• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

江戸時代の旅人

江戸時代の人はどのくらい旅をしていたのでしょうか? 先祖の墓参りの旅はあったでしょうし、お伊勢詣りなどが有名ですが、どのくらい移動の自由に制約があったのでしょうか。 身分によって旅が禁じられていたりしたのでしょうか。 松尾芭蕉のような旅人は結構いたのでしょうか。

noname#30350
noname#30350

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数420
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#49020
noname#49020

 時代劇の関所改めのシーンなどを見ますと、旅行の制約は大きかったように思わされてしまいますが、実際はそれほどでもなかったと思います。  当時は歩くしか方法はなかったわけですから、相応の体力も必要で、また長距離を移動するには多くの宿泊を要し費用も嵩みます。ですからそのような物理的条件により、旅行は自然に制限されていました。  関所としては、箱根関所が有名ですが、幕府の委託を受けて小田原藩が管理し、手形改めがきびしく行われていたようです。  手形(往来切手)は身分証明と旅行目的を紙に記載したものですが、武士については藩が、庶民のものは町役人、村役人、お寺などが発行します。  藩によっては、入ってくる人に独自の添手形を交付し、出るときにそれを回収するという厳しいところもあったようです。  庶民の楽しみはお参り旅行でしょう。お伊勢さんのほかにも多くの寺社参詣、宗教登山、巡礼などがありました。名目は宗教信心のためということであっても、実際は物見遊山の人も多かったと思います。  芭蕉のように奥の細道とまでは行かずとも、文人、絵描き、学者は方々出歩いていたようで、地方の裕福な旧家やお寺には、その記録が多く残っています。  まあ、しっかりとした手形(往来切手)を持っていれば、我々が想像するより自由であったと言う感じがしています。でも手形は現在のパスポートと違って、偽造はし易かったでしょうね (笑)。  余談ですが、今の観光地で土産物として売っている将棋の駒の形をした通行手形は実際にあったようです。武士が公用で旅に出る場合は「○○○○守家中」と書いた将棋駒形の木製往来切手を持って出たということがあったようです(全ての藩でということではないと思いますが)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • hirosi3
  • ベストアンサー率50% (72/143)

 江戸時代の農民や町民は驚くほど旅をしていたようです。家を空けて旅に出ている日数を計算すると、現代人よりも多いかも知れない程です。「趣味と贅沢と市場経済」をキーワードに検索すると、参考になるサイトがあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

検索してみました。 現代人の海外旅行並みに当たり前のことだったのですね。 ありがとうございました!

  • 回答No.2
noname#49020
noname#49020

 NO.1です。追加。  大名の家族は人質の意味合いがありますので、江戸を出るのは大変だったと聞いています。  それから、往来手形は発行する人の身元保証書的な性格がありますので、通常の庶民は概ねOKですが、書いてくれない人も存在したことは確かです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

箱根関所は小田原藩に委託されていたらしいですね。確か関所の頭は千五百石取りくらいの重職だったような気がします。 お寺が手形を発行するというのは意外な感じがしました。 ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 江戸時代の偉人の面白エピソード?

    誰か、江戸時代の偉人の面白エピソードや意外な真実など知っている人はいませんか? 例えば、「西郷隆盛の有名な肖像画は実は隆盛のものではない」「松尾芭蕉は忍者だったかもしれない」など、なんでも良いんです。 ペリーなど、江戸時代に活躍(?)していれば日本人じゃなくても良いです! どうか返事をください=)

  •  江戸時代の旅行って?

     今現在10月16日(日)13:25分。江戸時代、一日に十里(約40km)歩けるのが大人の条件と聞いて天気の良い日曜日なので、午前中30km程歩いてみました。(すでに人生最長距離ですが、夕方残り10kmも歩こうかと思っています。) 痛い足を引きずりながら、気になった事があります。  それは江戸時代の旅行代金の支払い方法です。例えば「奥の細道」の旅行中、「松尾芭蕉」は旅籠代やかご代をどうやって払ったんでしょうか?150日分の路銀を全て持って江戸から出発したんでしょうか?(相当の料になるし危険でもあると思いますが。) 江戸じゃ有名人だったのかもしれませんが、東北や北陸じゃ知られているとも思えません。江戸から送金する方法があったんでしょうか?時代劇に出てくる両替商ってそういった商売なんですか?

