たい恒星はブラックホールになる、と言ってました。 私の昔の記憶では、3~8倍が「中性子星」で、それ以上が「ブラックホール」だったような気がしたのですが、NHKの、しかも科学番組で言っていたので、私の記憶違いは明らかです。 そこでインターネットで「超新星爆発」について調べてみました。 しかし、明確な記述が無かったり、あいまいな記述しか私の探した範囲では見つからず、分からなくなってしまったのですが、「超新星爆発」は我々の太陽の質量の何倍から起こるのでしょうか? 私は単純にブラックホールになる恒星は、イコール「超新星爆発」をする、と思っていたのですが、インターネットの記述を見ていると、どうもそうでもないような気がしてきました。 また、合わせて教えて頂きたいのですが、我々の太陽は、赤色巨星から白色矮星へと、その最期をたどるのは知っているのですが、「中性子星」になるような恒星は、どのような最期を迎えるのでしょうか? 詳しい方がおられましたら、お教えください。

  • ブラックホールは光ってるんでしょうか?

    自分は素人です。 銀河の中心には大質量ブラックホールがあると言われていますよね。 いろんな銀河の画像を見ていたのですが、銀河の中心あたりって光っていませんか? 大質量ブラックホール(元恒星?)自体は光ってるわけじゃないですよね? ブラックホールは活発に活動していると光るんでしょうか? 何か別のものが光っていて、ブラックホールはその中心にあるのでしょうか?

  • いつ、ブラックホールが誕生するのでしょうか?

    お世話になります。 本当にあるのか無いのかがよく解りませんが、ブラックホールがあるとすれば、その誕生の瞬間のことが知りたいと思っています。 太陽より10倍以上の質量を持つ恒星が核融合で作ることができるのは「鉄」までで、それどころかこの「鉄」は、それまでこの恒星が核融合で放出してきた全てのエネルギーを吸収し、爆縮を起こさせます。 爆縮した恒星は、その反動で爆発に転じて超新星になります。この爆発の中でなにやら複雑な核反応が引き起こされて「鉄」より重い、金やら鉛やらの元素を作りながら、広大な宇宙空間へ拡散されていきます。 その結果、ブラックホールだけが取り残されるらしいのですが、これで合っていますでしょうか?。 合っているとすれば、核融合で「鉄」が作られる以前では恒星は爆縮したり、爆発もしないということになると思うのですが、では「鉄」がどのくらい生成されれば恒星は超新星になることができるのでしょうか?。 もっと知りたいのは、作られた「鉄」が恒星のエネルギーを奪い、爆縮させる段階ではまだブラックホールの誕生までに至らないと思うし、爆発した後では既にブラックホールが出来上がっていると思うのです。だったら、いつ、どの段階でブラックホールが誕生するのだろうかということです。 このことでいつも頭の中がモヤモヤしています。どなたか、ど素人の私に知恵を恵んでいただけないでしょうか?。

  • 超新星爆発の原理について

    超新星爆発の原理について疑問に思ったことがあったので、質問させていただきます。 超新星爆発というのは大きな質量を持った恒星が、核融合反応をしていく中で周りが膨張し、内部と外部のバランスが取れなくなった結果爆発する、というものが大体の調べた中での情報でした。 しかし、どうも「バランスが崩れた結果爆発する」という原理がわかりませんでした。 高校時代に地学を履修していたのですが、その時の記憶ではなんらかのことが起きた後に、中心に周りの物質をものすごい勢いで吸い寄せられ、その物質が勢いが強すぎるがゆえに跳ね返ってしまう、というのが超新星爆発の説明だったような気がしましたが、そのあたりをはっきりさせたいです。 超新星爆発の「爆発」の部分に焦点あてて回答していただければ大変ありがたく思います。 拙い文章ですが、よろしくお願いします。

  • ブラックホールってなんですか?

