• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

関係代名詞

英語の関係代名詞について教えていただきたいと思います。 He isn't the man( ) he was ten years ago. 彼は10年前の彼ではない。 という文章が問題にあって、( )の中に 入る関係代名詞を答える問題がありました。 解答はthatですが、whoではなぜいけないのか? わかりません。 お分かりになる方、よろしくお願いいたします

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数10
  • 閲覧数170
  • ありがとう数16

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.10

はじめまして。 ご質問: <解答はthatですが、whoではなぜいけないのか?> 以下の2つの観点から説明できます。 1.先行詞で使われているtheが、「強い限定」を表しているからです。 (1)この例文の用法は、先行詞がonly、first、last、最上級などで強く限定された場合に使われる関係詞thatの用法と同類の構文です。 例: He is the only man that can do it.(O) He is the only man who can do it.(X) 「彼はそれをすることができる、唯一の人だ」 (2)ご質問文は先行詞manの前にsameが省略された文と考えると分かり易いでしょう。The same~thatも強い限定になるので、関係詞はwhoではなくthatを用います。 例: He isn't the (same) man that he was ten years ago. 「彼は、10年前と(同じ)人物、ではない」 と言っているのです。 2.The man「人物」を「人そのもの」としてではなく、「性質を持った人物像=物」とみなしているからです。 (1)この英文は、No.1の回答にもあるように、通常「先行詞+関係詞」を一つにして、whatで使われることの多い英文です。 例: He isn't the man that he was ten years ago. =He isn't what he was ten years ago. 「彼は、10年前にそうであったもの、ではない」 (2)ここで、the man that=whatになっていることからも、このthe manを「人物像」とみなしていることがわかります。 つなり、人間として実体を持った実像ではなく、性質をそなえた概念としての人間像、として、このmanは使われているのです。 3.従って、上記2つの理由により、ここでの関係詞はwhoではなくthatがふさわしいということになるのです。 以上ご参考までに。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

特に、強い限定の場合にthatを用いるということが なるほどと思いました。他の項目も非常に参考に なりました。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 関係代名詞

    He is not the man that he was ten years ago. 上の例文のように、関係代名詞 that が関係詞節内の補語の役割をする場合、何格(主格、目的格など)が使われているのですか?

  • 関係代名詞について

    「これは10年前に作られたコンピュータです。」は This is a computer which was made ten years ago. となると思います。 が、これは this is a computer made ten years ago. と過去分詞の後置修飾に書き換えることができると思うのですが 上の関係代名詞の文とどう違うのでしょうか? 目的格を関係代名詞にとる文は書き換えられるのですが、これもできるのでしょうか?

  • 同格のthatだと思っていたのに、なぜ関係代名詞なのか

    He is not the man that he was ten years ago. ある参考書の関係代名詞のthatが良く使われる場合という欄に、 「先行詞が人の性質を表していて、関係代名詞がbe動詞の補語となっている場合」と書いてあるのですが、 この英文のthatは同格のthatとは違うのですか? 同格か関係代名詞か見分けがつきません。 よろしくお願いします。

その他の回答 (9)

  • 回答No.9

taked4700です。trgovecさん、どうも、何度もありがとうございます。 >ここの that は関係代名詞です。同格の that とすると以下が「完全な文」でなければなりません。 言われていること、分かりました。自分の方の考え方も、おかしかったですね。 関係代名詞とする説明も、ただ、あまり明確なものとは言えず、結局、元の問題文自体が無理のあるものだったとするのがいいのかもしれませんね。 ともかく、なんども答えていただきありがとうございました。 ken_366さんにも、どうも関係ない議論だったかも知れず、ご迷惑をおかけしました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8
  • trgovec
  • ベストアンサー率52% (2538/4879)

