• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

It is ~ to V.とIt is ~ that SV.

形式主語を勉強しているのですが、 It is necessary for Bill to go right away.は、 It is necessary that Bill goes right away. と書きかえられますか? 私は基本的に両者自由に書き換え可能と思っていたのですが、 It is certain that Jim didn't go out that day.は、 It is certain for Jim not to have gone out that day.(×) としてはいけない、と参考書にあります。 でも、~にくる語が強い感情表現を表している場合は、toVに書き換え可能とあったのですが・・・。 参考書を見ている限り、~にくる形容詞によって、toVになるかthat節になるかが決まる、ということのようですが、その辺の基準、がよく分かりません・・・。 toVの場合は、どういう形容詞なのか。 はたまたthat節の場合は、どういう形容詞がくるのか。 また、ItがtoVになってもthat節になってもどちらでもいい形容詞ってあるのでしょうか? よろしくお願いしますm(__)m。

noname#4734

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1347
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

essential_yukiさん、こんばんは。 #3です。 >ということは基本的に、shouldを入れるか原形にするかすれば、両方書き換え可能、になるのでしょうか。 そうですね。書き換え可能となります。 >>また、It is ・・・that >の構文で、・・・の部分に >strange,natural,a pity,no wonder >などがくるときは、that以下にはよくshouldが用いられます。 >「・・が・・するとは・・だ」 >という主観的な意味合いが込められています。 >これはつまり、shouldを補うことによって、It is ~ for… toV.と同じ意味にしている・・・ということでしょうか? うまく説明できなくてすみません。。。 えっと、そういう意味じゃなくて、たとえば It is good that・・・ のように、ことの善悪を表す形容詞がきている場合は、 that以下のことを、話し手が頭の中で考えて、主観的に述べていますよね。 ・・・ということは、goodだ、となります。 このようなときはshouldがつきます。 客観的に言いたい場合は、shouldを省いて表します。 It is a pity that・・・ のように、話し手の感情を表す形容詞がくるときも、 shouldは、話し手が頭の中で考えて言っています。 It is natural that he should be angry with you. 彼があなたに怒るのは、無理もない。 It is a pity that you should lose a lucky. あなたが幸運を逃すとは、残念なことだ。 I was sorry that he should be ill just then. 彼がちょうどそのとき、病気だったことは、残念だった。 >of+意味上の主語になる時は、形容詞が評価しているのが“toVの行為”ではなくて、(toVの)主語そのもの。 It was very kind of you to invite me.は、 [Of you to invite me] was very kind.(×)ではなくて、 [You] was very kind. ・・・という解釈で大丈夫ですよね。。。 そうですね!その解釈で大丈夫ですよ。 #3では、ややこしくなると思って書かなかったのですが It is 形容詞 of 代名詞 to do~ の構文では、形容詞には、人の性質を表すような形容詞がくる、と書きました。 ここで、代名詞がto do以下の意味上の主語となるので、 It is kind of you to say so. そのように言ってくださってありがとう      ↓ You are kind to say so. そのように言ってくださってご親切に のように代名詞のところが主語になりますね。 >for+意味上の主語の時は、形容詞が評価しているのが“toVの行為”そのもの。 It is dangerous for him to swim this river.は、 [He] is dangerous.(×)ではなくて、 [For him to swim this river] is dangerous. そうですね、彼Heを主語にすることは、できません。 書き換えるとすれば、 It is dangerous for him to swim this river.      ↓ It is dangerous that he (should) swim this river. となりますよね。 >修行が全然足りませんわ。。。 いえいえ、すごく深く考えておられるので、とても勉強になりました。 細かなニュアンスは、やっぱり色々な例文を見てみて こういうときは、このように言うのが自然だな、ということを 肌で覚えていくのが一番いいと思います。 「この形容詞には、こうこう」と覚えてしまうよりも 例文を見て、意味を考えて、意味が通じやすいように解釈するのが一番いいと思います。 英語って奥が深いですね! 色々な表現が、フィーリングですらっと出てくるようになれば素敵ですね。 お互い、頑張りましょう!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