    ブラックホールに星が飲み込まれた瞬間の動画を見ました。 天体のことは何も知らないので、小学館の図鑑などを読んで、 ブラックホールについて調べてみたのですが、よくわかりません。 そんな素人の頭で考えてみたのですが、いくつか質問させてください。 (1) ブラックホールは太陽よりも質量の大きな星が、「重力崩壊」を起こしてできるそうですが、   重力崩壊でその星が内部に向かって収縮していき、宇宙空間のある一点に、   光も抜け出せないほどの、ものすごい重力が集まった場所ができるという意味ですか?        ブラックホールは「黒い穴」という意味ですが、   「穴」はふつう平面に、ある方向を向いて開いているので、   宇宙空間に「穴」があるといわれても、あまりよくイメージできないのです。   他にも、座布団の上に重たい物を置くとまわりが沈み込むように、   宇宙空間が重力で歪められるという説明もありますが、   座布団だって平面なので、宇宙空間には通用しないと思うのですが。   そんな風に空間が歪むとしたら、宇宙では一方向にだけ歪むのではないと思いますし、      宇宙のどこか一点を囲む、ものすごい重力で歪められた無数の面の行きつく先が   ブラックホールかもしれないと思うのですがどうなのでしょうか。   私としては、ブラックホールとは「穴」というよりも、宇宙空間にある、   時間も空間も歪めてしまう物凄い重力の集中した「点」のようにしか想像できないんです。   素人の考えです。間違いを指摘していただけないでしょうか? (2) ブラックホールの想像図といえば、巨大なガスの円盤が中心に向かって渦をまき、   中心から回転軸の両方向にジェットが噴射している絵だと思いますが、この円盤についてです。      何でできているのですか? バラバラになった星のカケラやガスでしょうか?   どちらの方向にまわっているのですか? 大きさや温度はどのくらいになりますか?      この円盤はイメージ図では色つきで描かれますが、可視光で観測されるのですか?    写真などは、X線で撮影したものに色をつけたのだと思っていたのですが・・・?     また、円盤というのは多少ふくらみがあるけれど平盤なものだと思うのですが、   この円盤はブラックホールのどの面にできるのですか?    ブラッホールの回転軸とは垂直の方向でしょうか?   このように円盤を形成しながら中心に落ちてゆくなら「穴」のイメージになりますが、       この円盤は、すでに「事象の地平面」の内側になっているのでしょうか?   それとも円盤のなかのどこかに、「事象の地平面」があるのでしょうか?     (「事象の地平面」といのはどういうものか、まったくイメージできませんが・・・) (3) 星を飲み込むブラックホールの動画ですが・・・     http://www.gizmodo.jp/2011/08/nasajaxa.html?__from=mixi    恒星がブラックホールによって破壊され、吸い込まれるのは、    この映像のようにあっという間なのですか?    それとも、ある程度の時間がかかるのでしょうか?       宇宙には興味があるのですが難しくて分かりません。 ただ「いつか地球が飲み込まれる」という恐怖のイメージだけを持っているのも おかしいと思ったので、恥を忍んで質問させていただきました。 ご教示、よろしくお願いいたします。

  • ブラックホールという天体が長期間存在し続けられるの

    ブラックホールという天体が長期間存在し続けられるのはなぜでしょう? おとめ座銀河団M87銀河の中心にあるブラックホールの撮影に成功した。 ブラックホールは100年前の理論物理学者のアインシュタインが一般相対性理論で宇宙には何でも天体を吸い込む天体が存在すると予想した天体。 質量があるものの周りは空間が歪むというもの。今回撮影に成功したブラックホールは太陽の65億倍の質量がある。 通常は大きい質量がある天体はエネルギー放出量が多くて自分自身の天体を維持出来ずに自然消滅してしまう。一般的な天体は太陽の数百倍の質量までが限界とされている。 なので今回撮影出来た太陽の65億倍のブラックホールが維持出来ているのは今の天文学でも分かっていない。 ブラックホールは銀河の中心に生まれることが分かっていて、いま銀河は1000億個の存在が把握されていて、太陽の数百万倍から数百億倍のブラックホールの存在が分かっている。 ブラックホールという天体が長期間存在し続けられるのはなぜでしょう?

  • ブラックホールの状態

    ふとした疑問なんですが、重力は地表が最も強いので中心近くはブラックホールではないのじゃないでしょうか? いや圧力はかかってるからブラックホールかな? 例えば私が、ブラックホールに落ちてみます。 どんどん落ちて行きますが、落ちるのは私の話で、外から見てる人にとっては止まってしまうと思います。 そこで、現在、と言う意味ではブラックホールに落ちきった物はないんじゃないでしょうか? 新星爆発が起きた時、内向きの力を受ける中心付近じゃない場所は圧力によって 光速に近い速度で中心(ブラックホール)に向かっていきますが、 それは古いブラックホールでも現在ではまだ爆発を受けた直後の状態として存在してるのではないでしょうか? ではもともと中心だった場所はどうなっているのでしょうか? まだブラックホールになってない、限りなくブラックホールに近いけどブラックホールになっていない状態のような気もします。 と言うか新星爆発の爆発はどこで起きるんだろう。 なんと言うかギリギリ光も抜け出せないかのように見える限りなく特異点に近い特異点じゃない場所と言うような気もします。 よく分かりません。 そもそも爆発の計算の段階からよくわかりません。 よろしくお願いします。 (元からあって回転しなくて静かなブラックホールくらいなら分かるくらいの感じです。ジェット?ナニソレ状態です)

カテゴリ

専門家に質問してみよう