• ベストアンサー
  • 困ってます

It is ~for toとIt is ~thatの使い分け

It is important for you to stop smoking.と It is important that you (should) stop smoking. の違いをおしえてください。 以前、受験関係の本で「for you の部分をとっても意味がおかしくない場合は、to不定詞を、おかしくなるようならthat節を使いなさい。 」と読んだ覚えがあるのですが、「おかしい」「おかしくない」の判断がよくつきません。 どなたかご存知の方、ぜひ教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数2
  • 閲覧数124
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

It is important for me to stop smoking. It is important that I (should) stop smoking. とした場合、 意味は基本的に両方同じです。訳すとどちらも 「私がたばこを吸うことは重要だ」 受験用の参考書、問題集ではよく書き換えで出題されます。 違いは文の構造が変わるということです。 しかし以下を読んでもらえば分かるようにyouという語を使っているために 違いがでてきます。 for youの部分はto不定詞の意味上の主語を表しています。 この部分がないと一般的にどうだということになります。 It is important to stop smoking. 「喫煙をやめることは重要だ。」 これを下の形に変えると It is important that we[you] (should) stop smoking. いいたいことは「喫煙をやめることは重要だ」ということで 一般の人々全体に言っていることなので 我々が・・・で始めても、読んでいる人に向けて あなたが・・・でも 同じことです。(但しこの形で話す(書く)ために主語は必要。) この場合、for us(for you)とわざわざ書く必要はないです。 しかしこの部分を無くすといいたいことが変わってしまう場合 必ずfor~を入れます。 (例)It is important for me to smoke everyday. 「(一般の人にあてはまらないけど)私にとって喫煙することは 重要です。」 この文のfor meをとると It is important to smoke everyday.←喫煙することは重要だ。 (前提があれば変じゃなくなるかもしれませんが、 普通読んだら変ですよね) 別にこのfor meがfor youであっても可能です。 例えばあなたが大層な愛煙家であれば It is important for you to smoke everyday.となるわけですね。 これを単純に書き換えてしまうと It is important that you (should) smoke everyday. 「喫煙することは重要だ」というおかしな文章になってしまうわけです。 for you とか for usの場合 一般的にどうこうということに変わってしまうので下の形を使わないのです。 言いたいことが「あなたにとって禁煙が重要だ」とすると 上の文章で表せば伝わりますが、このときに下の様に書くと一般的に(もちろんあなたの 場合も含むが)禁煙が重要ということになり、違いが生まれます。 例えば肺がん、心臓病が疑われる人に対して下の様に言っても伝わりづらいと思います。 以下の記述を読んだ記憶がないですが、 >以前、受験関係の本で「for you の部分をとっても意味がおかしくない場合は、to不定詞を、おかしくなるようならthat節を使いなさい。 」 「for youをとったらおかしい場合は(for youを使って)to不定詞を、おかしくないならthatを使う。」でないと不自然だと思うんですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答ありがとうございます。 to不定詞ではfor youをつけてその対象を明示する。 that節ではyouが主語の場合、対象が一般全体になるのか、特定の「あなた」になるのか分からなくなるので「特定」にしたい場合は、to不定詞を使うのですね。 ありがとうございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

文の分解の仕方としては、 It is important for you(あなたにとって重要だ)+ to stop smoking(禁煙する事が) It is important(重要である)+ that you should stop smoking(あなたが禁煙する事が) と分解した方が分かりやすいかも知れません。 上は「あなたにとって禁煙が重要」 下は「あなたが禁煙することが重要」 下の方は誰にとって重要なのかが明確にされていませんので、前後の文脈により意味が大きく違ってしまいます。 例えば男が女に対して付き合ってくれと頼んでいる場面で下の台詞を女が口にしたとします、その場合は、彼女にとって男が禁煙する事が重要です。 医者と男が話している場面で慰謝が下の台詞を口にしたとすれば、おそらく男の健康にとって禁煙が重要という意味に取れるでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答ありがとうございます。 「誰にとって」重要なのかを明示するのがto不定詞でのfor meなのですね。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • It is ~for A to..........

    NHKラジオ英会話講座より That's easy for you to say.  口で言うのは簡単さ。 質問: (1)It is ~for A to..........「Aが・・・することは~である」の構文でしょうか? (2)本文はThatを使っていますが、Itでもかまいませんか? (3)ThatやItは形式主語ですね? (4)to不定詞は名詞的用法ですね? (5)判り辛いので、この構文についてもう少しご説明をいただけませんか? 以上

  • It is ~ to V.とIt is ~ that SV.

