• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

江戸時代、庶民の旅人は下着などの衣類をどこで洗ったのでしょうか。

江戸時代、庶民の旅人は下着などの衣類をどこで洗ったのでしょうか。 江戸から上方を往復するような一ヶ月くらいかかる旅の場合です。 風呂場では狭いし、それにお客が次々に入浴するでしょうし…。 また、旅籠には浴衣(寝巻き)は用意されていたのでしょうか。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数964
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

こんにちは。 私は、自称「歴史作家」です。 >>江戸時代、庶民の旅人は下着などの衣類をどこで洗ったのでしょうか。 男でも女でもそうですが、必ず、下着は2~3着を用意して旅にでました。男も女も長距離になる場合は、荷篭を手に持つか背中にハスに結わえて旅をしました。 しかし、東海道で江戸から京都までは、通常、男足で15日くらい、女足でも17日くらいでしたので、それくらいの距離であれば、「着たきりスズメ」でした。 まあ、お伊勢参りなどになると、途中で着替えたりしましたが、洗濯は通り道の小川や池の水で洗いました。 では、乾かすのは・・・と、言うと、これは、濡れたままたたんで持ち歩きました。そして、夏であれば、荷物篭の中で自然に乾きましたし、冬ですと、濡れたまま持ち歩きました。 余り着替えをしない状態でした。 >>風呂場では狭いし、それにお客が次々に入浴するでしょうし…。 そうですね。旅籠の風呂では、洗うことは「厳禁」でした。 それは、お湯を使うことと、当時の薪は非常に高かったためでした。 でも、中には「コッソリト」と言うようなちゃっかり者もいました。 >>また、旅籠には浴衣(寝巻き)は用意されていたのでしょうか。 もちろん、これはありませんでした。着たきりスズメのまま横になりました。 また、混雑する宿では、布団なども出してはくれず、相部屋で屏風1枚で仕切りをし、布団も出してはくれませんので、自分の着ていた上の着物を脱いで上掛けの代わりとしました。あるいは、女性などの場合は、そのまま横になって一夜を過ごしました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いつも詳しく教えてくださってありがとうございます。 東海道くらいの旅であれば「着たきりスズメ」ですか…。 確かに、下着を洗うとしても街道筋近くの池は村の財産であるし、川の洗い場もそうでしょうね。 実は、近現代史の専門家の著作で、下着は風呂場で洗うとか、旅籠には浴衣手拭が用意されていると書いてあったものですから、まさかと思って質問しました。 Bungetsuさんのご回答で納得しました。

関連するQ&A

  • 江戸時代の旅人

    江戸時代の人はどのくらい旅をしていたのでしょうか? 先祖の墓参りの旅はあったでしょうし、お伊勢詣りなどが有名ですが、どのくらい移動の自由に制約があったのでしょうか。 身分によって旅が禁じられていたりしたのでしょうか。 松尾芭蕉のような旅人は結構いたのでしょうか。

  • 江戸時代の旅の手荷物や衣類・食事などは?

    お世話になります。 時代劇を見ると、江戸時代の旅装束・手荷物・衣類・食事は、かなり少ない様子です。即ち、 ●笠、合羽程度を振り分け荷物で着たきりスズメ で、手ぶらのようです。その他には、せいぜい杖くらいです。泊りは宿場なので問題なしとしても、こんな軽装で旅が続けられたのでしょうか? よって、質問です。 Q1.着物の洗濯はしない?(乾かすひまがない・・・) Q2.朝晩は宿屋で準備された?(食料事情は問題なし・・・) Q3.昼ごはんはあった?(平安時代は、朝夕の2回だそうですが・・・) 特に、食料事情は重要で飢饉があるくらいですから、食料が不足している可能性がありますが、お金があれば食べるには困らない状況だったのでしょうか。また、荷物が少ないし、着の身着のままみたいで、不思議です。お遍路くらい荷物が限定されたのでしょうか? ご回答をよろしくお願いいたします。

  • 江戸時代の武士の旅姿

    映画に登場する江戸時代までの武士の旅姿を見ると、大体の場合、手甲・脚絆に旅用の羽織を身につけ、頭には菅笠、腰にはカバーを掛けた大小二本差しをています。 ところが背中の荷物はと見ると、楕円形で弁当箱程度の大きさの小さな入れ物を長い紐でたすき掛けにして背負っていますよね? この映画の描写が正しいとしての質問なのですが、この背中に背負った小さな入れ物、中には何を入れていたのでしょうか? また、この入れ物、大きさ的に着替えの着物が入るはずもないのですが、では下着も含めて旅行中の着替えはどうしていたのでしょうか?  目的地まで一回も着替える事は無い? 当時の旅行は今ほど清潔ではなかったとしても、何日も着替えをしなかったというのは考えにくいように思います。 では、宿場の宿で毎日新しい物を購入していた? そんなに毎日お金を使っていたのなら、途中で路銀が底をつく事になりませんか? それと、脚絆は歩きやすいように足下をキュッと絞る役目があるのは理解出来るのですが、「手甲」は何のため? 時代劇を見るたびに疑問に感じています。 