fushigichanさんこんばんは。 またまたアドバイス下さりありがとうございます。 この問題を考えていて、It isのあとにくる形容詞にばかり着目していましたが、shouldについて勉強することで、少し分かってきたように思います。 実は助動詞の勉強がなおざりになっていて(仮定法も)・・・shouldについてよく分かっていませんでした。 なので色々解説して下さりほんと助かりました。 例文をたくさん交えての解説でとても分かりやすかったです。ありがとうございますm(__)m。 >こういうときは、このように言うのが自然だな、ということを 肌で覚えていくのが一番いいと思います。 「この形容詞には、こうこう」と覚えてしまうよりも 例文を見て、意味を考えて、意味が通じやすいように解釈するのが一番いいと思います。 その通りですね。。。 どうしても理屈っぽくなってしまう私には、一番肝に銘じておかなければならないことだと思います。。。 色々とありがとうございましたm(__)m。

関連するQ&A

  • It seem that / It is that

    It seems certain that ... という文の形容詞がない It seems that ... のような文があります。 それと同じように、 It is true that ... はありますが、 It is that ... というような文はありますか?

  • to不定詞とthat 節の書き換え

    参考書に「It is ○○ to~ とIt is ○○ that~ の書き換えができるとできないものがある。 ○○に入る形容詞がnatural important, necessary は書き換え可。 difficult easy hard possible useless は書き換え不可。」とあるのですが、この違いは何でしょうか。 どなたかぜひ教えてください。

  • It is~that・・・の構文で・・・

    It is~that・・・でItを仮主語にしてthatを真主語にする構文がありますよね? そのとき~の部分の形容詞は何を使ってもいいのでしょうか? 具体的には「彼が真実を話していないことは明らかだ」という英作文でIt is obvious that he is not telling the truth.という文章を書いたのですが、正しいですか? またIt is your duty that~のように名詞を使うことも出来るのでしょうか?

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

essential_yukiさん、こんにちは。 すでによい回答が出ていますが・・ >It is necessary for Bill to go right away.は、 It is necessary that Bill goes right away. と書きかえられますか? 書き換えられますよ。 ただし、that以下の部分は、動詞の原形をおいてください。 It is necessary that Bill go right away. とすればOKです。 もしくは、 It is necessart that Bill should go right away. のようにshouldを間に入れてください。 そうすれば、意味が同じで書き換えられます。 It is necessary for A to do~ =It is neccesary that A (should) do~ Aが、~することが、必要である。 という意味合いになります。 It is necessary for everybody to keep the law. = It is necessary that everybody (should) keep the law. 誰でも法律を守ることは必要である。 のようになります。 ここで、注意すべきは、 Everybody is necessary to keep the law. のようにはできない、ということです。 for Aの部分のAが主語にはできないので、注意です。 >参考書を見ている限り、~にくる形容詞によって、toVになるかthat節になるかが決まる、ということのようですが、その辺の基準、がよく分かりません・・・。 It is (形容詞)for(代名詞)to do~ の形で、(人が)・・・することは、・・・である。 という形の構文で、 for (代名詞)は、to do~の意味上の主語となります。 このような形容詞としては、 easy,difficult,impssible,right,wring,necessary などがあります。 It is impossible for him to finish the work in a week. 彼にとって、その仕事を1週間で終わらせることは不可能だ。 このto finish the workの意味上の主語はhim→彼ですよね。 また、It is ・・・that の構文で、・・・の部分に strange,natural,a pity,no wonder などがくるときは、that以下にはよくshouldが用いられます。 「・・が・・するとは・・だ」 という主観的な意味合いが込められています。 逆にshouldを用いないときは、客観的に事実を述べる場合が多いです。 あと、似たような構文で、 It is 形容詞 of(代)名詞 to do~ というのもあります。 これでも、of 代名詞は、to do~以下の意味上の主語がきて、 形容詞としては、 kind,good,nice,wring,polite,careless,foolish,wise ・・などの人の性格を表すものが使われます。 It is kind of you to say so. そういってくださって、ありがとう。 なども覚えておかれたらいいと思います。 ご参考になればうれしいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイス下さってありがとうございます。 お礼が遅くなり大変失礼いたしましたm(__)m。 ということは基本的に、shouldを入れるか原形にするかすれば、両方書き換え可能、になるのでしょうか。 >また、It is ・・・that >の構文で、・・・の部分に >strange,natural,a pity,no wonder >などがくるときは、that以下にはよくshouldが用いられます。 >「・・が・・するとは・・だ」 >という主観的な意味合いが込められています。 これはつまり、shouldを補うことによって、It is ~ for… toV.と同じ意味にしている・・・ということでしょうか? うまく説明できなくてすみません。。。 It is ~ of… toV.とIt is ~ for… toV.の区別も最初迷ったのですが、こちらの方は明確な根拠があったので、何とか使い分けをしてきました。 of+意味上の主語になる時は、形容詞が評価しているのが“toVの行為”ではなくて、(toVの)主語そのもの。 It was very kind of you to invite me.は、 [Of you to invite me] was very kind.(×)ではなくて、 [You] was very kind. (このtoVは名詞用法ではなくて副詞句) for+意味上の主語の時は、形容詞が評価しているのが“toVの行為”そのもの。 It is dangerous for him to swim this river.は、 [He] is dangerous.(×)ではなくて、 [For him to swim this river] is dangerous. ・・・という解釈で大丈夫ですよね。。。 何か?と思うところありましたら、お手数ですがご教授下さると嬉しいです。。。 It is ~ to V.とIt is ~ that SV.の区別も、こういう明確な根拠が欲しいのですが・・・。 言語感覚の問題ですね。。。 色々補足説明も加えて下さり助かりましたm(__)m。

