• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ブラックホールの形状について

ブラックホールの形状について 表題の通りです。ここではごく一般的な中間質量ブラックホールでのご回答をお願いします。 実際に観測されたブラックホールは存在(観測はできたが、明確に「存在する」とまでは 言えない?)せず、観測上/論理上「~である」としか判断できない様なことも聞いております。 天文物理学など知らない、ズブの素人なので、アホな質問で申し訳御座いませんが、 ご賢人の方々の回答をお願いします。用語の使用方法の間違いも指摘して頂ければ幸いです。 以下、質問です。 1) ブラックホール本体(シュバルトシルツ半径?面)の形状はどの様なものでしょう   ※ 例えば、「面」だとか「球」、「凸レンズ形」等 2) ブラックホールの中身を観測する方法はあのでしょうか?   ※ 素人考えでは、シュバルトシルツ半径に電磁波(光?素粒子?)が突入しても     反射(透過も)しないので、わからない(観測できない)? 3) 見た目に降着円盤がないブラックホールは存在する(観測されている)のでしょうか?   ※ 超新星爆発の反動で、超新星残骸から飛び出し、若干の降着円盤を形成していたが     年月と共に降着円盤上のガスやチリがシュバルトシルツ半径に落ち込んでいった     結果、本体だけになった物など。(爆発となっていますが、実際は爆縮になるから     そんなことにはならない?(伴星があった場合はありえるかな?)) 4) 「3)」にも関係しますが、何かの弾みでブラックホールが移動をはじめると、降着円盤の   形状はどうなるのでしょうか。(まぁ、何もしなくても移動はしているでしょうが…) 5) ブラックホールをフライ・バイ(スイング・バイ)のために利用することは可能で   しょうか。   ※パっと考えると、近寄っただけで、人口衛星などはペシャンコになりそうですが… なぜ、この様な質問をしたのかは、某SF映画を見て「それは無いやろ?」と思えた からです(主に、質問の 1)、2)、4)、5) です)。まぁSFでの表現上仕方ないのかと 思えなくもないですが、自分的には納得できないもので(某都知事原案?のアレですわ)。 お手数ですが、ご回答の程宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数557
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.8

おもしろそうなご質問ですね。では私の知っている範囲についてお答えさせていただきます。 >ブラックホールの形状 回転がなければシュヴァルツシルト解となります。これは数学的には球状となります。ただ巨大恒星がブラックホールになった場合は、回転がないことはまず考えられません。ブラックホールが回転する場合はカー解となり、#4様がおっしゃられているとおり、回転楕円体になります。(カー解の場合、あまりも回転速度が光速度に近い速度になると、事象の地平線がなくなって、リング上の裸の特異点のみになります。) ただ、数学的にはブラックホールの形状は回転楕円体になりますが、これを私達の座標系から観測すると、そのあまりにも強大な重力のため周囲の時空を歪めるため、わたしたちにはいびつな形にみえます。 降着円盤研究の第一人者の福井大阪教育大学教授のHPをご参考までにはりつけてみます。ここのバナーの左の絵がブラックホールの絵です。 http://quasar.cc.osaka-kyoiku.ac.jp/~fukue/09fukue.htm 余談ですが、福井氏のHPはたいへんおもしろいですよ。私はこのHPを見たときパソコンの前で大笑いしました。 >ブラックホールの中身を観測する方法 残念ながら観測はできないですね。ただ、前述したように、回転速度が光速度に近い状態のカー解では、事象の地平線が消えて「裸の特異点」があらわれますので、「事象の地平線の向こう側」という意味とは異なりますが、「裸の特異点」近傍の不思議な光景が観測できる可能性があります。もっとも「裸の特異点は存在しない」という宇宙検閲官仮説もありますので、なんともいえませんが。 >降着円盤がないブラックホールは存在する(観測されている)のか 既に何人かがお答えされているように、降着円盤からでているX線をもとにしてブラックホールを観測したといっています。ご存じの通り、降着円盤は、きわめて接近した二重星(近接連星)のうちのブラックホールになっていない片一方のガスが、ブラックホールに吸い寄せられて、その周囲を高速で回転しているというものです。 恒星の中には二重星であっても離れているものもありますし、単独で存在している星もあります。でもこの星たちも当然一定以上の質量があれば必然的にブラックホールになります。しかし、このようなブラックホールは近くに大量にガスを供給する恒星がなく、降着円盤ができません。 したがってお答えとしては、存在はしますが観測は難しいということになります。 >ブラックホールが移動をはじめると、降着円盤の形状はどうなるのか? 等速度運動をしている場合は変化はありません。加速度運動をする場合は「ひきづられる」形にはなます。 >フライ・バイのために利用することは可能か ブラックホールは当然引力をもっていますから可能です。ただ、強烈なX線をだしていますので(白鳥座X1は、あのおおきな面積の白鳥座の中で一番強いX線をだしているのですから)、生物はもちろん、まともに機械が動くとは考えられませんね。

