• 締切済み
  • すぐに回答を!

減資の手続き

初めてご質問させていただきます。 現在は会社の自己株式を取得し、その分の減資と消却を検討しております。 手続きとしては、 (1)自己株式の取得(株主との合意をもとに) (2)減資(株主総会での決議や官報による公告など) (3)自己株式の消却 の順番で行うかと理解しておりますが、これで大丈夫でしょうか? ご意見をいただければ大変助かります。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数470
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
  • ok2007
  • ベストアンサー率57% (1219/2120)

その順番で構わないかと思います。 なお、(2)と(3)は、同時でも逆になっても大丈夫です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

分かりました。どうもありがとうございます。

関連するQ&A

  • 減資と自己株式取得

    会社法に自己株式取得と減資があります。 自己株式は取得後消却できると会社法178条にあります。 また減資は会社法447条に規定があります。 自己株式消却と減資は実質的には同じように思いますが 減資の場合は、債権者保護手続きをとらなければならないとあります。 自己株式の取得、消却は債権者保護手続きをとらなくてよいのでしょうか。 ちがいについておしえてください。 よろしくおねがいします。

  • 譲渡制限付株式の自己株式取得について

    株主より、譲渡制限付株式の譲渡等承認請求があり、取締役会の決議により「不承認」とし、株主総会の決議により自社で買い取ることにしました。 (1)取得した自己株式は1年以内で売却あるいは消却しなければならないのですか? (2)その他、留意点はありますか? よろしくお願いします。

  • 自己株式取得の議決権

    自己株式取得の議決権 自己株式の議決権 1.株主総会の決議が必要な議決権とは 2.取締役会の決議が必要な議決権とは 3.1でも2でもないのはどういうものがあるでしょうか

  • 授権決議とは?

    自己株式の有償取得の際などでは、 株主総会の授権決議が必要とされているのですが、 「授権決議」とは、どのようなものなのでしょうか? 普通決議とは異なるものなのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 自己株式取得について

    以前の商法210条で会社が自己株式を取得する際の制限が規定されていましたが、商法改正により210条が削除されたようですが、この制限はどのようになったのですか? 今も自己株式取得の際には株主総会などの決議などが必要なのでしょうか?

  • 自己株式の議決権

    自己株式の議決権 1.株主総会の決議が必要な議決権とは 2.取締役会の決議が必要な議決権とは 3.1でも2でもないのはどういうものがあるでしょうか

  • 減資の手続きについて

    会社で減資を行うことになりました。 官報などに公告を載せて、債権者に通告すると 聞きました。 これを省くことはできるのでしょうか。 送付しなければいけない債権者というのはいくら以上の金額がある場合を言うのでしょうか。 ちなみに、株主は親会社のみで、無償償却だそうです。

  • 会社法156条、157条の違い

    会社法の勉強をしています。 会社法156条と、157条に書かれている、自己株式の取得についての手続の違いがよく分かりません。156条で株主総会の決議で定めることと、157条の取締役会の決議で定めることがほぼ同一だと思うのですが、どのような場合に156条または157条の手続が必要であるのか、できれば具体例をあげて教えて頂けないでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 減資はどのようなとき行うのですか?

    よろしくお願いします。 減資はどのようなとき行うのでしょうか? 増資は成長したいがお金が足りないときに行う、と考えれば、 減資は成長が停滞期に入ったときに行うのでしょうか? 減資は、純資産の部を減らすことなので、純資産のマイナスになるもの(自己株式の取得など)も減資にあたるのでしょうか・・・? 自己株式の取得は自分のキャッシュで株(資産)を買っているので資産と純資産の入れ替えなので、総資産は換わっていないと見るのでしょうか? 教えてください。 よろしくお願いします。

  • 減資における債権者保護手続きの意義

    会社の減資の際に、株主総会の特別決議(または普通決議、取締役会決議)の後に債権者保護手続きを行いますが、債権者保護手続きを行う意義は何なのでしょうか?何から債権者を保護するのでしょうか?