• 締切済み
  • 暇なときにでも

国鉄分割民営化はどのようにしていたらより成功していたのでしょう?

もう20年も前ですが国鉄が分割民営化されました。その当時37兆3000億とも言われた借金が国鉄にはありましたー試算の仕方で額なんていくらでも変わりますが… 政治改革の一環として国鉄の民営化が実施されました。国鉄の債務を清算事業団が引き継ぎ、民間のJRとしてゼロからスタートしました。民営化に関しては評価は個人にによって様々と思います。 私は結果的に、成功を収めたと言っても良いのではと考えています。理由は以下二点です。 1)私は当時まだ選挙権すら無い子供でした。通学で国鉄を利用していました。国鉄職員の利用者に対する態度は客に対するそれではなかったと記憶しています。「利用させてやってるんだ。ありがたく思え!」といった態度でした。私が成人していない子供でしかないとばかりとは言えないようでした。JRになってから我々利用者を客と考えてくれているように感じます。 2)今ではとても信じられませんが… 国鉄時代ダイヤが完全ストップしたことがあったと思います。確か最大3日国鉄が止まっていた記憶がありますーすいません曖昧な記憶で。人体で言えば鉄道は血流です。その血流を長時間ストップさせるなんてすごいことをするな~ と子供心に思った記憶があります。JRになってから、この国鉄のようにダイヤが大がかりにストップした記憶を持ちません。 以上を主な理由として、国鉄→JR は正しい選択だったと評価しています。少なくとも我々利用者にとっては成功だったと評価しています。一方で清算事業団が負った債務は結局処理できなくて、国(国民)の負担で終わったなどのマイナス面も散見されます。 どのように対応していれば、より良い結果が得られたのでしょうか? 今度の年金問題をきっかけに省庁を含めて多くの公共団体を民間に移項しなければいけないかも… と考えている者です。過去を教訓として生かしたいと考えています。以上宜しくお願いします。

noname#46689

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数475
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.2

1 国鉄改革は全体評価としてはうまくいったと言っていいでしょう。 基本的に、官公労は自分たちの就業環境をよくすることが第一であり、使用者のことは考えていません。  利益を出さなくてもつぶれることがないと考えていたので、自分たちの事のみを追求できたといえるでしょう。  しかしながら、民営化されたらお客のことを第一義に考えないと自分達も食えなくなる可能性があるという発想が出てくるので結果的に一生懸命やるようになったのでしょう。 2 精算事業団の債務の部分は、国鉄のままでも結果的には国民が持たなければいけないので、変わりなしということかな。 3 上級職でもない限り、一般の公務員は仕事を如何にやったかではなく、上級・中級・初級のどの出身かでどの辺まで昇進できるか決まっています。後は教育の成績でしょうか。従って普段の仕事はやってもやらなくてもあまり変わらないようです。中には仕事ぶりが評価される人も一部いるようですが。  その弊害をなくすために最近能力評価主義というものが言われるようになってきたわけです。  別の見方をすれば、これまでは結果的に平等であったということです。今後は頑張る人とそうでない人が区別(差別という人達もいる。)されるようになりますので少しは良くなるかな。 4 民間も最近はモラルが落ちてきているので民営化=良くなるとはいえないでしょう。 5 日本人全体のモラルの向上が緊要です。戦後経済一辺倒になり、軍事は悪、経済は善という考え方が普及したが、結果的には政治家から一市民まで如何に金を儲けるかばかり考えていると思います。  人間いつかは死ぬものであり、死んだら金は死後に持っていけないということに気付いていないと思います。金よりももっと大事なものがあることを多くの国民が考えていない。 6 上記のことを正すには、また大きな変革が必要なんですかね?人間ってほんとに馬鹿ですよね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧な回答有り難うございました。 >基本的に、官公労は自分たちの就業環境をよくすることが第一であり、使用者のことは考えていません 本末転倒ですね。まずはお金を出している利用者(国民)のことを考えてくれなければ… >民営化されたら…結果的に一生懸命やるようになったのでしょう 途中の経過より結果として受けるサービスが利用者には重要と思います。ですから回答者様がおっしゃる「結果として」は大変重要な事と思います。話は変わりますが、日本って「過程」(プロセス)が重要視されるあまり「結果」があまりに軽視されすぎているように感じますー余談ですー。 >精算事業団の債務の部分は、国鉄のままでも結果的には国民が持たなければいけないので、変わりなしということかな そうですか。やはりうまい方策は無かったのですか。 >民間も最近はモラルが落ちてきているので… 国民全体に関わることですね。「教育問題」とかの、別の大きなカテゴリーに属してくる問題の様ですね。 >政治家から一市民まで如何に金を儲けるかばかり考えていると思います ですね。 >人間いつかは死ぬものであり、死んだら金は死後に持っていけない…金よりももっと大事なものがある… 私も最近回答者様と同じように考えるに至っています。金って死んで持っていける物では無いのですよね。 >人間ってほんとに馬鹿ですよね 同感です。 回答有り難うございました。

