• ベストアンサー
  • 困ってます

国鉄分割民営化後、JR各社の『職員→○○』表記は?!

国鉄の分割民営化から20余年が経ちました。 私は1980年代の初頭に生まれながら、 国鉄には乗ったことがありません。 非常に残念な思いでいっぱいですが、 民営化後のJRにはお世話になっています。 さて、国鉄時代は「職員」だった駅員さんですが、 (一部の職員は司法警察権も持っていた。) JRになってからは駅員さんも民間人です。 駅のホームには、こんな表示があります。   線路に物を落された方は   職員にお申し出ください 国鉄時代に作られたであろうこの案内ですが、 現在のJRでは、この『職員』の文字の上から、 訂正用のシールが貼られています。 ところが、同じJRでも、 地域会社によって表記が違うのです!! (1)JR北海道では、   『職員→社員』と訂正されていますが、 (2)JR東日本では、   『職員→駅係員』と訂正されているのです。 とても面白いです!! 他のJR旅客各社では、 一体どのような表記になっているのでしょうか? (3)JR東海 (4)JR西日本 (5)JR四国 (6)JR九州 ご存知の方、よろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数781
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • FEX2053
  • ベストアンサー率37% (7913/21107)

JR西ですが、通称は「社員」ですが、駅などの表示ではJR東同様 「駅係員」ですね。これは駅構内で「社員」と言っても何のことか 分かりにくいためじゃないかと思います。 「JR西日本社員」というと、制服より背広のイメージがありますし。 ちなみに日本語として「職員」は「会社」と名が付かない公的組織の 従業員を指すようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こんばんは。 なるほど。JR西日本も「駅係員」なのですね。 どうもありがとうございました。

関連するQ&A

  • 郵政民営化と、国鉄民営化、どちらが印象深い?

    【1】 今回の郵政民営化と、20年前の国鉄民営化、どちらが印象深いですか? 毎日JRに乗っていますが、国鉄時代は一度も乗ったことがありません。 国鉄民営化時は5歳で、当時どのような感じだったのか、わかりません。 当時のことを、覚えている方、教えてください。 【2】 郵政民営化は歓迎しますか?

  • 民営化する前の「国鉄」に乗ったことある方

    今月で国鉄がJRになって20年を迎えました。 民営化は、私が5歳の時の話です。 でも私は、その時代に生まれていながら、 国鉄にも青函連絡船にも乗ったことがありません(泣) 鉄道公安職員も見てみたかった。残念です。 現在、首都圏に住みついていますが、 もともとこの辺の生まれ育ちの方で国鉄に乗っていた方、 国鉄→JR東日本 になって、 利用する側の観点から見て、やはり良くなったと感じますか? どのような点が変わったか、 印象に残っていることや感想を教えていただけますでしょうか? 何でも構いません。 (もちろん、JR東日本以外の地域の方でも結構です) ちょうど、さっき東北新幹線に乗ったばかりですが、 車両も綺麗だし駅員さんのサービスもよくて快適でした。 たまたま旅行中に、JR会長がちょうど5年前に書いた、 JR民営化に関する本を読みました。 それで、質問してみたくなりました。

  • 「国鉄→JR」で職員は現行犯確保に神経質となった?

    「国鉄→JR」で職員は現行犯確保に神経質となった? 国鉄分割民営化によって駅長や車掌の身分が 公共企業体職員(公務員にほぼ準じる)から民間人となり、 それに伴いこれらの職員は司法警察権を失いました。 これにより民営化後のJRグループ各社は、 逮捕監禁事件に発展するリスクを避けるため、 現行犯人の取り扱いについて 国鉄(公社)時代よりも過敏なったのでしょうか? 関係者の方がいらっしゃいましたら、ご教示願います。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • alpha123
  • ベストアンサー率35% (1721/4875)

