• 締切済み
  • 暇なときにでも

第4外国語以上を学ぶ

こんにちは。 現在、大学2年年で総合系の学部に所属しています 第2外国語でフランス語、第3外国語でロシア語を現在履修しています。それでも、ものたらず、第4外国語以上も習おうかと思っています。外国語の成績についてはすべてオールAで、他に履修する余力もあります。 ただ、履修して、就職するときに、多くの外国語を履修してきて、どんな風に思われるか気になります。 専門分野として、地域形成やマーケティングについて深めていきたいと思っています。また、卒業する頃には、主に学んだ外国語として、英検は1級、フランス語検定も2級程度をとる予定です。 ただ、他の言語に関しては、せっかく勉強できる環境があるのだから、日常会話の基礎をつけ、その地域の事情を楽しむ、そして視野を広げる意味で、さらに幾つかの言語を履修してみたいと思っています。(それぞれの言語、国・地域の関係など、なにより興味深いので) 例としまして、高校の時に2年間勉強したドイツ語、フランス語に似ているスペイン語、イタリア語、アジアの外国語で中国語などです。 大学では、英吾も含め6ヶ国語履修できます。(そこまでやるひとは数少ないと思いますが。。) 自分の専門分野と、それなりの外国語(英吾能力)があれば、「中途半端」であると、マイナスのイメージを強く思われることはないでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数10
  • 閲覧数145
  • ありがとう数11

みんなの回答

  • 回答No.10
noname#111031
noname#111031

#6です。私が昔お付き合いを願っていた人で、産業翻訳を個人でやっておられた方がおられました。その方は、最終的には何処の大学も卒業されなかったのですが、ホンダ、とか安立電機などの一流企業の翻訳をしておられました。取り扱い言語としては、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語、オランダ語などなど。どうやって使える程度までそれらの言語を身に付けたのか、不思議です。恐らく、外国語を学び、使うことに興味を持っていたのでは、としかいいようがありません。そのくらいの気持をお持ちでしたら、どうぞ頑張って下さい。 その人は、文学書もよく読んでおられました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

貴重なお話どうもありがとうございました。 大学卒業に関係なく、そこまで習得できるのは神業ですね。 私も、興味が尽きるまで、外国語を追求していきたいと思います。

  • 回答No.9

私が面接官ならば以下のように問います、「大学は語学をやるところではなく、学問するところです。あなたは語学をどのように研究に活かしたのですか?」と。大学で習う程度の語学だけできても中味のない人間は企業で使いものにならないからです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>「大学は語学をやるところではなく、学問するところです。あなたは語学をどのように研究に活かしたのですか?」 とは、よく聞きます。外国語を習得する為だけなら、大学にいく必要はないと、私も思います。いろいろな外国語学校もあるし、習得できる環境はどこにでもあると思います。 私も専門分野がはっきりと持ちきれてない部分はありますが、外国語はどの学問・研究でも十分に活かされるものであると確信しています。 日本以外の国、地域と日本を比較して問題点を見つけたり、、外国語・言語文化そのものも研究できると思います。

  • 回答No.8
noname#111031
noname#111031

変換の間違いの訂正: 日本語、英語、それとどれか一ヶ国語を出来る限り高い程度まで”見につけても、”実際に使うのは幾つですか? ”身に付けても、xx”に訂正します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7
noname#47281
noname#47281

マイナスのイメージは特にありませんが、しいて言えば、語学以外に何か得意なものは他にないのかが問われると思います。 心配でしたら就職も面接の時に何カ国語も履修したとか言わなければいいだけです。履歴書の特技・資格の欄に 英検1級とフランス語検定2級程度だけ書けば十分です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>語学以外に何か得意なものは他にないのかが問われると思います。 そうですね。専門分野は経済・経営といえればよいのですが、「得意」とは言えないと思います。 履歴書はそのように書くつもりですが、何を履修してきたか履修証明書を提出する?と思うので、いわずとも分かるのではないかと思いました。