質問者からの補足

すみません。。。 ケアレスミスをしてしまいました。 fushigichanさんへのお礼の中盤に、 [You] was very kind.などと書いたのですが、 正しくはYou were~.ですよね。。。 修行が全然足りませんわ。。。 質問や回答と直接関係のない言い訳で、失礼いたしましたm(__)m。

  • 回答No.2

この形でto不定詞のみ可、の形容詞は easy difficult hard usual dangerous (im)possible((不)可能) safe tough useless など 簡単、難しい、できる、できないなどの意味が中心 that節のみ可の形容詞は certain clear (im)possible(あり得る(得ない)) true well-known likely obvious evident など 明らかだ、あり得るなどの可能性を表す意味が中心になります。 両方可能な形容詞はかなり多くあります。 また#1さんが書いておられるように、 necessaryはあとに原形かshouldをおいた方が無難ですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイス下さってありがとうございます。 お礼が遅くなりまして失礼いたしましたm(__)m。 とりあえず解釈としては、♯1の方のお礼に書かせていただいたとおりでよろしいのでしょうか。。。 それぞれにくる形容詞の例を提示して下さってありがとうございます。助かります。 参考書には『形容詞に“強い感情や価値判断を表す語”がくる場合はtoVに書き換えても良い』とあったのですが、outbackさんが提示して下さった分類例の方が分かりやすいです。。。 でもやっぱり・・・多くの形容詞に正しい区別をつけられる自信がないのですが、そこは長く英文に触れて目を養っていく他ないのでしょうかね。 その、『necessaryはあとに原形かshouldをおいた方が無難』という確固たる判断ができるようになるにはどうしたらよいのか・・・。 英語の問題っていうより言語感覚の問題・・・でしょうかねやっぱり。 necessayrは両方可能な語、ということになるのでしょうか? でも、shouldを入れると若干ニュアンスが変わりますよね。 それとも、shouldを入れるか動詞を原形にするかすれば、toVがダメな形容詞でも、使ってOK、ということになるのでしょうか? またまた質問しまくってしまい申し訳ないですm(__)m。

  • 回答No.1

英語にそんなに詳しい方でもないですが、 それと、ご質問の本題から少し外れるかも知れませんが、 一点だけコメントさせていただきます。  「It is necessary that Bill goes right away. 」 という形は、あまり見ないんじゃないかと思います。 判断を表すnecessaryの後にthat節が続く場合は、「仮定法現在」ということで、 動詞は原形を使って、  「It is necessary that Bill go right away. 」 じゃないでしょうか? で、英国的用法では、  「It is necessary that Bill should go right away. 」 のような形もあると思います。 似たケースとしては、 I demanded that the action be postponed. I demanded that the action should be postponed. のようなのもあると思います。 --