    形式主語を勉強しているのですが、 It is necessary for Bill to go right away.は、 It is necessary that Bill goes right away. と書きかえられますか? 私は基本的に両者自由に書き換え可能と思っていたのですが、 It is certain that Jim didn't go out that day.は、 It is certain for Jim not to have gone out that day.(×) としてはいけない、と参考書にあります。 でも、~にくる語が強い感情表現を表している場合は、toVに書き換え可能とあったのですが・・・。 参考書を見ている限り、~にくる形容詞によって、toVになるかthat節になるかが決まる、ということのようですが、その辺の基準、がよく分かりません・・・。 toVの場合は、どういう形容詞なのか。 はたまたthat節の場合は、どういう形容詞がくるのか。 また、ItがtoVになってもthat節になってもどちらでもいい形容詞ってあるのでしょうか? よろしくお願いしますm(__)m。

  • It is ~for 人 + to ~(中学英語)

    不定詞の書き換えで To study English is important for me. It is important for me to study English. という問題をよく目にします。 「~(人)にとって」は「for ~」で表現すると思っていました。 ところが並び替えの問題で、 To visit old towns is interesting to my father. が解答となるものを見つけました。「for my father」ではないのでしょうか。 また、これを形式主語を使って書き換えすると、 It is interesting to my father to visit old towns. となるのでしょうか。

  • It is~for人 to~

    よくあるit is構文ですが、 It is easy for me to study English. for me を最後に持って来たら文法的には間違いなのでしょうか。 It is easy to study English for me. 何も考えずに、一つの形としてIt is~for 人 to~ で覚えてきましたが、 for人を「形容詞とto」の間に入れる「べき」なのか、入れた方が「ベター」 なのかどちらなのでしょうか。 形容詞とtoの間に入れた方が意味としては伝わりやすいと思うのですが、 実際にテストなどでfor meを一番最後に持って来たら、×になるのでしょうか。 教えていただけますとうれしいです。 よろしくお願いします!

  • It for 人 to 不定詞

    中学校の英文法です。 (例)It is difficilt for me to speak English. difficultの部分には形容詞がはいるから、何かいれて文を作ってみて、と子どもにいったところ、 (1)It is sad to die you.(あなたが死ぬことは悲しい)と作りまた。  これってあってますか? (2)この構文では使える形容詞と使えない形容詞がありますか?  頻出なものはeasy,difficult,important,interesting,hardがありま した。これ意外だと判断に困ってしまいました。   どなたか、よろしくお願いします。

  • It is ... for A to doの"..."は誰の主観でしょうか

    コズミカ英和に以下のような例文と解説がありました。 My family is more important to [for] me than my job. 家族は私には仕事よりも重要です(to meは「私は大切とみなしている」、 for meは「私のために[私にとって]大切」というニュアンス) [ ]は入れ替え可能の意味です。それから以下のような例文もありました。 It is important for young people to konw that in many cases there is more than one solution. 若い人は多くの場合に解決法が1つだけではないことに気付くことが大事である。 この文では、「大事だ」と思っているのは若い人ではなく話者なので、 1つめの文でいうfor meのニュアンスだと思います。では、 It is important for them to study every day. という文はどちらのニュアンスになるのでしょうか。 つまり、「大事だ」と考えるのは話者でしょうか、彼らでしょうか。 もしかしたら文脈で判断されるのかもしれません。 だとしたら、It isで始めて、そのニュアンスの違いをはっきりさせる方法はないのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • to for について

    to for について But some of the information available to you is not reliable この場合、toのかわりにforはもちいることはできますか? 又、この時のtoはto不定詞とはいっては間違いなのでしょうか?

  • It is kind of you to~の構文

    It is kind of you to help me.についてお伺いします。 このto不定詞は副詞的用法〔判断の根拠〕との記載が文法書にありました。 とすると、このItはどのように説明できるのでしょうか。仮主語Itは不定詞の名詞的用法を受けてのものだと解釈していましたので、このように思いました。 教えていただければと思います。

  • It is typical of Jeremy to ...の構文は?

    文法問題の解答で納得できなくて少し困っています。 Jeremy frequently invents ridiculous stories like that!の書き換えとして It is typical of Jeremy to make up a ridiculous story like that! が解答でした。 私の答えはIt is typical for Jeremy to ...です。 It is (形容詞) of 人 to ...の構文をとるときは形容詞と人がイコールになり、ならなければ前置詞はforになる中学校で習って(はずですが。。。)、それ以来ずっとそうだと思ってきましたが、この文章にはそれは当てはまりません。 例えば、It is kind of you to...はyou=kindですが、上の文ではJeremy=typicalではありません。 イギリス人に聞いたら、使われる形容詞によってその後の前置詞は変わるんだという回答でした。 この構文では形容詞=人と必ずしもなるわけではないのでしょうか?

  • It is predicted that について

    お世話になっております。 以下についてお教えいただけないでしょうか? It is predicted that ~ 辞書のこのようなセンテンスが載っていました。 predictは他動詞、それが受け身になりどうしてthat節を作ることができるのでしょうか?疑問でなりません。