参考URL:
http://quasar.cc.osaka-kyoiku.ac.jp/~fukue/09fukue.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅れまして、申し訳ありません。 >降着円盤研究の第一人者の福井大阪教育大学教授のHPをご参考までにはりつけてみます。 ブラックホールについて調べている時に発見しました。 ただ、パっと見た目「素人っぽいHPやな~」と思って、サラっと流してしまいました。 でも、satoumasaru さんの言う通り、中身はかなり濃いですね。大変失礼しました~。 HP家主さんの弟子(学芸員さん?)がおられる科学館が、下名の家の近くにありますので そのうち訪ねたいかと思います。 >>ブラックホールの中身を観測する方法 >残念ながら観測はできないですね。 やっぱりそうですか。 ベテルギウスあたりが超新星爆発して(人間のタイムスケールで近々弾けそう?)ブラックホールに なれば、観測しやすくなるんでしょうかね。まぁ、中身については、やっぱり観測不可である 可能性は大ですけどね。 「裸の特異点」については、どうなんでしょう、シュバルトシルツ面が、光速の99.99%で自転 しないと現れない(はて、これはどこで見たんだろうか)?となると、本当に「論理」だけで 終わってしまいそうですね。 >>降着円盤がないブラックホールは存在する(観測されている)のか >降着円盤は、きわめて接近した二重星(近接連星)のうちのブラックホールになっていない片一方の >ガスが、ブラックホールに吸い寄せられて、その周囲を高速で回転しているというものです。 なるほど。降着円盤は伴星の恒星があって始めて形成されるのですね。 てっきり超新星爆発残骸が要因だと思っていました。勉強になります。初めから降着円盤が無い ブラックホールが存在するとは… >>ブラックホールが移動をはじめると、降着円盤の形状はどうなるのか? >加速度運動をする場合は「ひきづられる」形にはなります。 なるほど。ということは、加速度がなくなった時点で降着円盤の形状は、元の形状に戻るんでしょうね。 >>フライ・バイのために利用することは可能か >ブラックホールは当然引力をもっていますから可能です。ただ、強烈なX線をだしていますので、 >生物はもちろん、まともに機械が動くとは考えられませんね。 なるほど。一応「可能」なワケですね。X線さえなんとかすれば…。 フライ・バイが可能な(有効な)引力の範囲に入った時に、恒星規模が出すX線に対して、シールドを 人工的に生成するのは、恐らくムリでしょうね^^; <色々とご意見、有難うございました>

質問者からの補足

satoumasaru さんの補足を借りて、皆様にお礼を申し上げます。 お忙しいところ、時間を割きご回答いただきまして、大変勉強になりました。 本来であれば、みなさんを「ベストアンサー」とさせて頂きたいところですが、 このQ&A、HPの機能上の制約のため、satoumasaru さんをベストアンサー とさせて頂きます。 今回は、私のくだらない質問に、真摯に答えて頂き、誠に有難うございました。 またなにかあれば、皆様のご意見を求める機会があると存じますので、これに懲りず またご協力頂ければ幸いです。 重ね々々、有難うございました。

関連するQ&A

  • ブラックホールの存在を信じていますか?

