• ベストアンサー
  • 困ってます

あさりの殻と身の関係・・・

  • 質問No.2899528
  • 閲覧数1812
  • ありがとう数3
  • 回答数3

お礼率 94% (136/144)

先日あさりを食べていて、主人と悩みました。
その1 殻が大きいと喜んで買って来たら、身が異常に小さいことがあ
    り、ショック!あさりの殻は身と共に成長するのではないので
    すか?
その2 もし身と共に成長するのであれば、殻の栄養はどこから?殻と
    身は貝柱で繋がれていますが、貝柱から殻に行くのですか?
    人間の歯や爪、骨のような関係ですか?
その3 春はおいしいと言いますが、それは大きいからですか?季節や    月の関係もあると思いますが、通年売ってるもので買う時のめ
    やすや見極め方を教えていただけますか?

    

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 85% (6/7)

アサリの殻と身の大きさのギャップについて以前、千葉の漁師さんに尋ねたことがあります。その時の答えは、「殻の幅や長さもさることながら、殻の高さに注目」との事でした。
干潮時の潮位よりも高いところや浅い場所に生息しているアサリは、殻の高さに厚みがあり、沖の深い場所に生息しているものは薄いとの事。
浅い場所はアサリにとって水が無かったり、温度変化が激しかったり外敵からの危険も多いなど、環境が厳しいので自然と殻は強固なものになり、栄養は身よりも殻にまわってしまう。深いところに生息しているアサリは、環境変化や危険が小さい分、殻よりも身のほうへ栄養がまわる、ということらしいです。天然繁殖の潮干狩りができる場所では、沖の方のアサリは殻の高さが薄いものが多いように感じられますし、身の入りも殻一杯に入っていています。
アサリの旬は春といわれています。産卵期を前にして栄養分では、ファイト一発!で有名なタウリンやグルタミン酸、グリコーゲンなどが豊富になります。産卵後と言われる梅雨時のアサリは確かに身が細く、旨味も乏しいように感じます。
お礼コメント
tora55

お礼率 94% (136/144)

分かりやすい回答ありがとうございます。皆様の回答を読む度に、ふー・・ん、とうなってしまいます。また自然のすごさに改めて驚きます。アサリ一つでこのように様々な回答が頂けるなんて、本当にありがたいことです。
投稿日時:2007/04/07 21:57

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 20% (365/1769)

貝類の殻は貝が分泌物を出して任意の方向に拡張をしているものです。
タカラガイなどの貝殻は外側に向けて拡張しますので
通常生活時は本体を外に出して殻全体を巻いています。
その際の外見はウミウシのように見えます。
殻の栄養は貝本体(外套膜あたり?)から滞りなく供給されているようです。
栄養源は水中や餌から採っているものです。
つまり餌と水の供給が足りないと本体の成長が不良になり実が細ります。
収穫後時間が経ったものや、栄養のない住処に移動した場合は実が細ると言うことです。
つまり自然状態ではないものです。
また、輸入貝などは実の細くなる条件や種類も多いようです。
春がおいしいと言うのは実感したことはありません。
おそらく春は潮の引く水位が一年で一番低くなるので
採りやすく流通しやすいため旬と呼ばれるのではないかと思います。
私の経験では
土よりアサリのほうが多い場所で取ったこともあり
その場合、殻に段ができ、変形していましたが太っていました。
良い貝の見極めは外見からはできないと思います。
お礼コメント
tora55

お礼率 94% (136/144)

詳しい回答ありがとうございました。殻の成長の仕方は予想外です。
面白いですね!子供のころ貝堀りが大好きで、また行きたくなりました。
投稿日時:2007/04/07 15:55
  • 回答No.1

ベストアンサー率 43% (193/441)

A1
一般に、厳しい環境で育ったアサリは殻が厚く、身が細いと言われます。
逆に、良い環境ですくすくと育ったアサリは殻が薄く、身が厚いようです。
後でも触れますが、貝殻のシマ模様がハッキリしているものの方が、
良い環境で育ったものだと言われています。

A2
まだ完全には解明されていなかったと思います。
石灰質を含む分泌液で内側から厚くしていく(外側ほど古い殻になる)
というのが定説ですが、最も研究の進んでいる阿古屋貝(真珠貝)でも
完全には解明されていないはずです。
(もし解明されているのなら私も知りたいです)

A3
アサリは、産卵直前の時期が身も大きく、旨味成分も増します。
アサリの産卵時期は春と秋の2回あり、3月~4月と9月~10月が
旬と言われています。
この時期には、良いアサリは身のほうに栄養が行き過ぎて、手荒に
扱うと貝殻が割れることもあるそうです。

目利きについて
・殻をガッチリ閉じていて、かすかにヌメリがあるもの(アサリの分泌液)
・嫌なにおいのしないもの
・縞模様がハッキリしているもの
・塩水につけると水管を出すもの(水を噴き出すぐらいなら最高)
※塩水につけても口を開かないものは食べないほうが無難です
・殻が長く、丸く膨らんでいるもの(短いものは身が細いことが多い)

以上、御参考まで。
お礼コメント
tora55

お礼率 94% (136/144)

ふー・・・ん、なるほどねぇ・・・
素早い回答ありがとうございました。
まだまだ解明されていないことが多いんですねぇ・・・
ますます気になります!今はおいしい時期なので、よりおいしく
いただきます!!
投稿日時:2007/04/06 21:25
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ページ先頭へ