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございます。 お礼が遅くなり大変失礼いたしましたm(__)m。 質問にも書きましたとおり、 『形容詞に“強い感情や価値判断を表す語”がくる場合はtoVに書き換えても良い』 と参考書にはあります。 またその場合はthat節のままでも必ず、動詞は原形か、shouldを入れること、ともなってますが。 ということはつまり、It is ~ toV.の~は、“強い感情や価値判断を表す形容詞”でなければダメ、という風に解釈してよろしいのでしょうか? necessaryがその“強い感情や価値判断を表す語”になるのかは、個人的に判断つきにくいのですが・・・。 逆にIt=that節のほうは、“強い感情や価値判断を表す語”ではない語(?)、もうちょっと弱め(?)の語・・・がくる、という解釈になるんでしょうか? またこのshouldは、『要求、主張、提案の内容を表すthat節には、shouldを入れる(よってもちろん動詞は原形で)』と参考書にあったのですが、いわゆるこのことなのでしょうか。 いまいち自分で、この形容詞の場合はthat節でこの場合はtoV、という風にしっかり判断ができません。。。 例えば英作文の試験で、that節はダメなのにそう書いてしまったりとか。。。 英語の問題というよりも、言語感覚の問題なのでしょうかね。。。 またまた質問しまくってしまい申し訳ないですm(__)m。

関連するQ&A

  • S is 形容詞、受動態 that S Vについて

    ネイティヴの講師からIt is 形容詞、過去分詞 that S Vはいいが、S is 形容詞、過去分詞 that S' Vはダメと言われました。しかしながらShe is so kind that she paid my billのような構文もありますし、そもそも具体的な主語と受動態の後にthat 以下が取れない意味がわかりません。例えばJapan is known that it is a good countryとしてもIt is known that Japan is a good countryと意味は同じに取れますが、解説頂けますと助かります。

  • It+V+that について

    It+turned out+that he is rich.とすると 彼は金持ちであることが判明した と和訳はんりますそうなら このitは形式主語でheは真主語だとおもうんですけどそうすると He turned out that is rich.となりますよね このthatは関係代名詞でもないのにどうして主語もなく is rich を導けるのでしょうか それともthat he is richの名詞節が真主語でThat he is rich turned out.となっているのでしょうか もしそうなら turn out~で ~と判明する だか ら~の部分がないから成り立たないと思うんですが 一体どちらが真主語なんでしょうか 理由も教えていただけるとありがたいです

  • It is 形容詞 that Sに置き換えられる物

    It is difficult for Kate to swim across this lake.     (この湖を泳いで渡ることはケイトには難しい)     このような場合は,difficult for Kate (ケイトにとって難しい)とい    う結びつきが強く感じられるため. It is difficult that Kate~という形    で表すことはしない,このタイプの形容詞は難易などを示すむのが多い。 とあり、逆にIt is ~ that ~で表せられるものとして It is not strange for them to get so angry.が例文としてあったのですが、 結び付きが強い・弱いとはどういう意味ですか? 線引きが難しくないですか?

  • It is typical of Jeremy to ...の構文は?

    文法問題の解答で納得できなくて少し困っています。 Jeremy frequently invents ridiculous stories like that!の書き換えとして It is typical of Jeremy to make up a ridiculous story like that! が解答でした。 私の答えはIt is typical for Jeremy to ...です。 It is (形容詞) of 人 to ...の構文をとるときは形容詞と人がイコールになり、ならなければ前置詞はforになる中学校で習って(はずですが。。。)、それ以来ずっとそうだと思ってきましたが、この文章にはそれは当てはまりません。 例えば、It is kind of you to...はyou=kindですが、上の文ではJeremy=typicalではありません。 イギリス人に聞いたら、使われる形容詞によってその後の前置詞は変わるんだという回答でした。 この構文では形容詞=人と必ずしもなるわけではないのでしょうか?

  • on that day, that dayなど

    Is it all right to take tomorrow off as leave because I have an interview that day? この文 Is it ~~~~because I have an interview on that day? でも 同じ文なのではないのでしょうか? また Is it all right to take tomorrow off as leave because I have an interview at that day? でも 「~ だって僕は、そのころ、面接があるんだから。」と取れるので、これも可能な英文ではないのでしょうか?  なら on that day , that day, at that day の違いがわからなくなりました。 辞書で例文をみても・・・・・イマイチ はっきりわかりません。 よろしくお願いいたします。

