• 締切済み
  • すぐに回答を!

就職氷河期って本当にあったのですか?

自分もこの世代にあたるのですが、最近、「就職氷河期世代」、あるいは、「ロスト・ジェネレーション」(米国で使われた表現の焼き直し?)という言葉をよく見かけます。これについて、疑問を感じています。 まず、筋の前提のお話をさせてください。一般論からいって、景気が後退局面に入り、しかもその流れが恒常的に続くのであれば、企業の収益が下がり、新規採用者の数を絞る。従って、絶対数からいえば、就職を希望している学生が、必ずしも希望の企業に就職することができるわけではない、ということは理解できます。但し、これも一般的にいえば、景気後退の局面が訪れれば、こうした現象はごく頻繁に起こることではないでしょうか?だとすれば、なぜここまでこの世代に対し盛んに悲観的な形容が伴うのでしょうか?これが僕の素朴な疑問なのです。 以上のような問題関心から、一つの仮説というか妄想を見立ててみました。実は、就職氷河期世代などというものは、誇大に広告され、喧伝された結果流通した偽装され加工された虚構の事実なのではないのか? これは厳密に論証したわけではありませんし、作業的な仮説にすらなっているとは思えません。ただ、最近本屋で売っているような俗説を見てみると、この世代を過大に評価ないしは、誇大に売り込んでいるような気がしてならないのです。実はそれ以前やそれ以降の世代となんらかわるところのない世代であったにもかかわらず、時代的な要請に従って、なにか特質をもった世代である、と。時代的な環境の変化がこの世代をかくかくならしめたという説明や、この世代の特質が時代環境と対応する形で、~という特徴を獲得した、など色々言うことはできますが、結果として、他の世代とは異なる何らかの位置づけをこの世代に与えてやろう、という試みが現在流行している、というのが僕の俗説理解です。こう理解した場合、近年の「ゆとり世代叩き」や「団塊世代叩き」の現象も理解できるのではないか、となんとな~く思っています。 ここでの眼目は、なぜゆえにこの世代が「強いものが好きで、弱視が嫌い、あるいは弱者に与した集団が嫌い。しかも自分の立場は圧倒的に弱い、という意識を抱えている、それを支えるものは強いものだ」というなんともおかしな「流通された俗説」が、実はメディアによって作られた印象にすぎなかったのではないか、と考えるようになってしまいました。 こうした、いわばどーしようもない僕の「直観」は、次の私の観察にだけ基づいています。すなわち、僕の周辺で、就職活動一般で失敗した人はいない、(失業を伴うようなという意味です)、しかも、景気後退が激し局面であったにもかかわらず、失業者となっている人を具体的に知らない。ここでは、一般に就職活動とは、程度の差こそあれ、希望した業種や企業に必ずしも入ることができない、ということを前提にしています。) つまり、フリーターであろうが、正社員であろうが、みんな職には就いている、しかも景気が悪化している時期にである、これは、取り立てて騒ぐほどの現象であるのだろうか?だとすれば、なぜ騒いでいるのだろうか?ここがいまいち現状の理解ではしっくりこないのです。 このくだらない僕の直観をみなさん、どう思われますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数9
  • 閲覧数246
  • ありがとう数7

みんなの回答

  • 回答No.9

大事なことを書き込むのを忘れました。 就職氷河期を経験していないから、そんなものは誇大に表現されたもので幻想とでもいいたげですね。 面白いひとつの理論ではあると感じます。 しかしながら、正直申し上げると、本当にくだらない直観です。 一番重要な実際に苦労をした人々の気持ちが入っていないから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 就職氷河期

    ある駅弁国立大学に通う大学生(1年)です。 ひどい就職氷河期だといわれていますが、この就職難はいつまで続くのでしょうか。 公務員を目指しているのですが、不安定な時期は公務員の倍率が跳ね上がると聞くのでものすごく不安です。 景気は徐々に持ち直しているけど、景気が回復しても雇用には少し遅延して作用するんですよね・・・ 結構本気で悩んでます・・・ちなみに文系です

  • 就職氷河期再び・・・なのでしょうか?

