• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

基礎打ち継ぎについて

現在新築中でベタ基礎で基礎工事を行っています。 立ち上がりを打設し7日後に型枠を外した後、 水を入れ、ブルーシートをかぶせ 湛水養生を行っているのですが、打ち継ぎ部分から 水が染み出しています。染み出している部分をみると 立ち上がりを打設する時の型枠の下部分を とめる金具をつたって流れている感じでした。 基礎の外周全てに見られ 写真のような感じになっています このような仕上がりは普通なのでしょうか? 工務店に聞いてみたところ、いつもの仕上がりとのことですが  水が染み出す=貫通しているということで 耐久性や強度、鉄筋の腐食やシロアリの浸入 などが心配になっています。  何か対策をとるべきなのでしょうか ご意見、アドバイスをお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数2857
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • tai-yu
  • ベストアンサー率32% (231/721)

>このような仕上がりは普通なのでしょうか? >工務店に聞いてみたところ、いつもの仕上がりとのことですが 普通ではありません。ひどい仕事です。 非常に残念な業者さんですね。これから先のことを考えると、質問者さんの家が心配です。 本当に良いコンクリートを打設すると防水は不要です。例えば、質問者さんのようなべた基礎に外周部立ち上がりを設置した場合、内部に水をためれば溜まります。蒸発とコンクリートに吸われる分以上には減りません。  それでは、何故コンクリートの屋根等は防水をするのか? それは施工は必ずしも完璧ではないことと、竣工後、さまざまな要因でコンクリートはひび割れる可能性があるためです。  参考URL:コンクリートに防水の必要な訳 http://www.nuk-pu.jp/Technote/UK27-tanaka.html >水が染み出す=貫通しているということで耐久性や強度、鉄筋の腐食やシロアリの浸入などが心配になっています。 このままの状態で放置すれば、何年後かに鉄筋が錆びて腐食します。そうなれば手のうちようが無くなります。  外部から打ち継ぎ部分をUカットシーリングしてもらいましょう。写真にある大きな欠け部分はジャンカと思われますので、ここは弱い部分を叩き落とした上でモルタル補修してもらってください。 業者を監理する建築士はいないのでしょうか? お金が別途必要なのと業者には嫌がられますが、第3者の建築士による設計監理をお願いしたほうが良いと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

参考HPや具体的な補修方法など 教えていただき助かります。 第3者の建築士を入れることに関しては 結果は残念な結果のようですが これまで工務店、業者さん一生懸命やって くださってはいたので、もう少し様子をみようと思います。 工務店と、もう一度補修ふくめ話し合ってみます。 回答ありがとうございました。

質問者からの補足

第3者の建築士は挟んでいません。 現在メインの監理は工務店の設計の1級建築士の方で 現場管理は工事部の方がやっており 困ったときは社長さんが(2級建築士) といった感じです。 施工にあたっては設計士さんと工事部の方2人3脚な感じです 立ち上がり打設前にレイタンスの処理について聞いたところ 設計士さんは基礎工事にはあまり詳しくないとのことで レイタンス処理について知らなかったので 工事部の方に聞いたところ ベース部分を打ったときに金ブラシをして 水で流してあるとのことでしたが 心配であれば立ち上がり打設当日にもう一度見て 残っているようなら高圧洗浄をかけ 水をふき取ってから立ち上がりを打設するとのこと だったのでお願いしました。  業者の方も暑い中、汗だくになって 一生懸命やってくださっていたり 近所の方とも丁寧なコミュニケーションを とっていたので、いいかげんな仕事をしている ようには見えなかっただけに 結果が残念といった感じでしょうか 湛水養生も工務店標準の工程ではなく 今回こちらの要望でやってもらっています。 水を入れたら、しみ出して来たといった感じなんだと 思います。 施主としても、 もっと勉強して適切な要望ができればよかったのかな と思います。

