• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

今年住民税ゼロだと得なのでしょうか?

素朴な疑問です。 給与所得者ですが、 昨年度の確定申告で譲渡損失を申告したため、 税務上、私の昨年度の通算所得はゼロとなりました。 したがって、昨年度納めた所得税は既に4月に還付されています。 住民税は昨年度の所得にかかるので、この6月からゼロです。 さて、みなさんご存知の通り、今年から所得税と住民税の 比率が変わっています。私の場合、所得税は昨年度の分 (=比率変更前)が還付され、増えるはずの住民税が今年は ゼロだということになります。つまり、比率変更がなかった 場合と比べれば、今年はたまたま所得税が下がった分だけ 得をしているといえるのでしょうか…?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数279
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

得をしているということは結局のところないですね。 ただ他の人と違って損はしないということです。 というのも、ご質問者が退職した場合を考えてみてください。 住民税は退職しても翌年に課税されます。つまりその意味でご質問者は損得ゼロです。 ただ他の人だと退職しても翌年課税されるので、結果的に一年分住民税の増税分が負担増になります。つまり損をするわけです。 なお、今年退職などして所得が著しく減る人については救済措置が設けられましたので、損得はなくなります。 ただ来年以降に退職する人には適用がないので結局将来退職時にその付けが回ってくる仕組みです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 直感的には理解しにくいのですが、私なりに整理すると… 退職時まで考えると、税源移譲の対象所得に一年の差が あるために、通常は住民税の負担増分を1年余計に払わなければいけない。 しかし、私の場合は払わなくてもよい、ということですよね。 ということは、プラスにはなっていないとしても 比較の問題でいうと、他の人と比べれば、 得をしていると考えていいんですよね?

関連するQ&A

  • 住宅ローン減税 住民税からも控除

    22年に住宅を取得し、今年の3月に確定申告をしてきました。 今日、所得税の還付金の通知が来たのですが、還付しきれない分は住民税からの控除になりますよね?? それは、確定申告をしていれば自動的に控除してくれるのでしょうか?? それとも、新たに自分で手続きをするのでしょうか?? あと、住民税の控除とは通知が届きますか?? 支払った分、戻ってくるのではなく、納める金額が減るのでしょうか?? 無知な私に教えてください。 宜しくお願いします。

  • 住民税における住宅借入金控除について

    質問させて頂きます。 私は22年12月24日に住宅ローンを借り入れて、住宅を購入しました。 この場合、23年の2月から3月の確定申告時期に確定申告をし(私は給与所得者です)、22年度の所得税で住宅借入金控除を受け、また控除しきれない場合は23年度の住民税から控除してもらえるのだと思うのですが。 多忙のため23年の確定申告が出来ず、結局24年の2月に確定申告をしました。 所得税に関しては22年度と23年度の分を還付してもらえるようです。 それでも引ききれていないので、24年度に関しては住民税からも控除してもらえると思います。 そこで質問したいのは、23年度の納付済みの住民税に関してなのですが、還付してもらえるものなのでしょうか? それとも、もう戻ってこないものなのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 所得税の確定申告をしましたが住民税の確定申告も必要ですか?

    H20年度分の所得税の確定申告をしました。申告の内容は「居住用財産の買換え等の場合の譲渡損失の損益通算及び繰越控除(租税特別措置法41条の5)」、および「(特定増改築等)住宅借入金等特別控除(初回)」です。これらにより所得税の還付を受けました。この場合、住民税も確定申告のような手続きが必要なのでしょうか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

>他の人と比べれば、得をしていると考えていいんですよね? はい、そういうことです。 #ちなみに私は損に分類されるグループの予定です。。。。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

了解です。 ありがとうございました。

  • 回答No.2
  • coco1701
  • ベストアンサー率51% (5323/10242)

今年度は、すごくお得といえると思いますよ 今年の所得によって、来年に住民税がかかる様になると、すごく増えたように感じると思いますが・・1年遅れで実感?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 住民税と所得税の医療費控除について

    教えてください。 去年、医療費が10万円を超え、138,000円になりました。 確定申告をして、所得税の還付を受けようと思い、ネットで色々調べていたのですが 医療費控除は、住民税でも控除が受けられると見ました。 全然分からないので教えていただきたいのですが、 これは、確定申告をして、所得税の還付を受け、更に住民税の控除を受けられる ということなのでしょうか? それとも、(所得税か住民税かの)どちらかの控除しか受けられないのでしょうか? だとすると、どちらがお得なのでしょうか? ちなみに、私の所得は所得控除後が165万で、源泉税が4万5千円です。 (これは去年の所得からなので関係ないかもしれまんせんが)現在、住民税は 毎月6,300円ほど払っています。 ざっとした計算でいいので、良かったら教えてください。 宜しくお願いします。

  • 所得税還付がある場合の住民税普通徴収について

    主として給与所得があり、不動産収入があるため所得税の確定申告をしました。減価償却もあって、不動産収入分の所得がマイナスとなり、給与所得と通算して所得税の還付を受けました。 住民税ですが、確定申告の際に「普通徴収」にチェックをつけて申告しています。この場合、住民税の調整はどのようになるのでしょうか? 「普通徴収」にチェックしていても、給与所得+不動産所得で計算されて会社に通知され、会社からくる住民税決定通知が減額されているような形になるのでしょうか?

