• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

基礎コンクリートの打ち継ぎ

みなさんこんにちは。このサイトのお力を借りて無事我が家も竣工となりました。ありがとうございました。 いろいろな質問/回答を読んだ上で未だに疑問に思うことがあるのですが、例えば布基礎を、底盤→立ち上がり部の2段階で作る場合、最初に打設する底盤コンクリートの養生期間は十分確保するのが理想なのでしょうか。打設直後に立ち上がり部型枠設置作業を開始すると何だか立ち上がり配筋の根元あたりと底盤コンクリートの間に隙間ができそうな気もしますし、逆に底盤コンクリート打設後のんびりと3-4日の養生期間をおいてから型枠を外して立ち上がり部の作業に移ると、時間があきすぎて底盤と立ち上がり部との打ち継ぎ部の接着不良が生じやすい、と理解できる回答も見受けられました。 理想的にはどうするべきと思われますか?底盤コンクリート打設後は型枠を外さないままコンクリートがある程度硬化したらすぐに立ち上がり部の作業を開始すべきでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数21
  • 閲覧数14103
  • ありがとう数11

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

masatobbさんの説明に誤りがあり専門家意見と思えませんので書き込ませていただきます。 コールドジョイントとは簡単に説明しますと計画していない打継ぎ目の事で、「コンクリートが硬化してから立ち上がり部のコンクリートを打設するとコールドジョイントという問題が発生します。」は誤りです。 「1回の打設中、生コンが前に打ち込まれたコンクリートの上に後から重ねて打ち込まれた時にコンクリートが一体化せず打ち継いだ部分に不連続な面が生じることをいいます。」 > 例えば布基礎を、底盤→立ち上がり部の2段階で作る場合、最初に打設する底盤コンクリートの養生期間は十分確保するのが理想なのでしょうか。 十分とは28日強度でしょうか? 必要な強度発現や型枠の解体時期は季節により違いますが1週間程度でいいと思います。 > 底盤コンクリート打設後のんびりと3-4日の養生期間をおいてから型枠を外して立ち上がり部の作業に移ると、時間があきすぎて底盤と立ち上がり部との打ち継ぎ部の接着不良が生じやすい、と理解できる回答も見受けられました。 chappy31さん回答のとおり、打ち継は処理を施せば大丈夫です。 建築工事は化粧を施す事が多く(打ち放しは少ない)民間工事が多い為に誤った知識が横行しているように思えます。 コンクリの仕上げや強度等から言えば次の日に脱枠、立上り型枠組立などありえません。 コンクリートは性質上ゆっくりと硬化がすすみます。 硬化初期に荷重や衝撃を掛ける事は後のクラック誘発の要因となります。 > 理想的にはどうするべきと思われますか?底盤コンクリート打設後は型枠を外さないままコンクリートがある程度硬化したらすぐに立ち上がり部の作業を開始すべきでしょうか? 底盤コンクリート打設後は型枠を外さないまま1週間ほど養生をして立ち上がり部の作業に入ってもらえばよいと思います。 生コンクリートですが(水セメント比55%以下)混和剤等を使用して極力小さい数値の使用をしてもらうのがベストです。 これは基礎巾を増すのと同等の効果があるためです。 建築基準法では、かぶり厚の規定は設けられていますが、水セメント比の規定はありません。(品質を左右するのにおかしいですよね) また品質の規定には土木と建築では違いがありますのでご注意ください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

底盤コンクリート打設後、3-4日は型枠を外さずに養生し、その後立ち上がり部の作業に入るべきというご意見、ごもっともだと思いました。住宅金融支援機構の木造住宅工事仕様書平成19年版でも「普通ポルトランドセメントを用いる場合の型枠の存置期間は、気温15度以上の場合は3日以上、5度以上15度未満の場合は5日以上とする」とありますものね。 底盤のクラックなどを避けるため、底盤打設後はしっかりと養生期間をとり、打ち継ぎ部の接着力はレイタンス除去などで対処するというお考えですね。

