• 締切済み
  • 暇なときにでも

就職氷河期の原因は大学のつくり過ぎ?

大学卒業生が就職することが困難で、就職氷河期などといわれています。募集人員に対して応募人員が多すぎるわけです。バブル期に比べて募集人員が減り、応募人員が増えていることでバランスが崩れているのだと思います。片方の原因、募集人員減は確かに不景気や合併統合によりバブル期に比べ募集人員が減ってます。しかしもう片方の原因についてはあまりニュースなどでは触れられません。応募人員つまり大学卒業生が増えているのだと思います。バブル期に雨後のたけのこのように新設された大学が多くの大学卒業生を生み出しているのでは? あまりニュースなどでは触れられませんが、違いますかね。はじめから大卒にふさわしい企業への就職の可能性が低い卒業生を生み出すことが分かっていたと思います。認可出した省庁が諸悪の根源か?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数11
  • 閲覧数381
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.11
  • nevel
  • ベストアンサー率13% (39/288)

大学卒業生の就職が厳しいと言われるのは、その通りだと思います。 バブル期と比較すると、パソコンの普及で業務が効率化して、必要人員が減少しているんだから、 その分大学生の数を減らさないと、就職難になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 就職氷河期再来?

    大学も決まってない受験生がこんな心配してると笑われてしまいそうですが 本気で心配です。就職氷河期といっても名前くらいしか知らなくて せいぜい普通の不況に毛が生えた程度だろうと思ってたんですが 調べてみてがく然としました。 就職難が起こったとして、だいたい何年くらい続くと見られているのでしょうか。 あと、大学卒業後は地元の市役所を目指そうと思っているのですが 就職氷河期時の公務員倍率はどのようになったのでしょうか。 やっぱり跳ね上がったんですかね・・・

  • 就職氷河期で内定が取れない学生にも原因があるのか?

    もう3年生の就職活動が始まっています。 就職氷河期と就職内定率の話題がニュースや新聞等で話題になっていると思います。 「不況が悪い」「採用を抑制する企業にも問題がある」「学生の実力不足」など、社会、企業、学生それぞれに問題があるから就職内定率が悪くなっているのだと思います。 あえて学生に問題があるとしたらどのような事だと皆様は考えていますか? 自己分析や業界研究をやり過ぎているのかなと思ったりします。それによって自分の可能性を狭めていると思います。「適職」を意識しすぎるのかなと思います。学生の周りも「適職」に付く事を推奨していると思います。自分に合っている、合っていないの100か0で考える傾向が多いのかなと思います。大卒の3年以内の離職率が4割近くになるそうです。自己分析や業界研究の割りに離職率が不況でも変わらないような気がします。自己分析や業界研究を十分やっても駄目なのか、不足しているから駄目なのか分かりません。 中小企業には不況にも関わらず応募する人員が少なくて困っている企業があると聞きました。学生が中小企業に目を向けないのも原因だと思いますか? 応募不足で人材が確保出来ない企業が不況下でもあるのは本当なのでしょうか?

  • やはり、こんな就職氷河期でも卒業論文で不可になって内定がなくなる、って

    やはり、こんな就職氷河期でも卒業論文で不可になって内定がなくなる、ってことはあるのでしょうか... 大学はそういうことは考慮してくれたりするような甘いところではないですよね?ちなみに早稲田です。

  • 回答No.10
  • chubou3
  • ベストアンサー率23% (264/1130)

>認可出した省庁が諸悪の根源か? それも有りますが、一番悪いのは「親」です。 大学にさえ行けば出来の悪い息子も上場会社にホワイトカラーで就職できると思っている頭の悪い人が多いのでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.9