    自分は大学生の男です。 4月の失業率4.0%に悪化、有効求人倍率は0.93倍に低下 http://www.nikkeibp.co.jp/news/flash/573186.html これを読んで思ったのですが、来年からは就職氷河期に 逆戻りする可能性は高いのでしょうか? サブプライム問題やガソリン、その他諸々の社会問題で景気も後退しているようですし・・・ 大学生なので、新卒での就職活動の動きには敏感になってしまいます。 皆さんのご意見を宜しくお願いします。

  • 就職氷河期世代は可愛そうではない

    就職氷河期時代は既に20年前のことであり、いまだに'竹中平蔵が悪い'とか'時代を背負わされた'等、言っている人達が信じられません。20年間一体何をしていたんだって話です。 氷河期世代である自分は決して社会的、経済的に成功した人間ではないですが、現在それなりに(国外で)楽しく生きています。今後やりたいこともあるし、マネープランもあります(最近は給与を使い切ってますが)。 しかし、僕の氷河期に対する意見は毎度理解されないんだなと(写真)。どう思われますか。

  • 回答No.8

論理的な方だと感じますが、もう一歩踏み込んでこの時代の事を考察してみてはいかがでしょうか? 単純に自分の周りにはいないとか、フリーターであれ正社員であれみな職についているから騒ぐほどではないと考えるのは少し簡単すぎます。 ちなみに自分は就職氷河期世代ではありません。 2002年の企業の景況感が失われた10年の中でも一番悪く、それに伴い就職状況が最低の時期に高校生でした。 そしてさかんに就職浪人なる言葉を聞いて自分が大学を卒業するころにはどうなのかと不安に思ったものです。 仰る通り景気の後退は、経済では恒常的に発生をするものです。 ただ、バブル崩壊後の失われた10年は単純に景気が後退局面にあると考えるべきではありません。 70年代の高度成長期と80年代半ばから90年代前半のバブル期の間にも景気が後退局面にありましたが、まったく状況は違います。 自分の単純な理論ですので一例ではありますが、 バブル期には人々はこの好景気がいつまでも続くと信じており、その状況をもとで、 ・多くの企業で青田買いといわれるぐらいの過度な人員獲得を行った。 ・タクシー券をばらまいたと言われるようにコスト意識が麻痺をしていた。 その後、不動産取引規制が施行されてバブル崩壊。 そしてデフレスパイラルに突入。 就職氷河期でも年代によって感覚が違うと思います。 2000年から2002年が就職状況(有効求人倍率)が一番悪かった時期です。 倒産しないと言われていた銀行が次々に潰れていった時期ですね。 フリーターでも正社員でも職についている。職業をひとくくりにしてみれば確かにそうかもしれません。 でも、そのころからですよね。 より人件費をカットするために契約社員、派遣社員、 パート、アルバイトと不安定な職に付く人が多くなってきたのは。 そしてその歪みが近年になって現われてきている。 就職氷河期に苦労をされなかったとのことで、 かなり恵まれていた方なのかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7