    銀河の中心には大質量ブラックホールが鎮座しているとか、 超新星爆発の後にブラックホールが誕生するとか、 恒星と連星をなして降着円盤やジェットを形成しているといった話を どの程度、信用していますか? また、ブラックホールについて、どのようなイメージを抱いていらっしゃいますか? 教えて下さいませ。

  • ブラックホールの大きさについて

    ブラックホールの大きさについて 大質量の恒星が超新星爆発した後、自己の重力によって無限に収縮していき、やがて密度無限の特異点となる。 これがブラックホールであるということですが、つまりブラックホールとは点であり、直径などの概念はないのでしょうか? よく大きさは云々と書いてありますが、これはシュバルツシルト半径の大きさのことと考えてよろしいのでしょうか?

  • ブラックホールの存在

    星が超新星爆発したあとにできるとされているブラックホールは本当に存在するんですか?もしそういう専門の方がいたら、簡単でいいので、その説明もしてもらえると嬉しいです。

その他の回答 (7)

  • 回答No.7
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

あ~, 「エルゴ領域」は事象の地平線の外ですよ. 何をどう頑張っても「その場にとどまる」ことができないだけであって, 光を外向きに出せば (ブラックホールを周回しながら) 外に出すことができます.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>「エルゴ領域」は事象の地平線の外ですよ おや、そうでしたか。これは大変失礼しました。 Tacosan さんのご回答内容を見ながら「エルゴ球」について調べていたら、 Wiki に「エルゴ球が事象の地平線よりも外にある場合、…」とあったので、 勝手に「え~!?エルゴ球ってシュバルツシルト面の内部にも出来るのか??」と 早合点してしまった次第です。申し訳ないです m(_ _)m 。 ※まだしっかり「エルゴ球」について、理解できていないフシもありです…。

  • 回答No.6
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

適当に.... まず, 回転しているブラックホールについては「カー・ブラックホール」というのを引いてもらえるとよいかと. 回転していないシュバルツシルト解は単純なんですが, 回転しているとあやしいことになったりします. 「エルゴ領域」とかいう変な空間が生まれます. あと, #1 の補足のところにある「ジェット」というのはブラックホールの「中」から出てくるものではありません. あくまで「ブラックホールに落ち込まなかった降着円盤の一部」です. もちろん, このジェットが役に立たないということではないですが. 関連していうと, 「降着円盤のないブラックホール」は目に見えるものをほとんど出さないので見にくいはずです. 偶然重力レンズ効果が見えたりすればラッキー. なお余談でが, ブラックホールというかシュバルツシルト半径内の平均密度はブラックホールの質量の 2乗に反比例するので, 必ずしも「ブラックホールだから高密度」ということではありません. 例えば, 1兆太陽質量のブラックホールだとシュバルツシルト半径は 3兆 km になり, その平均密度は地球のおよそ 6倍 (つまり 33 g/cm^3) です. さらに質量を 10倍にすると 10兆太陽質量でシュバルツシルト半径は 30兆 km, 平均密度はなんと地球の 0.06倍 (0.33 g/cm^3) 程度になってしまいます. 幸か不幸か, そんな巨大なブラックホールは観測にかかってませんが.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 >カー・ブラックホール エルゴ球については「三本毛」を調べている時に発見しました^^; カー/カー・ニューマン解で得られる楕円の領域ですかね(間違ってたらすみません)。 このエルゴ球がブラックホールの正体なんでしょうか。ただ、文面を見てみると「シュバルツ シルト面より内側にこの楕円ができることがある」みたいなことが記述がありました。 確かにややこしいそうですね。論理上、光速以上で運動していないといけないが、物理上では ありえない…う~ん。 宇宙は広大ですね(と自分のアホさ下限をごまかしてみる^^;) でも、実際にはカー/カー・ニューマン解のブラックホールの方が多いんですよね。というか、 シュバルトシルツ面から中が見えないから「このブラックホールは~解に相当する」とは言え ないんでしょうね。 >「ジェット」というのはブラックホールの「中」から出てくるものではありません. あくまで  「ブラックホールに落ち込まなかった降着円盤の一部」です なるほど、ブラックホールに吸い込まれずに逃れたエネルギー(原子?素粒子?)なんですね。 勉強になります。 ということは、ジェットが存在しないブラックホールもあるんですね。 >ブラックホールというかシュバルツシルト半径内の平均密度はブラックホールの質量の 2乗に  反比例するので, 必ずしも「ブラックホールだから高密度」ということではありません. みたいですね。銀河(天の川銀河含む)の中心にあるとされる「超巨大ブラックホール」は 恒星質量/中間質量ブラックホールに比べてスカスカだと。 確かそこには式も載っていましたが、チンプンカンプンなのでサラっと…。 ※なので質問には「中間質量ブラックホール」とさせて頂いた次第です。 <大変勉強になりました> 私の様なズブの素人でも、有志のご協力が得られれば、これぐらいは調べられるので、近代SF での画像表現は、もう少しがんばって欲しい所です。 あれじゃただの「鳴門の渦潮」だ…

