• 締切済み
  • すぐに回答を!

擁壁の耐久性について

現在、新築戸建の購入を検討しています。 検討中の物件はいわゆる造成地で、土地の東側は崖になっており5mの擁壁になっています。擁壁の安全性が心配になり不動産の方に問い合わせたところ、擁壁に関しては市の建築許可をとっており問題ないとのことでした。ただし、耐震性の基準等は特にチェックはされていないとのことです(国土交通省で造成地の耐震基準を導入するという話はあるようですが、私の市ではまだ導入していないそうです)。 擁壁の図面を取り寄せて見たところ、L字型およびT字型の擁壁で構成されており、特に問題なさそうには思えますが、地震や劣化の問題などまだ不安が残っています。 ちなみに、物件は、斜面を切り崩して盛土と切土で構成されているような感じですので地盤自体にも不安があります。 2点ほどお教え願いたいことがあります。 1.漠然とした質問で申し訳ないのですが、地震のリスクはどのぐらい考慮しておかなければいけないものなのでしょうか。 2.20~30年後に転売するとして、擁壁の劣化等により価値が下がるリスクはどのぐらいあるのでしょうか? よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1438
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#117998

現地を見てないのではっきりとは言えませんが、擁壁の強度より、盛土の状態の方が気になります。確率の話をすれば、擁壁自体が破壊または転倒する確率よりは、地盤が不等沈下を起こす確率の方がずっと大きいと思いますので。 新築戸建ということは、工事に先立って、地盤調査をしていると思いますので、そのデータも見せてもらうべきです。万一そのデータが残ってない場合は、その物件はかなりリスキーだと思います。仮に地震が起こって、擁壁自体は無傷で、家の被害も大したことが無くても、地盤の陥没や液状化が起これば、家の価値はゼロですし、他に移り住むにも、その土地を売ることも出来ないでしょうから。 A2の答えについては、20~30年後のその時に、擁壁に亀裂や傾きが無ければ、宅地としては充分使えると判断されるでしょうが、鉄筋コンクリートの耐用年数が一般的に50~60年と言われていますので、その分は差し引いて考える必要があると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。大変参考になりました。なるほど、地盤の方も不安に感じていましたが、そちらもリスクが高そうですね。 地盤調査の結果については以前聞いてみたのですが、まだ行っていないとのことでした。このままだと地盤調査をしないまま契約することになるかもしれません。もう一度確認してみたいと思います。 擁壁については、やはり普通の土地よりは価値が下がる可能性があるということですね。了解しました。

関連するQ&A

  • 擁壁は誰のもの?

    擁壁のある土地の購入を考えてます。 土地の前方は6m以上ある道路、裏は目方3.6mの擁壁(擁壁は適格擁壁です。書類を確認しました)。 擁壁が面しているのは、歩道付きの2車線の道路(歩道も大きいです。人と自転車が悠々とすれ違えるほど)。 気になっているのは、この擁壁が何らかの原因で壊れた時です。 造成した土地なので、擁壁の上に道路に沿って9件が一列にならんでいます(表現が変でごめんなさい)。 Q.1 自分の土地の範囲が壊れた時は、費用は自分持ちですよね?一応、市が許可した造成地域だということなので、一部を負担してくれたりしますか? Q.2 造成されて30~35年経過しています。経年劣化とかで修理するように市に言われることってあるんでしょうか?また、この場合、市から費用の一部を負担してもらえたりするのでしょうか。 Q.3 一般的に、擁壁の寿命ってどのくらいでしょうか? 素人なんで、詳しい人が見たら文脈保っている自信がないですが、宜しくお願いします。

  • 売地の擁壁について

    横浜市の売地で駅から至近のところが見つかったのですが、現行建物の裏手に7mの擁壁がそびえており、購入に迷っております。 市が造成したとのことなのですが、地震等に対し大丈夫でしょうか。 また、擁壁が仮に崩れた場合、下の土地の価値にも相当影響があるのでしょうか。 土木の専門ではないので、教えて頂けるとありがたいです。

  • 戸建ての耐震基準についておしえてください

    戸建ての耐震基準についておしえてください 中古戸建の購入を検討しております。 最初は築30年以内の物件を購入して、大きくリフォームして新築 のようにして住もうと考えておりましたが、ある不動産屋さんから、 「’81年の耐震基準改定後のものが良い」とアドバイスを受けたの で、築25年以内の物件を探しておりました。 ところが、また別の不動産屋さんから「阪神大震災後にも耐震基準 が変更になって、それ以降(2000年以降?)のものでないと、阪神 大震災クラスの地震には耐えられませんよ」と指摘を受けました。 あくまで、偽装なしできちんと当時の耐震基準に沿って建てられて いるという前提で、以下4点についてお教えください。 1. ’81年の基準ではどれぐらいの地震に耐えることができるのか? 2.阪神大震災以降の基準に沿って建てられているものは、阪神大 震災クラスの地震にも耐えることができるのか?またそれは、何年 以降の物件なのか? 3. ’81年の基準で建てられている物件を、阪神大震災クラスの地震 にも耐えることが出来るように「耐震リフォーム」するには、おおよそど れぐらいの費用がかかるのか?(目安で結構です。) 4.新築物件であれば、最新の基準に沿って建てられているので、阪 神大震災クラスの地震にも耐えると理解して良いのか? 以上どうぞお教えください。 よろしくお願いいたします。