ありましたよ。 身近にいないのは、そういう世代だからでしょう。 私も「就職が大変でなかった人」というのは、親以外知りません でした。でも売り手市場で就職した子と知り合って、その差を 実感しました。 私の知人(氷河期世代)が就職した職種を「オバサンがやるんじゃな いの、それ。新卒がやる仕事じゃなくない?」 確かに、新卒には例年人気の無い職種でしたが、氷河期にはそういう 職種でさえ、高倍率だったのです。「やりたくない仕事」に就く事も 大変、それが氷河期なのです。 マスコミの誇張でも何でも無いです。 私は質問者さんとは逆に、マスコミが偏った報道をしていたように 思いました。というのは、「氷河期」というのは後になって つけられたような記憶があります。 私が大学1、2年の頃、氷河期は既に始まっていたハズなのですが、 その頃の報道は、「夢を追ってフリーターに」とか、 「若者の浅はかな考えでフリーターに」と取れる内容の報道を してました。ごく一部にはそういう人も居たでしょうけど、 今思えば「やむを得ずフリーターになった」人も多かったハズ なのに、前者のような人ばかりマスコミは取り上げていたように 思います。なので、自分が就職活動して大変な思いをして、 初めて、「フリーターにならざるを得なかったんだろうな」と。 >フリーターであろうが、正社員であろうが、みんな職には就いてい >る、しかも景気が悪化している時期にである、これは、取り立てて騒>ぐほどの現象であるのだろうか?だとすれば、なぜ騒いでいるのだろ>うか?ここがいまいち現状の理解ではしっくりこないのです。 問題なのは、格差社会に繋がるという事ではないでしょうか。 新卒の機会を逃してしまうと、就職というのはとても難しく なります。それが氷河期で就職出来ずにフリーターになった からだとしても、です。 じゃあ「一生フリーターでいいじゃん」と思うかも知れませんが、 フリーターというのは、一定の年齢になるとクビを切られる可能性が 高くなりますし、その年齢で職歴無しで就職活動したって無理です。 それどころか、歳をとるとバイトさえ、難しくなるのです。 そして、仮に一生フリーターでやっていけたとしても、生涯 正社員だった人との収入の差は…昇給(バイトでも雀の涙程度の 時給UPはあるかも知れませんが)、昇進、賞与…わかりますよね、 どちらが多いか。 それから、昔にもあったのでは?との事ですが。 ある本の作者によると、「今ほど新卒市場主義では無かったので、 既卒でも、就職したいと思った時に出来た」とあります。 過去にもあったかも知れないのに、最近の事だけ騒がれるのは、 この差じゃないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
noname#171433

就職氷河期なるものは戦前からあってます。 質問者さんは、歴史をご存知ない。 本を読んで、勉強なさって下さい。 ~景気を活気付かせる一番の特効薬って何だと  思いますか?  答えは、戦争です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • suga816
  • ベストアンサー率35% (45/128)

質問者様は氷河期といわれるよりあとの世代の方ですか? 私はまさに就活が「氷河期」と言われる世代でした。 第二次ベビーブームの世代でもあり、 何事にもライバルの多い世代ですので、ダブルパンチでした。 (ちなみに親は第一次ベビーブーム世代) 私の学年が一番人数が多く、 いっこ下の学年から数が減り始めた、という感じです。 バブルが崩壊したのが、ちょうど高校卒業から 次か、その次の歳だったとおもいます。 もし、進学などせず高卒で就職していれば、 地元の一流企業にすんなり入れたはずでした。 こちらから何もいわなくても、地元一の企業から 会社案内など送られてきてましたし。 当時は会社のほうが、今では考えられないようなあの手この手で (なんか豪華な会社説明会とかもあったらしい?!) 学生をひっぱりだこだったようです。 けれど私は進学校、進学希望だったので、 そんな会社の誘いも蹴ってしまい、 短大を卒業することろには、バブルは崩壊、 氷河期真っ最中になってしまい、 どこにいっても会社説明会は大人数、おちまくり、 まあ短大卒でキャリア志向でもなかったので しぶしぶ地元に帰って就職口を見つけました。 当時の大学生などは 就活100社はザラだったんじゃないでしょうかね…。 景気低迷がそこから10数年ぐらい続き、 そんな話もだんだん当たり前の話になってきていて、 フリーターだの、派遣だの、 正社員以外の雇用形態をあらわす言葉も 普通に耳にするようになりましたが、 そのときに踏ん張って、希望の職種の会社に入れなくても、 入れた会社に正社員として辞めずに頑張ってきた人と、 アルバイト・派遣でずるずる来てしまった人では、 10数年で、ずいぶん格差ができているように思います。 (10年以上たてば、かなりの差が・・・) かくいう私も20代は数度転職をしましたが、 正社員にこだわって働いてきました。 でも決して正社員にこだわる就活は楽ではありませんでしたよ。 また、最近景気が浮上しているらしく (と、よく国は言っていますが、私自身はまだ 生活に反映されているような実感できないのですが)、 求人広告などを今でも見ますが、当時よりは求人が増えているのは確かです。 身に染みて実感してきた世代ですので、「氷河期」というのはあったと思います。 長い目で見れば、景気の上下の繰り返しとともに、 就職低迷期というのは繰り返し訪れるものなのかもしれませんが、 「バブル崩壊後」の就職難を、「氷河期」と名付けてもよいのでは、と思います。 ていうか、たった数年でバブル経済期と差がありすぎるから、余計そんな名前が つくのかも・・・でもマジつらかったので、誇大でもないとおもうのです。 >フリーターであろうが、正社員であろうが、みんな職には就いている 選ばなければ職にはつける世の中です。 そうですね、職は選ばなければ、あります。 心配なのは格差ですね・・・所得格差(汗)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