質問者氏をさておいての議論は気が引けますが ここの that は関係代名詞です。同格の that とすると以下が「完全な文」でなければなりません。 (that) he was ten years ago これが完全な文であれば was は文法家の言うところの「完全自動詞」でなければならず、「彼が10年前いた(存在・生存していた)」となります(現代ではこのような be の使い方は普通ではありませんが)。 また同格というからにはこの that 節が「何に対して」同格かを考える必要があり、 the news that he was ten years ago「彼が10年前に生存していたという知らせ」のような「内容を持てる名詞」ならいいのですが、the man に「○が×した」のような内容を持たせることができません。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%A2%E4%BF%82%E4%BB%A3%E5%90%8D%E8%A9%9E#.E9.96.A2.E4.BF.82.E4.BB.A3.E5.90.8D.E8.A9.9E 形の上での説明しかありませんがこのページの4.5です。 また他の例として Fool that I was!「何とバカだったんだ<私がそうであったところの愚か者よ」 fool は「何所の誰」という人間ではなく(というより自分であることは明らか)性質を言っているだけです。定冠詞がないのは呼格だからです。 関係代名詞の省略云々のところは誤解を与えるような書き方だったようです。これはただ接触節が起こりうるのは 先行詞+主語+動詞 の形になるときで、 「SVO(orC)V’…」は *I know a man is good at typing. *This is the man was robbed yesterday. (いわゆる主格の関係代名詞を省略した形) のようにねじれ文となり非標準とされます。しかし「先行詞+主語+動詞」の形の場合あくまでも「格」に注目すれば今回の例のように(省略された)関係代名詞が主格の場合もあり、これを「主格の関係代名詞が省略される例外」と格にこだわるより「先行詞+主語+動詞になれば省略されうる」と考えることができる、ということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7

No.5のtaked4700です。trgovecさん、質問に答えていただき、とてもありがたく思います。 結局、He isn't the man( ) he was ten years ago. と言う問題の()内に入ると言われているthatは、No.4でdaikaisanさんが言われているとおり、同格のthatと判断するのが良いようですね。 その意味で、 >この場合主格であっても関係代名詞は省略できます。省略ができるかできないかは格というよりSVが続くかVが続くかで判断されているように思えます。 と言うのは、疑問です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
  • trgovec
  • ベストアンサー率52% (2538/4879)

要はこの場合 the man he was というのが what he was と同じ意味(書き換え可能)であり、「人そのものではなく、人となりや見た目」であるということです。 よって先行詞の the man も人ではなく who はそぐわないということです。 先行詞が人であれば#5でおっしゃられることもなるほどと思います。 なお、この場合主格であっても関係代名詞は省略できます。省略ができるかできないかは格というよりSVが続くかVが続くかで判断されているように思えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。特に、人そのものではなく、人となりや見た目という部分が参考になりました。

  • 回答No.5

No.2のtrgovecさんへの質問です。 ken366さんにはすいませんが、質問させてください。 >そこで、「個体としての人そのもの」を強く連想させる who(m) を避けて、人にもものにも使えるどちらかと言えば中間的な that を用いるのです。 とのことですが、違うのではないでしょうか。 たとえば、He is not the man that played baseball very well yesterday. のような文章は多少不自然に響きます。 確かに、who を使った方が自然です。 しかし、 She is the lady that I met yesterday. とか The lady that I met yesterday is Alice. のような表現はごく普通に見られます。 He is not the man that played baseball のような表現が不自然なのは、次のような理由があるからではないでしょうか。 1.not によって否定されている事柄に、特定する意識が強いthatを使うことが、不自然に感じられる。つまり、あるものの否定は、そのあるもの以外全部をさすので、特定感がなくなるわけで、それにthatを使うのは無理がある。 2.関係代名詞が主格として使われるとき、行為者とか存在者のような感覚が強調されてしまい、thatよりも人間そのものを表すwho が選択される。 このことは、the very person that does/did と言う言い方よりもthe very person who does/did のような言い方のほうがずっと多くgoogleでヒットすると言うことからも分かります。 3.2で述べたようなことは、目的格のときは、ほとんど意識されない。たとえば、googleで引くと次のような結果が出てきます。 "girl I gave the" site:com の検索結果 約 19,100 件 "girl that I gave the" site:com の検索結果 約 15,800 件 "girl who I gave the" site:comの検索結果 3 件 "girl whom I gave the" site:comの検索結果 1 件 つまり、目的格のときは、関係代名詞を省略するのがまず普通であり、関係代名詞を使う場合も、人そのものを表すかどうかよりは、どの程度強調するかどうかで決まる。 たぶんですが、that は、概念化というか、話者の頭の中にイメージとして浮かぶもの一般をさす、または、それを強調するとき使うと言う説明の仕方が一番しっくり行くように思います。どうでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。特に概念化、強調するときに使うという英語の深い部分が参考になりました。

