• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

関係代名詞の口語での使われ方について

こんにちは。 ネイティブの方たちは、口語でもI think that he is...のthatを言いますか? もし使っている場合、考えの中身との間に一呼吸入れたい場合は、 I think that○he is I think○that he is どちらで区切って言うものなのでしょうか? また、「僕が思うにはね…えっと…彼は」の「えっと」のようなニュアンスでthatを使うようなことはありますか? また、whoやwhichも、やはりきちんと言うのでしょうか? それとも、なるべく関係代名詞的な言い方はしないような話し方をしているものなのでしょうか? たとえば、関係代名詞を多用するようなしゃべり方は、「つまり…であるからして…○たる△が…」といった難しい印象を与えるですとか、子供には意味が通じづらいといったことがあるのでしょうか? お手数ですが、宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数2
  • 閲覧数4043
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • Agee
  • ベストアンサー率42% (414/964)

Oxford University Pressの 'Basic English Usage'に、次のように書かれています。 「特に口語においては接続詞のthatを省略することが多い。 ・関係代名詞:関係代名詞のthatが関係詞節の目的格である場合  Look! There are the people (that) we met in London, .間接話法:一般動詞の後のthatは省略出来る。  James said (that) he was feeling better. (省略可)  James replied that he was feeling better. (このthatは省略してはいけない)   ・形容詞の後:いくつかの形容詞の後にthat節を使うことは出来るが、一般的には省略可。  I'm glad (that) you're all right.  It's funny (that) he hasn't written. ・soとsuchの後のthatは省略可」 御質問の例文は上の「間接話法」に該当しますから、省略して問題ありません。私のアメリカ滞在で得た印象ですと、TVのインタヴューなどではちゃんとthatを云う人が多いようです。しかし、使ったからといって文語的表現に聞こえるとか難しい印象は感じません。 >I think that○he is これが圧倒的です。「えっと」のようなニュアンスの場合もありますが、「つまり」というニュアンスもあります。いずれにせよ、「私はもう一つの文(節)を続けるよ」というサインであることは間違いありません。 >whoやwhichも、やはりきちんと言うのでしょうか? きちんと云います。これらはきちんと云わないと意味が通じなくなります。 一口に関係代名詞と云っても種類と用法は様々であり、一概にこうだとは云えないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

米国、米語における経験上の回答ですので読み流して参考程度に。 質問の内容は、いづれも話し手がどの程度教育を受けているかによるところがあります。 1)口語でもI think that he is...のthatを言いますか? 言います。明瞭に言う人(場合)もあれば、聞き取れないぐらい 小さく言っている人(場合)もあります。もしかして言ってないのかと思うかも しれませんが聞き手は補います。従って言っているかどうかは、あまり 問題ではないです。 2)どちらで区切って言うものなのでしょうか? 区切らずに thinkthathe...と滑らかに発音する人(場合)もあります。 区切るのは、主に間を持たすためです。 that○he is...の方が多いのが実感です。that を言っておけば間をおいても それに続く何かがあると聞き手は感じます。 think○thatだと、I think○(???)そして that he...の出だしなので妙に聞こえます。 3)また、whoやwhichも、やはりきちんと言うのでしょうか? 使うときは、thatよりも明瞭です. 4)なるべく関係代名詞的な言い方はしないような話し方をしているもの なのでしょうか? 話してと聞き手の関係そして話題によります。whoやwhichは、長い文章になりがちです。 話してと聞き手が同等の教育を受けているならば使うでしょう。でも一つのフレーズに多用すると お互い理解できなくなるでしょう。子供であるならばなおさらそのことを考慮します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 関係代名詞that

    関係代名詞that 関係代名詞のthatは基本的にwhichやwhoに置き換えられますが、thatを使ってはいけない場合(whoもしくはwhichでなくてはならない)はありますか? 例も交えて教えてください

  • 関係代名詞(口語の時)

    1)The woman who lives next door is a doctor. 2)The woman who I wanted to see was away on holiday. 1)の関係代名詞whoは、subjectなので省略できない。2)はobjectなので省略可能、ですよね? でも、英語圏の人達って会話する時にあまり関係代名詞を使わないような気がするんですが、1)のような場合はきちんとwhoと、言っているのでしょうか? 自分が話すと関係代名詞をたくさん使ってしまい、 辞書のような不自然な文になってしまいます。 例えば、野良猫が私になついてきたので He(猫) know I am a person who give a food. と、いったのですが同じ意味のことをネイティブの人が 話すとどうなるのでしょうか?

