• 締切済み
  • 困ってます

C型肝炎の治療について・・・インターフェロンが効きません。

C型肝炎の治療について・・・インターフェロンが効きません。 最近ニュースでC型肝炎は治る病気となりました。 と見ましたが、自分は今まで3回のインターフェロン治療を おこないましたが完治はしておりません。医者にも治る確率は10%といわれました。 進行状態は慢性で進行を遅らす注射を週に3回ぐらいうっています どなたか完治の治療の方法があれば教えてもらえないでしょうか? 慢性の方が完治した方法などがあれば教えてもらいたいです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数340
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.2

過去3回のインターフェロン治療がペグインターフェロンとリバビリン併用療法ではない場合、 4回目で併用療法をお考えになっても良いのではないかと思います。 私は天然型インターフェロンであるスミフェロン(6MU/24週)、同(9MU/24週)、 遺伝子組換え型のアドバフェロン(12MU/36週)の3回では完治(完全著効)せず、 4回目のペグインターフェロンとリバビリン併用療法(48週)でようやく完治しました。 ただし、私の場合はウイルス量が割と少なかったので効きやすかった可能性はあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • インターフェロン治療について

    慢性C型肝炎なのですが、医者よりインターフェロンの入院治療を進められました、3ヶ月前の採血でGOT,GPTは基準を越えました。(数値は100以下です) 自分のはウイルスの数が多いタイプなので完治する確率は非常に低いとの事でした。 この様な状況で急いで治療するか迷っています。 近々、新薬が発売されると聞きましたがどのようなものなのでしょうか、経験者、専門家のご意見よろしくお願いいたします。

  • C型肝炎の新しい治療

    彼がC型肝炎です。 輸血で感染したと聞きました。 何年か前にインターフェロン? (←違っていたらごめんなさい;) の治療をしましたが型に合わず 効かなかったそうです。 今は進行を抑える注射を週に 1~2回しています。 早くて今年中に又新しい 治療が出ると聞いたのですが どんな治療なのでしょうか? また、もう行っている病院が あるのでしょうか? 良かったら教えて下さい。

  • C型肝炎の治療費

    私の両親がC型肝炎です。父親は5,6年前にインターフェロンで治療しました。その当時、週に3回注射をし、それを半年くらい続けました。(うろ覚えなので間違っているかも)母親は、現在、治療の真っ最中で、週に1回インターフェロンをやっており、1年くらい治療する予定だそうです。 質問は、現在舛添厚生相が「インターフェロン治療費助成」を考えていると言っていましたが、薬害以外で感染した人には助成がないのでしょうか。ネットでのニュースとか読んでみますが、私の読解力がないのかよく分かりません。ちなみに両親は、輸血も血液製剤も投与されていないので、注射のまわし打ちにあったというのが一番の可能性ではないかと考えています。 母親は、「治療を中断して助成を待つ」ことはしんどいのでできないと言っており、助成を受けることはできないと思われますが、今後の知識として知っておきたいので質問しました。

  • 回答No.1
  • USB99
  • ベストアンサー率53% (2221/4130)

telaprevirやSCH 503034などのプロテアーゼ阻害薬とか、toll like receptor9のagonist(CPG 10101)とか新しい薬がどんどんできていますから、今はGPTをあげないでそれらの薬が使えるようになるのを待つしかないかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

関連するQ&A

  • C型肝炎キャリアでインターフェロン

    C型肝炎のキャリアです。先日病院で血液検査しました。GOT、GPT共に正常値でした。医師の説明によると放って置く訳にもいかないので入院しインターフェロン治療した方がよいとのことです。まだ慢性肝炎でも発症したわけでもないし、治療したとしても30%の確率と聞きます。キャリアの段階でインターフェロンすべきでしょうか?副作用も強いらしく不安です。アドバイスよろしくお願いします。

  • C型肝炎のインターフェロン治療について。(特に医師の方お願いします!)