  • 回答No.6
noname#111031
noname#111031

>>例としまして、高校の時に2年間勉強したドイツ語、フランス語に似ているスペイン語、イタリア語、アジアの外国語で中国語などです。 大学では、英吾も含め6ヶ国語履修できます。(そこまでやるひとは数少ないと思いますが。。) 自分の専門分野と、それなりの外国語(英吾能力)があれば、「中途半端」であると、マイナスのイメージを強く思われることはないでしょうか。 何ヶ国語やろうと、その人の問題ですから。どうぞおやり下さい、としか言えません。しかし、先ずは、”日本語”をちゃんとして下さい。 それと、「日常会話程度」をxxと言っておられますが、一番難しい程度を考えておられるようですね。実際にちゃんと日常使えるようになるのはその国の国民位ではないでしょうか? 外国人は、なんと言っても 外国人で、日常言語はどうやっても、ハンディー付きで、ある程度まで で、あとは、相手に勘弁願うことになりますね。 私は、残念ながら多少の英語、ドイツ語、それとほんの少し低地ドイツ語を読んだり、書いたり、しますが、仕事で使っていたのは英語だけです。それも、高校までの知識と、後は実際の仕事上で覚えたものです。 ドイツ語は大学での専攻外国語、その延長と趣味で低地ドイツ語を 齧っています。私はいわゆるロマンス系の言語は全くやったことがありません。と言うのは、私のやりたいことには無関係だし、どうも趣味に合わない言語だからです。 外国語をある程度使えるようになるのには、大学の授業なんて、専攻でもない限り、当てにしないように。下手をやると時間の無駄になりますよ。それよりも、ラジオ、テレビ、ウェブサイト、などをフルに利用した方が効果的で、あなた個人に雑音もなく、授業が向こうから来てくれますよ。日本語、英語、それとどれか一ヶ国語を出来る限り高い程度まで見につけても、実際に使うのは幾つですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>外国語をある程度使えるようになるのには、大学の授業なんて、専攻でもない限り、当てにしないように。下手をやると時間の無駄になりますよ。 その通りだと思います。私も、今履修している授業の進度が低いので、自分で勉強してます。ただ、授業をとればベースメーカにもなり、一緒に勉強できる仲間が居るので心強いです。 >ラジオ、テレビ、ウェブサイト、などをフルに利用した方が効果的 まさにです。特にインターネットは海外のが見れますので、ほとんど読めなくても、ニュース?や番組を映像を頼りに見ています。 実際に使うのは、主にその国の人と会ったときだと思います。あとは、好きな音楽や映画、を聞いたり見たり、楽しむ程度です。

  • 回答No.5

ご質問を拝見しての第一印象です。他人のことを気にしすぎです。勉強など、好きなことをやればよいでしょう。英検を受けるのもよいでしょう。博士号を取るのもよいでしょう。しかし私はそれを人に見せるため、就職のためと思わず、自分の実力を自分のためにチェックするのがよいと思っています。 生涯に多くの論文を書いても博士号を取らず、晩年に過去の論文で一番気に入ったもので、称号を得て、満足して亡くなった方もあります。どうせ取るなら、二塁打で取らずホームランで取ろうと思ったのかも知れません。 一級でも、二級でもよいのです。俺の実力はこれだと思ってもよいし、俺は未だ先を頑張るぞと思ってもよいのです。中途半端と言われたら、お前は何か世界一になったかと問い返すことです。アインシュタインだって分からないことがいっぱいあったのです。アインシュタインにお前は中途半端かと言える人がありますか。 最後に言葉/多言語そのものについて申し上げます。これだけの知識をお持ちなら、比較言語学、古典言語、語源学、方言学をやってご覧なさい。とても面白いですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とても、熱いお言葉をありがとうございます。 胸が熱くなります。夢中になるって、いいことですね。

  • 回答No.4
  • unos1201
  • ベストアンサー率51% (1110/2159)

