• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

C型肝炎治療中

昨年秋の健康診断で肝機能の値の異常があったので、 血液検査をしました。その結果、C型肝炎と診断され て一月中旬から2週間ほど入院をしました。 ペグインターフェロンとレベトール併用療法で治療を していますが、たいした副作用もなく、今後の治療に 明るさが見えていたところ、白血球や血小板の減少が 数字として表れていました。 主治医の先生はすぐにレベトールの服用を中止するよ うにとのことでした。 完治を目指す気持ちとして、インターフェロンを使っ ているのであれば初期に当然起こる副作用と考えます が、主治医の先生のご判断は正しいのでしょうか?  今後に不安を感じています。 三週目 白血球 3.1 血小板 9.4

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数241
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

質問者様の実際の数値を私が見ていませんので、あくまでも参考程度にとどめていただければと思います。 まず、白血球・血小板減少についてですが、おっしゃる通り、インターフェロンの副作用であらわれるものなのですが、レベトールとの併用によってその副作用が増強されるということもあるのです。 そのため、インターフェロンとレベトールを併用する場合、大体4週間程経過を見る必要があるのですが、おそらく、質問者様の白血球・血小板の数値やその他の数値が、高度に低下したため、主治医の方が副作用増強を懸念し、中止を決定したのではないかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございました。

質問者からの補足

早速の回答をありがとうございます。 どうも人は猜疑的になりがちです。被害者意識も潜在的に持っています。見えない恐怖感もありますね。 少し安心しました。これからも頑張ります。

関連するQ&A

  • C型肝炎治療について

    抗ウィルス剤「プロストラチン」とインターフェロン+リパビリン治療は可能なのでしょうか? 去年、24週の治療を受けましたが、主治医がレベトールの処方量(朝1錠、夕方2錠を朝1錠、夕方1錠と誤っていた)を間違えていたため完治できませんでした。 前回は副作用がきつかったため、それ以上の副作用があったら精神的にも耐えられないかもしれません。 同じレベルの副作用なら何とか頑張れそうです。

  • 高齢の方のC型肝炎の治療

    私の母(72歳)は5年程前に慢性C型肝炎と診断されました。その頃のインターフェロンの治療では完治する確立が少ないので治療しませんでしたが、最近のペグインターフェロンでは、完治の確立も上がってきていると聞いています。 そこで質問ですが、母のように高齢でも治療する価値はあると思いますか? 母は、あまり体も強い方でもなく、副作用も心配です。 娘の立場からは、治療して治るものならしてほしいのですが、母はあまり治療には積極的ではありません。 高齢で治療をされた方がいらっしゃたら、お話を聞きたいです。

  • C型肝炎の治療について

    こんにちは C型肝炎の最新の治療法は、ペグインターフェロンとリバビリンの併用だと聞きましたが、 この治療法は、鬱などが出て、途中でやめてしまったら、その後、菌が爆発的に増えて、 余計に症状が悪くなると言った副作用はないでしょうか? あと、この治療法は、やると、骨密度が下がると聞いたのですが、かなり下がるのでしょうか? よろしくお願いします。

  • C型肝炎の治療について・・・インターフェロンが効きません。

    C型肝炎の治療について・・・インターフェロンが効きません。 最近ニュースでC型肝炎は治る病気となりました。 と見ましたが、自分は今まで3回のインターフェロン治療を おこないましたが完治はしておりません。医者にも治る確率は10%といわれました。 進行状態は慢性で進行を遅らす注射を週に3回ぐらいうっています どなたか完治の治療の方法があれば教えてもらえないでしょうか? 慢性の方が完治した方法などがあれば教えてもらいたいです。

  • C型肝炎の末期の治療でペグインターフェロンとリバビリンの併用という治療ってどう...

    C型肝炎の末期の治療でペグインターフェロンとリバビリンの併用という治療ってどうなんでしょうか。 70歳ですが、C型肝炎末期でアンモニア数値が高くて再入院したら、肝臓が破壊されてきてるといわれました。最後の望みの治療として、まだ認可の下りてない1度の注射で1万5千円するものを使いたいといわれました。過去にインターフェロンを2度注射しても、効果がなくて途中で治療をやめた経緯があります。医者は長い間診てもらってた先生(長年の父の主治医)が、入院患者を担当できないポジションになったとかで、その先生の後輩(教え子?)に今回の入院から変わりました。薬の名前は聞きにくく確認してません。 末期の肝硬変に、この治療ってありえるのでしょうか・・・?1度目の注射のあと、ひどい不眠や全身のかゆみや、今までに無い倦怠感(だるさ)がありました。 そうでなくても、体力が弱ってるのに・・。とても心配です。 この注射の少し前には、プロヘパールという錠剤の服用も始めています。その後輩の医者がいうには、自分の患者にはいくらか効果が出たとのことですが、どんどん悪くなる一方で、その後インターフェロン治療を始めました。 しかも、はじめる前には、もともとの主治医に、電話で確認を取りたいのに、連絡が取れないと言い、他の医者とも相談して、使用するからと言われました。 ひどい不眠を起こしたために、かゆみをとめて眠れるようになるという注射を打たれたのですが2日間も起きません。 これって、治療がおかしいのではないでしょうか・・。