  • 関係代名詞のwhat

    この書き換えがわかりません。ぜひ教えてください。  He is not what he was.(彼は以前の彼ではない。) ≒He is not the man that he was. また、thatの代わりにwhichはOK.whoやwhomは不可。 (ジーニアス英和辞典より) 先行詞がthe manなのになぜ、関係代名詞にはwhichを使うのでしょうか。 教えてください。

  • 連鎖関係代名詞のwhomと関係代名詞の省略について

    10代女です。英文法の関係詞を勉強していてお聞きしたい質問が二つあります。 (1)連鎖関係代名詞のwhomについて  (1)'He is the boy WHO I thought I had met before.' (by @WILL総合英語 P.294/美誠社)   『@WILL総合英語]という英文法参考書に、連鎖関係代名詞の例文でこの文が載っていました。 また、よく入試で問われやすい問題で例えば  (2)'He is the person WHO I thought was a doctor.' というのがありますが、連鎖関係代名詞の場合、'I thought (that) <the person> was a doctor'というようにthat節内の主語が先行詞である→だから関係代名詞はwhomではなくwhoだということは理解しています。  しかし、(1)のように、that節内の「主語」ではなく「目的語」が先行詞(人)の場合は関係代名詞をwhomにしてもよいのでしょうか?これが一つ目の質問です。@WILL総合英語にはwhomでもwhoでも良いとか詳しい解説が書かれていません。私が持ち合わせている英文法の問題集などで調べようとしても、(2)の用法の解説ばかりです。    関係代名詞で、先行詞が人で目的格となる場合、whom/that となりますよね。けどこの'whom'は、口語になると'who'にしても良いとあります。だから、連鎖関係代名詞で(1)と同じ用法の場合の関係代名詞は who でも whom でもどちらでも良いということでしょうか?? (2)連鎖関係代名詞の省略について  二つ目の質問。(1)で使った(1)と(2)の例文(連鎖関係代名詞)の関係代名詞の省略はできますか?  (1)He is the boy I thought I had met before.  (2)He is the person I thought was a doctor.  最後に、私は大学入試に(1)の(1)のような問題が出題されても、されなくても、とても気になってしまいます。みなさんの答えが「who でもwhomでもどっちでも良い」 となるなら、私はそれで納得できます。  たぶんこのような「代用ができる」という問題の場合、4択で問うことになると思いますけど、この疑問を解消したいです。明確な答えを知りたいです。「whomは使えない」のか「whoでもwhomでもどちらでも良い」どっちですか?  <英文法>とは、時には省略できたり・書き換えできたり・・・など答えが一つではないということは重々承知です。けれどそれなら 「省略・書き換え・代用OK」というのをはっきり説明していただかないとすごくモヤモヤしてしまいます。とりあえず、これを機に英文法の解説が詳しく載っていそうな『ロイヤル英文法』を買ってみようかなと思っています。  質問というか確認したいがために、この相談箱に質問しています。支離滅裂でしかも超長文で申し訳ないです。  どうかよろしくお願いします。

  • 関係代名詞 whichとthat

    関係代名詞でwhich(またはwhom,who)を使う場合、thatが代用可能というのがあります。でもじっさい、これらはどのようなニュアンスの違いがあるのでしょう。 テキストなどには関係詞が目的語の場合、関係代名詞は省略可能で通例省略することが多い、というところまでは説明してありますが、whichとthatをどういう場合に使い分けるのか、またそのニュアンスまで解説してるものはなかなかみられません。 しかし英語を勉強しているとこの手の疑問が多くて困ります。 どちらの言い方でもつかえるが、どういった場合にどちらを使うのか… そのへんまでつっこんだ、比較的平易な解説書があれば良いのですが…

  • 関係代名詞も関係代名詞節に入りますか?

    よろしくお願いします。 関係代名詞節といった場合、関係代名詞そのものも関係代名詞に含まれますか? 例えば次の文において、 関係代名詞はwhoで先行詞がwho、 peopleにwho live in New Yorkがかかっています。 この場合、関係代名詞節はどこか、と言われた場合、 whoも関係代名詞節にはいりますか?それとも、live in new yorkだけでしょうか。 I know a lot of people who live in New York. 同様にthat節と言った場合、thatそのものもthat節に入りますか? どうぞよろしくお願いします。

  • 関係代名詞主格のthat

    関係代名詞の主格でthatを利用した場合についてですが、その後にbe動詞のisがくる場合、関係代名詞とisを短縮してthat'sとすることは可能でしょうか。 ネイティブの方は使いそうな気もしますが、文章としてあまり見かけたことがありません。全く問題がないのか、口語表現としてはアリ、なのか、それとも不自然に感じるのか、そのあたりをぜひ教えてください。

  • 関係代名詞

    関係代名詞で主格のthatとwhich、thatとwhoはお互いに交換して書くことはできるんですか?例えば: The dog which is running over there is Kumi's. =The dog that is running over there is Kumi's. ってなることはできますか? 後、主格、目的格のwho,that,whichはどうやって使い分ければいいでしょうか? 後テストでこんな一文発見しました: Thw boy that they saw last night is Tom. The place which they visited yesterday is a museum. なぜwasではなくisを使うのでしょうか?過去形の文だがこの場合isは使っていいと習った覚えがありませんが...これは許されるのでしょうか? 他の本ではこんな文: The book I read yesterday was very interesting. ここではwasが使えて、何故前の文は使えないのでしょうか?

  • 関係代名詞thatの用法

    Who wrote the poem ( ) we've just heard Tom reciting? の()に関係代名詞が入るのですが,この()にはwhichを入れていいのでしょうか?? 例えば, Who is the girl ( ) was watering the flowers? では"that"が正解で,"who"は厳禁ですよね。 この場合はwhoにwhoだからダメだと思うのですが。

  • 関係代名詞について教えて下さい。

    関係代名詞で、「Which」と「, which」は、 用法として異なります、 一方で、thatを使った関係代名詞の場合には、「that」しか使えないわけですが、 この場合には、「Which」とは同じ用法でしか使えないということなのでしょうか?