解決済み

メインブレーカーの容量選定

  • 困ってます
  • 質問No.9470819
  • 閲覧数15357
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

いつもお世話になっております。
メインブレーカーの容量選定で、迷ってます。
5.5KWのモータ1個、
7.5KWのモータ1個
ヒーター最大電流値24.2A
トランス1.5KVA
の構成の制御盤があります。

合計電流値は78.3Aとなるので、
メインブレーカーは100Aとなるのでしょうか?
モーター2個は同時にONするので、投入電流を考えると、
(18.67A+25.47A)×3倍=132.42Aなので、150A
または中間で125Aとするのでしょうか?
基本的なメインブレーカーの容量の計算方法を教えて下さい。
また、設計思想的なものをご教授いただけるとうれしいです。
よろしくお願いいたします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

参考URLの「93.電動機の主幹ブレーカー容量」によれば、
お問い合わせの場合は、合計容量23.2kW(以下)で、電動機の最大容量が
7.5kWということで、125Aの主幹ブレーカを選定すればよさそうです。

表の富士電気のブレーカの場合、2台の電動機が同時始動することを考慮
して、電動機の最大容量ではなく、合計容量に読み替えると、150Aの主幹
ブレーカを選定した方がよい場合もありそうです。

125Aと150Aの選択のような微妙な判断は、プラント特性を考慮した電動機の
始動電流とその経過時間特性と、ブレーカの限時特性の関係で判断すること
が必要と思います。

お使いの電動機及びその負荷が確定しているのでしたら、ブレーカのメーカ
ーに問い合わせることが確実なように思います。
お礼コメント
noname#230358

ohkawa様

ご回答ありがとうございます。
とてもよくわかりました。

シーケンスで2台同時にONしないようにして、容量を下げようかと
思いましたが、設計思想が怪しまれそうなのでやめました。

ありがとうございました。
投稿日時 - 2012-09-28 23:08:00
感謝経済

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2

>また、設計思想的なものをご教授いただけるとうれしいです。
回答(1)さんので概ね正解

基本思想的にはメーカーカタログの選定ページに従う
厳密な計算してもそれほど意味は無い

メインブレーカを選定する基本思想は
モータが焼損して負荷短絡した時に主幹ケーブルを焼損させない電流値にするのであって
モータが過負荷になった時にモータを焼損させない為ではない
(過負荷でモータを焼損させない為に分岐ブレーカとサーマルリレーを設置する)

因みに 
100Aにするなら電線サイズは38sqでOKなのだが
150Aにするなら電線サイズは60sqにしなければならない
と、言うのが回答(1)さん提示の表の見方

そして更に、電圧降下の問題 <本当はコッチがの方が大事なのだが
分電盤からせいぜい20~30mの範囲に設置するのが先の表
もし、100m引っ張るなら話は別で電線を太くする必要が有ります
場合に拠ってはブレーカ100Aでもケーブル100sqとなる
この辺りの事も内線規程に書いて有ります
お礼コメント
noname#230358

lumiheart様

ご回答ありがとうございます。
電圧降下を計算に入れて電線の選定をしたいと思います。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2012-09-28 23:13:00
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