  • 回答No.4

英文法には強くないですので、あくまで私見ですが。 He isn't what he was ten years ago. という文はよくみかけますが、問題の文はめずらしいですね。 関係代名詞とは、関係を取り結ぶ詞(接続詞)+代名詞というものであるはずで 先行詞のthe manを代名詞にかえると、he his him で、 he was ten years ago のなかに he his him のいずれかがそうにゅうできるはずなのですが、いずれもそうにゅうできません。 これって、果たして関係代名詞なのでしょうか。 文法って、便宜上理屈をあとからつけて分類しているようなところがあり、果たして分類に意味があるか疑わしい事例だと思いますが、 私的には、「同格」のthat と納得するほうがすっきりくるのですが。 >whoではなぜいけないのか He isn't the man(who) he was ten years ago. だと、the man が who だと主格で、he いう代名詞となり、すでにあるhe とだぶります。だからダメ 仕組みを詳しく言うと The teacher is my father . He likes baseball. これを関係代名詞で1文にすると、 teacher = He だから、この2語がむすびつけるうえでのかぎです。 次に、代名詞を関係代名詞に変える。Heは主格だからwho The teacher is my father . who likes baseball. who likes baseballをteacher=he なので teacherの後ろに挿入 The teacher who likes baseball is my father .で完成。 この手順から teacher=who=he ですね。 I don't know the teacher whom Tom likes . the teacher=whom=him I don't know the teacher . Tom likes him . だからwhom でよいのです。 He isn't the man who he was ten years ago. なら the man=who=he で、whoのhe と もともとの he でだぶるし、who=heの行き場がないのでだめ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。英語文法をきちんと整理して、考えると おっしゃるとおりで、消去法で考えると理解できます。

  • 回答No.3
noname#49694
noname#49694

 分かりやすくいえばwhoは主語にのみ使える代名詞です。 正しい関係代名詞の判断方法 確認プロセス1  後ろの文が不完全な文であることを確認しましょう。もし完全な文であれば入るのは接続詞や関係副詞となります。ちなみに関係代名詞と関係副詞の違いは、不完全な文か完全な文かで判断することができます。関係詞節は不完全な文。 確認プロセス2  先行詞の確認。まず先行詞をみます。それで関係代名詞が何かが分かります。 確認プロセス3  次に不完全な文の構文上何が抜けているかを判断します。主語?目的語?などなど。 確認プロセス4  主語が抜けていたら主格。目的語が抜けていたら目的格。所有格の判断は特殊ですが、先行詞と主語さえきちんとみきわめたら分かります。  さて、とりあえずここの後ろの文章は主語heがあるため、どう考えてもwhoははいることができません。先行詞はthe man。  せめてwhomじゃないの?という問いでないと、まだまだ関係代名詞を知らないというべきでしょう。とはいっても、下の方がいわれるように目的格whomもあてはまりません。  関係代名詞は節と節の接合です。ですから、分からないときは、もともとの2つの文章に分解してみるとよいでしょう。  1 He isn't the man  2 He was (the man)←抜けてるten years ago.  ten years agoは修飾語句です。ですから、直訳すると「10年前の彼であった人ではない」   

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。考え方のプロセスをくわしくお教えいただき 今後も参考にさせていただきます。

  • 回答No.2
  • trgovec
  • ベストアンサー率52% (2538/4879)