関連するQ&A

  • 基礎コンクリートの打ち継ぎ

    みなさんこんにちは。このサイトのお力を借りて無事我が家も竣工となりました。ありがとうございました。 いろいろな質問/回答を読んだ上で未だに疑問に思うことがあるのですが、例えば布基礎を、底盤→立ち上がり部の2段階で作る場合、最初に打設する底盤コンクリートの養生期間は十分確保するのが理想なのでしょうか。打設直後に立ち上がり部型枠設置作業を開始すると何だか立ち上がり配筋の根元あたりと底盤コンクリートの間に隙間ができそうな気もしますし、逆に底盤コンクリート打設後のんびりと3-4日の養生期間をおいてから型枠を外して立ち上がり部の作業に移ると、時間があきすぎて底盤と立ち上がり部との打ち継ぎ部の接着不良が生じやすい、と理解できる回答も見受けられました。 理想的にはどうするべきと思われますか?底盤コンクリート打設後は型枠を外さないままコンクリートがある程度硬化したらすぐに立ち上がり部の作業を開始すべきでしょうか?

  • 基礎の打継ぎ部の止水用コーキングについて

    昨日、スラブと立上りの基礎(ベタ基礎)の打設が終わったところです。 基礎形状は逆T型でスラブはフーチングと同レベルです。 スラブ面が地盤面よりも600mm程下がった位置(凍結深度)にあるので、止水板の設置をしてあります。 そこでスラブと立上りの打継ぎ部分の外周部土側に「コーキング」を施工すると止水が万全になると聞いたのですが、これは一般的な樹脂製のコーキングの事なのでしょうか? それとも埋め戻されて地盤内に入る部分なので、専用の物があるのでしょうか? それともモルタルの事なのですか? 樹脂製の場合、シロアリにやられたりしたりしないのか疑問があります。 実際に施工した状態を見た事がありませんので、教えて下さい。 よろしくお願いします。

  • 基礎打ち継ぎ部分(内基礎断熱)の漏水防止処理について

    現在基礎工事中です。立ち上がり部分のコンクリート打設が終わって、型枠がはずされました。 雨が降ったためか基礎の中に水がたまっていて、底版部分と立ち上がり部分の打ち継ぎ部分から水が染み出ていました。 そこでお教えください。 普通の基礎であれば、水が染み出ること自体は問題ない(地面より打ち継ぎ面が高ければ)はずですが、ウチの基礎は基礎の内側に断熱材を貼る基礎断熱(内基礎断熱)なんです。 もし外から打ち継ぎ部分を通じて水が入っても、普通の基礎(床断熱)の場合は内側に出てきますし通気が取れているのでそのうち乾きますが、内基礎断熱の場合は通気が取れていないし、そもそも断熱材が邪魔をして水が留まってしまいますよね。 なので、以下のことを懸念しています 1)打ち継ぎ部分に水が留まって、鉄筋やセパレーターのさびにつながらないか 2)断熱材と基礎の間に水が入って、断熱材が剥がれたり、カビになったりしないか ということで、 a.上記懸念はその通りなのでしょうか。心配はいらないのでしょうか。それとも他にも問題点があるのでしょうか。 b.何か対策を立てたほうがよいのでしょうか。また、その対策はどんなものなのでしょうか。 以上、お教えください。 よろしくお願いいたします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • dokatan
  • ベストアンサー率30% (164/534)