  • 江戸時代の庶民は

    江戸時代の庶民は天皇家をどれくらい知っていたので しょうか。江戸城松廊下の事件は天皇家の勅使、院使 を迎い入れる儀式の最中に起きた事件ですよね。 すると庶民は浅野氏が何故吉良氏を襲ったのか、そして その理由は何なのかをかなりの線まで知っていたのでは ないでしょうか。 また勅使、院使の行列も江戸庶民は目の当たりにしてい たとみるべきでしょう。すると天皇家というのは京都に ある幕府とは違う権力機構だということぐらいは知ってい たと思うのですが。

  • 浴衣はなぜ廃れないのか?

    浴衣に興味を持ち、最近浴衣について少し調べてみました。 江戸時代頃庶民の間で風呂上りに着用されていた浴衣ですが、染め方の関係で一度廃れかけたそうです。 しかし現在は夏の風物詩のようになっています。 そこでちょっとした疑問が。なぜ浴衣は現在も人々に愛用されているのでしょうか?また浴衣は本来室内着だったはずなのに(江戸後半には夜に外で着用することもあったらしいが遊び人が着る認識だったそう)なぜ外に着ていくおしゃれ着という認識になったのでしょう? 振袖などの着物は日本の伝統的な衣類として現在も残っているのはわかります。 浴衣は安価なものが出たり、ブランド浴衣が出たり、着付けが楽に出来るものとか、ミニスカートのような変形浴衣などが出たりと日本の伝統的なものとして残ってきたというイメージではないような気がします。 ちょっと質問の内容がわかりにくいようにも思えますが、浴衣がなぜ現代まで廃れず残っているのかを知りたいです。流行、和のブームといってしまえばそれまでのような気もしますが。。 よろしくお願いします。

  • 江戸時代以前の庶民の日常について

    お世話になります。 最近急に興味が湧いてきたのですが、 古代~江戸時代の庶民の日常が書かれている書籍・史料などがあれば教えていただけませんでしょうか? 例えば 源氏物語など多くの作品は 皇室や貴族のお話ですし、 時代的に史料として残っているものは少ないのでしょうが、何か残っているのなら 読んでみたいのです。 どうかよろしくお願いします。

  • 江戸時代の庶民の米食

    江戸時代の一般庶民はどのくらいの頻度で米の飯を食べられたのでしょうか? 年に何度かしか食べられないような話も聞きますが、時代劇とか見ると普通の町民でも飯屋とかで日常的に食べてるようでもあります。 都市部と農村でも違うと思いますが実際のところどうだったのでしょうか?

  • 江戸時代の庶民の貯蓄

    江戸時代は、1町5反持ちの本百姓は10両の貯蓄があったみたいですが、10両貯蓄できただけでも大したもんなんですか? 聞いた話しでは本百姓は米の他に麦も作るから、若干お金に余裕があったみたいです 江戸時代の庶民の貯蓄平均額は、どれほどのもんなのか興味があります

  • 江戸時代、庶民はメガネをかけていた?

    江戸時代、文化・文政期の頃のことを調べています。 江戸時代には眼鏡屋なる商売があったようですが、文化・文政期、メガネは庶民にも手が届くものだったのでしょうか? 商家の主はメガネをかけていても、手代や丁稚がかけていたらおかしいようなイメージがあります。 値段的にも、ステータスとしても、庶民には手が届かないものだったのでしょうか? また目上の人の前ではメガネをかけるのは失礼にあたると書いてあるサイトもありました。そうだとしたら身分の低い庶民はメガネなどかけられなかったのでしょうか。 江戸時代、庶民はメガネをかけていたのか、ご存知の方いらっしゃいましたらご教授ください。一例として、商家の手代はどうだったか教えていただけましたら幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • 江戸時代後半、庶民は年号を知っていたか。

    先日、類似の質問がありましたが、「農工商」に属する庶民の多くは、年号を知っていたのではないでしょうか。 以前、江戸時代の歌舞伎の地方公演を調べたとき、木版刷りの「芝居番付」に文政2年とありました。 また、通貨でも寛永通宝ほか元号の入っているものもあります。 そこで質問ですが、「黄表紙」等の印刷物には発行年月を入れるのがふつうですか。 また、借用証書、離縁状、寺に出す出生届けなどには必ず年月を入れるものですか。 その他、庶民が元号・年月を意識する例を教えてください。 よろしくお願いします。