関連するQ&A

  • 基礎打ち継ぎについて

    現在新築中でベタ基礎で基礎工事を行っています。 立ち上がりを打設し7日後に型枠を外した後、 水を入れ、ブルーシートをかぶせ 湛水養生を行っているのですが、打ち継ぎ部分から 水が染み出しています。染み出している部分をみると 立ち上がりを打設する時の型枠の下部分を とめる金具をつたって流れている感じでした。 基礎の外周全てに見られ 写真のような感じになっています このような仕上がりは普通なのでしょうか? 工務店に聞いてみたところ、いつもの仕上がりとのことですが  水が染み出す=貫通しているということで 耐久性や強度、鉄筋の腐食やシロアリの浸入 などが心配になっています。  何か対策をとるべきなのでしょうか ご意見、アドバイスをお願いします。

  • 住宅の基礎:底盤と立ち上がり部の一体打設の特徴・現状

    前スレ(QNo.3535192)で、住宅基礎の施工において、底盤打設後どのくらいの期間養生してから立ち上がり部の型枠設置作業に入るべきかという質問をさせていただいたところ、打ち継ぎ部の接着力の問題などまで話題が広がり、大変良い勉強になりました。 そのスレで底盤と立ち上がり部の一体打設について議論が及びましたので、スレを変えてあらためて広く質問させていただこうと思います。 一般住宅の基礎施工における、底盤と立ち上がり部の一体打設(底盤と立ち上がり部の両方の型枠をあらかじめ設置してから、底盤と立ち上がり部のコンクリートを一度に打設してしまうこと)について質問いたします。 ・一体打設は一般の基礎屋さんにも可能な方法でしょうか。 ・一体打設は現在の日本でどの程度普及しているでしょうか。 ・一体打設の施工で難しいのはどんなところでしょうか。うまく施工できない場合、どんな問題点が生じる可能性があるでしょうか。 ・一体打設で基礎を一体化した場合、二段階打設(底盤打設後に立ち上がり部の型枠を組み立てて立ち上がり部を打設すること)と比較して、構造上問題となるようなクラックが生じる可能性は高まるでしょうか。 ・二段階打設と比較して、一体打設では、手間やコストはどの程度増え、工期はどの程度延長するでしょうか。 以上、ご意見をお願いいたします。

  • コンクリート養生期間、大丈夫?

    新築で着工中、昨日基礎工事のうち、立ち上がり部分のコンクリート打設、本日一日、養生とのことでした。 いろいろなサイト見ていても中3日間は養生期間が必要とのことで、現場監督に言うと、5N/mm2以上のコンクリート強度があれば型枠を外してもよく、ずっとこうやってきているとのことでした。 本当に大丈夫なのでしょうか。。

その他の回答 (20)

  • 回答No.21

住宅の基礎の話しですので複雑な型枠ではありません。全てのコンクリート打設は注意して打設しなければなりませんが、地域によって住宅の基礎はそんなに複雑なのでしょうか。 複雑な形状であれば問題だと思いますが住宅の基礎の型枠はそんなに複雑ではないと思います。何度も実験して商品化しますし問題があるならやりません。 今は床下換気口(基礎に換気口)を作らないでも床下換気できるよう工夫している会社もあるようですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

皆様の多数のご活発なご意見により、気付いてみれば大変長いスレになりました。この分野について、専門家の皆様の関心が高いことを感じました。 基礎の一体打設については、いろいろな意見が出てきましたね。 回答No.17の補足に記載したまとめについて、それ以後のご意見も考慮して修正してみました。 --------------------------------------------- ・底盤と立ち上がり部を一度に打設してしまうのが最良だが、正しい施工が難しいという意見もあり、実際まだ一般的ではない。 ・現在一般的な底盤打設、硬化後に立ち上がり部を打設する2段階法を行う場合、一般住宅に限って言えば、コンクリートの質や配筋について規定を守る事を前提として、打ち継ぎ面の接着力については神経質に考える必要はない。 ・上記2段階法の場合、底盤打設後、少なくとも3-4日は型枠を外さず養生したうえで、その後に立ち上がり部の型枠設置作業に入るべきである。 ・多少のコストをかけて打ち継ぎ面のレイタンス処理などの接着力強化の工夫をすればより良い。 --------------------------------------------- こんなところでしょうか。 一体打設の利点、欠点、現状などについては、当初の質問の主旨からやや外れてしまうようですので、このあたりでこのスレを一旦終了させていただき、いずれ別のスレにてさらにご意見をいただこうと思います。多数の貴重なご意見本当にありがとうございました。