7日後水をいれ----- 7日間おいた後水をいれてなにを養生しているのですか? ほとんど意味がないのでは、初期に養生しないのでは?通常夏の場合は急激乾燥さけるため湿潤します。 7日おけば、強度はたぶん半分以上でているでしょう。湿潤ではなく漏水テストなのでは? ただこの程度ノ状態でしかコンクリ-ト打てない業者さんでは、それもやらない気がしますが? べた基礎の上に、緻密なコンクリ-ト腰壁をうっても水は通します。 穴等は補修した方が良いと思います。耐久性や鉄筋の腐食はさほどおおきな問題ではないと思いますが、しろあり の進入、雨水・湧水浸入には問題あるような気がします。たぶんべた基礎の型枠をとめるセパレ-タ-位置がたかかった 為、あながあいたような状態になったようなきがしますが? このようなセパレ-タ-等 C-C で金具露出する場合には、さびとめをぬります。さびが膨張するのを防ぐためです。 住宅やさんも近年べた基礎を使用しているようですが、べた基礎外周部内にはいった水等の処理は考えているのでしょうかね。なんとなく考えていないようなきがいますが。お客さも住宅やさんのいうとおりべた基礎をし、あとで基礎内部に水がはいって、排水するのに苦労するきがしますが。べた基礎の特性、全面にわたってこんくり-とがあるため、布基礎のように 土に浸透しない。したがって上部基礎が湿気をおびる。このようなことを考慮していないで設計しているのでは?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。 工務店には基礎は工期が多少長くなってもかまわないので しっかりしたものになるように 養生期間をしっかり設けてじっくり行ってほしいこと できるようであれば湛水養生をしてほしい。 と要望して、やりかた自体は工務店におまかせし このような施工方法となりました。 漏水テストと言われればまさにそうですね。 打ち継ぎ部分から水が滲みだすなんて 思ってもなかったことだったので、 水を入れなければ、打ち継ぎ部分は あまり仕上がりきれいじゃないけど ちゃんとくっついているだろうと思って 大丈夫と言われれば、そのままだったと思います。   先日工務店と話し合いました。 外周部の水の浸入に関しては、 地面より5cm以上に打ち継ぎ部分が上にあれば 原則問題ないとの認識のようでした。 ですがご回答いただいたとおり 水の浸入やシロアリの侵入等の心配もあり 打ち継ぎ部分を補修することになりました。 ポリマーセメントで行うとのことです。 ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.3
  • junkg7
  • ベストアンサー率26% (90/342)

打継ぎ処理が不適切で施工レベルが低い業者の様に思えます。 結果的に残念ながら立上り部分はベースから縁が切れている様です。 立上り部分を打設する前にレイタンス除去が必要です。 この工程を省くと写真様な漏水原因になりかねません。 現時点では主鉄筋で繋がっていますが、将来的には鉄筋の爆裂などで崩壊が懸念されます。 おそらく立上りを再施工する事は、業者が納得しないでしょう。 補修するにも同一業者が行うのであれば技術的にも無理があるかも知れません。 一時しのぎの対策で貴殿を説得・納得させる可能性があります。 写真を見た所、問題はこれ以外にも多々潜在していると思わざるを得ません。 ご質問の事象は致命的な物ではありませんが、今後の注意が必要でしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。 先日、工務店と話し合いをおこないました。 工務店側としては 施工は保証もとれる一般的な方法をとっていて 型枠にセパレーターを使用するのも一般的であること。 きれいに施工しても水が漏れる可能性はあるとのこと。 ベース部分が通常より高さを高く作ってあり地面と 打ち継ぎ部分は約10cm程度高いところにあるので 水が浸入する可能性は低いとのことで あくまで標準的なものであるとのことでした。 打ち継ぎ部分の防水性を保証するとなると 工務店の標準規定を変えることになり 他の現場もやり直す必要が出てくるので この部分を施工不良と認めることができず この部分は補修というより付加価値扱いになり オプションとなるとのことでした。 こちら側としては、 一般的でも標準施工であっても隙間が存在する以上 鉄筋への影響やしろありの侵入、雨水の浸入の可能性が あり、それらは家にたいして深刻な問題に発展しかねない ものであり危惧していること。 現在の 同じ2度打ちでも打ち継ぎがきれいに仕上げているところも あり、現状の我が家の基礎の仕上がりが、 けして評価の高いものではないこと。 打ち継ぎの隙間が一般的であるなら、施工前に説明が あれば低コストで止水対策をうつこともできたこと。 などを話しました。 結論として、 納得のいかない部分も少しあるのですが、 これからまだ先も長いので 標準施工である化粧モルタルを塗らなくてもいいので 打ち継ぎの補修をしてほしいと伝え 若干の差額はでるものの補修することになりました。 補修はポリマーセメントで行うとのことでした。  回答ありがとうございました。  

