• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

C型肝炎について教えてください。

  • 質問No.2657039
  • 閲覧数283
  • ありがとう数1
  • 回答数1

お礼率 88% (22/25)

45歳既婚女性です。昨年、献血をしました所、日赤からC型肝炎の抗体が陽性だったと通知がきました。GOT28 GPT36です。
私立病院に通知を持って再度検査をしてもらった所、ウイルスは、しっかりいるそうです。量も多いそうです、超音波の結果は脂肪肝が見られて他に異常はなかった見たいですが慢性肝炎と診断されました。
でもタイプが2型だそうでインターフェロンが効き易いし年齢的にも受けた方がいいと勧められましたが私立病院ではインターフェロンは行ってないので他の病院に紹介状を書いてもらい今日行ってきました。
また、血液検査、超音波はするのですが(今日は血液だけ採ってきました)結果は3月初旬に出るそうです。
先生が2型なので通常48週(1年)の投与だが貴方の場合は24週(半年)で大丈夫、インターフェロンをするなら肝生検もしないでいいと言ってましたがどうなんでしょうか?
それと血小板数が20万なので貴方の場合はF1(軽度の肝炎)とF2
(中度の肝炎)の間くらいだと言われました。
インターフェロン投与の前に副作用を調べる為に10日~2週間の入院は必要と言う事と慢性肝炎は胃と食道静脈瘤にも病気が隠れてる場合があるので、その検査もすると言ってました。
インターフェロンは副作用も強いし治療費も高いし主婦としては2週間の入院も考えてしまいます。
でも命には変えられないので治療を受けるつもりではいますが・・・。ウィルスは本当に消えてくれるのだろうか?
費用はどの位掛かるか?副作用はどうなのか?経験者、または詳しい方ご教授下さい。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 17% (6/34)

C型慢性肝炎は、現在インターフェロンでしか治療できません。
選択肢は、ペグインターフェロン±リバビリンです。
インターフェロンは、長期に投与、高単位投与すると効果が高くなります。
内容をみると妥当な治療内容です。心配ないと思います。
投与中は、高額医療になると思いますので、一時負担はあるものの
7万前後ではないかと思います。また、年間20万以上の自己負担は
、控除が可能です。ぜひ肝がんにならないためにも早期に治療してください。
お礼コメント
aketone

お礼率 88% (22/25)

お返事遅くなりすみませんでした。
色々な事が重なりまして、治療の方は来年から始めようと思います。
ありがとうございました。
投稿日時:2007/02/03 20:32
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ページ先頭へ