  • 回答No.20

話が少々ずれてしまいますがすみません。 > 「理想」を言うなら、全てのコンクリートを一度に打設することがベストですが、そんなことは無理な話。 一体打設に反する考えになるのですが、誘発目地ってありますよね? 複雑な形を一度に打設するとクラックの発生頻度が上がります。 品質の精度管理が要求され(人件費が高くなる?)るんじゃないでしょうか? よって必ずしも一度に打設する事がメリットにはなりえないと思いますけどね。 理想を形にするには物入りって事ですかね>< チャチャいれてすみません。 あるHMでは、ベースと立上りは一体で打設しています。 仕上りや精度を気にして確認した事も無く、職人の手にも左右されますのでコメントは控えておきます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

なるほど、一体打設にも問題となり得る点があるということですね。

  • 回答No.19

 皆さんの解答を興味深く読ませて頂いています。  もう30年近く建築設計の仕事に携わり、様々な現場を見てきましたが、正直な話、コンクリートの打ち継ぎにこれほどの関心を持ったことがありませんでした。  勿論、レイタンスや異物の除去、清掃などは一言指示しますが。    恐らく、余程の施工不良(配筋なども含めて)やコンクリート自体の強度不足がない限り、質問のような住宅基礎施工の場合に、基礎底版と立ち上がり部分の接着不良が原因で建築全体に構造的な問題が発生する、ということは無いでしょう。  RC造の建築なら、普通はフロアごとに配筋、型枠、コンクリート打設を繰り返し、建築の規模によっては次のコンクリート打設までに10日以上掛かることもあるわけで、水平の打ち継ぎが不可なら、RCの建物は建築不可能になってしまいます。  「理想」を言うなら、全てのコンクリートを一度に打設することがベストですが、そんなことは無理な話。  建築現場では、どういう施工方法が「理想」とされているのか、実際施工に携わっている方に、私もじっくりと聞いてみたくなりました。  学生の頃に習ったのは、  ○強度や耐久性、外観に不利である打ち継ぎは出来る限りしない。  ○強度に関わる継ぎ目では、鉄筋などで剪断力に充分な抵抗を持たせる。  ○水平の打ち継目では、下のコンクリートの表面の骨材粒やゴミなどの異物、レイタンスを除去し、コンクリートの表面にセメントペーストやモルタルを塗ってから、新しいコンクリートを打設する。  というものでした。  しかし住宅の基礎の現場では、底版打設から二日前後置いて、底版を綺麗に清掃しコンクリートを流す、くらいです。    初心に立ち返れとはよく言ったものだと、つくづく思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.18

なるほど、型枠の工夫をしてレイタンスの除去の手間を省い一体化して打設すれば、ダムと同じ強度になるのですね。そんなにコストをかけずにまたは同じコストで出来るのであれば凄い事になりますね。 そもそも破壊のメカニズムは何なのか解明されていません。ある仮定にもとずいてモデル化してコンクリートを何度も破壊実験してそのなかで一番多い結果がでたデーターを数値化して構造計算が作られています。 建築基準法の構造計算じたいが最低限のものです。構造計算上大丈夫だから大丈夫とは机上の計算にしかありません。もともとモデル化したものをもとにしていますので絶対のものと思ってはいけません。今のままで本当にいいのか?疑問をもって技術向上が必要だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.17
noname#51930

#3、9、12、13です。 >極論すれば、基礎コンクリートは、耐用目標年数の間、鉄筋の質と配筋の形状を守ることさえできればよいということなのですね。 ■上記の解釈は間違っています。 鉄筋コンクリートは「鉄筋」と「コンクリート」の短所を互いに補い合っています。 コンクリートは「圧縮」に強く、「引っ張り」「曲げ」「衝撃」「旋断」に弱い。 鉄筋は「引っ張り」「衝撃」「旋断」に強く、「曲げ」「圧縮:細いので」に弱い。 よって、コンクリートは建物の荷重を支えています。また、お互いの欠点である「曲げ」に対し、鉄筋とコンクリートが合体し抵抗しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