  • 1997年6月完成のマンション耐震性

    1997年6月完成のマンションの耐震基準はどうなのでしょうか? 1995年に阪神淡路大震災が発生してから、マンションなどの耐震基準も厳しくなったというようなことを聞きました。 そうすると、1997年6月完成の物件はどうなのでしょうか。 もう新しい耐震基準を導入されたものでしょうか。 耐震性は良いといえるでしょうか?

  • 耐震基準改正以前と改正以後  強度は、どのくらい違いますか?

     こんにちは。お世話になります。  一戸建ての物件を探している者です。  1981年の耐震基準改正以前の建物と、改正以後の建物とでは、地震に対する強度は、どのくらい違うのでしょうか?  また、耐震強度の観点から耐震基準改正以前の物件を見る際、私のような素人でも物件の良し悪しを判断できるような点があれば教えて頂けたらと思います。  宜しくお願い致します。

  • 建物などの耐震基準が甘かった理由

    地震に関する歴史的な記録は枚挙にいとまが無く、千年以上昔に大地震が発生している記録が残っています。我が国ではM7を超える地震が度々発生していたのです。 素朴な疑問として、建物などの耐震基準が最近まで甘すぎであったと感じています。過去には大きな地震は無かったため基準が甘かった、というのは言い訳にもならないと思います。 質問は、耐震基準が最近まで甘すぎた理由を知りたいのです。

  • 41年前のビルの耐震性

    41年前に建築された10階建てのビルですが、当時の耐震基準はどうだったのでしょうか。 現在の耐震基準で建てられたビルと比べて、どう違うのでしょうか。 最近、仕事で毎日そのビルにいるのでとても心配になってきました。 地震が起きたら危ないでしょうか。

  • 擁壁のメンテナンス

    擁壁のある土地の購入を考えております。 場所は東京都市部、西側です。新しく山を削って造成した場所です。 購入予定の土地は最下の土地からL字型の擁壁(高さ4m、幅14m程度) で立てた上にあり、購入予定の私が所有者となるので後々の擁壁の メンテナンスが心配です。 実際のところ、擁壁のメンテナンスはどの様なことをどの位の頻度で するものなのでしょうか?。不動産屋からは擁壁はメンテの必要なし とは言っておりました。下の土地の方にお願いしてたまにその敷地の 裏側からクラック等入っていないかチェックするものでしょうか?。 また排水口等、高圧洗浄など必要ありますでしょうか?。 また、擁壁地は平地に比べ売却時の価格がかなり低く不利に なるのでしょうか?(擁壁の経年劣化等も含むので) 宜しくお願い致します。

  • 擁壁の傾きは直せる?

    山を削った造成地で、南側と西側斜面に高さ2m程度の擁壁(生コン現地流し込み)があります。擁壁長さはそれぞれ20m程度の2分割構成となっており、南側斜面の中間で別れています。造成後18年経過しておりますが、一方の擁壁が土圧に耐えられなくなったのでしょうか、外側に上端で3cmほど傾いています。いつ傾いたのかは判りません。分割部分から、折れた擁壁の根元を見ると、わずかに鉄筋が見えます。この様な状態ですが、擁壁の修理、補強工事は可能なものでしょうか?また、2年前にこの物件を中古で購入しましたが、その当時で家の南側犬走り部及び基礎部にひび割れがありました。擁壁の傾きは数ヶ月間チェックしていましたが今のところ進行は無いようですが、素人目でこのひび割れの原因は擁壁の傾きではないかと思っております(擁壁が傾いたため敷地南側の地盤が沈下した?)。実際に専門家に診断してもらいたいのですが、どの様なところに相談したら適正な診断をしてもらえるのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 住宅ローン控除について

    昨年、築年数の古いマンションを購入しました(約30年前) 耐震基準は当然満たしていないのですが、耐震補強工事を近々(2~3年内に)することとなりそうです。 (理事会次第ですが、概ね決定的でした) そこで質問なのですが、購入時には上記の様に耐震基準は満たしていませんが、今後は耐震基準を満たすようになります。 今のままでは住宅ローン控除は受けられないのはわかりますが、今後(耐震基準工事後)は購入済み物件でも受けられるようになるのでしょうか? もし受けられるのであれば、その際の手続きなどは新築購入などと同じで良いのでしょうか? よろしくお願いします。