  • 回答No.5
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

ブラックホールの物性について, 質量の違いが特に影響することはないんじゃないかなぁ.... 1: 回転していなければ球形になるはず. 回転してると「回転楕円面」かな. 2: 「ブラックホールの中身」を「シュバルツシルト半径内」と解釈すれば, 「外部から」観測する方法は存在しない. 既に解答のある通り. 3: 理論的には当然存在しうるが観測しにくい. 4: 後ろになびくと思う. 5: 可能.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

素早い回答有難う御座います。 ※しかしこのサーバー、なんかオカシイですよね。  なぜ同じ回答がコピーされてしまうのか…。 >1: 回転していなければ球形になるはず. 回転してると「回転楕円面」かな なるほど。わたしも回転(自転)していると思います。楕円面となるとどんな もんでしょうね(自転している限り、真円はないとは思います)。 目で見てひしゃげる程にはならないでしょうね^^;。 >2: 「ブラックホールの中身」を「シュバルツシルト半径内」と解釈すれば,    「外部から」観測する方法は存在しない. 既に解答のある通り. ですかね。 ANo.1 の「補足」に記述した「出てくるモノ」で推測するしかないんでしょう ね。 >3: 理論的には当然存在しうるが観測しにくい ですかね。ありがとうございます。観測するには、ブラックホールが発生して から、もっと時間がたたないとムリでしょうね。 降着円盤がどれぐらいの勢いでシュバルツシルト半径に落ち込んでいくかが 観測できれば、その現象が確認できる時期は計算できるでしょうけど。 >4: 後ろになびくと思う. なるほど、ありがとうございます。 どんな感じになるんでしょうね。私的には ANo.1 「補足」に書いた形状に なるとは思います。彗星の様な尾は引かないと思います。 >5: 可能. なるほど、有難う御座います。 私の意見は、ANo.2「補足」の通りです。どんなもんでしょうか。

  • 回答No.4
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

ブラックホールの物性について, 質量の違いが特に影響することはないんじゃないかなぁ.... 1: 回転していなければ球形になるはず. 回転してると「回転楕円面」かな. 2: 「ブラックホールの中身」を「シュバルツシルト半径内」と解釈すれば, 「外部から」観測する方法は存在しない. 既に解答のある通り. 3: 理論的には当然存在しうるが観測しにくい. 4: 後ろになびくと思う. 5: 可能.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

ブラックホールの物性について, 質量の違いが特に影響することはないんじゃないかなぁ.... 1: 回転していなければ球形になるはず. 回転してると「回転楕円面」かな. 2: 「ブラックホールの中身」を「シュバルツシルト半径内」と解釈すれば, 「外部から」観測する方法は存在しない. 既に解答のある通り. 3: 理論的には当然存在しうるが観測しにくい. 4: 後ろになびくと思う. 5: 可能.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • ziv
  • ベストアンサー率27% (426/1542)

専門家じゃないんで思いつく範囲で 1)ブラックホール本体は、ただの高密度な天体です、シュバルトシルツ半径とかじゃ有りません   なので、おそらくもっとも安定な球形だと思うんですよ。 2)観測する方法はあります、普通にBHに突入すれば良いだけ   宇宙はすべて相対で決まりますので、シュバルトシルツ半径を超えても自身には高重力以外は   かからないといわれている、でも光はBHからは来ないので直接BHに触れるまでいかないといけないが   そこまで近づいたら無事ではいられないと思うし、たとえ観測できても誰かに伝えるすべがないw 3)宇宙は相対なので停止と言う概念がおかしい、Aに対して変動しないBと言うことになるので   観測者がどこの立場かで変わってしまうかと 4)普通にスイングバイには利用可能でしょう、シュバルトシルツ半径を超えなければ   普通の惑星と利用にはなんら違いはないかと。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