やはり極端な解釈をしてしまいましたね。失礼いたしました。 ここまでの皆様のご回答をまとめると、 --------------------------------------------- ・底盤と立ち上がり部を一度に打設してしまうのが最良だが、施工法はまだ一般的ではない ・現在一般的な底盤打設、硬化後に立ち上がり部を打設する2段階法を行う場合、一般住宅に限って言えば、コンクリートの質や配筋について規定を守る事を前提として、打ち継ぎ面の接着力については神経質に考える必要はない ・上記2段階法の場合、底盤打設後、少なくとも3-4日は型枠を外さず養生したうえで、その後に立ち上がり部の型枠設置作業に入るべきである ・多少のコストをかけて打ち継ぎ面のレイタンス処理などの接着力強化の工夫をすればより良い --------------------------------------------- ということになりますでしょうか。

  • 回答No.16

> 重要構造物等であれば施工ジョイント(打ち継部)はその構造物の応力の集中をさけた位置に設けます。 最大応力を考慮した設計計算をする為に(それより小さい応力であれば安全側であり)無視できるって意味です。 http://www.mlit.go.jp/gobuild/kijun/touitukijyun/07_a_hyoujyun_siyousyo_s01.pdf 6-6-参照してください。 > 建築基準法や住宅金融支援機構の木造住宅工事仕様書などは、打ち継ぎによるコンクリート強度低下を必ずしも勘案していないので、設計者がケースバイケースで打ち継ぎ部の強度確保を考慮しなければならない、ということになりますでしょうか。 小規模な構造物であり、ANo.3の回答がすべてじゃないでしょうか コンクリート面の付着力を期待して計算はしません。 強度計算は鉄筋で計算されるためです。 鉄筋の配置位置により応力はもちろん変わりますが。 乱暴ですが、 ダムを作るような事をしない限り家の基礎程度では付着が問題になりえません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

なるほど!住宅の基礎強度は、鉄筋のみで計算されるものなのですか!それで「建築基準法では、かぶり厚の規定は設けられていますが、水セメント比の規定はありません(ANo.5より抜粋)」なのですね。それならば、極論すれば、基礎コンクリートは、耐用目標年数の間、鉄筋の質と配筋の形状を守ることさえできればよいということなのですね。

  • 回答No.15

muhyopuniさんの質問は理想的にどうすべきかという質問ですので。底盤が硬化する前に立ち上がりも一回で打設するのが一番いいです。私の地域ではまだそのよな施工をしているところはありませんが、私ども近々やる予定です。他より先駆けてやります。差別化になります。 スラブでも継なぎ目の部分が硬化して打ち継ぎする?理想は1回でまだ固まらない内に一体化する事です。(専門用語は無し) 建築基準法は最低限の基準です。 muhyopuniさんの質問からかけ離れてきているのではないでしょうか? あくまで理想はどうなのかという質問です。?自社の今のやり方でいいというのではないと思います。 確かにレイタンス取ればいいのでしょうだけど少なからず問題はあります理想を求めて常に工夫して技術向上すべきだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

度々のご回答、ありがとうございます。 手間とコストの増加、技術的な工夫は必要となるということなのだと思いますが、底盤と立ち上がり部をまとめて一回で打設してしまうことが理想的であることはmasatobb様の回答にて良く理解できました。 また、このような一回打ちが少なくとも拙宅周囲やmasatobb様の地域では一般的でないことも分かりました。 さて一方、底盤打設、硬化後に立ち上がり部を打設するという2段階法を次善の策として行う場合の打ち継ぎ部処理についても、ありがたいことに多くのご回答をいただいております。関係法規や公庫基準を守れば打ち継ぎ部のコンクリート接着力に期待せずとも十分な耐震性が確保されるのか、打ち継ぎ部の脆弱性を考慮して設計者が配筋などに追加的な工夫をすべきなのか、レイタンス処理をすれば設計者による追加的措置は不要なのか、コメントがあれば引き続きどうぞみなさんのご回答をお願いいたします。