質問者様のご意見は一理あると思います。 http://benesse.jp/berd/center/open/dai/between/2010/04/01toku_54_b.html この表は非常に興味深いと思います。 1992年  18歳人口 :205万人  4大進学者数:54万人 進学率   :26% 2009年 18歳人口 :121万人  4大進学者数:61万人 進学率   :50% バブル期(はじけた直後)と比べて18歳人口は84万人減っているのに 大学に進学する人は7万人も増えている。 進学率も26%から50%に。 学力が下がってきているのに半数の高校生が進学している。 >はじめから大卒にふさわしい企業への就職の可能性が低い卒業生を生み出すことが分かっていたと思います。 わかっていたのかどうかはわかりませんが・・・。 大学がたくさんできたおかげで、 学力の低い学生でも大学に入ることができてしまった。 こういう学生は、大卒の就職試験に太刀打ちできないでしょう。 しかし今年も1992年と同じ進学率(26%)だったとしたら つまり本来なら大学に進学することのなかった学生が大学にいかなかったとしたら その人達は高卒で就職することになります。 ということは、ただでさえ昨今、 高卒の就職が厳しいのにもっと厳しくなっていたと思われます。 大学がたくさんできたせいで、大卒の就職が厳しくなる一因となった。 しかし1992年と同じくらいの大学進学率だった場合、 大卒は今ほど就職試験の倍率は高くならなかったかもしれませんが 高卒の就職試験の倍率は今以上に高くなっていた。 うーん、世の中うまくいきませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8

政治のせいにするのは簡単ですが、どの様な世の中でも同世代の過半数がホワイトカラーに近い仕事につける世界があるとは思いません。 世の中は、社長もいれば道路工事も必要だし、掃除をしてくれる人がいないと成り立ちません。現に毎日会社にいけるのもバスや電車の運転手がいるからです。 日本の上場企業は3000社を超えるくらいです。一方会社の数は全国で100万社を超えるといわれています。 いくら大企業でもその採用数はほんの一部であることはこれで明らかです。そこに同世代の半数の学卒者が押し寄せるのですから、就職難にならないのが不思議なくらいです。 これを全部希望の職に就かせられる政治とはどういうものか想像がつきません。 仕事の種類を問わず、働ける所はどこでも働くと思えば就職率60%などと言うことはないはずだと思っています。 その証拠になぜこれほど多くの外国人労働者が来ているのかを考えれば、そこには仕事があるからだということがわかります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7
  • coco1701
  • ベストアンサー率51% (5323/10242)

>大学卒業生が就職することが困難で、就職氷河期などといわれています。募集人員に対して応募人員が多すぎるわけです  ・大学の就職希望者に対する求人数(求人倍率)は1.7位です(100人当り170人の求人があると言う事)   (反面、高校生の場合は0.7位しかないので本当に就職先がありません)   実態は募集人員>応募人員になります  ・何故就職困難になるかと言えば、学生の希望が大手企業で安定していると言われている所に集中している為です   (大手企業の求人数は限られているので当然、募集人員<応募人員になり落ちこぼれが出てきます)      

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6

 大卒は就職できないが、高卒はみんな就職できるならその通りでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

 自分の考えとしては自民党が悪いし、自民党に政権を与えていた国民が悪いんだと思います。  当時の厚生省が年金の無駄遣いをしてきたから、年金が足りなくなった。もし、60歳で充分食っていける年金制度を確立していれば、定年を法律で義務化することができた。もし、60歳を超えて働く場合は、所得税・住民税率を80%にすれば誰も働かないだろう。  60歳を超えた人たちが働かないと生きていけないから働く、そうすると若年層の就職口が狭まる、フリーター化、未婚者の増加、年金改悪の繰り返し。与謝野経済財政担当相が人生90年で70歳での年金支給開始等と発言しているけど、とんでもない。  つまり、働く人間がいなくなれば企業は新しい人をとらなければ生きていけないわけです。雇用を生み出せない一因として本来、隠居してもらわなければならない人達が働かなければならないのが募集人員減の一因。  それと、他の回答者様が言われているとおり、企業と大学新卒者のミスマッチ。これについては、 http://okwave.jp/qa/q6461164.html  のANo.2として回答しました。  他にも色々な考え方があるけど、以上が自分の考えです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

近くの商店や町工場は人手不足で困っているところが結構あります 皆さん高望みをするから こうなります。みんなで美食に群がれば値も跳ね上がります 麦飯でも良いという方おりませんか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • IDii24
  • ベストアンサー率24% (1595/6502)