>「中途半端」であると、マイナスのイメージを強く思われることはないでしょうか。 就職の面接時には、そういう評価をされる傾向があります。 私は、大学2年のとき、フィンランド語を東京外語大の短期研修で受講したり、アラビア語を独学で練習して、40歳を過ぎてから、韓国語も勉強しています。フランス語、ドイツ語は、実際によく使う言語ですので、英語の通じないヨーロッパ圏で通じることが多く、実用言語だと実感しています。スペイン語、ポルトガル語は北米でも南米でも使えますし、イタリア語に関してはラテン系の訛りの感覚で理解できたりしますので、日常会話程度ならそう難しくないとは思います。しかし、本格的に翻訳などとなると、専門以外はまったく手が出ません。 中国語は、地方による発音がまったく違うので、香港と北京では言葉が違うと理解した方がいいでしょうし、両方マスターするのは至難の業ですので、どちらかに絞る、日本で勉強するなら北京系でしょう。 ロシア語は、地方でも通じますので、知っていれば便利ですし、北欧でも英語より反応が早い人がいます。もっとも、デンマーク語やスエーデン語の方が使い安いとは思います。 実用言語以外は、英語やフランス語、ドイツ語を使って勉強するものですので、テキストをフランス語で読んで理解するなど、第3外国語をフルに活用するにはいいチャンスだと思います。私は、実際に使う国へ行く機会がありましたし、そこで現地の言葉で話しをすると、親近感も持ってもらえるし、その後も国際学会で知っている国の人に会うと、忘れないようにその人の国の言語で話しかけますので、喜ばれます。 中途半端はイメージとしては受けが悪いのですが、自己満足の世界ですので、アジア言語とか、アフリカ言語も勉強してみたらどうでしょうか。アラビア語、スワヒリ語はかなり使えますので、むしろあなたのこれからの人生を大きく変える可能性もあると思います。これからは、中国語、アフリカ言語、イスラム系の国の言語は役に立つと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご自身のご験をお聞かせくださいまして、ありがたく思います。 >私は、実際に使う国へ行く機会がありましたし、そこで現地の言葉で話しをすると、親近感も持ってもらえるし、その後も国際学会で知っている国の人に会うと、忘れないようにその人の国の言語で話しかけますので、喜ばれます。 わたしも、いつかそのような出会いに活用していきたいと思います。 中国、アフリカ、イスラム系の言語ですね。私はそのような地域からの人々と交流できる機会がなくもないので、挑戦したいとと思います。

  • 回答No.3

質問者様も回答者様も、みなさん語学の才能が素晴らしくあり、うらやましい限りです…。 >自分の専門分野と、それなりの外国語(英吾能力)があれば、「中途半端」であると、マイナスのイメージを強く思われることはないでしょうか。 一般的には、全くマイナスイメージにはならないのではないでしょうか? 就職活動においても、問題ないと思いますよ。 専門分野がしっかりと身に付いているなら、質問者様は採用側に充分、魅力的に映るはずです。 地域形成やマーケティングという専門分野が、どのような職業や仕事になるのかは分かりませんが、英語が出来るというのは大抵の場合、強みになるのではないでしょうか。会社によっては関係ないこともあるでしょうけど。 >せっかく勉強できる環境があるのだから、日常会話の基礎をつけ、その地域の事情を楽しむ、そして視野を広げる意味で、さらに幾つかの言語を履修してみたい これは人が聞いて納得できる充分な動機ですよ。 「言葉はその文化の結晶である」と言われるくらいですから、その地域を深く知る手助けにもなることでしょう。 専門分野にも通じてきますよね。 また >自分の専門分野と、それなりの外国語(英吾能力)があれば、 と考えているなら、英語(仏語もかな?)と他の多数の言語は別物と考えているわけですよね。 英語は使える言語、他は趣味・教養。 そうした区別がご自分の中であるなら、中途半端なイメージにはならないと思います。 学んだいくつもの言語が使い物になるかどうかは別として、 「興味を持って履修した(単位を取った)」という事実から、 質問者様の性格というか、どんな人か、というのを見られるのではないでしょうか。私だったら、質問者様は好奇心旺盛な人で、行動力があるのだなあと思いました。 それと、ANo.2様の回答にあるように、日本語力はとても大切だと私も思います。 以前、何カ国語(たぶん10ヶ国語以上)もペラペラな人が言った言葉で「母語以上に外国語を話せる(理解できる)ようにはならない」というのがあります。 その人は、日本語もとても堪能(?)でたくさんの言葉を知っています。 きっと質問者様は、努力家+言語能力が優れているのでしょうね。 言葉を学ぶことが世界がどんどん広がっていくのが、とてもうらやましいです。がんばってくださいね!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お褒めの言葉を頂きまして、ありがとうございます。 「言葉はその文化の結晶である」とは、いいお言葉ですね。 >区別がご自分の中であるなら、中途半端なイメージにはならないと思います。 そうですね、がんばってみたいと思います。

  • 回答No.2

現役の通訳です。 そうですね。数ヶ国語をマスターするのは結構だと思いますが、お金になるのは一ヶ国語だけです。あとは単なる教養の世界です。 わたしも4ヶ国語を理解できますが、通訳としてお金をもらえるのは一ヶ国語だけです。力が分散されるとそれだけ内容が薄くなるのは自然の理です。そして日本語力も大事です。とくに和訳の場合、おかしな文章を書いていたら笑われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>そして日本語力も大事です。 その通りだと思います。私も日本語力の大事さを感じていますが、まだまだ磨いていく必要があるのではないかと、思っています。 英仏をとりあえずしっかりさせて、後は教養の世界としたいと思っています。