関連するQ&A

  • 郵政民営化と、国鉄民営化、どちらが印象深い?

    【1】 今回の郵政民営化と、20年前の国鉄民営化、どちらが印象深いですか? 毎日JRに乗っていますが、国鉄時代は一度も乗ったことがありません。 国鉄民営化時は5歳で、当時どのような感じだったのか、わかりません。 当時のことを、覚えている方、教えてください。 【2】 郵政民営化は歓迎しますか?

  • 民営化する前の「国鉄」に乗ったことある方

    今月で国鉄がJRになって20年を迎えました。 民営化は、私が5歳の時の話です。 でも私は、その時代に生まれていながら、 国鉄にも青函連絡船にも乗ったことがありません(泣) 鉄道公安職員も見てみたかった。残念です。 現在、首都圏に住みついていますが、 もともとこの辺の生まれ育ちの方で国鉄に乗っていた方、 国鉄→JR東日本 になって、 利用する側の観点から見て、やはり良くなったと感じますか? どのような点が変わったか、 印象に残っていることや感想を教えていただけますでしょうか? 何でも構いません。 (もちろん、JR東日本以外の地域の方でも結構です) ちょうど、さっき東北新幹線に乗ったばかりですが、 車両も綺麗だし駅員さんのサービスもよくて快適でした。 たまたま旅行中に、JR会長がちょうど5年前に書いた、 JR民営化に関する本を読みました。 それで、質問してみたくなりました。

  • わが国における国鉄民営化は成功だったのか?

    2012年春のダイヤ改正が発表されましたが、新幹線こそ新型車両の増強などで便利になるものの、在来線では日本海ときたぐにの廃止やローカル線での本数減など、ますます不便になっていきます。 来春で国鉄の分割民営化から四半世紀になりますが、四半世紀前と比較すると便利になったのは新幹線と都市近郊のごく一部でしかなく、民営化のときに懸念されていた「鉄道輸送サービスの低下」が現実のものとなっています。 一方では「JRはなぜ変われたか」という利用者を無視したトンデモナイ本が発刊されておりますが、はたして、本当に国鉄の民営化は成功だったのでしょうか? もちろん、成功・失敗には分割による要素も大きいですが、ここでは「民営化」に関することでお願いします。