新設の大学は企業には高卒と変わりませんから、相手にしてないですよ。つまり本来高卒で就職すべき人間がプラプラ大学に行くような結果になっただけ。確かに良い事ではありません。 小子化によって誰でも大学にイケる時代になってしまいましたが、大学側は儲けの為に、合格人数を減らすどころか増やしています。これの方が問題。有名大学で有りながらそれにふさわしくない人間を卒業生として吐き出してしまっています。 だから企業の採用が狭き門も成る事で調整されたと考えても良いのでは無いでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • honpapa
  • ベストアンサー率16% (10/61)

不景気もあるでしょうが、学生の就活先が人気企業や業種にに隔たってるのが一番の理由じゃないかな? 大きいところなら安心出来るのは理解出来ますが、身の丈を理解せずアンバランスな就活をし続けていても疲れるのは自身です 一度立ち止まって冷静に見れば、普通に企業からの募集はたくさんありますよ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 就職氷河期世代の現在

    おはようございます。 2005年に大学を卒業した男性です 卒業後はフリーターで生計を立てています 皆さんの周りにいらっしゃる就職氷河期世代は 現在何をされているのでしょうか? 大半の方はどこかしらに就職されたのでしょうか それとも未だにフリーターか派遣社員でしょうか 専門学校に通い直した方もいらっしゃるのでしょうか。 また、私は現在28歳なのですが・・ この年齢まで職に就いていない人間は会社から見たら どう評価されるのでしょうか? 外資大企業の取締役様に私の先生がいらっしゃるのですが 「どんな理由があろうとも30歳でフリーターは社会的に許されない」 と忠告を受けています。 また、「どんな事になろうとも決して諦めてはならない、 継続しなさい」とも言われています。 毎日暗い部屋で一人になって将来が不安で震えています カウンセリングにもかかっているのですが、 カウンセラーからは専門学校を薦められています。 現在は何かしらの役に立つかと思い、簿記の資格を取るために、 専門学校のo原に通っています、諦めるつもりはありません。 不安定でちょっと何を言いたいのかわからなくなりましたが どなたかアドバイスをいただけないでしょうか・・ (外資にいる先生からは、 私と先生の関係は縁であり、人脈と言う、うちに面接を受けに来れば 入社させてくれると言われていましたが、私は二浪一留した 出来損ないのフリーターですので、スペック的に無理です 先生は当時は人事のお仕事をされていまして 子供の頃の私を中国古典で言うところの賢者と 呼んでいたからお声がかかっていたのですが、残念な事に 今の私には色々事情ありまして、何の力もありません・・)

  • 就職氷河期世代の悩み

    私は昭和51年生まれの33才で、就職氷河期世代の人間です。男性です。 新卒時、現在のように不況で民間企業は採用を減らし、厳選採用で中小企業から内定を取ることも厳しく、公務員試験も倍率10倍以上は当り前で、100倍を超える自治体もありました。民間も公務員も狭き門で私も含め多くの者が正社員として内定を取れず、大学や高校を卒業して契約社員、派遣社員、フリーターといった非正規雇用の形で社会人になってしまいました。私は現在も非正規雇用のままで、何度も正社員や公務員試験の求人に応募しましたが、結果が出ず暗礁に乗り上げています。年齢的にも限界が来ておりますが、何か良い方法や方向転換の方法があればアドバイスして頂きたいです。企業はもっと新卒だけでなく、こうした氷河期世代のことも考えて欲しいのですが・・・。同年代の方で私と似たような境遇を乗り越えた方や同じような悩みを抱えている方がいらしたらご意見をお聞きしたく書き込みました。他の年代の方からのご意見もお聞きしたいです。

  • 合格の割合

    大学入試で前期A2型の各科目の配点が100点で満点が200点。募集人員が23、志願者数181、受験者数179、合格者69の場合、片方が9割取ったならもう一方のほうはどれくらいの割合で取れていれば良いのでしょうか?あと募集人員と志願者って誰どう違うんでしょうか?答えて頂けるとありがたいです。