  • C型肝炎について

    自分は、C型肝炎と診断され、今度入院することになりました。型は、2a型らしいです。また、2aにはペグインターフェロン(:ペガシ?週に1回うてばいいらしい)が80パーセントぐらいの確率で効果があるそうです。2週間ほど入院し1年間ぐらい週1回、注射を打ち続け、経過を見るそうです。肝炎と診断されたのは、10年以上も前なので、いろいろ調べ、どういうものなのかはたいてわかっているのですが、そのペグインターフェロン(まだ新しい??)副作用について詳しく知りたいです。医者に聞いても、高熱が出て、血小板が減ります。以前の薬よりはだいぶ楽になったから・・・・ぐらいのものでした。ま、それはそれで納得するのもいいのですが、その1年間経過を見る中で、私生活にどれほど影響があるのか、また、具体的に他にどんな副作用があるのか、詳しい方、経験した方がおられるのであれば、アドバイスをお願いします。

  • 毎晩発熱します。(C型肝炎)

    タイトルのとおり、毎晩37.5度前後の発熱があります。朝、体温を計ると36.4度くらいなのですが、、、 発熱時は全身がだるく、一旦横になるともう起き上がりたくなくなるほどです。仕事はなんとか普通にこなせていますが、毎晩しんどく病院での検査も持病のC型肝炎以外に異常はありませんでした。やはりC型肝炎が原因でしょうか。 過去にインターフェロン治療とレベトール併用インターフェロン治療の2回をしましたが改善されずに現在はとくに治療をせずに経過観察中です。GOT、GPTは共に150-300くらいを前後しています。  また、新しいインターフェロン療法があるそうなのですが(週一回接種のインターフェロン)この治療を受けるためにはやはり入院が必要でしょうか。現在、転職した直後のため、なかなか踏み切れません。  まとまりのない文になってしまいましたがなにかご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。

  • C型肝炎 1b高ウイルス量タイプの治療

    32歳男性、1b高ウイルス量タイプのキャリアです。 ウルソ100を毎食後服用しながら、 2ヶ月に1度の血液検査をしている状態なのですが、 GPTの値が250近くになり、主治医の先生からペグインターフェロンとリバビリンの併用療法開始を強く勧められました。 先生に聞き忘れた事を教えてください。 48週間の治療期間で幾らぐらい掛かるものなのでしょうか? あと、不安に感じている事は、 週1回の注射や副作用による体調不良などで 会社を休む日が多くなるのではないかと言う事です。 いっそのこと、病気療養で休職した方が会社に迷惑が 掛からないのかなと思ったりもします。 皆さんはどう思いますか?

  • C型肝炎患者さん、または回りに患者さんがいらっしゃる方、教えて下さい。

    私はC型肝炎で治療中です。始めはインターフェロン単独療法でしたが効果が得られず、一ヶ月前より内服併用となりました。するとインターフェロン単独だった頃は副作用が無かったのですが、内服を飲み始めると副作用があり、倦怠感と息苦しさがあります。去年の春に専門学校を卒業して資格を取りました。他の疾患(骨折)もあったので去年秋までは自宅療養していました。そろそろ仕事を始めたいと思っていた所、内服治療が始まり副作用が出てしまい体力が不安です。でも働かないと将来への不安やで、悶々と毎日、自宅で過ごしています。資格はとりましたが慣れた仕事ではないし、今から現場で学んで行く事が沢山あり、どこまで耐えられるのかも不安です。C型肝炎で治療された方、お仕事は、どうされてましたか?また、副作用は途中で治ったりするのでしょうか?副作用の出かたや、期間などは個人差があるとは思いますが、回りに同じ病気の方がいないので、皆さん、どうされているのか参考までに教えて頂けたらと思います。宜しくお願い致します。

  • C型肝炎と飲尿療法について

    私は、C型肝炎で8/1より、現在インターフェロンを週1回注射、毎日朝晩2回レベトール錠剤(2個)服薬、この治療を1年間続けなくてはならないとのこと、薬の副作用も大変強く、うつ状態がひどく、また、食欲もあまりありません。先日、私の友人がその話を聞き、飲尿療法なら必ず良くなるとのすすめがあり、思い切って9月1日から実行スタートしましたが、果たして飲尿療法がC型肝炎に効果があるか、どうか知りたくおたよりしました。よろしくお願いいたします。