  • 回答No.1

こんにちは。 私は質問者さんとは全く異なる考え方の者ですので、参考にできる部分だけ参考にしていただければと思います。m(__)m まず、民営化=利益主導の改革路線、だと思っています。 民営化後、地方のローカル線はどんどん廃止されています。 鉄道が国鉄であったのは、地方の足を確保する、という意味もありましたので、この改革ではそれは切り捨てる事が前提になっていました。 行政は全て利益主導でやられると困る部分を負担しなければいけない宿命を背負っていると思うので、ある程度の赤字はやむ終えず、補填できる努力をしてくれていればそれでいいのではないかと考えます。 今度民営化された郵便局ですが、あれは赤字どころか、全ての事業を結合する事で大幅な黒字を持っていました。 当然赤字部門は沢山ありますが、郵貯で大きな黒字を作りまかなっていました。 (今回の民営化はこの資金を市場に流す目的だと思ってます) 経営的には、こういうあり方をすれば国鉄もあんな滅茶苦茶な赤字にはならなかっただろうと思います。 国鉄の大赤字の元凶は無謀な新幹線計画だと思います。 必要に応じて作った新幹線ではなく、政治家主導で勝手に作らされた新幹線が非常に多いです。 うちの田舎でも「田んぼの真中に航空母艦出現!」という新聞記事が踊りました。(有名な話なのでどの新幹線かすぐ判るかも(笑)) 実際、この路線は全く地元に寄与していないばかりか、在来線との乗り継ぎも非常に不便で、大変不便な路線となっています。 その後の技術発展などを見ればいい面もあったであろうとは思いますが、その利益を享受する前に民間に売り渡してしまい、評価は不可能です。 行政とはある意味、国民の財産ですから、やたらと民間に売り渡すのがサービス向上になるとは思いません。 私の地元の元国立病院は独立行政法人云々になってから、スタッフが大幅に減り、対応は極めて悪化しています。 それから3日間止まった話は、多分、スト権ストのことでしょう。 当時、国鉄は公務員として扱われていたので、ストライキ権がなく、国労や動労といった組合はあるのに、ストライキは違法行為になる、という状況でした。 その為にストライキ権を認めさせる為のストライキを打ちました。 ストライキ権はほぼ認められたのですが、これによって、その間の貨物代替輸送を行ったトラック運送業界に顧客を大幅に奪われるという結果になり、経営上は大きな打撃となりました。 それ以外で止まった例としては、昭和38年の38豪雪で全部の路線が止まったわけではないですが、あちこちの路線と共に東日本~西日本の大動脈を担っていた路線が止まった事があります。この時は他の代替輸送も何も出来なかったので、国鉄は除雪決死隊を編成、水杯を交わして「ロキヤキマロキラ」という特別8両編成除雪部隊を出したという話があります。 それと、大正14年に全国で連結器の一斉交換という事をした事がありますが、これらは多分余談ですね。 さて、国鉄時代の職員の対応などは同感な部分も多いですが、これは国鉄に限った事ではないと思います。 社保庁しかり、日本の公務員の殆どは「お上(おかみ)」意識丸出しで、 窓口対応などもすさまじく下手です。 従って、これを理由にするならば、国鉄ばかりでなく、日本の役所、官公庁まで含めて全てを民営化しないといけません。 必要なのは民営化ではなく、公務員の意識改革、横の連携の強化、経営の勉強だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧な回答を頂き有り難うございました。 >私は質問者さんとは全く異なる考え方の者… この手の問題は当然ですが十人十色ですね。私のJRに対する意識も当時選挙権すら無かった人間の1利用者として国鉄→JRによって受けたサービスの変化によって形成された物です。ですから理論的バックボーンを全く持っていません。 >経営的には、こういうあり方をすれば国鉄もあんな滅茶苦茶な赤字にはならなかっただろうと思います 職員の身分が公務員のままで経営的な変化は期待できなかったようにも思えます。 >国鉄の大赤字の元凶は無謀な新幹線計画だと思います 現在の新幹線は黒い霧に覆われていると言うことですね。なるほどJR化によって地方のローカル線は切り捨てられてしまったようです。しかし、新幹線を整備できたことは有益だったと感じていますー結果論ににすぎませんがー。地方ローカル線を大変な赤字を出しつつ存続させることと新幹線を整備すること… 21世紀という未来に残すインフラとして後者を選択できたことは間違っていなかったように感じます。 再び利用者の立場として… 私は出張でよく新幹線を利用します。東京から名古屋程度の距離だったら飛行機を利用するという選択肢を持っていません。神戸にもよく行きます。これも新幹線。九州・北海道に行くときやっと飛行機を利用します。私にとって、地方のローカル線が無いことはあまり苦にはなりません。しかし日本中に新幹線が張り巡らされていることは大変助かっています。私の様に考えている利用者も多いのでは? >3日間止まった話は、多分、スト権ストのことでしょう そうだったのですか。労働者としてストは当然の権利と思います。それを求めて行動を起こすというのも理解できます。しかし戦術として、鉄道を3日もストップさせるとのはどうかと… 例えば、着陸態勢に入ったジャンボ機の機長が「今からストに入ります」といっているような物と思います。国鉄職員と経営陣?に自分たちが背負っている仕事の重さが理解できていなかったように思います。自分たちは日本の経済を支えているんだと言うプライドが無かったんだと思えます。 最初に記述しましたように、この手の問題の受け止め方は様々ですね。有り難うございました。

関連するQ&A

  • 戦後の民営化‐最たる成功例は?