  • 江戸時代、庶民の旅人は下着などの衣類をどこで洗ったのでしょうか。

    江戸時代、庶民の旅人は下着などの衣類をどこで洗ったのでしょうか。 江戸から上方を往復するような一ヶ月くらいかかる旅の場合です。 風呂場では狭いし、それにお客が次々に入浴するでしょうし…。 また、旅籠には浴衣(寝巻き)は用意されていたのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 「江戸時代の旅」

    江戸時代の旅について調べています。 江戸時代の旅が当時どのような役割を果たしたのか、 またそれがいまの社会にどのように変えていったのか その江戸時代の旅が今に伝えるものは何かを どなたか民俗学や歴史に詳しい方 なんでもよいので教えてください。(><)

  • 江戸時代の先祖について

    こんばんは。 私は現在、自分の先祖について調べており 取得できる分すべての除籍謄本や改正原戸籍などを 取得してきました。 しかし江戸時代の先祖の名前が何人かしか載っておらず 行き詰っています。 ちなみに江戸時代に生まれた女性の名前がカタカナ二文字 なのですがこれは農民ということでしょうか? (たとえばケイとかアキなど) 男性の名前は○之助や○蔵や○吉や○之進です。 身分によって今後探す書物が分限帳か宗門人別改帳 など変わってくると思うので、戸籍以外に判断材料が無いので 困っています。 また先祖の「姓+通称+諱」が分からないのですが どのように調べたらよろしいでしょうか? 申し訳ございませんが、ご存知の方がいらっしゃいましたら 上記の名前と身分についてと諱などについての2点 ご教示ください。 よろしくお願いします。

  • 【歴史・日本史】松尾芭蕉の芭蕉とは植物の芭蕉のこと

    【歴史・日本史】松尾芭蕉の芭蕉とは植物の芭蕉のことでしょうか? 現在で言う芭蕉は観葉植物のオーガスタということになりますが松尾芭蕉の時代に観葉植物のオーガスタが日本に存在していたということでしょうか? 江戸時代の人は芭蕉=オーガスタは現在と同じように鑑賞用に見て楽しむ植物だったのですか? 芭蕉の葉は中国に出てきそうな風を作り出す道具として使われていた? なぜ松尾芭蕉は芭蕉と名乗ったのでしょう? 風を作り出せる団扇である芭蕉の葉を気に入った? となると、昭和でいう 松尾扇風機 とか 平成でいう 松尾エアコン 松尾クーラー みたいなDQNネーム?だった?

  • 江戸時代以前

    江戸時代以前って男女どちらの方が不倫(書き方思い付かなかったので現代の言い方です)率が高かったのでしょうか? そういうデータって残ってるんですかね。分かれば身分事に教えて頂けると幸いです

  • 江戸時代長寿

    江戸時代長寿だとなにか、いいことはありましたか? 私のご先祖様に90歳以上生きたかたがいます 逆修の供養塔には延享元年、90歳と彫ってあり 供養塔を建てた時点では、生きてましたから、90歳以上長生きした可能性もあります 江戸時代は、お金持ちが長生きすると言われてましたが、ご先祖様は地侍でして少し裕福ぐらいでした ご先祖様の供養塔が、お寺の入り口の近くにあるのも、もしかしたら長生きしたからかもしれないです

  • 江戸時代って

    とある時代マンガを読んでいて思ったのですが、江戸時代って、国民をどういう風に把握していたんでしょう。 戸籍に代わるものはあったのでしょうか。身分によっても違ったのでしょうか。 捨て子を拾って来て自分の子どもとするようなことは可能だったのでしょうか。

  • 江戸時代の旅について。

    江戸時代の旅について。 江戸時代、成人の男性は、どの程度の日数を費やして江戸から京まで旅をしたのでしょうか。 日本橋を基点として、東海道を旅した場合、一日目に宿泊する宿場のどの宿だったのでしょうか、これも、成人男性の場合。