  • 回答No.14

>打ち継ぎ部の強度が確保されるためには「配筋が正しく施工されている」ことが前提になるということになります。 ■「打ち継ぎ検査」って聞いた事がありませんが「配筋検査」は例え住宅の現場でもすると思います。それ程重要です。 補足です。 官庁工事であれば配筋検査の時に施工打ち継面の確認をします。 結果品質の確保が図られているわけです。 > 現行の建築基準法や住宅金融支援機構の木造住宅工事仕様書における配筋の基準は、底盤コンクリートの硬化後に立ち上がり部を打設するという2段階工法を想定したものなのでしょうか。 同法、同仕様書における配筋の基準は、上記2段階工法における打ち継ぎ部のコンクリート間接着力に期待しないで所定の基礎強度を確保できるように定められたものなのでしょうか。 極論何箇所打ち継を設けても1の構造物(計算)としてみなします。 重要構造物等であれば施工ジョイント(打ち継部)はその構造物の応力の集中をさけた位置に設けます。 > 建築基準法等は最低の基本ルールを定めたものです。 住宅の契約も同じで“最低”の基本ルールでしょ。交渉して合意に至り着工したのですから、あれこれ口を出すのはフェアじゃないと思います。勿論、業者がいい加減な事をすれば強く言ってもいいでしょう。 補足と一部意見です よく誤解される施主さんもみえますが、契約はHM(企業)等と行い窓口は現場代理人となります。 職人に対して物言う行為は避けるべきです。(トラブルの原因です) 契約での合意とは 代理人と施主が対等な立場で協議をして施工を進める事と理解しています。 口を出す権利は当然に持っていると考えます。相手はあくまでも代理人です。 これらを規定しているのは建設業法です。 よい仕事をと思えば施工に先立ち施工計画を事前に受けたり材料納入業者や下請けを聞いたりするのもいいと思いますよ。(一般に出てきませんし業者虐めとも受け取られかねません) HM等に自社の施工管理基準を提出してもらうのも手ですね。 まさかとは思いますが、「そんなの作ってないよ」とは言えませんよね

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご丁寧な回答を何度もありがとうございます。 > 極論何箇所打ち継を設けても1の構造物(計算)としてみなします。 > 重要構造物等であれば施工ジョイント(打ち継部)はその構造物の応力 > の集中をさけた位置に設けます。 ということは、多くの施主が拠り所としている建築基準法や住宅金融支援機構の木造住宅工事仕様書などは、打ち継ぎによるコンクリート強度低下を必ずしも勘案していないので、設計者がケースバイケースで打ち継ぎ部の強度確保を考慮しなければならない、ということになりますでしょうか。

  • 回答No.13
noname#51930

#3、9、12です。 >打ち継ぎ部の強度が確保されるためには「配筋が正しく施工されている」ことが前提になるということになります。 ■「打ち継ぎ検査」って聞いた事がありませんが「配筋検査」は例え住宅の現場でもすると思います。それ程重要です。 >2段階工法を想定したものなのでしょうか。 ■建築基準法等は最低の基本ルールを定めたものです。幅、厚み、高さ、鉄筋のサイズや間隔当が規定を満たしていれば一応“最低”の物ができます。施工の方法は、業者が得意とするやり方ですればいいじゃないですか。 住宅の契約も同じで“最低”の基本ルールでしょ。交渉して合意に至り着工したのですから、あれこれ口を出すのはフェアじゃないと思います。勿論、業者がいい加減な事をすれば強く言ってもいいでしょう。。 ※「言うは易し」 いくら知識として理解していても、実際にやってみるとかなり大変です! 質問者様も機会があればやってみるのが一番です。机上の理論とか理想なんて現場ではあまり通用しないと思います。。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

再度の素早いご回答ありがとうございます。 日本全国、日常的に行われているであろう基礎の打ち継ぎの方法について、これほど多様な意見があることに驚きました。しかしながら、期待した以上に充実したスレになったと喜んでおります。 syousinmon様の回答の主旨からは少しそれてしまいますが、施主としては、今回の基礎の打ち継ぎの件に限らず、理論的にであれ経験則に乗っ取ってであれ、建物の構造の全ての面において裏付けがあれば安心できるのにな、と思います。施主は住宅建設を初めて体験する人が大部分ですから、契約前に自発的に建設の構造を網羅的に理解するのはほとんど無理でしょう。ですから、逆に施工中あるいは施工後に質問されても裏付けを説明できない構造については、契約前に業者側から説明し、施主の了解を得るのが理想ではと思いました。その手順にはもちろん手間がかかりますが、それはコストに上乗せするほかないのでしょう。そのようにすることで施主と請負業者とのフェアな関係が初めてスタートするのではと思いました。