  • 大阪大学

    大阪大学の第二志望学科についてです。大阪大学のホームページには 受験者全員を成績上位の者から得点順に並べ、成績上位順にそれぞれの学科の募集人員を充たすまで合格者とします。第1志望学科で既に募集人員が充たされており、かつ、第2志望学科で募集人員が充たされていない場合は、第2志望学科での合格となります。 と書いてありますが、僕の解釈では第一志望学科が第一志望者数で定員割れしてないとその科の第二志望は意味がないというと捉えていますが、これだと大阪大学で倍率が1を切っているところはないので第二志望学科は意味ないということになってしまうので僕の解釈が間違っていると思うのですが、この第二志望学科の制度はつまるところどういうことなのでしょうか。

  • 大学の募集人数に対して合格者数が多いのはなぜ

    とある大学の履歴見まして 募集人員が160人で合格者数が750人くらいなのですが これは、どういう意味で合格者数を増やしているのですか。 なぜこんなにも開きがあるのですか

  • 大学卒の就職率60%について。

    大学卒の就職率60%について。 先日、ニュースで上記の事が報じられていました。 単純に大学卒業者のうち40%が就職できずに卒業していったという事ですか?

  • 就職氷河期について

    とても恥ずかしい質問をします。 下記のコピペがいまいちよく分かりません。 -----------------------------コピペ----------------------------- 【これから真の就職氷河期がやってくる】 新卒求人倍率 1992 2.5 ←バブル崩壊 1993 2.0 ←バブル崩壊 1994 1.6 1995 1.2 1996 1.1 ←大手金融機関の破綻 ----------------------------------------- 2008 2.2 ←サブプライムローン問題 2009 2.1 ←リーマンブラザーズ破綻 2010 1.6 ←今ここ(過去15年で4番目に良い超売り手)★ 2011 0.8~1.2(予想) ←現在の大学3回生☆ 2012 0.7~1.1(予想) ←現在の大学2回生☆ 2010年3月卒業予定の大学生・大学院生に対する求人倍率は1.62倍(超売り手) http://mainichi.jp/select/biz/news/20090414k0000m020036000c.html マスコミの煽りも虚しく、10卒の有効求人倍率は過去15年で4番目に良い数字だった。 しかしこれは団塊世代退職補填のタイミングが重なったからであり、さらに補填は今年で完了したため、来年以降は厳しくなるだろう。 ☆公務員に関しても団塊世代退職の補填は今年で終了するため、来年の公務員試験は驚異的に難化する可能性が高い。 ----------------------------ここまで---------------------------- 倍率というのは低いほどいいんですよね? この就職氷河期がくるという年度の予想倍率が0.8~1.2なんですが 1倍程度ならほぼ全員が受かるということではないのでしょうか。 バブル崩壊の年度でも倍率2倍とたいして高くないのも気になります。 詳しくお願いします。

  • AO入試について

    AO入試で大学に入ろうと思いますが、 募集要項を見ると、一期、二期、三期、となっている所がありますが、 これは、一期で募集人員に満たない場合、二期、三期で足りない分を補うのでしょうか? それとも、一期で募集人員を満たした場合でも、二期、三期は実施されるのでしょうか? よく分からないので、よろしくお願いします。

  • 中央大学入試募集人員

    こんばんわ。私は、中央大学の法学部を志望しております。 今、改めて中央大学の入試について調べているのですが、 募集人員について些か心配なことがありますので質問します。 中央大学公式サイトにて入試の募集人員を見たのですが、 これは中央大学の系列校(中央大学高等学校等)からの内部進学者 を除いての人数でしょうか、それともそれを含めての人数でしょうか。 それともう1つ。 一般入試と統一入試では、難易度はどちらが上でしょうか。 宜しくお願い致します。

  • 就職氷河期

    よく言われてる就職氷河期の人たち 僕は全部自己責任だと思います 甘えるな!と言ってやりたいほどです みなさんはどう思いますか?