• ベストアンサー
  • 困ってます

形容詞+that

お世話になります。 以下の文についてお教え頂けないでしょうか。 Lola Simmons was certain that the young man in the photograph was her son, missing for four days. (1)このthatは接続詞でしょうか?  関係代名詞ではないと思いましたので。 (2)このthat節は副詞節でしょうか?  certainにかかると思いましたので。 (3)形容詞にかかるthat節は○○だというような、確実な何か覚え方はありますでしょうか? 基礎的なことがわからず恐縮でございますが、 ご指導の程何卒宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数2
  • 閲覧数147
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

こういう形容詞に続く that は接続詞です。 先行詞となる名詞があるわけではないので、もちろん、関係代名詞ではありません。 形容詞にかかるわけだから副詞節と考える人が多いでしょうし、私も学生時代はそう思っていました。 その後、専門的な本で、be afraid/sure/certain/sorry の後の that 節を名詞節とする立場もあると知って、 それって日本語的に「きっと~だと思う」と訳すからで、日本語的な発想じゃないの?と思いました。 さらにその後、sure of it that のような形式目的語、sure of the fact のような英語から前置詞部分が省略されたという考えでいい と思うようになりました。 つまり、文法的に前置詞の後に that 節は来ないという制約があるだけのことで 名詞節に違いはない。 that 節は名詞節として統一で問題ない。 逆に、so ~ that のように副詞節としか考えられないものもあるのだから、という反論もあるでしょう。 sure などの理由を表す副詞節。 私としては、so that を日本人が勝手に「とても~なので~」と訳しているだけで that 節で理由なんかない、と感じ、 今では名詞節とするのがいいと思っています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

今回も早々とお教え頂きありがとうございました。 関係代名詞かどうかは先行詞となる名詞があるかどうかを確認すればいいのですね。有益な学びです。 wind-sky-windさんのご解説で得た知識をもとにわたくし自身調べみました。その結果、「表現のためのロイヤル英文法」にははっきり、、名詞節と書かれていました。certainもbe certain ofなのですね。その前置詞ofが省略さているのですね。 取り急ぎお礼まで

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

(2) の回答になるかどうかわかりませんが、 be sure/certain/afraid など確信、恐れの後 be sorry/glad/sad/surprised/angry などの後に来て 「~ということを、~について、~なので」 のような意味になります。 こういう形がすべて。 形容詞にかかるから副詞節というのが簡潔ではあります。 ジーニアスでは意見の分かれを考慮してか、何節とは書いてません。 ランダムハウスには、sure などは形容詞の目的語となる名詞節 glad などは感情の原因を表す副詞節としています。 不定詞の副詞的用法と合致してわかりやすいとは思います。 形容詞の目的語というのは、ちょっと難しいでしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度ありがとうございました。 もう一つthatの解釈について疑問に思っていることがございます。新たに質問させていただきたく思います。もしよろしければご解説いただけないでしょうか。 どうぞ宜しくお願い申し上げます。

関連するQ&A

  • afraidのように不定詞とthat節で意味が違う形容詞はありますか?

    afraidのように不定詞とthat節で意味が違う形容詞はありますか? afraidは下記例のように不定詞は感情表現の副詞的用法、that節は前置詞ofが省略された名詞節と考えられます(*that節は副詞節との解釈もある)。 afraidのように、不定詞とthat節で意味が異なる形容詞ほかにあるのですか? あるのであれば教えてほしいのですが? I'm afraid to jump from the ladder.私は怖くてハシゴから飛べない。 she was afraid that I would jump from the ladder.彼女は私がハシゴから飛ぶんじゃないかと心配していた。

  • このthatは関係副詞で、かつ形容詞節ですか?

    Tokyo is the place that I live. このthatは関係副詞でかつ、このthat節は形容詞節で名詞のthe placeを修飾していますか?

  • thatが導く形容詞節?

    (例文) His proposal that the president change the policy is out of the question. (わかった事) [that the president change the policy]→(修飾)→[proposal] という形で、that節が[proposal]を修飾している所までわかりました。 (疑問) ここのthatは文法的に言うと、何のthatなのでしょうか? 関係代名詞のthatと考えたのですが、主格のthatや目的格のthatには あてはまらないように思えます。なぜなら、節のなかで主格や目的格が 欠如していないからです。 関係副詞のthatと考えると、[the president change the policy]の節に [proposal]が副詞として登場すべきですが、[proposal]が副詞的な役割 をしているとも思えません。 名詞+that節を作れば、that節は名詞に対して形容詞的な役割になるの でしょうか。よくわかりません。 お手数ですが、ご教授ください。 お願いします。

  • so+形容詞+that...の訳し方

    so+形容詞+that...の訳し方 高校の文法の本に、下記のような説明がありました。 [so+形容詞+that...] 結果を表す副詞節 例文 I was so busy that I couldn't go to the concert. 訳)私は忙しくて そのコンサートに行けなかった。 「とても忙しかった」→その結果→「コンサートに行けなかった」 今まで自己流で、あまり文法的な事を考えないで そのまま前から訳していき 私は、そのくらい忙しかった。(どのくらいかな?) コンサートに行けなかったくらい。 と程度を表すso thatとして解釈していました。 結果を表す副詞節) その結果行けなかった 程度を表す副詞節) 行けなかったくらい を厳密に区別する必要があるでしょうか。 また、あるとすれば、どんな場合でしょうか? 最終的に言いたい事は同じになるような気がします。 よろしくお願いします。

  • 名詞節なのに接続詞形容詞節なのに関係代名詞that

    that節について 関係代名詞のthatは代名詞という名前なのに形容詞節で、 逆に 名詞節のthatは関係代名詞ではなく、接続詞のthatと呼ばれますよね? 形容詞節のthatは形容詞なのだから関係形容詞と呼ぶべきではないですか? 名詞節のthatの方を関係代名詞と呼ぶべきではないですか?

  • 関係副詞なのに形容詞?

    I don't know the time when we will come. 「私が彼が来る時間[時刻]を知らない。」 when は関係副詞で形容詞節を導いていて 形容詞節は先行詞である名詞 time を修飾しているんですよね? なぜ関係副詞は 副詞 なのに 形容詞節なのでしょうか?

  • 強調構文のthatって何節ですか?

    強調構文のthatって何節ですか? 名詞節?副詞節?形容詞節?

  • 形容詞句と副詞句

    名詞を形容している句が形容詞句、動詞を形容しているのが副詞句、という理解はあっていますでしょうか。 以下はテキストの問題です。 下線の句の種類はなんですか。 What is that red bird in the cage?            ^^^^^^^^^^^^ この問題に対する正解が形容詞句となっていますが理解できないので教えてください。 in the cageは、birdのいる場所を示しているのではないのでしょうか? 場所を示しているのは副詞句だと覚えていましたが違うでしょうか。 She has some beautiful flowers in her hands. この in her handsは副詞句ですよね。

  • that節be changed

    It is essential that the rule be changed. このthat節は名詞、形容詞、副詞節のどれにあたりますか?

  • 副詞節のthat?

    It is obvious that students are struggling with reading. これは名詞、形容詞、副詞節のどのthat節ですか?