  • that節中のshouldの用法について質問です。

    手持ちの参考書に、 「 a 当然・遺憾・感情・判断などを表わす形容詞・名詞のあとのthat節ではshouldまたは”主節と同じ時制”を用いる。」 と書いてありました。例文として、 It is natural that he should feel angry. (彼が腹立たしく感じるのももっともだ) とあり、また、書き換えとして、 It is natural that he feels angry. となると、解説されていました。 私はこれまで、that節中のshouldを省略するのならば、shouldをとって、仮定法現在でいわゆる”原形”にすればよいと思っていたのですが、ここではそう解説されていませんでしたので、不思議に思いました。 読み進めていくと次に、「 b 提案・要求・命令・必要・主張などを表わす動詞・形容詞のあとのthat節中ではshouldまたは”原形”を用いる。」 とかいてあり、例文として I demanded that she should pay the debt. (私は彼女が借金を払うよう要求した) とあり、また、書き換えとして I demanded that she pay the debt. と解説されていました。 ここで質問なのですが、that節中のshouldを省略する際”主節と同じ時制にするのと、原形にするのには、どのような区別があるのでしょうか?” というのも、 a のところにも b のところにもdesirableが、よく使われる形容詞としてあったからです。 この場合、どっちも使えるという解釈でいいのでしょうか? また、 b の項目のところに、right、wrongが入っていたのですが、私的には、 a のほうに分類されるのでは、と思ってしまいます。というのも、"判断"の意味ですから。 以上のように、これらの用法について、すごく混乱しております。 出来れば、詳しい解説をお願いできないでしょうか? また、strange , wonderful , desirable , a pity , no wonder , order , advise , request , propose , insist , decide , suggest , right , wrong , important , necessary , essential , proper を、 a , b で分類していただけないでしょうか? 面倒かもしれませんが、よろしくお願いします。

  • It is not until ...that~

    It is not until...that~の構文は「...して初めて~する」と訳せと教科書では教えています。例文を出します。 It was not until he had been away from home for many days that he found how he loved his father and mother. 質問1. ネイティブなどは上記の英文を「それは...まではなかった。それは~」と理解していくように思うのですが? 同時通訳者などは直読直解して行くそうですが、上記ネイティブのように理解して行くのか、それとも、瞬間的に「...して初めて~する」という日本文に置き換えて理解するのかどちらなんでしょうか? 質問2. It is not until の所ですが、意味上というか構文上というか、 頭の中で区切るとしたら、It is notで区切るのが正しいのか、It is not until で区切るのが正しいのか(つまり、notとuntilは切り離せない)どちらがいいのでしょうか?自分としては、notで一息つくと理解しやすくなるのですが、単にこの構文に慣れてないせいでそうなるのでしょうか? 宜しくお願いします。

  • it thatなどの代名詞について

    Each state legislature has the power to intoroduce a bill to make or repeal a law. But that law has to be ratifield by the state government, usually in a referendum. Once that happen, it is acually up to a judge to decide if a crime warrants it and pass sentence. で、 (1)Once thatのthatは、前文を受けてthatとなっているのでしょうか?それともlawでしょうか? また、 (2)it is acuallyとwarrants itのitは何をさしているのでしょうか?lawでしょうか、前文全体でしょうか? すみません、どうも、指示代名詞のitとかthatとが複数でてくると掴みづらくなってしまいます。 お手数ですが、宜しくお願いします。

  • It occurs to Grace that s

    It occurs to Grace that she would hold a party for them.下記のように書き換え可能ですか? It occurs to Grace who would hold a party for them No sooner had she run out of the building than it fell down hadって過去完了形ですか? sheの前にでているのは決まりなのですか?

  • The trouble is that the b

    ジャグラーの間でよく言われる言葉に、'The trouble is that the balls go where you throw them.' というものがあるそうなのですが、これはどういう意味でしょうか? 投げようと思っているところにボールが来る(から困る)、という意味ですか? たとえば、以下のように使われていました。 Ron Graham: "There's a well-known saying in juggling: 'The trouble is that the balls go where you throw them.' It's just you. It's not the phases of the moon, or someone else's fault. It's like chess. It's all out in the open. Mathematics is really there, for you to discover. The Prime Number Theorem was the same theorem before people were here, and it will be the same theorem after we're all gone. It's the Prime Number Theorem." http://www.dailykos.com/story/2007/09/05/381188/-Paul-Erd-337-s-160-The-Man-Who-Loved-Numbers# よろしくお願いします。