質問者様は何歳くらいの方なのでしょうか? 私はいわゆる「氷河期世代」の少し前の世代です。 ですので私が新卒の頃、バブルは崩壊していましたが、まだ就職はマシだった時代です。 確かに言われて見れば周りでは、希望であろうとなかろうと ちゃんと仕事についていた人のほうが多かったですね。 あまり「氷河期」というカンジは周りではしなかったです。 ただ氷河期だなと感じたことが一つあります。 私は2度転職しているのですが、ちょうど2度目の転職の時が「氷河期」と言われる時期でした。 その頃は今と違って求人情報はネットでなく雑誌が主流。 一度目の転職のときは求人誌は「週間文春」以上の厚さがありましたが 二度目の時は求人情報誌がペラペラ。「FRIDAY」くらいの厚さ。 なるほど、求人が少ないんだなあと思いました。 日本人って「●●世代」ってつけるのが好きだから、 とりあえず1970年半ばから後半の世代を「氷河期世代」って呼んでいるフシはありますね。 確か1973年が出生数のピークだったので、 今と違ってこの世代は受験も就職も大変だったのでしょう。 求人数も少ないし上に子供も多かったので。 やはり「氷河期」は実際にあったと思いますよ。数字を見ると。 ちなみに質問者様はだいたいどれくらいの年齢なんでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • ri-san
  • ベストアンサー率39% (108/274)

過去の事象を誇大していく。。というのは何に対しても言えることではないでしょうか? 就職氷河期世代だけに限ったことではないと思いますよ。 また、質問者様の周りでは失業者がいなかったり希望の職種についている方が多いかもしれませんが、私の周りの就職氷河期世代と言われる方々はみんな希望職種についていません。または、正社員採用を狙っていたけど、アルバイトでしか採用されなかった方とか。。 巷で騒いでいる(本とかメディア)は統計的な数字で判断しているので、それはそれで理にかなったことを言っているのではないでしょうか? どの世代も優秀な人もいれば劣等生と呼ばれる人もいるってことでしょうね。 >なぜゆえにこの世代が「強いものが好きで、弱視が嫌い、あるいは弱者に与した集団が嫌い。 >しかも自分の立場は圧倒的に弱い、という意識を抱えている、それを支えるものは強いものだ」というなんともおかしな「流通された俗説」が、実はメディアによって作られた印象にすぎなかったのではないか 私もそうだと思いますよ。客観的に見てそういう人が多いといいたいのではないですか? もちろんメディアがいう「打たれ強い人、我慢強い人」ばかりではないでしょう。その世代の人がそんな人だけしかいなかったら気持ち悪いですし。 就職口が少ない時代に、やっと手に入れた職をそう簡単に手放す人は少ないんではないですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

仰る通りの事はいえる部分もあると思います なぜこれほど騒がれるかといえばバブル時代の 採用状況があまりに凄かったためソレを基準に 語ってる部分が大きいからです バブル期は人が足りない「人手不足倒産」とか 大卒でどこでも就職できた学歴神話とか いまでは考えられない雇用状態でした 国内では人が足りないので外国人を大量に入れないと 人手不足で経済が破綻するみたいな話が大真面目に語られていたのです 学歴に関してはもはや神話になっていて電話で慶応卒といっただけで その場で内定が出たなんて話もあります その状態からすると今のような雇用状態は氷河期に見えるでしょう どちらが異常かはなんともいえませんが

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 つまり何を基準にとるか、ということですね。まず物差しを明らかにしておいてくれないと、差もないところに大きな落差を偽装している、こう思う人もいるでしょうね。僕に限らず。

