• ベストアンサー
  • 困ってます

法人税申告書 別表11(1の2)について

お世話になります。 協同組合ですが、他の協同組合の申告書に目を通しているところですが、この中で疑問になっている点があります。 その協同組合の会計処理にも問題があるのですが、貸倒引当金を500万円計上しているのですが、洗替え処理(繰入、戻入)を毎期行わずに、ここ数年、同額の500万円を繰り越しているだけです。 本らならば、同じ500万円であろうと、500万円を戻入して、新たに500万円を繰入する会計処理を行わなければならないと思いますが、前述のとおり同額であることから、そのまま繰越しているだけです。 このことから、法人税申告書の「一括評価金銭に係る貸倒引当金の損金算入に関する明細書」についても、500万円を計上した数年前の申告時には提出しておりますが、その後昨年度まで一切、当該明細書は作成しておりません。 わたしは、会計処理は行わずとも、法人税の申告にあたっては、別表4、別表5(1)にそれぞれ500万円の加減処理を行い、平成19年度末における別表11(1の2)を作成する必要があるのかと考えておりますが、如何でしょうか。 経理処理していないことから、当該協同組合のこれまでの処理のとおりで良いのか、この判断について教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数594
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

この場合は、別表11(1の2)を添付しなければなりません。 (根拠) http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/houjin/11/11_01.htm (貸倒引当金等の差額繰入れ等の特例) 11-1-1 法人が貸倒引当金その他法に規定する引当金につき当該事業年度の取崩額と当該事業年度の繰入額との差額を損金経理により繰り入れ又は取り崩して益金の額に算入している場合においても、確定申告書に添付する明細書にその相殺前の金額に基づく繰入れ等であることを明らかにしているときは、その相殺前の金額によりその繰入れ及び取崩しがあったものとして取り扱う。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 ご回答のとおり、別表を添付するとともに、別表4に加算、減算、別表5(1)には当期中の増減に記載して申告を取り進めて参ります。

関連するQ&A

  • 法人税に詳しい方

    税務上の一般債権に対する貸倒引当金について教えてください。 法人税の申告書で一般債権に対する貸倒引当金繰入限度額を計算したら10,000,000円になりました。 決算書を作成するときに、当社の規定に基づき下記を貸倒引当金に繰入しました     売掛債権の貸倒引当金繰入 3,000,000円・・実績率     敷金の貸倒引当金繰入   1,000,000円     ゴルフ会員権の貸倒引当繰入1,000,000円    仕訳;貸倒引当金繰入/貸倒引当金 5,000,000円 税務上の損金不算入額はいくらになりますか(別表加算額) 初歩的な質問ですみません

  • 法人税申告書別表11(1)の書き方、考え方について

    平成20年度決算において貸倒引当金の計上積算と法人税上の繰入限度額積算中です。 別表11(1)「個別評価金銭債権にかかる貸倒引当金の損金算入に関する明細書」において、個別評価金銭債権の額が2千万円、うち5年以内に弁済される金額を1千5百万円としている場合に、差額の5百万円を実引当繰入すれば、超過額0円と判断してよろしいでしょうか。

  • 貸倒引当金の仕訳と別表11-2への記載について

    貸倒引当金の仕訳と別表11-2への記載について質問です。 ネットで質問すること自体が初めてで至らない点があるかもしれませんが、 何卒よろしくお願いします。 1.仕訳について 前期計上 16,049 当期の期末計上 16,329 当期に前期に売掛金で計上していた分について貸倒が 6,650 発生 このとき、下記の仕訳で良いのでしょうか? 【期首】 貸倒引当金 16,049/貸倒引当金戻入 16,049 前期貸倒引当金戻入 貸倒引当金繰入16,049/貸倒引当金 16,049 当期貸倒引当金繰入(仮計上) 【貸倒が発生】 貸倒引当金 6,650 / 売掛金 6,650 【期末】 貸倒引当金 16,049/貸倒引当金戻入 16,049 仮計上分戻し 貸倒引当金繰入16,329/貸倒引当金 16,329 当期貸倒引当金繰入 2. 別表11-2への記載について B/Sの貸倒引当金の残高は △9,679 P/Lの貸倒引当金繰入は 16,329 ですが、 別表への当期繰入額は 16,329 で良いのでしょうか? 16,329 の数字は、 期末の売掛金×10/1000(小売業のため)で算出しています。 宜しくお願いします。

  • 貸倒引当金 別表十一の書き方

    期首に貸倒引当金50万円計上されております。 当期、見積りを行ったところ10万円になりました。 会計では、特別利益に貸倒引当金戻入益40万円を計上しました。 そこで、別表十一の当期繰入額の計上は、どのようになるのでしょうか? 1.50万円の戻入れと10万円の繰入と認識して、当期繰入額10万円を計上 2.戻し入れ40万のみで、繰入ゼロと認識して、当期繰入額0円とする。 どちらが正しいでしょうか?

