• ベストアンサー
  • 困ってます

It is predicted that について

お世話になっております。 以下についてお教えいただけないでしょうか? It is predicted that ~ 辞書のこのようなセンテンスが載っていました。 predictは他動詞、それが受け身になりどうしてthat節を作ることができるのでしょうか?疑問でなりません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数3
  • 閲覧数529
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • Nakay702
  • ベストアンサー率81% (8893/10940)

すでに立派な回答が寄せられていますので、それで十分と思いますが、少しだけ違った要素を含めてお答えします。 ある辞書にこういう例文があります。 Scientists predicted that there would be a great earthquake within the year. 「学者たちは、年内に大地震が起こると予言しました。」 この文で、主語「学者たち」は特に要らない場合は、 They predicted that there would be a great earthquake within the year. 「人は、年内に大地震が起こると予言しました。」 のようにできます。 さらに、そもそも「人」などという主語も不要で、「中身」だけを言いたければ、 That there would be a great earthquake within the year was predicted. 「年内に大地震が起こる、ということが予言されました。」 のように受身文で言うことになります。ただし、このように動詞の前に長い主語節が来る表現は「落ち着き」が悪いので、(間違いではありませんが)英語では嫌われます。 そこで登場するのが、形式主語itで、 It was predicted that there would be a great earthquake within the year. 「年内に大地震が起こると予言されました。」 のように表現することになります。 なお、was predicted「予言された」の部分を、「予言によると、~だそうです」のように訳すことも可能で、こうするとかなり日本語らしい訳文になります。 It was predicted that there would be a great earthquake within the year. 「予言によると、年内に大地震が起こるそうです。」 「予言によると」も邪魔くさい場合は、(ご質問から少しそれますが)ただ単に、 It was said that there would be a great earthquake within the year. 「年内に大地震が起こるそうです。」 のように言うことができます。 この最後の例は、極めて自然な言い方で、最も多く用いられる表現である、と言えるかも知れません。 少しくどくなりましたが、以上、ご回答まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とてもわかり易いご解説ありがとうございました。 沢山例文も書いてくださり勉強になりました。 詞の前に長い主語節が来る表現は「落ち着き」が悪い ということを記憶いたします。 今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

It is thought that ~ It is believed that ~ などでも使われるわけですが、 まず、It is said that ~という表現を習い、 それを理解さえすれば、すべてに応用が利きます。 They say that he is a nice person. 彼はいい人だそうだ(~と人々は言っている) の受身として2つあって、 He is said to be a nice person. というのと、 It is said that he is a nice person. こちらの方は、say の目的語である、that ~を受身で主語にして That he is a nice person is said (by them). これでは頭でっかちなので、形式主語を用いて It is said that he is a nice person. つまり、that 節は受身の後の目的語ではなく、 it という形式主語に対する真の主語となります。 「~ということが」言われている、思われている、 という訳を考えれば自然に理解できるはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど、よくわじゃりました。 頭でっかちは不恰好ということですね。そのように覚えます。 役に立ちました。

  • 回答No.1
  • 16530
  • ベストアンサー率47% (260/542)

これはit を形式守護that以下を主語とした公文で predicted特有の話では無いですね。 ごく普通の it ~ that 構文。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

It thatの構文だったのですね。 単純明快なご回答助かりました。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • It is ~ to V.とIt is ~ that SV.

    形式主語を勉強しているのですが、 It is necessary for Bill to go right away.は、 It is necessary that Bill goes right away. と書きかえられますか? 私は基本的に両者自由に書き換え可能と思っていたのですが、 It is certain that Jim didn't go out that day.は、 It is certain for Jim not to have gone out that day.(×) としてはいけない、と参考書にあります。 でも、~にくる語が強い感情表現を表している場合は、toVに書き換え可能とあったのですが・・・。 参考書を見ている限り、~にくる形容詞によって、toVになるかthat節になるかが決まる、ということのようですが、その辺の基準、がよく分かりません・・・。 toVの場合は、どういう形容詞なのか。 はたまたthat節の場合は、どういう形容詞がくるのか。 また、ItがtoVになってもthat節になってもどちらでもいい形容詞ってあるのでしょうか? よろしくお願いしますm(__)m。

  • It seem that / It is that

    It seems certain that ... という文の形容詞がない It seems that ... のような文があります。 それと同じように、 It is true that ... はありますが、 It is that ... というような文はありますか?

  • seem,appearについて

    お世話になっております。 以下についてお教え頂けないでしょうか。 It seems that she is angry. It appears that no one noticed his escape. seem及びappearは自動詞として、上記例文が辞書に出ていました。 しかし、それぞれの動詞がthat節を取っており、どう考えてもこれらの動詞は他動詞としか思えないです。 どうして自動詞と考えるのでしょうか? お教え頂ければ幸いでござます。 何卒宜しくお願い申し上げます。

  • It is~that・・・の構文で・・・

    It is~that・・・でItを仮主語にしてthatを真主語にする構文がありますよね? そのとき~の部分の形容詞は何を使ってもいいのでしょうか? 具体的には「彼が真実を話していないことは明らかだ」という英作文でIt is obvious that he is not telling the truth.という文章を書いたのですが、正しいですか? またIt is your duty that~のように名詞を使うことも出来るのでしょうか?