  • 回答No.1

> つまり、フリーターであろうが、正社員であろうが、みんな職には就いている、 ・差し当たりの会社を回すための労働力として採用されている。 ・△△年後に、非正規採用の社員に指示を出したり、新規採用の社員に教育を施したりするための要員として採用している。 後者の採用枠が減ってバランスが良くなくなっている状況を問題視しているのかと思います。 会社を運営する側の社員がいなくなれば、空洞化とか、技術の流失や消失、余計に余分な労働力が必要になんて事が問題になるのかと。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 なるほど。就業形態が変化してきたということですね。おそらく就業形態の変動については、グローバル化と景気の後退両方から説明されるような気がしますが、とすれば、この変化する時期に、たまたまこの世代があたってしまった、ということでしょうか。 巷の俗説は、どのように働くのか、といった実態、つまり働き方のほうを争点化する運動である、ということができるかもしれませんね。 ただ、誤解を恐れずに大別すると、社会には「どーでもいい仕事;誰がやっても同じ仕事」と「誰かがやらなければいけない仕事」があるとすれば、圧倒的に同―でもいい仕事が多いわけですね。であれば、「どーでもいい仕事」をいかに生み出していくのか、これが政策課題になるわけです。「どーでもいい仕事」は、誰がやっても同じ結果を導く、という前提に立てば、就業形態にかかわらず、このような仕事の総数をどこまで増やしていけるか、こちらのほうに目を配った方が建設的かと思えてきました。今、リベラル派の課題では就業形態を問題視していますが、かつては政府による公共事業の増額を訴えていたはずです。仕事の中身を問うよりも、まずは数を重視した方が、現在の貧困問題には効果的だと思えてきました。要するに、道路や橋を増やした方が、いいのではないか、と。。

関連するQ&A

  • 就職氷河期世代の親

    はじめまして。 60代の主婦です。 息子が二人おりまして、長男は就職氷河期の世代であり、現在30代半ばですが、職に就いておりません。 次男は年が離れているため20代後半で氷河期とは無関係、地方の中小企業に勤めております。結婚し孫も生まれました。 しかし、次男夫婦はなかなか我が家へ孫を連れてきてくれません。 次男からは前々から「兄ちゃんはどうするのか。バイトくらいして欲しい。俺には家庭がある。」と言われていましたが、そのたびに次男夫婦には迷惑はかけないと説明していたのですが、ついに「孫に悪影響だから連れていかない」と言われてしまいました。 お嫁さんからも、「時代のせいばかりにしてなにもしないのはおかしい。専門学校に行き直したり努力している人だっているのに。」と言われているそうです。実際お嫁さんのお姉さんは就職できず、専門学校に進学し、資格を取得したようですが…。 ちなみに次男夫婦はゆとり世代の売り手市場です。なので、氷河期世代の就職の大変さなどはわからないです。 これまで一生懸命子育てしてきたのに、息子が職に就けないからって孫にも会えず、就職氷河期世代の親って虚しいなと毎日悲しく思っています。 同じような方はいらっしゃいませんか?

  • 就職氷河期世代のことを人生再設計第一世代に第5回経

    就職氷河期世代のことを人生再設計第一世代に第5回経済財政諮問会議で名称を変更した。 質問1 就職氷河期はリーマンショックが起こらなければ無かったって本当? 質問2 竹中平蔵による派遣会社の正社員による正社員の派遣社員という業態を作ったから就職氷河期が起こった? 質問3 質問1と質問2ではどちらの方がウエイトが大きい影響だった? 私が思うにリーマンショックが起こる前から就職氷河期だったように思うのです。

  • 就職氷河期世代の40代を公務員にする案をどう思いま

    就職氷河期世代の40代を公務員にする案をどう思いますか? ただでさえ日本の人口あたり公務員数は先進国最低水準で、行政サービスを十全に実施する上で不十分なのだから、就職氷河期世代を一挙に直接雇用すべきだろう。そもそも労働者の非正規化を推し進めてきた政府の失策が生み出した被害なのだから当然だ。竹中平蔵に利益誘導する為の支援策など不要だ。 異邦人@Narodovlastiye

  • 就職氷河期世代の40代が親の介護に直面していて貯金

    就職氷河期世代の40代が親の介護に直面していて貯金もなく、親に財産がないと共倒れすると言われています。 親に財産があれば良いですが、就職氷河期世代の40代の子供が次の介護世代になったときがもう日本の終わりのように悲惨で、財産がない親を財産がない子が介護するという確実に絶望の二文字しかない介護地獄が待っているようです。 国、政府として何が出来るのでしょうか?