素早いご回答、有難う御座います。 >1)ブラックホール本体は、ただの高密度な天体です なるほど、「シュバルトシルツ半径」は単に物質が光速で運動していても抜け 出せなくなる半径のことを言うのですね(もしかしてこれも違う?)。 ありがとうございます。 >2)観測する方法はあります おお、そうなんですか。「三本毛」の「質量」だけが作用するんですね。しかし、 おっしゃる通り、凄まじい質量と密度(「密度」に関しては情報の出所はいいかげん です」)ので、帰ってこれないでしょうね。 ※「三本毛」も、論理で言われているだけで、観測して確固たる証拠があるもので  はない、と聞いています(なにせ、中身が見えないので)。 >3)宇宙は相対なので停止と言う概念がおかしい 例えが悪かったですかね。 Aという人がBというボール(←がブラックホール)を持っていて、Aの人は移動 せずにBを投げた場合、といった感じです(余計に判りにくいか><。ニホンゴッテ ムズカシイネ)。 ※Aの人は見た目止まっていますが、実際には地球上にいるから動いているワケですが >4)普通にスイングバイには利用可能でしょう ふむふむ。なるほど。了解しました。

質問者からの補足

>4)普通にスイングバイには利用可能でしょう この件は、ANo.1 さんのお礼に書いた「ブラックホールまでの宇宙旅行」を 除いた場合ですよね^^; 私もスイング・バイ(フライ・バイ)自体は可能だと考えます。ただ、降着円盤に 突入するほど接近してのフライ・バイは難しいのではないかと考えます。 まぁこれも、ブラックホール自体の質量にもよるんでしょうけど…。

  • 回答No.1

今の科学力では、予想は出来ても確実な正解は答えれない質問ばかりですよね? 予想も交えた議論がしたいのだと判断すると私の答えは以下の通り。 1)基本は球じゃないかな。 2)科学が進んでもムリだと思う。 3)観測されたと言うのは聞いたことが無いし無いんじゃないかな。 4)歪むんじゃない? 5)科学が進んでもムリだと思う。太陽系から出る前に人類は滅ぶと思う。 未来のことは誰もわからないけど、少なくとも私やアナタの寿命のきれる前に 真実が解明はされないと思っています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

素早いご回答、ありがとう御座います。 >1)基本は球じゃないかな。 私も基本、その様に思えます。力学的?に一番安定した形状ですしね。 >2)科学が進んでもムリだと思う。 なるほど。了解です。 >3)観測されたと言うのは聞いたことが無いし無いんじゃないかな。 ブラックホール(又はそれに順ずると思われる天体)のサンプル数が 絶対的に不足しているのと、その天体が遠いこともあり、観測できな いんでしょうね(一番近い天体の「月」ですらナゾだらけですしねぇ)。 >4)歪むんじゃない? なるほど、了解しました。 5>科学が進んでもムリだと思う。 要するに、ブラックホール近辺に接近することができないので、 フライ・バイどころの話ではない、ということですね ^^; >未来のことは誰もわからないけど、少なくとも私やアナタの寿命のきれる前に >真実が解明はされないと思っています。 そうですね、解明は難しいでしょうね。墓場までモヤモヤを持って入ります。

