• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

ブレーカの選定方法

変圧器 3相100KVA(5台、同一仕様)と 3相 20KVA(1台)をTR上位の1つのブレーカーで 同時にONします。 この場合のブレーカー容量は、励磁突入電流に絡みもある と思いますが、どの様に選定すべきなのでしょう? ちなみに 100kVA1台分の励磁突入電流3690A 20kVA1台分の励磁突入電流860A

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • U-Seven
  • ベストアンサー率56% (557/986)

低圧用でも励磁突入電流を考慮しなければ、瞬時引外し要素によってトリップしてしまいます。 一般的に大きめの定格を付けているので逃げられてるだけです。 変圧器一次側の電圧が分かりません。 変圧器定格電流= 変圧器容量÷(√3× 一次定格電圧) 励磁突入電流倍率 = 変圧器定格電流 ×√2 ×(励磁突入電流÷定格電流波高値) 瞬時引外し最小倍率が励磁突入電流倍率より大きくなるように選ぶ必要があります。 次の2条件が成り立つ定格を選んで下さい。 1.ノーヒューズ遮断器定格電流 > 変圧器定格電流×1.25 2.(ノーヒューズ遮断器定格電流×瞬時引外し最小倍率 ×√2 ) > 励磁突入電流倍率 (注) 励磁突入電流の場合は波高値で考えます、交流電流値は通常は実行値で表しますが、瞬時引外し要素は文字通り瞬時なので 正弦波のてっぺん(波高値)が引っかかると動作します、それで波高値での計算になります。 変圧器の仕様として提示してある励磁突入電流値は波高値で記載されていますので、そのまま使って下さい。 6台トータル520KVA :励磁突入電流合計 19310A ちょっと大きすぎると思います、NFBは変圧器1台ごとに分けて下さい。 保護が出来ない可能性があります。 通産や電力会社で設備使用の許可は出ないと思います。 6台分の負荷電流と励突電流を避ける瞬時要素値にすると、1台だけの過電流等の時に全体に対する過電流値が小さすぎてNFBが動作しないかもしれません。 6台一括でNFBの定格を選定していると、20KVAトランスの二次直近で短絡事故が発生しても、NFBはトリップしません。 そのまま事故の拡大につながります、損害賠償額はかなりの金額になります。焼損変圧器の撤去と処分、新規変圧器の購入と据付などです。 NFBはON/OFFの為に設置する物ではなくて保護のために設置します、ここを忘れないようにして下さい。 ノーヒューズ遮断器には、変圧器一次用として瞬時要素の特性を作ってある物がありますので、それを選ばれてはどうでしょうか。 (参考)東芝製の場合 http://www.toshiba-tips.co.jp/common/html/tsel/shadan/shadannj11.PDF 電圧を420Vと仮定すれば、100KVA1台の場合は 「NJ225FB-T」型ぐらいが妥当と思います。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • T2FD
  • ベストアンサー率8% (12/134)

低圧用のNFBなら励磁突入電流なんか考慮に入れないでしょ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • サーボモーター ブレーカー選定 

    電気初心者です。 サーボモーター(0.1kw)ブレーカー選定について教えてください。 仕様 ドライバ:出回路電源入力定格電流→0.9A 制御回路電源入力定格電流→0.2A サーボモータ:電源設備容量→0.3kVA ドライバ一次側にブレーカーいれたいのですが、 0.9A+0.2A=1.1A この値を基準にブレーカー選定すれば良いのでしょうか? それともサーボモータ仕様に記載してある電源設備容量0.3KVAはブレーカー選定に関係してくるのでしょうか? ?ブレーカー選定の計算方法 ?モーターの電源設備容量の考え方 よろしくお願いいたします。

  • ブレーカの選定について。

    写真の様な電磁弁のON,OFF回路について質問なのですが。 使用する電磁弁はコイルが、A,Bと2つあり、電源AC100V、周波数60HZ、始動電流2.1A、保持電流 0.4A、消費電力19Wと言う仕様です。 回路の機能としましては、それぞれA,Bの自己保持と、A,B両方励磁を防止する為に、インターロックと言った機能です。 写真はメインの100Vの電源から制御用と、電磁弁用に分けたのですが電圧は両方AC100Vです。 そこで質問なのですが、制御用、電磁弁用のブレーカの容量の選定方法を知りたいのですが。 一応自分なりに調べたのですが。使用するリレーはオムロンのLY4Nです。 まず制御用はカタログでLY4NのAC100Vの定格を見ると、19/21.8mAとありました。 まず/の左右になぜ2つの数字があるのでしょうか? またこの数値はコイルだけでダイオードの電流が書いていないのですが。 単純に制御回路に19mAのコイルが2つあるから、19×2で38mA以上のブレーカって考えではないと思うのですが・・・。また、仮に制御回路のすべての合計の電流値が求まった場合どのくらいの余裕を見てブレーカを選定するのでしょうか? そして電磁弁用ですが、これも電磁弁の起動電流が2.1Aで、回路はそれぞれインターロックをとっており、両方励磁はないので2.1A以上の物を選ぶとして、どのくらいの余裕を見たブレーカを選べば良いのでしょうか? そして、さらにその制御用と電磁弁用のブレーカの元のブレーカは2つの合計容量のどのくらいの余裕を見るものなのでしょうか? 電気に詳しい方、ご教授ください。