  • 回答No.12
noname#51930

#3、9です。 >接着力強化の手順は不要ということになります。 ■「理想的にはどうするべきと思われますか?」と言う質問でしたから皆さん「理想」を言ってます! 私も理想は分かっております。分かった上でコメントさせて頂いた次第です・・・。 現実は普通に打ち継ぎしますし、立ち上がりを打つ前に普通に水を掛けます。また、基礎天端のレイタンスの除去も普通します。 >実際の一般住宅建築にあたって、この打ち継ぎ部接合部の接着力強化の手順は今では一般的、あるいは近い将来一般的になるとお考えでしょうか。 ■上記の通り「普通=一般的」であります。「普通のものはいつまでも普通であろう」と言うのが一般的(普通)だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご丁寧に回答をつけていただき本当にありがとうございます。 syousinmon様のお考えは、打ち継ぎ部におけるコンクリート間の接着力をあてにせずとも現実的な建築強度に問題はないということだと理解いたしました。このお考えによれば、打ち継ぎ部の強度が確保されるためには「配筋が正しく施工されている」ことが前提になるということになります。 多くの回答者様による活発なご討議のお陰で、だんだんと私の疑問の核心が見えて参りました。 現行の建築基準法や住宅金融支援機構の木造住宅工事仕様書における配筋の基準は、底盤コンクリートの硬化後に立ち上がり部を打設するという2段階工法を想定したものなのでしょうか。さらには、同法、同仕様書における配筋の基準は、上記2段階工法における打ち継ぎ部のコンクリート間接着力に期待しないで所定の基礎強度を確保できるように定められたものなのでしょうか。基準決定の歴史やプロセスが分からなければ分からないことかもしれませんが、どなたかご教示いただけますでしょうか。

関連するQ&A

  • 基礎の外壁に基本形のレンガを張りつけたい

    布基礎の外壁(高さ1200ミリ)に基本形のレンガを張りつけたい と思っています。 19日に基礎の立ち上がりの部分の打設が終わりました。 型枠解体を11月1日(打設から13日目)を予定しています。 型枠解体が終わったらすぐ基礎の立ち上がりの部分(高さ1200ミリ)に基本形のレンガを貼り付けたいと思っています。(貼り付けると言うより積み上げると言った感じ・・・) 当方、北海道です。 最近は朝夕の気温がめっきり下がり 最低気温がマイナスになる事もあります。 GOOさんでも色々教えて いただきましたが・・・ 生コンの場合はマイナスになるとコンクリートにはあまりよくはないようで。。。打設後の養生の管理など必要になってくるようです。 お聞きしたいのですが。。。。 布基礎の立ち上がりの部分に基本形のレンガを貼り付ける場合(貼り付けると言うより積み上げると言った感じ・・・)はこの時期どうなんでしょうか? 日増しに朝夕の気温が下がっている中でレンガ積は出来るのか心配しています。 張り終えた後の養生とか管理はやはり生コンと同じ考え方なのでしょうか? 生コンと同じ考え方であれば今年は諦め来春にしたいと思っています。 予定としては型枠解体したら直ぐに作業に取り掛かりたいと思っています。 セメント&砂利&水だけで張っていきます。 また、参考ULRがございましたら あわせてお願いいたします。 当方素人です。 やることなす事初めてなので・・・  宜しくお願いします。

  • 基礎コンクリート打設後直後の気温変化について

    皆さんに質問です。 私は愛知県豊橋市で新築工事を行っているものです。 当初2月9日に基礎のコンクリート打設を行う予定でしたが、私が前日の天気予報から当日の天気を気にして、延期をしました。その結果2月9日はこの豊橋市では久々の雪が降り間一髪で凍結を免れました。その後2月11日は朝から温暖で朝8時30分から2時間かけて基礎の打設を行い夕方には養生シートをかぶせました。 私は数日は養生をしてその後2回目の立ち上がりの型枠作業に入るのかと思っていましたが、次の日養生シートをはずし立ち上がりの型枠作業にもう工務店が入っていました。また、その日も0度近く冷え込むにもかかわらず養生シートかけていなかったため、工務店(設計士)に電話連絡を行ったところ夜10時過ぎており、今から作業員を集めてシートをかぶせるのは不可能なので明日一度確認し今後はシートをかぶせるとのことでした。そのときの対応の悪さも気になりましたが、私がその夜現場にいってシートかぶせれるところはかぶせました。 その後本日も次の型枠作業を行っていましたが、工務店と協議の結果来週の暖かくなる水曜日ぐらいまで、作業を待つことにしました。今はブルーシートで養生中ですが今日も寒くて、外の水蜂は凍っています。 実際コンクリートは大丈夫なのでしょうか。 ちなみに、設計強度21のところ品質補正、温度補正を含めて30の強度で施工を行っています。 正直心配で心配で夜も寝れません。誰かなにかアドバイスをいただけますか。