    宜しくお願いします。 知人がC型肝炎を10年程前から患っております。 5~6年ほど前にインターフェロン(単独で)の治療をしたそうですが、ウイルスは消滅しなかったそうです。 そこで、最近インターフェロンとリバビリンを併用するといった治療が効果を上げているという事で、その治療を受けているそうです。 インターフェロンの注射は週1回打っており、薬は朝・昼・晩の1日3回を毎日飲んでいるそうです。 しかし、飲んでいる薬を見せてもらうと、「リバビリン」ではなく、「シンメトレル50mg」という名前の薬でした。 「リバビリンン」と「シンメトレル」は同じ作用ですか?それとも「シンメトレル」を使用する意味が他にあると思われますか?インターネットを使って、C型肝炎の治療をした方の色んな情報を見ていますが、「シンメトレル」を使用している人がいらっしゃらなかったので、質問させていただきました。宜しくお願いします。

  • インターフェロン治療後

    C型肝炎の治療の為、インターフェロンを始めて14回目の注射が終わりました。10回目の血液検査で、C型肝炎ウイルスは除去されました。しかし14回が終わっても肝臓の数値が下がってきません。医者も普通は下がるんだけども・・といっていますが。肝臓の機能が相当悪いんでしょうか? C型肝炎だといわれて15年がたちます。ウイルスのグループはインターフェロンが良く効くタイプだといわれました。肝硬変の初期だといわれています。インターフェロンの注射は24回の予定です。肝臓の数値は、治療前がGOT84、GPT157、r-GTP113。 14週目が、GOT82、GPT141、r-GTP110でした。14週の内一番良い数値が5週目のGOT53、GPT108、r-GTP96で、後はこの数値の間を行ったり着たりです。一般には肝臓の数値はどのような動きをするのでしょうか?

  • インターフェロンの治療について

    今日からインターフェロンの入院治療が始まりました。 当初、インターフェロンとレベトールの6ヶ月の治療と聞いていたのですが レベトールはなしになって、「アトバフェリン」というインターフェロンにかわりました。一番新しい注射だそうです。インターフェロンの治療は二回目なのですが一回目、効果が薄かったので(といってもウィルスの量は随分少ないと言われました)今度こそ完治して欲しいです。 「アトバフェリン」について使用された方、知識をお持ちの先生、教えて下さい。 また、インターフェロンで完治された方の体験もお教えください。 今かかっている先生を信頼していますが、他の方のお話も聞きたいので。

  • C型肝炎は直りますか?

    従弟がC型肝炎で、週に3回病院へ行って注射をうってもらっています。何かの理由でインターフェロンは使えないそうです。従弟が病院へ行かなくて済むようにしてあげたいのですが、民間療法、でC型肝炎を治した方はいらっしゃいますか?どうぞ、お教えいただきたく思います。

  • インターフェロン治療の副作用

    C型肝炎と診断され、インターフェロン治療をやり、去年10月に完治しました。治療中の主な副作用は、お腹(へそ周り)の湿疹と脱毛でした。それぞれ2週間ほどで治まりました。 治療後の最終検診は今年の2月(8月も検診があったのですが、すっかり忘れてしまいました)でした。 ここからが本題なのですが、今年の5月頃からまた、湿疹と脱毛が始まりました。湿疹は9月頃には治まりましたが、脱毛が止まりません。毎回、僅かな量ですが、洗髪の時に抜けます。このまま止まらないと・・・・と思うとゾッとします。 インターフェロン治療が終わり、完治と診断された後でも副作用は出てくるものなのでしょうか?どなたか詳しい方がおりましたら、アドバイスをして頂けたらと思います。