  • メインブレーカーの容量選定

    いつもお世話になっております。 メインブレーカーの容量選定で、迷ってます。 5.5KWのモータ1個、 7.5KWのモータ1個 ヒーター最大電流値24.2A トランス1.5KVA の構成の制御盤があります。 合計電流値は78.3Aとなるので、 メインブレーカーは100Aとなるのでしょうか? モーター2個は同時にONするので、投入電流を考えると、 (18.67A+25.47A)×3倍=132.42Aなので、150A または中間で125Aとするのでしょうか? 基本的なメインブレーカーの容量の計算方法を教えて下さい。 また、設計思想的なものをご教授いただけるとうれしいです。 よろしくお願いいたします。

  • ヒーターのブレーカーの選定

    ヒーターのブレーカーの選定についての一般的な質問です。 モーターでは起動電流を考慮してブレーカーやコンタクターを選定すると思いますが、ヒーターではどのような考えで選定すればいいのでしょうか(例えば1kW 200VAC 単相)?ヒーターでも大きな起動電流が流れるのでしょうか? 又、ヒーターの電流は加熱対象の温度で変わるものでしょうか?たとえば水を温めるヒーターの場合水温が10°Cの時にヒーターをONにした場合と60°Cのバ場合にONにした場合のON時の電流(突入?)とその後の電流(安定?)についてです。

  • 変圧器の励磁突入電流について

    三相変圧器のデルタースター仕様でMCCB仕様選定のため、電源投入時の励磁突入電流ピーク値(設計値)を提示という案件がありました。 3Φ30KVA 420V/210V 41.24A/82.48A  一次線間電流1407A 一次相間電流1407/√3=812Aが設計ピーク値を算出しました。 MCCB選定の時、(設計値)を1407A OR 812A どちらで報告すれば良いのでしょうか ? よろしくお願いいたします。

  • 高低圧変圧器の励磁突入電流の合成について

    同じ母線に高低圧変圧器が複数台ぶら下がっている時の励磁突入電流の計算方法 について,困っていることがあります。 例えばRST相に3P3Wの200kVA,RS相に1P3Wの200kVA,ST相に1P3Wの100kVAという ような場合,従来は各変圧器の励磁突入電流を単純に足し合わせて,その値を 避けるように保護協調を取っていました。 しかしこの方法だと,どうしても突入電流の合成値が過大になってしまうため, 上位との協調が大変困難になってしまいます。 本によっては,最大の変圧器1本の単バンクとみなして計算すればよい,との 考えもあるのですが,これも不安といえば不安ですし… 何かいい計算方法などがあればご教示頂きたく存じます。 宜しくお願い致します。

  • 電気工事について(ブレーカーの選定)

    サンデー電気工事士です。(第二種&認定) 次の場合、ブレーカーの選定は正しいでしょうか? ・3P200V換気扇 640W×2台を取付 ・ケースブレーカー(サーキットブレーカー)10A を取付 で、取付後に気が付いたのですが、換気扇の起動電流が1台9.7Aでした。 通常、ブレーカーを選定する場合には、起動電流を含めて余裕をもって選定するのでしょうか? 最大負荷電流は1台2.3Aだったので、OKだと思ったのですが。

  • 変圧器とブレーカートリップについて

    キュービクル内で単相100KVA変圧器の二次側電流値が476Aに対して、 下位のブレーカーが何台も設置されていて、現状のブレーカートリップ値の合計が 明らかに476A以上となっています。 どのように解釈すればいいのでしょうか? 詳しい方教えてください。

  • 変圧器1次電流

    6KV単相500KVAの変圧器が3台R-S,S-T,T-Rに 接続されています。 1次定格電流は500/6.6×3台=227Aでいいのでしょうか? 1次側の励磁突入電流を求めようとしています。 他の変圧器を含め、1次側の定格電流の合計を求め、 その約10倍として・・・ また、他に500KVAがR-S,S-Tに2台接続されています。 1次定格電流は2台で151Aでいいのでしょうか?

  • 励磁突入電流について

    私の会社の配電線路設備において、高圧ケーブルが5kmほど敷設されており、その間に10~30[kVA]の変圧器(6.6k/210-105)が合計20台ほど設置されております。 遮断器(過電流継電器)の整定値を検討するにあたり、瞬時要素は励磁突入電流では動作しない値と参考書で読みました。しかし、上記の場合、最悪なケースを想定すると、20台の変圧器の0.01[s]での励磁突入電流を足し合わせると800[A]を超えてしまいます。 このようなときは、整定値をどのように設定すれば良いのでしょうか? (同時に全変圧器で励磁突入電流が発生することは考え難い。という根拠は、根拠にならない気がして上司への説明に困っております)