質問者からの補足

>今の科学力では、予想は出来ても確実な正解は答えれない質問ばかりですよね? そうですね。今まで確認されている事象と、論理で説明されている範囲を基本に ご回答者のお考えをお聞かせ願えれば、と考えています。 >2)科学が進んでもムリだと思う。 私が聞いたいいかげんな情報によると、ブラックホールから「出てくる」モノ があるそうで(南北両極からジェットが噴出している「らしい」)、これで 何がしかが判ったりはしないでしょうか。 ※「論理的に見て、宇宙ジェットがでている」となると、微妙ですが、観測  結果でジェットが出ていることが確認できれば、ジェットの組成成分から  少しは導き出せるのかな? >4)歪むんじゃない? わたしも、歪むと思います。ただ「どの様な形状に歪むか」が知りたかった所です。 麦藁帽子(真ん中の頭に接する突起部分がブラックホールで、フチの部分が降着円 盤)形になるかなぁ、と。まぁ、それもブラックホールが降着円盤を生成させた地 点からの速度によっても変形度合いは変わると思います。 「お礼」の「5)」の補足ですが「ブラックホール近辺に接近することができない」は 地球から宇宙旅行してブラックホール近辺に接近することができない、という意味 です。

関連するQ&A

  • ブラックホールの状態

    ふとした疑問なんですが、重力は地表が最も強いので中心近くはブラックホールではないのじゃないでしょうか? いや圧力はかかってるからブラックホールかな? 例えば私が、ブラックホールに落ちてみます。 どんどん落ちて行きますが、落ちるのは私の話で、外から見てる人にとっては止まってしまうと思います。 そこで、現在、と言う意味ではブラックホールに落ちきった物はないんじゃないでしょうか? 新星爆発が起きた時、内向きの力を受ける中心付近じゃない場所は圧力によって 光速に近い速度で中心(ブラックホール)に向かっていきますが、 それは古いブラックホールでも現在ではまだ爆発を受けた直後の状態として存在してるのではないでしょうか? ではもともと中心だった場所はどうなっているのでしょうか? まだブラックホールになってない、限りなくブラックホールに近いけどブラックホールになっていない状態のような気もします。 と言うか新星爆発の爆発はどこで起きるんだろう。 なんと言うかギリギリ光も抜け出せないかのように見える限りなく特異点に近い特異点じゃない場所と言うような気もします。 よく分かりません。 そもそも爆発の計算の段階からよくわかりません。 よろしくお願いします。 (元からあって回転しなくて静かなブラックホールくらいなら分かるくらいの感じです。ジェット?ナニソレ状態です)

  • 降着円盤について

    天体のことを勉強していてわからないところがあるのでご教授おねがいできますか?? もしブラックホールのまわりの内側の降着円盤の温度が10^6Kとしたら、 どの波長で最高のエネルギーを放出しますか? 計算式と回答も教えていただけませんか?そこからどう解くか理解したいです、どうぞよろしくお願いします。

  • ブラックホールについて

    物理学に対しは全くの素人なので、まさに幼稚な質問ですが、相対性理論などの本を読むと、このような記述があります。 ある物体がブラックホールの周囲にある「事象の境界面」に近づくのを、十分に離れた観測者から見ると、ブラックホールの強大な重力のために、落下する物体の時間は遅れて観測される。その物体が「事象の境界面」に達すると、その物体の時間は止まり、その物体は永遠にそこに張り付いているように見える。(実際は光の波長が引き伸ばされて目には見えない) そこで疑問に思ったのですが、観測者からは、その物体はいつまでもブラックホールの「事象の境界面」に留まり、それ以上は落下しないように見える。ということは、ブラックホール本体には永遠に物体が落ち込まないので、ブラックホールはいつまでたっても「太らない(質量が増えない)」ように見える、ということになるのでしょうか。よろしくお願いいたします。 、

  • ブラックホールってなんですか?