  • 回答No.1

ゲッティンゲン大学物理科の一年生です。英語ドイツ語フランス語イタリア語スペイン語古代ギリシア語ラテン語を勉強して今中国語を勉強中です。(中国語はかなり中途半端になり気味ですが・・・)まぁ僕は物理学科なんで別にそんなに沢山出来なくてもいいだろうと思うんですが質問者さん同様に何となくもの足らずに次々手を出してしまった感じです。 もし英語フランス語(特にフランス語)がだいぶできるようであれば無理すりゃ2週間でスペイン語はマスターできるでしょう。その次の2週間で多分イタリア語もマスターできます。まあ中国語も発音できなくていいんだったら結構短期間で出来るようになりそうな言語ではありますが・・・。質問者さんの言った言語でこれから挑戦してしくるのは多分ないでしょう。余計なお世話かもしれませんがラテン語古代ギリシア語には本当に手を出さない方がいいです。あとロシア語履修中とのことですがフランス語とか英語に比べたら結構大変なんじゃないですか?? 僕も日常会話の基礎を身につけるっていうのには非常に賛成です。一つの言語を極めるぐらいだったら浅く幅広く次々挑戦した方が効率的だと思います。 就職のことはよくわかんないですけどマイナスに働く訳ないし語学の勉強が楽しいならそれでいいんじゃないですか???

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

あけましておめでとうございます! Allmegneさんは、物理専攻でありながら、いろいろな外国語をやっていてすごいですね! 確かに、ロシア語はなかなか労力を要します。 わかりました。新しい言語を始めるのには費用もかかり、若干躊躇していましたが、古本屋で安いのを先日買ってきました! 英仏を中心にして、他の言語は、どこかでその言語を使う外国人にあったら、交流が深められる程度で身に着けたいと思います。

関連するQ&A

  • 第2外国語はどれが簡単ですか?

    経済学部に進むことになりました。 そこで第2外国語をどれにしようか迷っています <フランス語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語、中国語、韓国語> この中から選べます。 どの言語も特に興味はないですし、そもそも第2外国語なんてかなり頑張らないと大学在学中に習得できるものでもないし、実際英語の方が将来役に立つ可能性はずっと高いですから、習得するほど頑張る気はないんです。第2外国語の勉強するヒマがあるくらいなら英語の勉強をした方が良いと思っていますし。 ですから、第2外国語の単位のこととかで困ったりしたくないんです。 できれば簡単なものがやりたいんですが、どれが簡単ですか?

  • 文学部の第2外国語

    今年文学部に進学することになりました。 ということで早速第2外国語の選択をせまられたのですが、大学側からもらった資料には「文学部における第2外国語は重要な意味を持ち、将来の研究内容と密接に関わってきます。これからの自分の進路を考慮しつつ、慎重によく考えて決めてください。」とありました。 しかし正直のところこれといってやりたいと思う専門分野があるわけではなく、1回生である程度幅広く勉強してから自分の興味の向いた専門分野をやりたいと思っています。 だから僕の希望としてはできるだけ進路の幅を狭められないような外国語を選択したいのですが、そうなるといろいろと資料を見ていった結果、ドイツ語かフランス語の2択には絞られました。しかしこの2択で迷っています。 文学部の勉強においては、ドイツ語とフランス語のどちらが今後の進路を狭められない、一般的な言語なのでしょうか?

  • 外国語の楽しみ方

    翻訳の仕事をしていますが、仕事の言語以外の外国語を趣味でいろいろ勉強しています。少しものになってきたものもあるので、何かに使ってみようかなと思っています。すでに他の言語で仕事をしていることもあり、特に仕事にならなくてもいいのですが、ものになりつつある言語でいろいろ愉しんでみたいと思っています。自分でもいろいろ模索中ですが、何か面白いアイデアがあったら教えてください。具体的に使って楽しみたい言語は、ドイツ語、フランス語、ロシア語、韓国語です。 小説を読んでみる、ボランティアをしてみるなど、いろいろあると思いますが、「その言語なら、こういう楽しみ方もあるよ」という珍しいアイデアがあれば嬉しいです。旅行というのがいちばん手っ取り早いですが、ここでは国内でできるものに限定してお願いします。