    戦後の民営化‐最たる成功例は? 【1】 戦後に行われた各種の民営化の中で、 あなたが最もインパクトのある民営化は何ですか? 【2】 戦後行われた各種の民営化の中で、 あなたが最たる成功例と思うものは何ですか? ※私は1980年代初頭に生まれながらも、 一度も旧国鉄を利用せずに、 1987年の国鉄分割民営化を迎えしまいましたが、 やはり国鉄分割民営化が最もインパクトがあり、 それにより誕生したJR東日本が最たる成功例だと思います。

  • 国鉄民営化と郵政民営化の違い

    国鉄からJRへ民営化されたときに沢山の職員が強引に辞めさせられたり、他の省庁へ移動になったりとかなりの人員整理がされたと聞きました。今回の郵政民営化においては、早期退職者を募っていたようですが、強引な退職や他の省庁への移動などは無さそうなんですが、国鉄民営化の時ほどは人員整理の必要は無かったということなんでしょうか?

  • 国鉄分割民営化後、JR各社の『職員→○○』表記は?!

    国鉄の分割民営化から20余年が経ちました。 私は1980年代の初頭に生まれながら、 国鉄には乗ったことがありません。 非常に残念な思いでいっぱいですが、 民営化後のJRにはお世話になっています。 さて、国鉄時代は「職員」だった駅員さんですが、 (一部の職員は司法警察権も持っていた。) JRになってからは駅員さんも民間人です。 駅のホームには、こんな表示があります。   線路に物を落された方は   職員にお申し出ください 国鉄時代に作られたであろうこの案内ですが、 現在のJRでは、この『職員』の文字の上から、 訂正用のシールが貼られています。 ところが、同じJRでも、 地域会社によって表記が違うのです!! (1)JR北海道では、   『職員→社員』と訂正されていますが、 (2)JR東日本では、   『職員→駅係員』と訂正されているのです。 とても面白いです!! 他のJR旅客各社では、 一体どのような表記になっているのでしょうか? (3)JR東海 (4)JR西日本 (5)JR四国 (6)JR九州 ご存知の方、よろしくお願い致します。

  • すぐに回答を! 国鉄分割民営化とJR各社のIC乗車券について

    すぐに回答を! 国鉄分割民営化とJR各社のIC乗車券について ※どちらか片方だけに回答をいただいても結構です。 【1】 私は1980年代初頭に生まれながら、 旧国鉄を一度も利用することなく、 1987年の国鉄分割民営化を迎えてしまいました。 現在ではJR各社ごとに雰囲気に差が出てきています。 民営化前、まだ全国一体の公社だった旧国鉄について、 分社化後との違いを中心に思い出を語ってください。 また、分社化によってあなたが不便になったと感じる点も、 一緒に教えてください。 【2】 もしも旧国鉄の民営化が行われていなかったとしたら、 そもそもIC乗車券が導入されたかどうかわかりませんが、 民営化の際に地域ごとに分社化されたことにより、 同じJRでも各地域会社ごとにICカードが異なっています。 ・Kitaca(JR北海道) ・Suica(JR東日本) ・TOICA(JR東海) ・ICOCA(JR西日本) ・SUGOCA(JR九州) 各地域会社ごとにICカードが違う点に関連して、 あなたが不便だと感じる点を語ってください。 また、あなたが一番好きなJR系IC乗車券はどれか、 理由とともに教えてください。 【参考】 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5651778.html 先ほど他の会員さんの質問に答えました(回答No.8)が、 相互利用の関係でやはり圧倒的に便利なのは、 JR東日本のSuicaだと思います。 私は地域間移動が多いのでSuicaが最も好きです。