  • 回答No.1

>水が染み出す=貫通しているということで… そもそも、コンクリートというものは水を通しますよ。 ビルの屋上やプールなどは、特別な防水処理を施しているのであって、もし上が開いた箱のものを 1度のコンクリート打設で造ったとしても、そのままではプールになりません。 まして、底地部分と立ち上がり部分とが時期をずらして施工されているのですから、その合わせ目から水が流れるのは当然のことです。 気にすることではありません。 百歩譲って、基礎全体で防水能力があったりしたら、できあがって何年か後に水配管の破損で水漏れでもあったとき、自然蒸発を待つ以外に排水のすべがなくなります。 写真左側の空隙も許容のうちかと思います。 >耐久性や強度、鉄筋の腐食やシロアリの浸入… 取り越し苦労です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなりすいません。 私の取り越し苦労であれば それに越したことはないなと思います。 回答ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 基礎立上がり打設時の散水について

    基礎立上がりコンクリートの打設前に型枠の汚れ・ゴミの除去と打設済みの ベースコンを湿潤のためホースで散水しますと伝えられました。 打設は11月初旬頃です。 ベタ基礎一体打ちではなくベースコン打設後に基礎立上がりの型枠を設置して 打設する工法で 基礎幅は150mm ・ 外周及び内周の型枠の高さは750と450mmの鋼製です。 ホース散水のため大量の水でベースコンが水浸し(水溜り)になり、この状態で 打設した時にコンクリートに及ぼす水の影響が心配です。 下記内容についてご教示くださいますようお願い致します。 1. 散水は基礎立ち上がり型枠内に限定、またはベースコン全体でしょうか? 2. 散水がコンクリートの性能に影響を及ぼさない水量(水位mm)または表面状態と 合わせて最適な散水方法。 3. ベースコンが湿潤の程度を超えた散水で全体が水浸し(水溜り)になり、 この状態で基礎立ち上がりを打設した場合、打設コンクリーに水が混入して 打継ぎ部の性能低下等の影響はどうでしょうか? (なお水溜りの水は事前に除去せず、散水は必ず行うとの事です) ・この様な環境の下では打設不可で、必ず水の処置(除去)を行うべきでしょうか? 追記 ベースコン打設後も、散水しますと聞いていますが、通常どの様なタイミングで 散水(打設何時間後)を行いまたは不要でしょうか? 以上宜しくお願いいたします。

  • 基礎の外壁に基本形のレンガを張りつけたい

    布基礎の外壁(高さ1200ミリ)に基本形のレンガを張りつけたい と思っています。 19日に基礎の立ち上がりの部分の打設が終わりました。 型枠解体を11月1日(打設から13日目)を予定しています。 型枠解体が終わったらすぐ基礎の立ち上がりの部分(高さ1200ミリ)に基本形のレンガを貼り付けたいと思っています。(貼り付けると言うより積み上げると言った感じ・・・) 当方、北海道です。 最近は朝夕の気温がめっきり下がり 最低気温がマイナスになる事もあります。 GOOさんでも色々教えて いただきましたが・・・ 生コンの場合はマイナスになるとコンクリートにはあまりよくはないようで。。。打設後の養生の管理など必要になってくるようです。 お聞きしたいのですが。。。。 布基礎の立ち上がりの部分に基本形のレンガを貼り付ける場合(貼り付けると言うより積み上げると言った感じ・・・)はこの時期どうなんでしょうか? 日増しに朝夕の気温が下がっている中でレンガ積は出来るのか心配しています。 張り終えた後の養生とか管理はやはり生コンと同じ考え方なのでしょうか? 生コンと同じ考え方であれば今年は諦め来春にしたいと思っています。 予定としては型枠解体したら直ぐに作業に取り掛かりたいと思っています。 セメント&砂利&水だけで張っていきます。 また、参考ULRがございましたら あわせてお願いいたします。 当方素人です。 やることなす事初めてなので・・・  宜しくお願いします。

