• ベストアンサー
  • 困ってます

that は義務的に省略されるのでは?

Our planet is called the Earth. It is the only planet where we know that plants, animals, and people live. という文がありました。2文目の we know that の that は省略しないといけないのではないでしょうか? He is the man who I thought was honest. のような文では、I thought that の that は省略されるはずです。これは、あとに was という動詞が来ているから省略なのでしょうか? 後にSVが続いていたら、省略しなくていいのでしょうか? また、最初の文のように関係代名詞ではなく、関係副詞のときは省略しなくてもいいのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数125
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6

なるほど、いわゆる連鎖関係詞節ですが、 おっしゃるような、 the man who (I thought) was honest のような、 主格タイプの場合、that があると、 I thought that HE was honest において、 he → who となった時点で、that 節内の主語がなくなるため、 that は必然的に消える運命にあります。 who I thought that was honest とすると、 that 節内で主語がなくなり、文法的に破たんする。 このパターンはまず、9割方主格ですが、目的格になると、 the man + I know (that) everyone likes him. 「私が、皆がその人のことを好きだと知っている」ような人。 the man who(m) I know THAT everyone likes ここで、that があっても破たんしません。 今回は、関係副詞での連鎖関係詞。 planet + We know (that) S live THERE. この there が関係副詞 where になって、 planet where we know that S live 主格タイプでなければ that は残っていい、とお考えになればいいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答、ありがとうございます。 >he → who となった時点で、that 節内の主語がなくなるため、 that は必然的に消える運命にあります。 「that 節内の主語がなくなるため」という理由、今まで気づきませんでした。ありがとうございました。

その他の回答 (6)

  • 回答No.7

便宜上、よく説明される、挿入的に the man who (I thought) was honest としましたが、 挿入というのは便法であり、連鎖関係詞節としてちゃんと説明する人は少ないです。 申し上げたように、主格タイプだけ that があると破たんするので、 特に挿入、として who という主格とつながっている、 という感覚で結果的に説明しやすくなりますが、 しっかりと、連鎖関係詞節として、主格タイプ、目的格タイプ、関係副詞タイプ と理解したうえで、主格タイプでは that は置けなくなる。 that 節内で、that があって、主語がなくなる、ということはあり得ないのです。 だから、主格タイプでは義務的に省略です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • KappNets
  • ベストアンサー率27% (1557/5688)

論点はよく分かりました。 私は英英辞典を常用していますが、Merrium-Webster (American Heritageも) では where (the town where she lives) を接続詞としているのです。関係副詞という項目すらないのです。 ところが Oxford English Dictionary 他の多くの辞書では上のような where は接続詞と書かれています。 私は Merrium-Webster をよく使ってこともあってわざと conjunction と言ってみたのですが、文法は意見が分かれる可能性があるものだということを言いたかったのです (ここでは where の難しい議論は避けます。that ではこのような問題が起きません。)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • KappNets
  • ベストアンサー率27% (1557/5688)

No. 1 です。 It is the only planet where we know that plants, animals, and people live. この where は接続詞です。疑問があれば理由をおっしゃって下さい。 It is the only planet where we think (that) plants, animals, and people live. これは文法的に問題ありません。that は入れても入れなくても構いません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>It is the only planet where we know that plants, animals, and people live. >この where は接続詞です。疑問があれば理由をおっしゃって下さい。 先行詞が場所を表す the planetで、where 以下最後までが the planet を限定しているわけですから、こういうのは関係副詞だと言うのではないでしょうか? 接続詞の where は、副詞節か名詞節を作るものです。

  • 回答No.3
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (15184/32598)

    #2です。補足です。 >>    最初の文のは、that は接続詞です。についてですが、that のことではなく where のことです。これは関係副詞ですよね。    おっしゃる通りです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (15184/32598)

1. Our planet is called the Earth. It is the only planet where we know that plants, animals, and people live.という文がありました。2文目の we know that の that は省略しないといけないのではないでしょうか?     いいえ。 2。  He is the man who I thought was honest.のような文では、I thought that の that は省略されるはずです。これは、あとに was という動詞が来ているから省略なのでしょうか?     いいえ。 3。後にSVが続いていたら、省略しなくていいのでしょうか?     いいえ。 4。また、最初の文のように関係代名詞ではなく、関係副詞のときは省略しなくてもいいのでしょうか?          最初の文のは、that は接続詞です。 5。  >who は主語(代)名詞ですが where は単なる接続詞で主語ではありません。 この where は関係副詞だと思うのですが、いかがでしょう?     おっしゃる通りです。しかし that は関係副詞ではありません。 6。  あと、we know that を we think と入れ替えることはできますか?     意味を変えたければ、出来ます。しかし know と think は違う動詞です。 7。  また、入れ替えることができたら、we think that ともできますか?      think のあとの that の扱いになどについては下記などをご覧下さい。     http://tottocobkhinata.cocolog-nifty.com/bizieizakkicho/2006/01/that_07b0.html     

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答、ありがとうございます。 4。また、最初の文のように関係代名詞ではなく、関係副詞のときは省略しなくてもいいのでしょうか?          最初の文のは、that は接続詞です。 についてですが、that のことではなく where のことです。これは関係副詞ですよね。

  • 回答No.1
  • KappNets
  • ベストアンサー率27% (1557/5688)

何か誤解されていませんか。 It is the only planet where XXXXX の形で XXXXX の部分は主語述語を持つ完全な文章でなけれななりません。"We know that plants, animals, and people live." は完全な文章です。 "We know that plants, animals, and people live." という文章では that はあってもなくても良いが、口語ではよく省略される、などと習っている筈です。 He is the man who I thought was honest. の場合は who was honest という文章の中に (I thought) が挿入された形で、この場合は He is the man who (I thought) was honest. とかっこに入れてしまえば良いのです。 who は主語(代)名詞ですが where は単なる接続詞で主語ではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答、ありがとうございました。 >who は主語(代)名詞ですが where は単なる接続詞で主語ではありません。 この where は関係副詞だと思うのですが、いかがでしょう? あと、we know that を we think と入れ替えることはできますか?また、入れ替えることができたら、we think that ともできますか? 