  • It is ~for toとIt is ~thatの使い分け

    It is important for you to stop smoking.と It is important that you (should) stop smoking. の違いをおしえてください。 以前、受験関係の本で「for you の部分をとっても意味がおかしくない場合は、to不定詞を、おかしくなるようならthat節を使いなさい。 」と読んだ覚えがあるのですが、「おかしい」「おかしくない」の判断がよくつきません。 どなたかご存知の方、ぜひ教えてください。

  • that節について

    ある問題集に It is not so much the things that were there as the people who were there that I first think of. 「そこに何があったかより、そこに誰がいたかをまず考える。」という意味なのですが、最後のthat節の使い方は文法的に正しいですか? この文では、thinkを自動詞として使っていますが、ofがくっついている為、think ofで他動詞的な用法になり、that以下の文は非完全文になっています。 つまり、that以下は仮主語ではないと思うのです。 もしこの文が強調構文であると考え、It,is,thatをそれぞれ抜いてみると、 I first think of not so much the things that were there as the people who were there. となりますが、この文は文法的に正しい文なのでしょうか?think of not~ のように他動詞の直後にnotがくることに違和感を感じます。

  • It is believed that の訳

    It is believed that cocoa butter Protects our teeth. という文を訳せという問題で、解説を見ると、 『itを人称代名詞の"それ"、that節をbelieved の目的語とみなし、"それは~と信じられている"と訳すのは×。動詞はbelieved ではなくis believed (isに下線が引いてあります)であることに注意。』 と、書いてあります。itを、それ、と訳すのがダメだというのはわかりますが、 『that節をbelieved の目的語とみなすのはだめ、』 という部分と、 『動詞はbelieved ではなくis believed 』 という部分の意味がわかりません!どなたか教えて下さい!(;;)

  • It seems that...などの構文について

    It seems that...という構文は、形式主語構文ではないようです。 しかし、私はずっと形式主語構文だと思っていて、Itにthat...を代入して考えていました。 ロイヤル英文法を見るとP.47から以下のように書いてあります 『「~のようだ」という意味を表す It seems that... , It appears that... などの構文では、it がthat以下の節を導入する働きをしている。形の上では<主語+述語>となるので、第1文型として扱われることが多いが、特殊な文型としておく方がよい。 It seems that john dislikes his boss. (ジョンはボスが嫌いらしい。) It appeared that john was ill at ease in my company. (ジョンは私と一緒にいると落ち着かないようだった。) It turned out that one of the pictures was missing. (絵の一つがなくなっていることがわかった。) 注:It seems that... 型と一般の形式主語構文 <It seems that...>型構文では、that節を文頭に置くことはできない。 [誤] That john dislikes his boss seems. 次の文との比較:これは第2文型である。 It is obvious that money doesn’t grow on trees. (お金が木にならないことは明らかだ。) (=That money doesn’t grow on trees is obvious.) ※that節が前に出ることは少なく、It is ~ that…のほうがふつう。』 とあります。 この解説を読んで、 『It seems that... , It appears that... などの構文では、it がthat以下の節を導入する働きをしている。』と書いてあるので、itがthat以下の節を導入しているのだから、itが受けるのはやはりthat以下なのでは?やはりthat以下はitの意味上の主語になっているのでは?などと考えてよく分かりません。このitは何を指すのでしょうか。またthat...はどう扱えばいいのでしょうか。 あともう一つ分からないことがあります。 『It seems that... , It appears that... などの構文では、it がthat以下の節を導入する働きをしている。形の上では<主語+述語>となるので、第1文型として扱われることが多い』 『注:It seems that... 型と一般の形式主語構文 <It seems that...>型構文では、that節を文頭に置くことはできない。 [誤] That john dislikes his boss seems. 次の文との比較:これは第2文型である。 It is obvious that money doesn’t grow on trees. (お金が木にならないことは明らかだ。) (=That money doesn’t grow on trees is obvious.)』 ここでの第1文型、第2文型って何のことでしょうか。 It seems that...などが第1文型で It is obvious that money doesn’t grow on trees.などの形式主語構文が第2文型 ということなのでしょうか。 この文型の区分が、どうしてそうなるのか、が全く分かりません。 どなたか、この2つの疑問をお答え頂けることを願っております。 よろしくお願い致します。

  • be surprised thatについて

    いつもお世話になっています。 以下の文についてお教え頂けないでしょうか。 I'm surprised that she should have felt so angry. (1)このようにsurprisedの後のthat節は可能と理解しています。 しかし、どうして可能かがわかりません。 その理由は、 surpriseは他動詞→他動詞にedをつけたら自動詞→従ってsurprisedの後は目的をとれない。 と考えております。 どうしてsurprisedがthat節(目的格)をとれるかを平易にお教え頂ければ幸いです。 いつも基本的なことで恐縮でございますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

  • ”It is preferable that”

    こんにちは。 ”It is preferable that”のthat節内は仮定法になるかと思いますが、 that節内にbeforeやwhenなどの従属節?が付いている場合、 その従属節内の動詞の活用はどうなりますか? その従属節内でも、仮定法にするのか、通常の活用で良いのか教えて下さい。 例) It is preferable that he finish his homework before he "play" a game. または It is preferable that he finish his homework before he "plays" a game. なお、It is preferable that he finish his homework before playing a game.のようなbefore内が副詞句ではない場合が知りたいです。 どうぞ宜しくお願い致します。