  • 住宅の基礎:底盤と立ち上がり部の一体打設の特徴・現状

    前スレ(QNo.3535192)で、住宅基礎の施工において、底盤打設後どのくらいの期間養生してから立ち上がり部の型枠設置作業に入るべきかという質問をさせていただいたところ、打ち継ぎ部の接着力の問題などまで話題が広がり、大変良い勉強になりました。 そのスレで底盤と立ち上がり部の一体打設について議論が及びましたので、スレを変えてあらためて広く質問させていただこうと思います。 一般住宅の基礎施工における、底盤と立ち上がり部の一体打設(底盤と立ち上がり部の両方の型枠をあらかじめ設置してから、底盤と立ち上がり部のコンクリートを一度に打設してしまうこと)について質問いたします。 ・一体打設は一般の基礎屋さんにも可能な方法でしょうか。 ・一体打設は現在の日本でどの程度普及しているでしょうか。 ・一体打設の施工で難しいのはどんなところでしょうか。うまく施工できない場合、どんな問題点が生じる可能性があるでしょうか。 ・一体打設で基礎を一体化した場合、二段階打設(底盤打設後に立ち上がり部の型枠を組み立てて立ち上がり部を打設すること)と比較して、構造上問題となるようなクラックが生じる可能性は高まるでしょうか。 ・二段階打設と比較して、一体打設では、手間やコストはどの程度増え、工期はどの程度延長するでしょうか。 以上、ご意見をお願いいたします。

  • 基礎ベースに水を出しっぱなしです。

    千葉県でセキスイハイムのベタ基礎ですが昨日ベースのコンクリ打設を終えました。一夜明けて今日31日はお昼過ぎから5センチくらいの雪が積もりその後雨に変わりました。 養生のブルーシートは垂れ下がり基礎にべったりくっついています。シートの上はみぞれ状の雪と水がのっかっています。 夜には凍ってしまうのではと心配になり業者に問い合わせたところホースで水を出しっぱなしにするということです。凍結は防げるでしょうが、温度は大丈夫でしょうか? 今晩は千葉県でもかなり冷え込みますので心配です。 それと雪が解けたら水を止めて養生シートを張りなおしてもらった方が良いと思いますがいかがでしょうか?

  • コンクリート打設後の養生について質問です。明日ミキ

    コンクリート打設後の養生について質問です。明日ミキサー車を呼んでdiyにてコンクリートを初めて打設します。ガレージのベタ基礎風で面積は約10m2で厚さ120mm(ワイヤーメッシュ入り)です。この時期に必要な養生はありますか??立ち上がり配筋があるためブルーシートをかけることによるトラブルもゼロではないことも予想されます。場所は正午を挟み4時間ほど日は当たりますがその後は日影(打設時間以降ほぼ日影)。雨は降りそうにないです。ブルーシートはかけるべきでしょうか??それと、散水はするべきでしょうか?また、散水は表面を濡らす程度ですか?それとも型枠内に浅いプール(数cm)ができる程度ですか?打設後どの位して散水するのでしょうか? コンクリートは業者に相談して、21ー18ー20Nとのことです。 ご回答よろしくお願いします!

  • ベタ基礎の仕上り

    こんにちは。 先日、ベタ基礎を施工してもらったのですが、完成した仕上りがこれでほんとにいいのか不安で、皆様のご意見を伺いたく、質問させていただきます。以下、仕上がった状況です。 1. 立ち上がり部分の白華現象(?) 基礎全周にわたって発生 2. 基礎側面のへこみ、ふくらみ 3. 立ち上がり基礎の型枠つなぎ目部分(側面)のひずみ(ひけ)、上面のひずみ(ひけ)。(これによって、立ち上がり部分の側面はなみなみに見える) 4. 上記引けに伴う、レベラーのクラック、はがれ 5. 各所クラック(計3箇所) 数枚、上記に関わる画像を添付いたします。 基礎打設の背景として、寒中コンクリート27KNを使用。寒い冬で降雪数時間前に立ち上がり部分のコンクリート打設(夕方)、一晩放置時に養生なし、翌日お昼までに降雪10cm程度、まだ養生なし。午後になり、ブルーシートのみ養生。以前降雪が続いている状況。(両日とも平均気温が0℃~-2℃ - 気象庁より) 確認: このような仕上がりですが、問題ないのでしょうか。 現在、このような状況である旨写真を使い、また現地に出向くように伝えて書面にてどのような対応/見解なのかハウスメーカーに催促しておりますが、書面にて回答いただくつもりがないのか、現地にて説明するの一点張りです。 あまりにも対応がひどければ、建築そのものもやめてしまい、すべての金額を取り戻したと思っているのですが、そんなことは可能なんでしょうか。(建築条件付で土地の決済は既に済んでます。。。) どのように対処すべきかもあわせて皆様からのご意見をいただければ幸いです。