関連するQ&A

  • 否定文中の接続詞thatの省略

    英和辞書をひくと、"I think that Ken is nice." や"I thought that he was right."などのように、肯定文ではthink that とthatを省略しない形が多く、否定文ではthatを省略しているような文が多いような気がします。 基本的な考え方として、肯定文でも否定文でもthatは省略可能ということは知っているのですが、「否定文の方がより省略されやすい」ということはあるのでしょうか。 あるとすれば、そこに接続詞thatが含んでいる意味についてのヒントがあるような気がするのですが。

  • that節とthat関係代名詞

    that節とthat関係代名詞 次の文の場合意味が同じになると思うのですが、ニュアンス的にどのように違うのでしょうか? I believe John that is honest. I believe that John is honest. 上は関係代名詞で下はthat節ですよね。 並べ替えの英作問題をやっていて悩んでしまいました。 英語の勉強初心者なのでどなたか教えていただけませんか? よろしくお願いいたします。

  • that以外で省略されるものは?

    it is ~ thatの文でthatが省略される事があると思うんですが that以外に英文で省略されるものはどういうものがありますか?

  • thatの省略

    this's the thing that we were just talking about この文のthatは省略できますか? それと、whichでもOKでしょうか?

  • thatの用法について質問です

    以下の文について質問です。 The only living organisms we know are attached to the surface of that otherwise very ordinary planet,the earth. 訳:我々が知っている唯一の生物は、生物がいるという点を除けばごくふつうの惑星である地球の表面にしかいない。 文の構造やotherwizeの訳し方は判るのですが、このthatが文でどのような働きをしていて、 どの単語にかかっているのかが分かりません。 一見このthatがなくても成り立ちそうにも思えます。 また、このthatと同様の用法が解説してあるサイトもしくはweb辞書などがありましたら、 教えていただけると助かります。 どうぞよろしくお願いします。

  • 動詞が連続?とthatの省略。

    英語の勉強をしている者です。 わからない所がありますのでお教え頂けますでしょうか。 とある英語サイトでの文なのですが all we can make is the same old kebabs and curry. とありました。 私たちにできることはいつもの串焼きとカレーだな。との訳ですが なぜmakeの後にisがあるのかが分かりません。 isは必要なものですか? 例えば go have a cup of coffee でgo と have の間に存在するはずのandは省略できるのは わかりますが、上記の文もこれと似たような使い方なのでしょうか。 あとはthatの省略という題で合っているか怪しいものですが、 まずとあるサイトからの引用で Did you call Mr,Takeda and tell him our next meeting was changed to Tuesday? 武田さんに電話して次のミーティングが火曜日に変わったことを伝えてくれた?との訳です。 him の後は目的格とでもいうのでしょうか。また主語+動詞での文となってますが himの後はthatが入るべきですよね? 口語ということで省略されているのでしょうか。それとも関係代名詞の省略ですか? tellやsayやrealize などの後の目的語になる名詞節の接続詞 that は省略できる という 構造的な意味合いなのでしょうか。 とすると our next meeting was changed to Tuesday は名詞節なのでしょうか? 詳しく教えて頂けると幸いです。よろしくお願いします。

  • "that"が省略できる場合とできない場合

    (1) It was clear that something had to be done. (2) It's a pity that Tanaka could not join our meeting. (3) Is it true (that) you are going abroad? (4) It is natural (that) she should get angry. ロイヤル英文法から引用しました。(3)と(4)では "that" が省略でき、(1)と(2)では省略可能という意味でしょうか?本当ですか?

  • 接続詞thatを省略しない文?

    ややマニアックな質問ですが,複数の辞書の例文でも判断がつかず,お願いします。 口語では接続詞thatはよく省略されるという規則は知られていることですが,逆に,thatを省略しない方がよい英文パターンなどはございますか? 例えば,Did you know that that car was ...?など,thatが2つ並ぶと語呂が悪いので接続詞thatは省かれる などは,説得力があります。 その逆の接続詞thatがあったほうがしっくりくる文など,規則性でなくても,コロケーションや語呂的なもので全く構いませんので,例文があれば是非お願いします。(口語の場合でお願いします)

  • give that....

    以下の英文でいくつか質問があります。 1.この文の構成は基本的に私たちはall the folksにthat以下のことをgiveするという理解でいいのでしょうか。 2.a heads-up to a day or two earlierのtoの役割は何でしょうか、省略は可能でしょうか。 3.we thoughtは挿入されているという解釈でいいのでしょうか。 よろしくお願いいたします。 So we can give all the folks that we gave a heads-up to a day or two earlier, we can say okay, it’s worse than we expected, it’s as expected, or maybe it’s a bit of a dud and is not going to be the impact we thought it might have here on Earth.

  • 関係詞について

    The lady whom we thought to be honest deceived us. =The lady ( ) we thought ( ) honest deceived us. という問題なんですが、答えは左のから順に(who)と(was) だそうなのですが、 自分は(that)と(her)と考えました。 なんで(who)と(was)になるのですか? 教えていただければうれしいです。