• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

減資の手続きについて

会社で減資を行うことになりました。 官報などに公告を載せて、債権者に通告すると 聞きました。 これを省くことはできるのでしょうか。 送付しなければいけない債権者というのはいくら以上の金額がある場合を言うのでしょうか。 ちなみに、株主は親会社のみで、無償償却だそうです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数409
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

債権者への公告義務の要否は、債権額により区分されてはいません。「知られたる債権者」という表現がなされていましたから、「こちらが債務を認識している債権者は全て」ということだと思います。 ただし、今年の会社法改正(2月施行?)で、官報公告に加えて、日刊紙上またはホームページ等ネット上で公告すれば債権者への個別の催告はしなくても良くなっているはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

遅くなりましたが、ありがとうございました。 ネット上の公告で個別催告しなくても良くなっている という話は全く知らなかったので、勉強になりました。 ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 減資の手続き

    初めてご質問させていただきます。 現在は会社の自己株式を取得し、その分の減資と消却を検討しております。 手続きとしては、 (1)自己株式の取得(株主との合意をもとに) (2)減資(株主総会での決議や官報による公告など) (3)自己株式の消却 の順番で行うかと理解しておりますが、これで大丈夫でしょうか? ご意見をいただければ大変助かります。

  • 減資における債権者保護手続きの意義

    会社の減資の際に、株主総会の特別決議(または普通決議、取締役会決議)の後に債権者保護手続きを行いますが、債権者保護手続きを行う意義は何なのでしょうか?何から債権者を保護するのでしょうか?

  • 減資における債権者保護手続き

    減資における債権者保護手続き お世話になります。 決議終了後2週間以内に債権者保護手続きの公告をしなければならないと、よくネットで見かけますが、どこの条文に根拠が載っているのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 会社合併時の個別催告について

    会社を合併することになり、3月に官報公告し、同時に債権者に個別催告を行いますが、 個別催告を行う債権者は公告時の債権者でよいのでしょうか?公告から合併までに発生した 債権者にはどういう対応をとればよいのでしょうか? また、債権者はすべてではなくて主要な債権者でよいと聞いたことがあるのですが、金額などの 基準があるのでしょうか?

  • 増資・減資について

    会社の債務超過6000万円を解消するため、増資減資を考えています。資本金1000万円では欠損填補ができないため、関連会社からの借入金6000万円を現物出資してから欠損填補をしたんと思います。そこで・・・ 1.増資してすぐに(債権者手続終了後)減資することはできますか? 2.この場合、株主は私一人ですが、手続終了は最短1ヶ月でできますでしょうか? 3.司法書士に手続をお願いした場合、報酬はいくらぐらいになるでしょうか?(現物出資の証明は友人の会計士に無償でお願いする予定です) 以上、よろしくお願い致します。

  • 公告と催告

    株式会社の減資手続きをしています。 そこで商法に関してよく分からないことがありましたので分かる方いらっしゃいましたらお教えいただければ幸いです。 1.公告について  株主総会決議後、2週間以内に減資公告を掲載しなければならないのですが、商法で定める「2週間以内」というのは、例えば水曜に決議したら2週間後の水曜が期限になるのでしょうか、それとも火曜でしょうか?  また、もし期限を過ぎての公告だとその減資は無効になってしまいますか? 2.催告について  知れたる債権者に個別に催告をし忘れてしまった場合はその減資は無効になってしまうのでしょうか? これらに関してミスをしてしまったのではないかと、とても落ち込んでいます。分かる方、助けて下さい!!

  • 資本の減少手続きについて

    法定準備金の減少を行う場合、株主総会の決議の後に官報への公告及び知られたる債権者への催告が義務づけられておりますが、「知られたる債権者」とはどの時点(基準日)での債権者が該当するのでしょうか?お教え下さい。 また、基準日以前に購入した物品が納入されているが、請求書が来ていなければ催告をしなくてもよろしいのでしょうか? 基本的に当社では、基本的に月末締め翌月末現金払いで支払いをしております。

  • 減資無効

    まず、 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=554856 こちらをご覧ください。 頂いたご回答に従い少額の債権者への催告をしませんでした。債権者からは特に問題はなかったのですが、当社株主の一部から「減資は無効」だと抗議がありました。法的処置を準備しているようです。 何とか事を大きくしないですむ方法はありませんか。 社長はこの株主と仲が悪いようで、困ってます。 思いっきり私の責任になりそうです。

  • 子会社の吸収合併を検討しています。

    子会社の吸収合併を検討しています。 この子会社は債権者が多いので公告方法を官報掲載から電子公告に変更し、官報掲載と電子公告の併用により個別通知を省略したいと考えています。 ところでこの子会社の登記アドレスは親会社と同じ登記アドレスでもいいのでしょうか。ちなみに親会社の登記アドレスはホームページのトップページになっています。

  • 会社解散に伴う官報の公告は必ず必要ですか?

    会社解散に伴う官報の公告は必ず必要ですか? 一人で株式会社を経営していたのですが、諸事情で、この度、会社を解散することとしました。 調べたところ、登記の費用に39000円かかりさらに官報に公告を打たないといけない(大体、3万円)と言うことがわかりました。 精算しても会社にお金が残らない、かつ、債権を持っているのは私自身のみということで公告を省略したいのですが可能なのでしょうか? 会社法499条には「一定の期間内にその債権を申し出るべき旨を官報に公告」することが必要と書かれています。しかし、事務的には、小さな会社が第三者に対して債務を持っていない場合、解散するときに官報公告を出しているか疑問です。 所轄の法務局に「公告は、解散の登記をするときに持って行かなくてはいけないのですか?」と尋ねたところ「そこまで確認はしない」ということでした。 私以外に債権者が居ないのであれば官報公告なしで問題はないのでしょうか? やはり、官報公告を行わなかったことに無理矢理理屈をつけて輩を言ってくる者に対しての対抗要件として公告おく必要はあるのでしょうか? また、官報公告よりも安価な方法があれば教えてください。 よろしくお願いします。