鉄道警察は警察になりましたね。 案内板の社員表記などには気が付きませんでした。 JR東は「駅係員」ですか(おいおい) 赤い線の入ったえらい人は「駅係員」かどうかで論争になりかねない。運転手さんや車掌さんは駅係員でない (もっとも停車しているときは落し物は探せないが) その会社の上層部が現場見下しているのがわかります。そういう表記するから駅員さんへの暴行事例は多くて大迷惑なわけです(納得しちゃいました) 社員に言ってくださいで済む話しです。 ふつうの会社でも横柄なお客は平社員が出て来たというだけでへそ曲げる。 かつての日本には使用人女中という言い方があった(いまはほとんど使われない) 使用者側は残ったけど でも地方の社員は親切ですよ。エレベータのない陸橋は多く、上がれない人はぐるっとホームの端使ってコの字に移動する。見かけた人が手伝います(赤い線の帽子の人でも改札の女性でも青い服の人でもです)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 えっと、ちょっと話が横道に逸れてしまいましたが、 ・・・・・とりあえず御礼までに。 >鉄道警察は警察になりましたね。 そうですね。 鉄道公安職員については、 国鉄分割民営化の際に、民間会社となるJR各社が、 司法警察権を持つのは適当ではないという理由から、 警察組織に事実上吸収され、鉄道警察として発足。 同時に鉄道警察は、私鉄も管理下に置いたようです。 旧鉄道公安職員出身者には一部、 警察へ再就職をせずに、通常の旧国鉄マンと同様に、 JRの社員となった人もいるそうです。 それに対し、昨年10月の郵政民営化の際には、 郵政監察官は事実上も完全に廃止され、 旧日本郵政公社から警察への人的移動は全く無い状態で、 郵政犯罪の取り締まり業務が、警察へとバトンタッチ。 郵政犯罪は、通常犯罪と同様に警察の担当となりました。 旧郵政監察官は現在、日本郵政の内部監査をしてるとか。 民間人となり、司法警察権は取り上げられたようです。 私個人としては、民間人が郵政犯罪を取り締まっても、 別にいいと思うんですけどね。 さて、日本郵政グループでは、今回の業務別分割民営化で、 『職員』の表記を『社員』に改めたのでしょうか。 『懲戒免職』も『懲戒解雇』になったはず。 郵便屋さんだと『局員』という言い方もありますよね。 銀行だと『行員』という言い方も出来そうです。 日本郵政(持ち株会社)、郵便局会社、郵便事業会社、 ゆうちょ銀行、かんぽ生命、 それぞれについて、社員の呼称を調べてみたいものです。 こちらもマニアックでなかなか面白そうです!

関連するQ&A

  • 国鉄民営化と駅員への暴行件数の関係について

    旧国鉄が民営化してから、 法的に摘発されない駅係員への暴行は 民営化前よりも増えたのでしょうか? もしも増えたとすれば、 鉄道公安制度の廃止はその一因となっているのでしょうか? 旧国鉄は一部の職員が司法警察権を有し、 鉄道施設内や列車内における犯罪を 自社で取り締っていました。 しかし、民営化後のJR各社は、 自社で犯罪を取り締まることができず、 社外組織である警察の出動を要請しなければなりません。 手続きの煩雑化により、 駅係員への暴行が摘発されにくくなったという 客観的データはあるのでしょうか?

  • すぐに回答を! 国鉄分割民営化とJR各社のIC乗車券について

    すぐに回答を! 国鉄分割民営化とJR各社のIC乗車券について ※どちらか片方だけに回答をいただいても結構です。 【1】 私は1980年代初頭に生まれながら、 旧国鉄を一度も利用することなく、 1987年の国鉄分割民営化を迎えてしまいました。 現在ではJR各社ごとに雰囲気に差が出てきています。 民営化前、まだ全国一体の公社だった旧国鉄について、 分社化後との違いを中心に思い出を語ってください。 また、分社化によってあなたが不便になったと感じる点も、 一緒に教えてください。 【2】 もしも旧国鉄の民営化が行われていなかったとしたら、 そもそもIC乗車券が導入されたかどうかわかりませんが、 民営化の際に地域ごとに分社化されたことにより、 同じJRでも各地域会社ごとにICカードが異なっています。 ・Kitaca(JR北海道) ・Suica(JR東日本) ・TOICA(JR東海) ・ICOCA(JR西日本) ・SUGOCA(JR九州) 各地域会社ごとにICカードが違う点に関連して、 あなたが不便だと感じる点を語ってください。 また、あなたが一番好きなJR系IC乗車券はどれか、 理由とともに教えてください。 【参考】 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5651778.html 先ほど他の会員さんの質問に答えました(回答No.8)が、 相互利用の関係でやはり圧倒的に便利なのは、 JR東日本のSuicaだと思います。 私は地域間移動が多いのでSuicaが最も好きです。

  • 国鉄民営化についての疑問

    1:国鉄時代の赤字は土地を売れば無くせたのに、なぜ売らなかったのか? 2:なぜ赤字になるとわかっていたのに6社(貨物を含めれば7社)に分割したのか? 3:国鉄時代に出来た借金+積み重なった利子は結局、国の借金の1000兆に組み込まれ税金で返すことになったのに、なぜ民営化の成功と政治家の方々は言うのか?

  • 国鉄分割民営化はどのようにしていたらより成功していたのでしょう?

    もう20年も前ですが国鉄が分割民営化されました。その当時37兆3000億とも言われた借金が国鉄にはありましたー試算の仕方で額なんていくらでも変わりますが… 政治改革の一環として国鉄の民営化が実施されました。国鉄の債務を清算事業団が引き継ぎ、民間のJRとしてゼロからスタートしました。民営化に関しては評価は個人にによって様々と思います。 私は結果的に、成功を収めたと言っても良いのではと考えています。理由は以下二点です。 1)私は当時まだ選挙権すら無い子供でした。通学で国鉄を利用していました。国鉄職員の利用者に対する態度は客に対するそれではなかったと記憶しています。「利用させてやってるんだ。ありがたく思え!」といった態度でした。私が成人していない子供でしかないとばかりとは言えないようでした。JRになってから我々利用者を客と考えてくれているように感じます。 2)今ではとても信じられませんが… 国鉄時代ダイヤが完全ストップしたことがあったと思います。確か最大3日国鉄が止まっていた記憶がありますーすいません曖昧な記憶で。人体で言えば鉄道は血流です。その血流を長時間ストップさせるなんてすごいことをするな~ と子供心に思った記憶があります。JRになってから、この国鉄のようにダイヤが大がかりにストップした記憶を持ちません。 以上を主な理由として、国鉄→JR は正しい選択だったと評価しています。少なくとも我々利用者にとっては成功だったと評価しています。一方で清算事業団が負った債務は結局処理できなくて、国(国民)の負担で終わったなどのマイナス面も散見されます。 どのように対応していれば、より良い結果が得られたのでしょうか? 今度の年金問題をきっかけに省庁を含めて多くの公共団体を民間に移項しなければいけないかも… と考えている者です。過去を教訓として生かしたいと考えています。以上宜しくお願いします。

