-PR-
解決済み

ファクタリング(売掛債権の売却)

  • 暇なときにでも
  • 質問No.2350088
  • 閲覧数649
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 17% (198/1158)

ファクタリングは、むかしアパレル業界が多用していたと聞いたのですが、理由が分りません。
なぜでしょうか?
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 75% (129/172)

仕入代金の支払いから売上金回収まで間が空くときは、その間手許資金がなくなりますよね。
でもその間消費者需要がころころ変わる業界だと新たな仕入のために一定の手許資金はどうしても必要。アパレルなんか典型例でしょう。運転資金の調達として、金融機関が融資してくれればよかったのですが、昔は渋ちんなところが多かったので、担保価値のある固定資産の無い企業は保証協会でもつかない限り融資は当てにできなかった。
そこで出てきたのが売上債権を割引いて買取してもらうファクタリングです。
しかしこのファクタリング、昔は割引料が結構高いケースが多かった。売掛先が手形で支払いできるような業者なら、手形なら信用できるというので銀行に持込んで商手手形割引していました。しかし、手形管理事務は企業には何かと面倒、銀行にとってもやり方によっては結構負担になるので、最近では商手割引は退潮、手形が出せるような売掛先にもファクタリングが使われています。
現在のファクタリングは企業の手間を省くべくシステム化を伴うケースが多く、また、レートも金融機関の商手割引と比べても遜色無いレベルのこともままあるため、使い勝手はだいぶよくなっています。

答えになっていますでしょうか?
お礼コメント
eikowings

お礼率 17% (198/1158)

素晴らしい。
投稿日時 - 2006-08-20 13:42:53
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