• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

特例有限会社の減資で特別決議でなく普通決議でも良い場合

特例有限会社の減資は通常特別決議が必要です。新会社法では定時株主総会の決議である場合、減資額が全て欠損填補にあてられる場合は、普通決議でよいとなっています。特例有限会社もこの適用を受けるのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数737
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • ok2007
  • ベストアンサー率57% (1219/2120)

会社法447条3項の定めは整備法で排除されていませんから、特例有限会社でも適用されます。 なお、同項は、減資額が全て欠損填補にあてられる場合は、株主総会決議でなく、取締役(取締役会)の決定(決議)でよい、と定めています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 もう少ししっかり会社法を見ます。

関連するQ&A

  • 臨時株主総会で欠損補填のための減資を決議できますか?

    新会社法で欠損補填のための減資は「定時株主総会の普通決議」でよくなったとなっているようですが、臨時株主総会を開催して決議することでも減資(資本金の減少)をすることができるのでしょうか?定時株主総会が終わったばかりの場合は翌年まで待たないと手続きができないのか、それともタイムリーに臨時株主総会を開いて対応することが可能なのかを教えてください。

  • 特例有限会社の株式譲渡に関して

    特例有限会社においては譲渡制限されている株式を第3者へ譲渡する場合には株主総会の承認を要することになっておりますが、この場合の承認とは普通決議でしょうか特別決議でしょうか? またこの場合において、譲渡承認を申請した株主自身は当該総会に出席する(定足数にカウントされる)ことは出来るのでしょうか? 会社法にお詳しい方がおられましたら、ご教授をお願い致します。

  • 特例有限会社の定款変更をする必要はあるか?

    資本金10万円の特例有限会社(元は確認有限会社と呼ばれていました)ですが今後もずっと今のままの特例有限会社を維持する予定です。新会社法施行により現在の定款を改正しなければならない義務はあるのでしょうか。法務局のホームページでは登記の可否についての記載はありますが定款変更についての注意等はありません。1人株主(元は1人出資者)で兼1人取締役の完全個人型の有限会社です。

  • 特例有限会社の株式会社への移行

    平成1年10月15日設立の、取締役Aと監査役Xがいる特例有限会社が株式会社(取締役会あり)へと移行するときについて質問があります。平成24年6月28日の定時株主総会における定款変更に伴い取締役ABC及び監査役Xを選任し、定款附則に代表はAとする旨の定めを設けるとした場合(被選任者は席上就任を承諾)、代表Aの選定に係る株主総会議事録に押された議長及び出席取締役の印鑑証明書を添付する必要があると思いますが、この「出席取締役」とは定時株主総会を開いたときに取締役であったAだけでしょうか?それともBCは即取締役と就任したことになり出席取締役に含まれるのでしょうか。また、このとき代表取締役の就任承諾書は必要でしょうか。回答よろしくお願いします。

  • 特例有限会社の株券発行

    現在有限会社です。5月1日に会社法施行にともない、整備法により「特例有限会社」となります。 そこで、定款変更すれば「株券」発行が可能になるとおもわれます。 現有限会社の定款に「株券発行条項」を加える旨の社員総会改め株主総会決議をすればOKでしょうか? 具体的手順についておわかりの方、ご教授願いたく投稿しました。

  • 特例有限会社の議事録

    役員1名社員1名(家族)の特例有限会社です。今回役員(代表者)の報酬を 下げることになりました。持ち株比率は役員1名で90%保有していますので、 臨時株主総会をひらいても出席者は2名で代表者1名で決定できると思うのですが、この際も議事録は必要でしょうか。社会保険事務所へ役員の減額の 際は議事録が必要のようなので作成しようと思いますが、雛形があれば ご紹介ください。新会社法に適合したものお願いします。

  • 特例有限会社の役員報酬改訂時期について

    特例有限会社の役員報酬増額改訂について、「会計期間開始から3ヶ月以内」に改訂を行えばよいとされていますが、普通の中小企業の決算と株主総会は2ヶ月以内に行われることを考えると、上記の規定は「会計期間開始から2ヶ月以内」と読み替えて対応すべきなのでしょうか? 決算と定時株主総会は2ヶ月以内に行い3ヶ月目から改訂、あるいは3ヶ月目に臨時株主総会を開いて3ヶ月目から改訂する方法が思いつくのですが、普通はどのように処理を進めれば宜しいのでしょうか? また、3月決算で支給が翌5日払いの場合では、6月5日の支給分からの改訂なのか7月5日支給分からの改定なのかもよく分かりません。 以上のような疑問を解消できるHPや本なども教えていただければとても助かります。宜しくお願い致します。