  • コンクリート打設後の養生について質問です。明日ミキ

    コンクリート打設後の養生について質問です。明日ミキサー車を呼んでdiyにてコンクリートを初めて打設します。ガレージのベタ基礎風で面積は約10m2で厚さ120mm(ワイヤーメッシュ入り)です。この時期に必要な養生はありますか??立ち上がり配筋があるためブルーシートをかけることによるトラブルもゼロではないことも予想されます。場所は正午を挟み4時間ほど日は当たりますがその後は日影(打設時間以降ほぼ日影)。雨は降りそうにないです。ブルーシートはかけるべきでしょうか??それと、散水はするべきでしょうか?また、散水は表面を濡らす程度ですか?それとも型枠内に浅いプール(数cm)ができる程度ですか?打設後どの位して散水するのでしょうか? コンクリートは業者に相談して、21ー18ー20Nとのことです。 ご回答よろしくお願いします!

  • 基礎コンクリートの養生について

    建設会社に基礎のコンクリートの養生期間を型枠をはずさずに10日間とってほしいと言ったところ、いまの時期だと5日間まででそれ以上だと型枠に離型剤を塗っていてもコンクリートと型枠がくっついてしまい、はずす時に型枠かコンクリートが壊れてしまうからだと言われました。実際はどうなのでしょうか。コンクリートは27N使用で今月中の施工予定です。

  • 基礎コンクリートの養生期間について

    今一戸建て住宅を建築中で基礎工事が始まっています。 8日の夜現場を見たときは防湿シートの上に配筋を組んである状態でした。 そして今日10日の午前中に見に行ったところもう底面のコンクリートは打ち終わっていて枠組みははずされ、立ち上がり部分の枠組みを組み立てているところでした。 養生期間がすごく短い気がして不安になったのですが大丈夫なのでしょうか? また、今日は雨が降っていてそれも基礎に影響しないか心配です。 立ち上がり部分を打ってからの枠組みをはずすまでの期間の目安、そのごの養生期間の目安も教えていただけると幸いです。

  • 基礎の強度について

    現在、布基礎のベースコンクリート打設が終了、養生中です。 打設翌日(約24時間後、最高気温12度、最低気温マイナス2度)、立ち上がり部分の鉄筋に体重をかけてのってしまいました。 その時「パキッ」っと音がしたような気がします。 シートがかかっているので、中は見ていません。 影響はあるでしょうか? よろしくお願いします。

  • 基礎立ち上がりコンクリート打設後の散水

    ベースコンクリート打設から基礎立ち上がり部の打設経過は以下の通りです。 5/7 基礎ベース打設(晴れ:気温19~10℃:風速8m/s:乾燥注意報) 5/8 基礎立上り型枠設置(晴れ:気温23~10℃:風速9m/s:乾燥注意報)ベースの型枠撤去 5/9 基礎立上り打設(晴れ:気温27~11℃:風速4m/s) 5/10~5/16(養生:5/10 晴れ:気温28~13℃:風速4m/s, 5/11AM9~5/12AM6頃迄    降水量2mmの予報です) 基礎立上りコンクリート打設状況 8時30分打設開始→9時20分打設完了 →15時10分頃レベラー完了→型枠上端部をシートで覆う レベラー完了後、直ちにベースコンクリートに散水をして型枠の8mm程浸水しました。 散水はコンクリート打設完了から5時間50分位経過していました。 基礎屋さんはこのままの状態で支障ありませんとのことでしたが、心配になり15時45分から 約2時間30分かけて浸水した水を拭き取りました。 1.   この様な状況でベースコンクリートと基礎立ち上がり部の境界近傍等は水の浸透により   強度の低下や接合部に不具合を生じ、どの様な悪影響があるか心配です。 2.   5/17 型枠を外しますが、外観の表面状態の観察で有る程度の欠陥は判断出来る   でしょうか? 3.   また、簡単に出来る試験はどの様なものが有り信頼性はどの程度でしょうか?   上棟は5/23の予定です。 4.通常は基礎立上りのコンクリート打設後の雨除けのシートは(基礎部全体を覆う)   何日位必要でしょか?現状は型枠上端部のみシートで覆ってあり不安です? なお ベースコンクリート打設の翌朝に表面を確認したところ内部配筋の鉄筋近傍に幅1mm・長さ50cm程のクラックが10数箇所有り、10mm位の白い斑点が表面に無数見られました。 コンクリートの納品書は以下の通りです。 基礎ベース:水セメント比:57.5%, スランプ:18cm, 空気量:3.4, CT温度:20, 気温:16 基礎立上り:水セメント比:57.5%, スランプ:18cm, 空気量:4.5, CT温度:23, 気温:20 FC値は何れも24-18-20Nです。 ご教示よろしくお願い致します。