  • 国鉄について

    JRの事故では、JRのひどい体質が浮き彫りになりました。 国鉄が民営化になった経緯や、労働組合との関係など、国鉄について知りたいと思っています。教えてください。

  • 私の年齢は30代後半です。国鉄の分割民営化直前は長崎県北部の中学生でし

    私の年齢は30代後半です。国鉄の分割民営化直前は長崎県北部の中学生でして、なかなか国鉄を利用する機会はありませんでした。 国鉄の分割民営化の原因となったのには国鉄の労働組合の存在があると言われています。 もっと詳しく聞いてみたら、民営化前の職員は意識が低かったと聞きます。 ここでお聞きします。 実際に職員の方の意識の低さというのは、当時の国鉄を利用していて感じましたか? 社会人になって毎日のように東京都内をJRを利用していましたが、職員の方に対して不快に思ったことはありませんでした。電車が遅れることもほとんどありませんでした。(遅れた際は職員の方は誠実に原因説明をしてくださいました。) 数年前までドイツに長期滞在しておりましたが、(あの時間に厳格なドイツでも)電車が遅れることはザラで、乗客はそれが当たり前という感覚でした。(職員の態度は良かったですが。) とにかく日本のレベルの高さを感じております。

  • 民営化

    郵政民営化賛成派もいれば反対派もいます。 当然政府はメリットがあるから民営化しようとしているはずですが、なぜ賛否両論があるんでしょうか。国民がデモ行進するくらいですからデメリットがかなり重いのでしょうか。 だいたい郵政民営化したら今と何が変わるのか、よく分からないのでそちらも教えてください。 あと、JRも国鉄から民営化してますが、その理由と、民営化による今みたいな世間の動きとかはあったのでしょうか。 生まれる前で知らないので。

  • 長年(出来れば国鉄時代から)鉄道ファンをやってる方にお聞きしたい。

    長年(出来れば国鉄時代から)鉄道ファンをやってる方にお聞きしたい。 私は民営化後に生まれた世代なので、国鉄の事は全くわかりませんが… 国鉄時代から見てきて、JRより国鉄の方が良かったなぁ…と思う事はありますか? 車両でも、設備でも、サービスでも、何でも結構です。

  • 昔は一つの国鉄だったのに…分社化で不便になったと思うこと。

    昔は一つの国鉄だったのに…分社化で不便になったと思うこと。 あなたが国鉄民営化時の分社化の影響によるもので 不便を感じる事柄について教えてください。      ***** 私は1980年代初頭に生まれながら、 たったの一度も旧国鉄を利用することなく、 1987年の国鉄分割民営化を迎えてしまいました。 民営化後のJR各社はよく利用していますが、 民営化の際に分社化が行われたせいで、 後に導入された電子マネー機能付きIC乗車券が 各社毎に異なっており不便を感じます。 ※まぁ、もし国鉄のままだったらそもそもIC乗車券が 導入されたかどうかもわかりませんがね。 JR北海道…Kitaca JR東日本…Suica JR東海 …TOICA JR西日本…ICOCA JR九州 …SUGOCA 各社間の相互利用は進んでいますがまだ完全ではありません。 今はJR東日本のSuicaが一番相互利用が進んでいて便利ですが、 それでも私のような地域間移動が多い人間にとっては なかなか不便を感じる点もあります。 例えばJR北海道エリアでは会社が違うためSuicaには記名ができず、 Suicaに記名するには首都圏や仙台・新潟圏まで行く必要があります。 旧国鉄は一つの巨大な公社でした。 民営化がサービス向上につながったとも言われますが、 上の例のように民営化時の分社化の影響のせいで かえって不便になった点も中にはあります。 このような分社化で発生したマイナスの側面を探しています。 ご協力をお願いいたします。

  • 郵政三事業の民営化について

    最近はこのことに関して、あまり聞かれなくなりつつあるのですが、小泉首相が就任時に騒がれていた、郵政三事業の民営化問題ですが、民営化されると具体的にどうなるのでしょうか?国鉄がJRになったときのように、郵便物の郵送料が高くなったりするのでしょうか。そして、民営化をするというによってえる、政府の利益とはいったいなになのでしょうか?教えてください。お願いします。