  • 普通決議と特別決議の定足数について

    会社法309条1項(普通決議)と同2項(特別決議)を読む限り、定足数につき、普通決議では、「定款に別段の定めがある場合を除き、議決権を行使することができる株主の議決権の過半数」、特別決議では、「議決権を行使することができる株主の議決権の過半数(三分の一以上の割合を定款で定めた場合にあっては、その割合以上)」となっています。 そうすると、定款に別段の定めがある場合には、定足数としての議決権を行使することができる株主の議決権については、下記のとおりとなり、「定足数に関しては、普通決議の方が、特別決議よりも要件が重い。」と思えるのですが、この解釈は正しいでしょうか。 「特別決議の方が、普通決議よりも要件が重い。」のではなく、「普通決議の方が、特別決議よりも要件が重い。」というのは、何か腑に落ちないのですが…。 ご教示よろしくお願いいたします。 記 特別決議の場合→「三分の一以上」 普通決議の場合→「過半数」 【参考】 第三百九条  株主総会の決議は、定款に別段の定めがある場合を除き、議決権を行使することができる株主の議決権の過半数を有する株主が出席し、出席した当該株主の議決権の過半数をもって行う。 2  前項の規定にかかわらず、次に掲げる株主総会の決議は、当該株主総会において議決権を行使することができる株主の議決権の過半数(三分の一以上の割合を定款で定めた場合にあっては、その割合以上)を有する株主が出席し、出席した当該株主の議決権の三分の二(これを上回る割合を定款で定めた場合にあっては、その割合)以上に当たる多数をもって行わなければならない。この場合においては、当該決議の要件に加えて、一定の数以上の株主の賛成を要する旨その他の要件を定款で定めることを妨げない。 一  第百四十条第二項及び第五項の株主総会 二  第百五十六条第一項の株主総会(第百六十条第一項の特定の株主を定める場合に限る。) 三  第百七十一条第一項及び第百七十五条第一項の株主総会 四  第百八十条第二項の株主総会 五  第百九十九条第二項、第二百条第一項、第二百二条第三項第四号及び第二百四条第二項の株主総会 六  第二百三十八条第二項、第二百三十九条第一項、第二百四十一条第三項第四号及び第二百四十三条第二項の株主総会 七  第三百三十九条第一項の株主総会(第三百四十二条第三項から第五項までの規定により選任された取締役を解任する場合又は監査役を解任する場合に限る。) 八  第四百二十五条第一項の株主総会 九  第四百四十七条第一項の株主総会(次のいずれにも該当する場合を除く。) イ 定時株主総会において第四百四十七条第一項各号に掲げる事項を定めること。 ロ 第四百四十七条第一項第一号の額がイの定時株主総会の日(第四百三十九条前段に規定する場合にあっては、第四百三十六条第三項の承認があった日)における欠損の額として法務省令で定める方法により算定される額を超えないこと。 十  第四百五十四条第四項の株主総会(配当財産が金銭以外の財産であり、かつ、株主に対して同項第一号に規定する金銭分配請求権を与えないこととする場合に限る。) 十一  第六章から第八章までの規定により株主総会の決議を要する場合における当該株主総会 十二  第五編の規定により株主総会の決議を要する場合における当該株主総会 3  前二項の規定にかかわらず、次に掲げる株主総会(種類株式発行会社の株主総会を除く。)の決議は、当該株主総会において議決権を行使することができる株主の半数以上(これを上回る割合を定款で定めた場合にあっては、その割合以上)であって、当該株主の議決権の三分の二(これを上回る割合を定款で定めた場合にあっては、その割合)以上に当たる多数をもって行わなければならない。 一  その発行する全部の株式の内容として譲渡による当該株式の取得について当該株式会社の承認を要する旨の定款の定めを設ける定款の変更を行う株主総会 二  第七百八十三条第一項の株主総会(合併により消滅する株式会社又は株式交換をする株式会社が公開会社であり、かつ、当該株式会社の株主に対して交付する金銭等の全部又は一部が譲渡制限株式等(同条第三項に規定する譲渡制限株式等をいう。次号において同じ。)である場合における当該株主総会に限る。) 三  第八百四条第一項の株主総会(合併又は株式移転をする株式会社が公開会社であり、かつ、当該株式会社の株主に対して交付する金銭等の全部又は一部が譲渡制限株式等である場合における当該株主総会に限る。) 4  前三項の規定にかかわらず、第百九条第二項の規定による定款の定めについての定款の変更(当該定款の定めを廃止するものを除く。)を行う株主総会の決議は、総株主の半数以上(これを上回る割合を定款で定めた場合にあっては、その割合以上)であって、総株主の議決権の四分の三(これを上回る割合を定款で定めた場合にあっては、その割合)以上に当たる多数をもって行わなければならない。 5  取締役会設置会社においては、株主総会は、第二百九十八条第一項第二号に掲げる事項以外の事項については、決議をすることができない。ただし、第三百十六条第一項若しくは第二項に規定する者の選任又は第三百九十八条第二項の会計監査人の出席を求めることについては、この限りでない。

  • 特例有限会社の役員報酬増額の議事録

     特例有限会社の役員報酬を変更しようと思いますが、議事録の作成について教えて下さい。  取締役会議事録を作成しようとしたところ、法律改正で、取締役会は設置できず、そのため定時株主総会でないといけないと聞きました。いろいろ調べたのですが良いのが見つかりません。決算承認と役員報酬の増額(個人別に月額を記載したい)の議事録でいいのですが、具体的なフォーム、テンプレート、本などありましたら教えていただけないでしょうか?宜しくお願い致します。

  • 特例有限会社の代表者変更について

    特例有限会社の代表者変更について 現在、親が代表者の有限会社です。今回長男を代表者にすることになりましたが、 定款では代表者は「互選による」となっていますが、新会社法の適用で臨時総会で 新代表を選任することができるでしょうか。 できない場合は、旧代表の退任のみを承認し新代表は互選書を作成するのでしょうか。  よろしくお願いします。