    ブラックホールに星が飲み込まれた瞬間の動画を見ました。 天体のことは何も知らないので、小学館の図鑑などを読んで、 ブラックホールについて調べてみたのですが、よくわかりません。 そんな素人の頭で考えてみたのですが、いくつか質問させてください。 (1) ブラックホールは太陽よりも質量の大きな星が、「重力崩壊」を起こしてできるそうですが、   重力崩壊でその星が内部に向かって収縮していき、宇宙空間のある一点に、   光も抜け出せないほどの、ものすごい重力が集まった場所ができるという意味ですか?        ブラックホールは「黒い穴」という意味ですが、   「穴」はふつう平面に、ある方向を向いて開いているので、   宇宙空間に「穴」があるといわれても、あまりよくイメージできないのです。   他にも、座布団の上に重たい物を置くとまわりが沈み込むように、   宇宙空間が重力で歪められるという説明もありますが、   座布団だって平面なので、宇宙空間には通用しないと思うのですが。   そんな風に空間が歪むとしたら、宇宙では一方向にだけ歪むのではないと思いますし、      宇宙のどこか一点を囲む、ものすごい重力で歪められた無数の面の行きつく先が   ブラックホールかもしれないと思うのですがどうなのでしょうか。   私としては、ブラックホールとは「穴」というよりも、宇宙空間にある、   時間も空間も歪めてしまう物凄い重力の集中した「点」のようにしか想像できないんです。   素人の考えです。間違いを指摘していただけないでしょうか? (2) ブラックホールの想像図といえば、巨大なガスの円盤が中心に向かって渦をまき、   中心から回転軸の両方向にジェットが噴射している絵だと思いますが、この円盤についてです。      何でできているのですか? バラバラになった星のカケラやガスでしょうか?   どちらの方向にまわっているのですか? 大きさや温度はどのくらいになりますか?      この円盤はイメージ図では色つきで描かれますが、可視光で観測されるのですか?    写真などは、X線で撮影したものに色をつけたのだと思っていたのですが・・・?     また、円盤というのは多少ふくらみがあるけれど平盤なものだと思うのですが、   この円盤はブラックホールのどの面にできるのですか?    ブラッホールの回転軸とは垂直の方向でしょうか?   このように円盤を形成しながら中心に落ちてゆくなら「穴」のイメージになりますが、       この円盤は、すでに「事象の地平面」の内側になっているのでしょうか?   それとも円盤のなかのどこかに、「事象の地平面」があるのでしょうか?     (「事象の地平面」といのはどういうものか、まったくイメージできませんが・・・) (3) 星を飲み込むブラックホールの動画ですが・・・     http://www.gizmodo.jp/2011/08/nasajaxa.html?__from=mixi    恒星がブラックホールによって破壊され、吸い込まれるのは、    この映像のようにあっという間なのですか?    それとも、ある程度の時間がかかるのでしょうか?       宇宙には興味があるのですが難しくて分かりません。 ただ「いつか地球が飲み込まれる」という恐怖のイメージだけを持っているのも おかしいと思ったので、恥を忍んで質問させていただきました。 ご教示、よろしくお願いいたします。

  • ブラックホールと特異点について

    全くの素人です。 星に関する本を読んでいて疑問に思ったことがあるのですが、教えて下さい。 太陽より数十倍もの質量を持つ恒星は、晩年期に超新星爆発を起こし、ブラックホールを形成すると、説明されています。 ブラックホールとは恒星が爆縮を起こして形成されたなんらかのコア(縮小しきれなかった星は中性子星ですよね?)からの重力の影響範囲の一部であって、光すら脱出できない部分のことですよね? では、ブラックホール程の重力を形成するに至ったコアの部分は理論的にはどれ位の大きさなんでしょうか?(観測できないからブラックホールなんでしょうし、理論で結構です) また、どんどん縮小していって今の科学理論が追いつかなくなってしまう部分からを特異点と理解しているのですが、どれくらいの大きさからなのでしょうか? 私の頭では無限大に小さくしてしまうと物体そのものが完全に消えてしまい、ブラックホールそのものもないじゃん!ってことになってしまうものですから。。。 私の理解で間違っている部分の指摘も宜しくお願いします。

  • ブラックホールが見えないと言われるのはなぜ?

    別のスレッドで学んだ事実ですが、宇宙年齢が137億年の現時点では、ブラックホールのシュバルツシルト半径は、その天体の半径よりも小さいとのことです。 つまり、「ブラックホールが、、」云々されるときに、このブラックホールとは、天体に内包されており、宇宙空間に事象の水平面が露わになっているのではありません。 イメージをハッキリさえるために、種無しビワと種有りビワをの断面図を比べてみましょう。 http://www.mboso-etoko.jp/cec/data/images/tanenashi.jpg 図の左にある種無しビワが、通常の天体(=ブラックホールを内包していない)で、 図の右にある種有りビワが、ブラックホールを内包してる天体で、俗に”ブラックホール”と呼ばれます。 そこで、質問です。 俗に、ブラック・ホールを内包している天体は見えない(電磁波で観測できない)と言われるのですが、その理由はなんでしょうか? 常識的考えてると、ビワが種を内包していようが、内包して無かろうが、外見は同じで、電磁波による観測に関しては同じである(=見える)と考えられるのではないでしょうか?