  • 貸倒引当金繰入超過額について

    貸倒引当金差額戻入と繰入なんですが、 前年度と今年度を比較し、前年度は戻入額が前年度貸倒引当金繰入額(プラス)で繰入が当年度貸倒引当金繰入額(マイナス)となっており、貸倒引当金差額戻入が発生しました。今年度は戻入額が前年の繰入額(同金額マイナス)で繰入額が今年度の貸倒引当金繰入額(プラス)で貸倒引当金差額繰入が発生しました。 前年の別表4の貸倒引当金繰入超過額は当年度の貸倒引当金繰入額がそのまま超過額となっているのですが、今年度の超過額は貸倒引当金差額繰入分だけが超過額です。 前年度は繰入額すべてが超過額だったのに、今年度は 差額繰入分だけが超過額となるのはなぜでしょうか? 質問が長くなってしまい済みません。 どなたかご回答おまちしております。

  • 法人税申告書別表11-1の記載方について

    早速ですが、法人税申告書別表11-1の記載方についてご教授いただけれ ばと思います。 この別表に記載すべき債権は「税務上」の引当をした債権のみを記載す るのでしょうか? それとも、100%有税引当した債権も含めた「会計上」の引当をした債 権すべてを記載するのでしょうか? 以上よろしくお願いいたします。

  • 法人税申告書 書き方(貸倒引当金)

    こんばんは。 別表11(1の2)の貸倒実績率の 貸倒損失の額は 各事業年度の会計上の貸倒損失の額でいいのですか。 例えばですが、 貸倒損失がなく、前3事業年度の繰入額より戻入額が大きい場合、 貸倒実績率がマイナスとなってしまいますが、 その場合貸倒繰入超過額はどのように計算しますか。 (法定繰入率の適用対象会社ではありません。) 大変困っておりますので、どなたか教えてください。

  • 貸倒引当金繰入と戻入益相殺について

    またまたですみません。 今の会社の会計処理で一つ不思議と言うか変な会計処理があります。 今の会社は中間決算、本決算時に洗替法で貸倒引当金を設定していますが 貸倒引当金繰入と貸倒引当金戻入益を相殺しています。 (1)財務諸表規則上、収益と費用の相殺表示は禁止(金額的に重要性乏しい場合除) (2)貸倒引当金戻入益は特別利益に計上が原則 なはずですが・・・。こういう会計処理はありなのでしょうか? しかも、現状相殺して営業利益が-3500万 相殺しなければ営業利益が-7000万 と相殺するとしないとで営業利益に大きな差が出てしまっています。(しかも現状戻入益は0) 但し、経常利益は変わりませんが・・・。(当たり前ですが) 表示の問題と言われればそれまでですが、ご教授願います。 ※監査役からは今のところ何も指摘されていません。

  • 法人税の申告にかかる加算の有無について

    協同組合において、組合員から事業展開するために、賦課金(収益・収入科目)として徴収したものを、平成17年度内に使わなかった(余った)ことから、年度末に仮受金に一旦振替、翌年度に仮受から収入科目に再度振替こととした経理を行った。この場合、法人税申告書(別表4)などにおい当該仮受額を加算申告する必要がありますか。

  • 外部出資先が繰越欠損状態の場合の外部出資の取扱について

    お世話になります。 当方は、協同組合です。 さて、ある企業に対して、例として1千万円の出資を していると過程します。 その、出資先が繰越欠損金を抱えている場合に、決算 期にあたり、例えば半額の500万円を評価減にした いと考えた場合に、どのように経理処理をすれば良い のでしょうか。 債権であれば、     借方         貸方 貸倒引当金繰入 500    貸倒引当金 500 といったように処理するのではないかと考えておりま すが、株式(外部出資)の場合にも貸倒引当金を使用 できるのでしょうか。 有価証券評価損などでの処理となるのでしょうか。 出来れば、間接的に引当処理したいのですが・・・ また、単純に半額の500万円と記載しましたが、 出資先の貸借対照表から、求めて評価する方法があれ ばご指導ください。 よろしくお願いします。