  • 日本人の「細部へのこだわり」を感じた瞬間は?

    日本人の「細部へのこだわり」を感じた瞬間は? 日本人は細部にこだわるとよく言われます。 良く言えば几帳面であり、悪く言えば枝葉末節への執着と言えます。 あなたが日本人らしい「細部へのこだわり」を感じたエピソードをどうぞ。 ※添付した写真は、JRの駅ホームでよく見かける看板です。 おそらく旧国鉄時代に作られたものではないでしょうか? 「線路に物を落された方は職員にお申し出ください」とあります。 この看板の「職員」の文字の上から、JR北海道では「社員」のシールが、 JR東日本やJR西日本では「駅係員」と書かれたシールが、 それぞれ貼り付けられているようです。 添付写真は最近撮影したものですが「職員」表記のままとなっています。 おそらくシールを貼り忘れたか、貼られたシールが剥がれたのでしょう。 民営化後にわざわざ「職員」の表記を「社員」や「駅係員」に直すところが、 良くも悪くも日本人らしいこだわりだと私は感じました。

  • 国鉄とJR

    JRに変わってもう20年くらい経つでしょうか。私は概ね成人するまでは国鉄、大人になってはJRという感じですが、大人になると自分で車を運転することが多いので、あまりJRを使う機会はありませんが、国鉄時代は旅行などではよく利用していました。とにかくトイレは汚い・紙がない・チィッシュは有料・駅員は不親切というイメージがありましたが、JRになるとそのあたりは随分改善され、駅に敷設してきれいな店ができたり、ふと気付くと駅舎が綺麗に改装されている駅が多くなったと思います。 国鉄の方がよかったのは、駅に風情があったり、電車が来たときのアナウンスの声に特徴があってマネする人もいたり、そういうのは昔の方がよかったと思います。しかしながら、最近駅舎が次々に改装されるということはおそらく累積の赤字は解消され、要は儲かってきたということだと思います。単純な質問ですが、国鉄時代に「赤字」「赤字」といって永遠に返済不可能みたいなイメージがありましたが、どうしてここまでよくなったのでしょう。旅情・風情という点では、北海道・九州など不採算路線に鉄道マニアが好きそうな路線があったこと・新幹線や特急などに食堂車があったことなどを含め、国鉄時代に軍配が上がりますが、経営的にはJRです。これならもっと早く民営化すればよかったのにと思うところですが、どのようにして経営改善できたのでしょうか。確立したノウハウがあるのであれば、今もしぶとく民営化したがらない独立行政法人の運営の参考になるのではと思うのです。

  • JRが現行犯人に対し弱気になったのは民営化のせいか

    自社で司法警察権を持っていて、犯人に怪我をさせても職員が国家賠償法で守られていた旧国鉄時代と違い、 民営化で職員の身分が私人となったことが関係しているのでしょうか?

  • JR三島の発足当時の赤字について教えてください。

    ウィキペディアの国鉄分割民営化の『巨額負債のその後』に「経営難の予想されたJR北海道、JR四国、JR九州は、返済を免除された。」と書いてあるのですが、このJR三島は発足当時これまでの赤字が白紙になってゼロからスタートできたということですか? それとも負債を抱えていたのでしょうか? よろしくお願いします!

  • 国鉄とJRの路線の本数

    JR化後は本数が少ないが国鉄時代は本数が多かった路線はどこがありますか?

  • 現在のJR社員採用は旧国鉄時代よりも閉鎖的?

    現在のJR社員採用は旧国鉄時代よりも閉鎖的? 旧国鉄の職員は公共企業体職員という身分であり、 国家公務員に準じた立場でした。 従って職員採用は公務員試験と同形式だったと思われます。 公務員試験というのは、 一年目の受験に失敗した第二新卒でも、 年齢制限に達するまでは再受験できます。 旧国鉄もそうだったのでしょうか? 現在のJR各社は、原則として新卒しか採用せず、 第二新卒の採用はわずかなようです。 会社によっては新卒以外の採用を全く行っていません。 この社員採用に関しては、国鉄分割民営化後のJR各社は、 旧国鉄時代よりもかえって閉鎖的になったのでしょうか?