  • どの外国語が「使える」か

    私は大学生で、国際経済・国際経営論を専攻しようと思っています。 私の大学では英語以外に中国語、フランス語、ドイツ語、韓国語、ロシア語、スペイン語等を自由に取ることができるのですが、 必修の英語には大分時間が取られるし、あまりあれこれ手を出していると肝心の経済・経営関係の勉強がおろそかになってしまうと思うので、 英語以外に2つか3つ位に絞ろうと思っています。 そこで質問なのですが、中国語、フランス語、ドイツ語、韓国語、ロシア語、スペイン語の中で、 どの言語が日本の企業(外資系含む)のビジネスシーンで使う機会が多いでしょうか? またどの言語を習得していると人材として重宝がられますか? また上に挙げた言語以外でも、何かオススメの外国語があれば教えてください。お願いしますm__m

  • 大学で選択する外国語について

    同じような質問もありましたが、もう一度質問させてください。すいません。今度入る大学で、履修外国語の選択をしなければならないのですが、アドバイスをお願いします。私は文学部の心理学科です。 選択しなければならないのは、英語+αです。私は受験勉強で英語が少しはできるようになったので、大学での外国語の勉強も、英語に主に力を入れたいと思ってます。なので、+αの方の外国語は簡単な(というか、英語に文法などが似ていて、英語が好きなら学習しやすい)のを選択したいと思ってます。また、心理学科なので、外国の心理学の本などを読む際に学習しておいた方がいい言語(心理学の研究が進んでいる国の言語みたいな感じで)があったら教えてください。 選択できるのは、基本は、ドイツ語、フランス語、中国語、の中からで、 時間割の調整によって取れるのは、スペイン語、イタリア語、ラテン語、ロシア語、朝鮮語、ギリシア語です。 お願いします!!

  • 外国語で「もしもし」

    外国語で「もしもし」と言うのは、英語の「ハロー」韓国語の「ヨボセヨ」、中国語の「ウェイ」以外思いつきません。(フランス語では「アロー」だったかも?)。 スペイン語、イタリア語、ロシア語、アラビア語等々の外国語では、「もしもし」をなんと言うのか教えてください。

  • 外国語の音楽

    最近英語以外の外国語で歌われた音楽を聴くことにはまっています。 みなさんが知ってる英語以外の外国語の曲で、おすすめのものがあれば教えてください。 歌詞の意味よりも、言語の響きや雰囲気を楽しみたいです。 今僕のウォークマンに入ってる曲の言語は 日本語、英語、フランス語、ドイツ語、中国語、韓国語、タイ語、アイスランド語、ロシア語 なので、できれば上記の言語以外の曲を教えてくださるとうれしいです。 よろしくお願いしますm(_ _)m

  • 第2外国語

    私はこの春、大学の言語文化学科に入学することが決まりました。 入学手続きはこれからなのですが、その書類の中に 必修第2外国語の履修届があって・・・ つまり、入学する前にどの言語をとるか決めないといけないんです。 それで私はどれをとったらいいか迷ってるんです・・・ 第2外国語にはフランス語、ドイツ語、中国語、スペイン語、朝鮮語があります。 私は最初、スペイン語か朝鮮語がいいかなと思ったのですが 実は私は日本語教育をやってみたいなと考えているので そしたら中国語圏の外国人に対応できる中国語をとるべきなのか? とかいろいろ考えちゃって・・・ もうすぐ書類を提出しないといけないので どなたか私にアドバイスをください・・・

  • 第2外国語

    こんばんわ。 新大学1年生です。 第2外国語を選ばなくてはならないのですが、 ドイツ語・フランス語・スペイン語 の中で迷っています。 特に興味がある言語・地域はないです。 フランス語が華やかそうだし、国連公用語だし、この中だとフランスに興味があるので、フランス語にしようと思ったのですが、 私の通う予定の大学の先輩に聞いたところ、 私の大学では、フランス語は他の言語に比べ、テストがたくさんあって大変だと聞きました。 それを乗り越えるほどの意志も持てません。 どちらかというと、私は英語に力を入れて勉強したいので 第二外国語にばかり気をとられたくないなーというのが 正直なところです。 スペイン語は、アメリカ人には少々軽蔑されると聞きますし (嘘だったらすいません) ドイツ語も少し興味がありますが、利点が思い浮かびません。 利点はありますか? ドイツ語は難しいと聞くのでびびっています。 どれがおススメでしょうか? アドバイスお願いします。

  • 第2外国語

    理工系で第2外国語を選択するときにこれを選んでおくと便利というのはありますか? 数学ならフランス語、確率論だとロシア語、ガウスを原書で読むならドイツ語、素粒子ならフランス語みたいな感じで。 ←は適当に書いただけです。