  • 還付申告後の住民税の還付について

    こんにちは。 平成15年度と平成16年度の所得税の還付をいまごろしようと思っています。 その当時派遣で働いており、所得税の調整等をまったくしていませんでしたので、年収は200万ほどだったのですが、けっこう住民税をとられた記憶があります。 そこで、今年還付申告をした場合、住民税はどのように返していただくことが可能なのでしょうか。もしくは、住民税ってはらいすぎた分は返していただくことは可能なのでしょうか? 宜しくお願い致します。

  • 給与所得と事業所得に対する住民税と所得税

    今年中の給与所得が100万円以下で非課税、事業所得が課税対象額になる場合についての住民税について教えてください。 例えば給与所得が100万円、事業所得が200万円として、 かかる税金は (1)給与所得分は還付、事業所得分は200万円に対して となるのか、 (2)給与所得+事業所得の分=300万円分に対して となるのかどっちかわかりません・・。 住民税と所得税で(1)か(2)異なりますか? 年末調整は会社でしてもらい所得税は還付、 事業所得分については別途確定申告で調整でいいのかと思っていますがどうなんでしょうか? それぞれわけて考えるのか、 最後に一緒にしてしまうのか、わかりません・・・。 どなたか教えてください!!

  • 寄付金控除で住民税の還付方法について教えて下さい

    ●初めて確定申告するもので、勝手がわからず質問です。 ●内容 ・収入は給与所得のみで、一社からしか収入はない ・学校法人関西学院に寄付金をした ・所得税の還付は自力で確定申告できそう ・住民税の還付の仕方が解らない  (上記の所得税の確定申告書の中に記載する所があるのかな?) →そもそも、ふるさと納税では無いので?還付の対象であるかも解らないのですが、  何方かお知恵を貸して下さい。宜しくお願いします。

  • 配当所得の住民税に関して

    配当所得にかかる住民税に関してお聞きします。 平成16年度から所得税7%と住民税3%の計10%が源泉徴収されていますが、 以下の場合は確定申告しないほうが良いのでしょうか? 私の課税所得から税率は市民税8%、県民税2%です。 平成16年度の配当所得は27,755円、所得税1,942円、住民税832円です。 ということは、配当控除が2.8%あり、実質税率が7.2%(10%‐2.8%)であり、源泉済の3%との差4.2%増えるということでしょうか?(27,755円×4.2%=1,165円) 今まで、所得税が還付されるので確定申告をしていましたが、住民税の税額が増えていたのでしょうか?

  • 土地の譲渡損失の確定申告で給与所得のほかに株売却益

    土地の譲渡損失の確定申告で給与所得のほかに株売却益(特定口座)の所得税があるのですが、還付されるのでしょうか?株の利益で損失を穴埋めしました。株のほうの所得税はかなりの金額なのですが。給与所得と一緒に申告したほうがいいのか、ほかにも住民税なども心配です。

  • 所得税と住民税の還付について教えてください。

    昨年(平成21年)の10月から、扶養が2人増えて、 所得税の「給与所得者の扶養控除等申告書」に扶養を2人追加しました。 そうしたところ、昨年(平成21年)の所得税の年末調整の時に、6万円の還付を受けることができました。(その結果所得税は0円になりました)  あと、住民税は前年分の所得税を元に計算されているとのことで、 これは、(平成21年)の所得税を元に計算するため、還付(たぶん12万円くらい)を受けられないのでは?と予想しましたが、この考えで間違いありませんか?  確定申告をすれば還付されるということはありませんか?  といっても、今現在(平成22年2月)、給与明細書に住民税の源泉徴収を取られているのはなぜ・・?と思ったりしたのですが・・謎

  • 副業の住民税を別にするにはどうすればよいのでしょうか?

    副業を本業にばれないようにするためには、確定申告で住民税を普通徴収にすることまでは分かったのですが、実際確定申告を行おうとしたところ、副業分も給与所得になっていることに気づきました。 確定申告の際に最後に選ぶ住民税の納付方法は、給与所得以外ですよね? 税務署の方に聞いたら、給与所得で住民税を分けて納付はできないのではないかといわれました。 前年確定申告をしていませんでしたが、住民税の通知書の給与以外の支払い項目にチェックがなkったのはそのせいでしょうか? 皆さんの副業の所得はどんな区分になっているのでしょうか。今のままだと本業の給与と合算して特別徴収するしかないのでしょうか。

  • 住民税と確定申告

    今年初めて確定申告をして、先日区役所から住民税の納税通知書(振込用紙)が来ました。確定申告後、所得税の還付金がまだ振り込まれておらず、税務署からも何の音沙汰もないのですが、収入は私が申告した通りに確定したと考えて住民税を支払っていいのでしょうか? 初めてのことなのでよくわからず困っています。ご存知の方がいらっしゃったら是非ご回答をお願いいたします。