  • 夏場の基礎コンクリート工事

     お世話になります。これから、ハウスメーカーと契約を交わす予定です。着工時期は、おそらく7月中旬~下旬のあたりで、基礎コンクリート工事(ベタ基礎)は猛暑の8月上旬あたりだろうと思います。  打設後のコンクリートは、高温湿潤状態が一番いいと思いますが、どう考えても時期的には湿潤状態での養生は難しいと思います。たぶん、メーカーは対策としてシート養生とか提案すると思いますが、あまり期待ができそうにありません。  ということで、私が、その時期に品質管理と言っては大袈裟ですが、例えば、打設完了してから毎日朝晩の散水、型枠は打設日を含めて5日は外さないとか。もちろんシート養生も実施する予定です。  このような対応で品質確保に望もうと思っておりますが、何でもご教示いただければ幸いですので宜しくお願い致します。

  • 基礎打ち継ぎ部分(内基礎断熱)の漏水防止処理について

    現在基礎工事中です。立ち上がり部分のコンクリート打設が終わって、型枠がはずされました。 雨が降ったためか基礎の中に水がたまっていて、底版部分と立ち上がり部分の打ち継ぎ部分から水が染み出ていました。 そこでお教えください。 普通の基礎であれば、水が染み出ること自体は問題ない(地面より打ち継ぎ面が高ければ)はずですが、ウチの基礎は基礎の内側に断熱材を貼る基礎断熱(内基礎断熱)なんです。 もし外から打ち継ぎ部分を通じて水が入っても、普通の基礎(床断熱)の場合は内側に出てきますし通気が取れているのでそのうち乾きますが、内基礎断熱の場合は通気が取れていないし、そもそも断熱材が邪魔をして水が留まってしまいますよね。 なので、以下のことを懸念しています 1)打ち継ぎ部分に水が留まって、鉄筋やセパレーターのさびにつながらないか 2)断熱材と基礎の間に水が入って、断熱材が剥がれたり、カビになったりしないか ということで、 a.上記懸念はその通りなのでしょうか。心配はいらないのでしょうか。それとも他にも問題点があるのでしょうか。 b.何か対策を立てたほうがよいのでしょうか。また、その対策はどんなものなのでしょうか。 以上、お教えください。 よろしくお願いいたします。

  • 布基礎下の捨てコンクリートの必要性の有無について

    戸建住宅の布基礎の下について、捨てコンクリートは打設しなくても大丈夫でしょうか? 今回の施工では、根切り後、砕石をひいて直接、布基礎の型枠を組んでいる形になっており、砕石と布基礎の間に捨てコンがありません。 コンクリート打設時に型枠と砕石の隙間からコンクリートが漏れださないか心配です。 工事担当者に確認したところ当社(大手HM)では捨てコンは打ちませんと言われました。 ネット等で調べると捨てコンを打っている写真なんかも拝見したので、経費を浮かせる為の手抜きではないかと少々不安です。ただ契約図面には捨てコンはなかったです。 建物は軽量鉄骨、布基礎の下は柱状改良(タイガパイルΦ400)が施工済みです。 以上、捨てコンクリートがなくても大丈夫なのかご教授の程、よろしくお願いします。