まずこの問題では whom があったとしても正解ではありません。関係代名詞は was の後ろにあったものが前に出てきたものですが was の後には目的語は来ません(主格補語が来ます)ので目的格の whom では来れないのです。 ではなぜ主格の who が来れないかですが、 who(m) を使う例文を挙げてその意味用法を見てみます He is not the man who did this.「彼はこれをやった人ではない」 He is not the man whom I met ten years ago.「彼は私が10年前に会った人ではない」 ご存知のように who(m) は人に対して使う関係代名詞ですが、「人そのもの」を指します。「これをやった人」「私が会った人」のように「動作をした主体」「動作の対象としての人」です。 He is not the man that he was ten years ago. この場合の「人 the man」というのは「性格や見た目」のことで人間そのものではありません。「彼という人間 homo sapiens sapiens」は10年前も今も「同じ個体」で変わるはずがありません。 そこで、「個体としての人そのもの」を強く連想させる who(m) を避けて、人にもものにも使えるどちらかと言えば中間的な that を用いるのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。特に「性格や見た目」という捉え方をすれば、漠然としたthatの説明もしやすくなると思いました。

  • 回答No.1

一般的に英訳すれば、He is not what he was ten years ago.になります。出題ミスも考えられそうですが? またwhoを用いる際、挿入句の有無にもよりますが、直後は動詞か助動詞がきます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。whoではないことは間違いないことがわかりました。

関連するQ&A

  • 関係代名詞のwhat

    この書き換えがわかりません。ぜひ教えてください。  He is not what he was.(彼は以前の彼ではない。) ≒He is not the man that he was. また、thatの代わりにwhichはOK.whoやwhomは不可。 (ジーニアス英和辞典より) 先行詞がthe manなのになぜ、関係代名詞にはwhichを使うのでしょうか。 教えてください。

  • 関係代名詞も関係代名詞節に入りますか?

    よろしくお願いします。 関係代名詞節といった場合、関係代名詞そのものも関係代名詞に含まれますか? 例えば次の文において、 関係代名詞はwhoで先行詞がwho、 peopleにwho live in New Yorkがかかっています。 この場合、関係代名詞節はどこか、と言われた場合、 whoも関係代名詞節にはいりますか?それとも、live in new yorkだけでしょうか。 I know a lot of people who live in New York. 同様にthat節と言った場合、thatそのものもthat節に入りますか? どうぞよろしくお願いします。

  • 関係代名詞

    関係代名詞について教えてください。 Some colorful abstract paintings that I saw in a local art gallery on the weekend. The city which I visited ten years ago. ですが、 I saw some colorful abstract pintings in a local art gallery on the weekend. I visited the city ten years ago. では、間違えなのですか? 参考書を読んでも良くわかりません。 よろしくお願いします。

  • 「関係代名詞+挿入節」

    「関係代名詞+挿入節」について教えていただければと思います。 A: The man who <I thought> was my friend deceived me.  B: The man whom <I thought> to be my friends deceived me. それぞれ、 A: (1)The man deceived me. + (2)I thought he was my friend. B: (1)The man deceived me. + (2)I thought him to be my friend. が合わさった形だと思いますが、これに関連して、以下の3種は、この挿入の用法でもありうるでしょうか。 1.Aは、I thoughtに続く従属節内の主格の関係代名詞ですが、従属節内の目的格や補語が関係代名詞になる場合 2.Bは目的格の関係代名詞ですが、補語が関係代名詞になる場合 3.「所有格の関係代名詞」を使う場合 そもそも論理的に不可能なものはあるでしょうか。論理的に可能であっても、実際に使うことがあるのか、そういう点で例文を探しています。出典も添えていただけましたら幸いです。