  • 教えてください。

    ある経済学の本の中に、「景気後退局面に入りつつあるアメリカ型の株式資本主義も、限界を露呈しつつある。」と書いてありました。「景気後退局面に入りつつあるアメリカ型の株式資本主義」は何を意味するのですか。何をもって「景気後退局面に入りつつある」と証明できますか。例を挙げて説明していただきたいです。お願いします。

  • 就職氷河期世代の男性で生涯未婚の人は将来、何十%位になると思いますか?

    http://hyogaki-sedai.jugem.jp/?eid=100 上記のサイトで、2005年時点において30歳~34歳の人の未婚率は47.1%だとありました。 私はこのデータを見て、 「就職氷河期世代の男性は生涯未婚の人が30%を超える事になるのではないか?」と思いました。 皆さんはどう思われますか? また、生涯独身の男性が多い社会となった場合、それに起因した何か新しい社会現象(少子化以外)、社会の風潮が起こる事になるのでしょうか?どんな事が起こる可能性が考えられるでしょうか?

  • 就職氷河期世代で有名大学を出ている男性で実際仕事もできるのに、さほど有

    就職氷河期世代で有名大学を出ている男性で実際仕事もできるのに、さほど有名な会社に就職していない人もいますし、一流企業で同じ世代で同じような大学でそれより能力は、劣るように見える男性が採用になって働いているのを見ると何が明暗をわけたのか不思議です。たまたま有名会社と相性がよくて気に入られたからでしょうか?確かに有名企業に氷河期に入った人達は、性格もよさそうにみえるし、仕事は出来てもそこそこの会社にしか採用にならなかった男性は厳しそうでイマイチ感じはよくないです。同じような学歴で能力がどうより、人に好かれそうな人がいい会社に採用になりやすいんでしょうか?それとも、たまたま会社の求める資質があったかどうかでしょうか?いくら学歴も高くて仕事ができそうでもその会社に合わなければ採用にはならないんでしょうか。

  • 就職氷河期世代の悩み

    私は昭和51年生まれの33才で、就職氷河期世代の人間です。男性です。 新卒時、現在のように不況で民間企業は採用を減らし、厳選採用で中小企業から内定を取ることも厳しく、公務員試験も倍率10倍以上は当り前で、100倍を超える自治体もありました。民間も公務員も狭き門で私も含め多くの者が正社員として内定を取れず、大学や高校を卒業して契約社員、派遣社員、フリーターといった非正規雇用の形で社会人になってしまいました。私は現在も非正規雇用のままで、何度も正社員や公務員試験の求人に応募しましたが、結果が出ず暗礁に乗り上げています。年齢的にも限界が来ておりますが、何か良い方法や方向転換の方法があればアドバイスして頂きたいです。企業はもっと新卒だけでなく、こうした氷河期世代のことも考えて欲しいのですが・・・。同年代の方で私と似たような境遇を乗り越えた方や同じような悩みを抱えている方がいらしたらご意見をお聞きしたく書き込みました。他の年代の方からのご意見もお聞きしたいです。

  • 就職氷河期と内定率低下の理由

    私、思うに、そもそも今回の就職氷河期や内定率の低下は、団塊世代を助ける為になるようになった結果の状況だと思います 理由 0.政府の財政がきびいので、社会保障費が払えない 1.年金の支払い開始が60→65歳になった 2.その為、政府は、大企業に対し、シニア世代の人材活用を名目に   65歳まで雇用を延長させている 3.雇用延長したことにより人材の自然減が少ない 4.人材の自然減が少ないので、若者を取る必要がない 以上のような理由により内定率が下がったと思うのですが、 この事をマスコミなどは一切報じていませんがなぜですかね。 リーマンショックでは、ないような気がします。

  • リベンジ転職

    就職氷河期に就職した世代の人はリベンジ転職する人は多いのでしょうか? 就職氷河期世代の方でリベンジ転職した方、もしくは周りで転職した方の話を聞かせてください。 あと、就職には本人の能力も必要だと思いますが、それ以上にその時の景気も大事だと思っている私は間違えですか?教えてください。