  • 宇宙でレーザーは発生していますか?

    レーザーとメーザーに関して質問をしたとき教えてもらったリンクのなかに、面白い記述がありました。宇宙ではメーザーは起こっていて、赤色巨星,星形成領域,ブラックホール周辺の降着円盤で発生していると考えられているそうです。では、メーザーではなくレーザーは宇宙のどういったところで発生すると考えられますか?http://www.shokabo.co.jp/sp_radio/labo/r_line/maser.htm

  • 大槻教授はなぜあんなに大口を叩くのか

    大槻教授の超常現象大討論は見ていて面白いとは思いますが、なぜあんなに 大きな口を叩くのでしょうか。 野口英世博士にしても光学顕微鏡の限界に悩み、ウイルスの発見に至って いなかったのに世界的な研究者も次に発見されるものに対して謙虚になる べきだ。と思うのです。 ブラックホールの謎や赤色巨星の超新星爆発に隠しても地球人で見た人は いません。見たら即死ですから。 太陽系のすぐ近くにブラックホールが現れれば地球は消滅しますし、超新星 爆発を赤色巨星が起こせばガンマー線が宇宙空間を飛び地球に降り注ぎます。 それらは地球人が観測できない現象ですし、観測したとたん地球人類は絶滅 します。そういうことを言わずになぜ宇宙人の存在を認めないのか。 彼らはそれを伝えに来ている可能性があるのにです。 これをどう思われますか。

  • ブラックホールとダークマターについて

    ブラックホールとダークマターについて ブラックホールは超圧縮されてできた凄まじい引力を持つ星というのは存じておりますが、その超圧縮っていうのがピンときません。 物質というのは原子?分子?からできていて、それ以上の小さくはできないと言われていますよね。 太陽が何万分の1?(具体的な数字はわかりません)かに圧縮されるとブラックホールになるといわれてますが、そもそもそのサイズまで圧縮できるのかどうか。 この矛盾が納得できません。 ダークマターについて ダークマターはブラックホールと同様に宇宙空間において直接観測できないが、何かの物質がなければ星の運動が説明できないからという消極的に説明されてる感があるのですが、それが実は観測方法が正確ではないということが考えられないのでしょうか? ついでに、木星が恒星に成り得たという話がありますが、 仮に木星が生成過程で恒星になっていたとするならば、土星やその他のガス性の星は存在していなかったのでしょうか? 恒星に近い位置であるならば、火星や地球など岩盤を持たないガス性の星は形成されないと聞きましたがどうでしょう。 最後に馬鹿な質問をお願いします。 木星のような星はどこまでガスなのですか? 星の中心はなんなんでしょうか? 地球から核爆弾を飛ばしたら簡単に引火したり変形するんじゃないですか?

  • ブラックホールを伴う連星系の生成過程は?

       有名な、はくちょう座のX1を初めとして、ブラックホールと推測される天体が連星系を形成しているケースが複数発見されていますが、これらの連星系はどのように形成されたのでしょうか? 現在定説とされる恒星の進化(成長)モデルでは、ブラックホールとなる大質量の恒星は、重量崩壊の前段階で、 赤色超巨星 → 超新星 という過程を通るはずで、近傍に存在する恒星は、この超新星爆発の際に「巻き添え」を食って、一緒に吹き飛ばされるか、遠方にはじき飛ばされると思うのです。  にも関わらず、潮汐力の強い影響を受けるほどの至近距離を公転する伴星が存在しているということは、これらは元来の連星系ではなく、元々別の場所で単独に存在した2つの星が偶然接近した際に互いの重力で捕捉し合って連星系を形成した、と考えないと説明が付かないと思うのですが、この推論は妥当でしょうか?  連星のペアの一つが「中性子星」の場合も同様の疑問が生じますが、同じ解釈でよいのでしょうか?