• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

thatの有無での意味の違いについて

この二つの文章で、thatが省略された場合とそうでない場合、意味の違いがあるのか教えていただけますでしょうか。 ・John knows that he is great. ・John knows he is great. どうぞよろしくお願いします<m(__)m>

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数70
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

すでにお答えが出ていますね。 意味に違いはありません。 どちらかと言うと ・John knows that he is great. は 書き言葉。 ・John knows he is great. は話し言葉。(勿論くだけた文章なら書き言葉でもOKです) John knows that he is great.とthatを入れて話しても良いのですが 話す時に日本人は後ろの文を考えるがために John knows that・・・ |he is great. と切ってしまうことがあります。 そうすると know の目的語が that になってしまい ネイティヴは ??? になってしまいます。 故に 話す時にはthatは省略された方が無難です。 以上御参考までに。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

たいへん詳しく教えていただきましてありがとうございまし(*^_^*) なるほど、そういう具合にわけられるのですね。 本当に助かりました!

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

that節のthatは省略してもよいことになっています。つまり、意味は同じでしょう。私見ですが、やはりthatがある方が見やすいといえば見やすいと思います。すぐに気がつきますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お答えありがとうございました。 同じ意味と言う事でいいのですね。

  • 回答No.1
noname#49694
noname#49694

 ないです。省略されているというのは、意味が消えるということではなく、ただ自明であるということですから。  ですから、どってちも「ジョンは彼がすごいと知っている」ということ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうなのですね。 早速のお答えありがとうございました(*^_^*) とても参考になりました!!

関連するQ&A

  • He is said that he is a great composer.はなぜ、ダメですか?

    They say that he is a great composer.の書き換えをしなさいと言われました。It is said that he is a great composer.と、He is said to be a great cmposer.になるのは理解ができます。 なぜ、He is said that he is a great composer.はいけないのですか? 先生に聞いたら、言わないものは言わないと言われました。 よろしくお願いします。

  • 本来の意味は?

    KNOWLEDGE IS PROUD THAT HE LEARNED SO MUCH WISDOM IS HUNBLE THAT HE KNOWS NO MORE の文章を目にしました。 知識は勉学により得たものであり、賞賛に値するが、 知恵はそのひとのそれ以上のものではない。賞賛に値しない。ゆえに知恵は知識には値しない、 それともこれは 逆説か? ご教示頂きたく。

  • 同じ意味にするにはどうしたらいいですか?

    同じ意味にするにはどうしたらいいですか 和訳も教えてください He is content though he is verry poor. =He is content in spite of his (     )(     ). It is clear that the view of the country is great different from that of Japan. =Cleary there is a great (   ) in views (    ) the country and Japan. よろしくお願いします

  • that節とthat関係代名詞

    that節とthat関係代名詞 次の文の場合意味が同じになると思うのですが、ニュアンス的にどのように違うのでしょうか? I believe John that is honest. I believe that John is honest. 上は関係代名詞で下はthat節ですよね。 並べ替えの英作問題をやっていて悩んでしまいました。 英語の勉強初心者なのでどなたか教えていただけませんか? よろしくお願いいたします。

  • これはthatの省略?

    学校の課題で「仮定法現在」について調べているのですが、わからないところがあって困っています。文法の得意な方、教えてください!! I want to suggest you hire John.の「hire」が仮定法現在の語形(原型)であることはなぜ判りにくいか。というのが問題です。 私の考えでは I want to suggest (that) you hire John. の「that」が省略されているために「you」が目的語っぽくみえて、わかりにくいのかなぁと思っているのですが、そもそも仮定法のなかのthatって省略してもいいんでしょうか?? 分かりにくい文章ですみません。回答待っています!!

  • that that that ……

    He told me that that that that that boy said at that time is that that. 友人に出された問題なのですが、どう訳したらいいのでしょうか。関係代名詞を駆使してthatをできるだけたくさんならべた文章だそうですが。 そもそもこんな文章ありえるのでしょうか。 わけが分からなくなってしまいました。

  • 英文の意味について質問です。

    以下の二つの英文が同じ意味になるようなのですが、それがどうしてなのか分かりません。 He knows how to swim He can swim 「やり方を知っている」ことと「できる」ことは違うと思うのですが、どうして同じ文章になるのでしょうか。

  • not…because~ の意味について

    A man is not great because he knows many things.(人は、沢山のことを知っているからといって偉いわけではない) 上の英文の because を since や as に置き換えても同じ訳にならないのはなぜなんですか? 何で not…because~の時だけ「~だからといって…でない」という意味になるんですか?

  • thatについて

    辞書にあった例文で Look (to it)that everything is ready というのがありました。()は省略可の意味。万事用意できるように気をつけなさい、という訳でした。ここで Look that everything is readyとみると、thatは「~ということ」を表している目的語ということでいいのでしょうか。that=everything is readyでよいですか?また()内を省略せずにLook to it that everything is ready とするとit=that=everything is readyということになるのでしょうか?何か変な感じがするのですが。itのすぐ後にthatが来てる所が。どなたかわかられる方、アドバイスお願いします。

  • このthatがさっぱりわかりません。

    辞書にありました。 ~[通例否定語の後で制限の節を導いて] 〈…する〉限りでは,〈…する〉ところでは 《★【用法】 この用法の that はそれ自体は関係代名詞的で,後の他動詞や前置詞の目的語に当たる》. (1)He never read it, that I saw. 「私の見たところでは彼は一度もそれを読んだことがなかった.」 (2)No one knows anything about it, that I can find. 「私の知るところではだれもそのことを知らない」. (3)Not that I know (of). 「私の知る限りではそうではない.」 日本語からこのような(1)~(3)の英文を作ることができません。 (1)はHe never read it as long as I saw. でもいいのでは? (2)はNo one knows anything about it as far as I know.でもいいのでは? (3)It is not such a thing / It's not so as far as I knowでもいいのでは? と思ってしまい、さっぱり ここでthatが使われる意味がわかりません。 (3)などは、(4)Not that I object.「といって私に異議があるというわけではない.」 なんて似た構造の文もあって「私が異議を唱えている限りそうではない。」なんてできそうなのに、違う訳になっています。 何をどう考えたらよいかわかりません。教えてください。宜しくお願いします。