  • 基礎に付着した木片について

    先日、基礎の立ち上がり部分の型枠(木製)がはずされました。粗悪の型枠を使用していたため、合板が剥がれ、コンクリートに付着しております(全体の1/5程度で、基礎の外周には付着しておらず、内部のみ)。基礎工事のやり直しは、非現実的なので、できれば避けたいです。木片の付着は、シロアリの温床(巣)になりかねないので、除去してもらうつもりです。無理に手作業で剥がせば、コンクリートも剥がれるため、強度が落ちるような気がします。何かいい方法があれば御教授願いたいです。

  • 基礎の回し込み不足は大丈夫?

    現在新築中で、現在基礎(ベタ基礎)を養生中です。 3日前に基礎の型枠をはずしたのですが、立ち上がり部に コンクリの回し込みが足りないところがあったようで、 長さ20cm、幅3cm程度の部分で表面が滑らかでなくて 中の砂利が見えています。(鉄筋とかは見えていません) 見た目にはしっかり固まっているようですが、 このような状態で十分な強度や性能が出るのでしょうか? クラックとは違うのですが、心配です。 どうか教えてください。よろしくお願いします。

  • 基礎打設中の雨

    非常に気持ちが凹んでます。 先週基礎の立ち上がりのコンクリート打設をしました。 天気予報では曇りだったので朝8時から打設を行ったのですが打ち始めて数分後に雨が降り始めました。はじめはパラパラの小雨、そして次第に本降りになりました。雨大丈夫ですかと現場監督ならびに基礎屋さんに確認したら「大丈夫です!!またこの段階で中止できない」と言われました。 打設手順としてはコンクリを流し込み、その脇でバイブレーターにて均して天部分をコテで均してすぐにブルーシートをかけて雨よけしながら打設。5人がかり(一人はポンプ流し込み・二人にてバイブレーター・一人コテ均し・監督はブルーシートかけ)で打設してました。1・2台目のミキサー車が終了し、3台目待ちのときに突然豪雨になり、その時は待ちの間は全部の立ち上がりにブルーシートをかけてました。3台目到着時は雨が上がりその後急速に天気回復しました。11時前には終了しました。午後から仕事のため現場を離れましたが夜監督から連絡があり、その後レベラーまで完了し、シートかけて養成してます。型枠はずしは6日後とのことです。 雨の日の打設になり施主として基礎強度など心配です。 基礎屋さんは雨の打設になりましたが今までの経験上まず大丈夫ですから安心してくださいと言われましたが気分は落ち込み、雨だけはヤダなと思ってましたので心配です。施工は大手HMです。信じて大丈夫でしょうか?みなさんのご意見を教えてください。また型枠はずした際のコンクリートのチェック方法など有りましたら教えてください。(第3機関は頼んでませんので自分で確認になります。)長文になりスミマセン。

  • 水を撒いた方が良いのでしょうか

    新築のベタ基礎 生コン打設 11月27日、立ち上がり 生コン打設 5日後 12月2日です。 立ち上げの型枠は 明日5日に外すそうですが 内3日で外してもよい物でしょうか。 幸い 工事期間中は雨が一度も降りませんでした、 型枠を外したら 土台材が入るまで基礎部に水を撒けと言われました。コンクリートが強くなるとの事 ベタ基礎には施工後の一週間は、水を一度も撒きませんでしたが ベタ基礎の強度は弱いのですか この辺が素人には解りません 後 捨てコンというものはやりませんでした、何か構造面で問題でも出るのでしょうか。 宜しくご回答お願いします

専門家に質問してみよう