  • 連鎖関係代名詞のwhomと関係代名詞の省略について

    10代女です。英文法の関係詞を勉強していてお聞きしたい質問が二つあります。 (1)連鎖関係代名詞のwhomについて  (1)'He is the boy WHO I thought I had met before.' (by @WILL総合英語 P.294/美誠社)   『@WILL総合英語]という英文法参考書に、連鎖関係代名詞の例文でこの文が載っていました。 また、よく入試で問われやすい問題で例えば  (2)'He is the person WHO I thought was a doctor.' というのがありますが、連鎖関係代名詞の場合、'I thought (that) <the person> was a doctor'というようにthat節内の主語が先行詞である→だから関係代名詞はwhomではなくwhoだということは理解しています。  しかし、(1)のように、that節内の「主語」ではなく「目的語」が先行詞(人)の場合は関係代名詞をwhomにしてもよいのでしょうか?これが一つ目の質問です。@WILL総合英語にはwhomでもwhoでも良いとか詳しい解説が書かれていません。私が持ち合わせている英文法の問題集などで調べようとしても、(2)の用法の解説ばかりです。    関係代名詞で、先行詞が人で目的格となる場合、whom/that となりますよね。けどこの'whom'は、口語になると'who'にしても良いとあります。だから、連鎖関係代名詞で(1)と同じ用法の場合の関係代名詞は who でも whom でもどちらでも良いということでしょうか?? (2)連鎖関係代名詞の省略について  二つ目の質問。(1)で使った(1)と(2)の例文(連鎖関係代名詞)の関係代名詞の省略はできますか?  (1)He is the boy I thought I had met before.  (2)He is the person I thought was a doctor.  最後に、私は大学入試に(1)の(1)のような問題が出題されても、されなくても、とても気になってしまいます。みなさんの答えが「who でもwhomでもどっちでも良い」 となるなら、私はそれで納得できます。  たぶんこのような「代用ができる」という問題の場合、4択で問うことになると思いますけど、この疑問を解消したいです。明確な答えを知りたいです。「whomは使えない」のか「whoでもwhomでもどちらでも良い」どっちですか?  <英文法>とは、時には省略できたり・書き換えできたり・・・など答えが一つではないということは重々承知です。けれどそれなら 「省略・書き換え・代用OK」というのをはっきり説明していただかないとすごくモヤモヤしてしまいます。とりあえず、これを機に英文法の解説が詳しく載っていそうな『ロイヤル英文法』を買ってみようかなと思っています。  質問というか確認したいがために、この相談箱に質問しています。支離滅裂でしかも超長文で申し訳ないです。  どうかよろしくお願いします。

  • 関係代名詞について

    大変、基礎的な質問ですが、関係代名詞がいまひとつ理解できてません。 (1)The project whitch begun 7years ago is scheduled for cmpletion at the end of this mouth. (2)Students who work with diligence are more likely to succeed in college. 上の文で、関係代名詞を利用せず (1)The project begun 7years ago ~ではだめなのでしょうか? (2)Students work with diligence~ではだめなのでしょうか? 意図的に関係代名詞を使用する意味があるのでしょうか?

  • 関係代名詞

    関係代名詞 関係代名詞は who whoes whom which that 以外にありますか? あったら教えてください。

  • 関係代名詞

    関係代名詞の基本的なことを教えてください。 (1)I know him who lives in Tokyo. I know Hiroshi who lives in Tokyo.  him のかわりに名前が入ってもよいのでしょうか?  (例文の先行詞は代名詞かmy sisterなど具体名はでてこないので) (2)The man is Mr.Sato. He made this desk. (1文にするとき) The man who made this book is Mr.Sato. Mr.Satoが先行詞になると、あきらかにおかしいとわかるのですが he が先行詞になるのはだめですか? (3)先行詞を決定するときは、何か約束があるんですか?  例えばwhoを使うときは、個人名はダメとか? (習った時は人はwho を使うんですよくらいしか教えられないので。) (4)関係代名詞を使うと文はどんなニュアンスなんですか?    (例えば日本語だと、単文だけの文章は幼稚園児が書く作文    みたいに感じますが。)

  • 関係代名詞と後置修飾の違いについて

    関係代名詞と後置修飾の違いについて 例 関係代名詞を用いた場合の文 I know that man who is studying English. 後置修飾を用いた場合の文 I know that man studying English. 二つの例文の意味は日本語に略すと一緒ですよね? ですが関係代名詞と後置修飾の違いがよくわかりません 誰か違いのわかる方、違いを教えてください

  • 関係代名詞that

    関係代名詞that 関係代名詞のthatは基本的にwhichやwhoに置き換えられますが、thatを使ってはいけない場合(whoもしくはwhichでなくてはならない)はありますか? 例も交えて教えてください