  • 高齢の方のC型肝炎の治療

    私の母(72歳)は5年程前に慢性C型肝炎と診断されました。その頃のインターフェロンの治療では完治する確立が少ないので治療しませんでしたが、最近のペグインターフェロンでは、完治の確立も上がってきていると聞いています。 そこで質問ですが、母のように高齢でも治療する価値はあると思いますか? 母は、あまり体も強い方でもなく、副作用も心配です。 娘の立場からは、治療して治るものならしてほしいのですが、母はあまり治療には積極的ではありません。 高齢で治療をされた方がいらっしゃたら、お話を聞きたいです。

  • インターフェロン治療を悩んでます。

    私は52歳女性です。 私は3ヶ月前にC型肝炎と診断され、ジノテストの結果 6ヶ月のインターフェロン治療が必要と言われました。 今、現在、体調は絶好調で、インターフェロン治療により 副作用、又は他の病気が出てくるのが大変不安です。 私は海外在住の為、ドクターがアメリカ人なので 日本の治療法を知りたいのですが、どなたか 今現在調子はわるくないが、、治療をなさった方 ご意見お聞かせ下さい。 よろしくお願いいたします。

  • 現在のインターフェロン治療について

    44歳になる男です。15年弱前に当時の厚生省に認可される前の治験としてインターフェロン治療をしました。結果は1年の予定での治験開始でしたが、2ヶ月くらい経った頃からGOT,GPT,γ-GTP,ウィルス量の全てが増えて継続的にその状態が続いたので治療を打ち切った経験があります。その時は投薬自体は4カ月程度でしたが副作用が色々出て・・例えばデスクワークで「何の感情の起伏もない」静かな環境で仕事をしてると突然涙が止まらなくなったり、食欲減退、不眠、男性不能、毛髪の脱落、倦怠感等々色々ありました。メンタルクリニックに通って眠剤なしで眠れるようになる(当方の場合は不眠が一番最後まで残った)まで7年を要しました。 当方の実家は病院なのですが、父親は当方が生まれた年に怪我をして来院した外来患者を触診しててB型肝炎に感染、母親は当方を出産した時に難産で「出産後に」輸血した血液からC型肝炎に感染してます。父親は感染から9年後に肝硬変に劇症肝炎を併発して亡くなってます。母親は健在ですが当方と同時期に治験治療をして、やはり効かなくて投薬を止めて2年前から1年間現在のインターフェロン治療をしましたが、結局完治せずに終わってます。当方も最初は治療を躊躇ってたのですが、当時別の総合病院で病院長をしてた父親が出た大学の同期の先生に「君には絶対効く!今(30歳当時)治療しないと50歳まで生きられない!!」と言われ治験治療に踏み切った次第でした。 ここで質問なのですが、現在のインターフェロンの治癒率はどのくらいでしょうか?過去にインターフェロン治療をしてて副作用の辛さを知ってるだけに再度の治療を躊躇ってます。治験当時のそれと今のそれとでは副作用の程度は軽いですか? 上記の投稿を読まれた方の中には「医者のくせに素手で触診?」とか完治率数パーセントの時に「君なら絶対に・・」等を問題視する方もいらっしゃるとは思いますが、その先生とは家族ぐるみの付き合いだったし父親を同じ病気で亡くしてるのも知ってたので出た言葉だと納得してます。また、「素手で触診」の件も昭和40年当時の話です。 当方は医者ではありませんが一時は医師の道を志したので、普通の方よりは医学知識もあると思ってるので、インターフェロン経験者かお医者様に現状を教えて頂きたく思います。

  • C型肝炎の治療について

    教えてください。 インターフェロンの治療が効くタイプなので インターフェロン治療をすると思うのですが ○治療には入院が必ず必要なのでしょうか? ○治療は週に何回通うのでしょうか? ○仕事は両立できるのでしょうか?(これは個人差もあると思いますが参考のため経験談を聞かせていただける助かります) 子供も小さく、入院していられる環境にないということと 仕事もしていているので入院のために何日も仕事を休めないのと、 職場に『C型肝炎です』と報告しずらいことなど 色々な理由から治療に不安があり 治療に踏み出せずにいます。 教えてください。 よろしくお願いします。