• ベストアンサー
  • 困ってます

It seems that...などの構文について

It seems that...という構文は、形式主語構文ではないようです。 しかし、私はずっと形式主語構文だと思っていて、Itにthat...を代入して考えていました。 ロイヤル英文法を見るとP.47から以下のように書いてあります 『「~のようだ」という意味を表す It seems that... , It appears that... などの構文では、it がthat以下の節を導入する働きをしている。形の上では<主語+述語>となるので、第1文型として扱われることが多いが、特殊な文型としておく方がよい。 It seems that john dislikes his boss. (ジョンはボスが嫌いらしい。) It appeared that john was ill at ease in my company. (ジョンは私と一緒にいると落ち着かないようだった。) It turned out that one of the pictures was missing. (絵の一つがなくなっていることがわかった。) 注:It seems that... 型と一般の形式主語構文 <It seems that...>型構文では、that節を文頭に置くことはできない。 [誤] That john dislikes his boss seems. 次の文との比較:これは第2文型である。 It is obvious that money doesn’t grow on trees. (お金が木にならないことは明らかだ。) (=That money doesn’t grow on trees is obvious.) ※that節が前に出ることは少なく、It is ~ that…のほうがふつう。』 とあります。 この解説を読んで、 『It seems that... , It appears that... などの構文では、it がthat以下の節を導入する働きをしている。』と書いてあるので、itがthat以下の節を導入しているのだから、itが受けるのはやはりthat以下なのでは?やはりthat以下はitの意味上の主語になっているのでは?などと考えてよく分かりません。このitは何を指すのでしょうか。またthat...はどう扱えばいいのでしょうか。 あともう一つ分からないことがあります。 『It seems that... , It appears that... などの構文では、it がthat以下の節を導入する働きをしている。形の上では<主語+述語>となるので、第1文型として扱われることが多い』 『注:It seems that... 型と一般の形式主語構文 <It seems that...>型構文では、that節を文頭に置くことはできない。 [誤] That john dislikes his boss seems. 次の文との比較:これは第2文型である。 It is obvious that money doesn’t grow on trees. (お金が木にならないことは明らかだ。) (=That money doesn’t grow on trees is obvious.)』 ここでの第1文型、第2文型って何のことでしょうか。 It seems that...などが第1文型で It is obvious that money doesn’t grow on trees.などの形式主語構文が第2文型 ということなのでしょうか。 この文型の区分が、どうしてそうなるのか、が全く分かりません。 どなたか、この2つの疑問をお答え頂けることを願っております。 よろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数1
  • 閲覧数2909
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

第一文型は SV 第二文型は SVC のことです。 This is a book. He is tall. こういうのが SVC で, He became a doctor. She got angry. のような「なる」 She looks beautiful. He seems sick. のような「見える,思える」系もそうです。 He seems sick. のように S = C が成り立ちます。 seem の基本はこれです。 It seems that ~. 「~のように思える,らしい,ようだ」 形は違っても,that 以下の方が C っぽいです。 it を形式主語として that 以下が真主語, これで it = that ~が成り立つと言っても, それは SVC としてというのでなく, 形式主語=真の主語という中身の問題です。 とにかく,that 以下の方が seems の主語というのは意味的に変だし, 主語 seems で文が終わってしまうのもおかしい。 It seems great to go there. これであれば,it = to go there で何の問題もないのですが, It seems that ~ これは形式主語とはしにくい。 この it は非人称の it と言われ,時や天気の it と似ています。 こういう複文構造になると,文型を考える意味はありません。 (It seems that) ここまでで修飾語,後の文が主文と考える方がすっきりします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 回答を読ませて頂いて、ここでのitは非人称のitであり、また、It seems that... は文型を考える意味があまりないということが分かりました。 ありがとうございました。 しかし、それは分かったのですが、重ね重ね失礼ですが、 『It seems that...構文では、it がthat以下の節を導入する働きをしている。形の上では<主語+述語>となるので、第1文型として扱われることが多い』 、の部分がどうもまだよく分かっていないようです。 It seems that...が、どうして、主語+述語 の第1文型になるのでしょうか。 that.以下が副詞節のようになってseems にかかるという感じになるのでしょうか。 Itが非人称のitで、that以下がCのようであるのなら第2文型のようになると思うのですが、どうでしょうか。 しかし、It seems that... のような構文は文型を考える意味がないことが分かりましたので、おかげさまで、解決は大体致しました。 ただ、枝葉の細かい所なので恐縮なのですが、なぜIt seems that...が第1文型なのかが気になりまして、またご質問をさせて頂いたわけです。 もしお手数でなければで結構ですので、上記した愚問に再度お答え願えないでしょうか。

関連するQ&A

  • It is~that・・・の構文で・・・

    It is~that・・・でItを仮主語にしてthatを真主語にする構文がありますよね? そのとき~の部分の形容詞は何を使ってもいいのでしょうか? 具体的には「彼が真実を話していないことは明らかだ」という英作文でIt is obvious that he is not telling the truth.という文章を書いたのですが、正しいですか? またIt is your duty that~のように名詞を使うことも出来るのでしょうか?

  • 強調構文it is~thatについて

    強調構文it is~thatの文型はなんですか? 単純にSVCで考えるのか、あるいはit is~thatを消してthat以降の文で文型を考えるのか、どちらかわかりません。 それと、強調構文it is~thatのthatの品詞も教えて下さいm(_ _)m

  • seem to be と It seems that の違い

    主語+seem to be~ と、It seems that 主語 is ~ には 何か違いがありますか?  He seems to be happy. と  It seems that he is happy. というような場合です。

  • Itを用いた構文

    高校英語文法の参考書の表示です。 ・Itを用いた構文(1) ←仮主語(形式主語)   It is difficult to understand his book. ・Itを用いた構文(2) ←仮主語ではなく、「予備のIt]   It seems that he knows the hact.  他にappears,happen,chance,followがある。 とありました。   「仮主語のIt」と「予備のIt」はどのように違うのでしょうか教えてください。よろしくお願いします。

  • It seems ....の構文

    It seems +名詞節 とか It happens +名詞節 の名詞節の部分は補語ととらえていいのでしょうか? もしそうなら、このような形の節を補語にとる自動詞(be動詞以外) はthat節だけでなくif節やwhether節も補語にとれるのでしょうか? どなたかご教授願います。

  • It seems that ...

    「彼と彼女の間には誤解があるように見える」の英訳 問題集の回答 : It seems that there is a misunderstanding between him and her. : There seems to be a misunderstanding between him and her. 僕の下記回答は間違いですか? : It seems to be misunderstanding between him and her. そもそも和文の主語は「誤解」述語は「ある」だとおもうので、たとえば : A misunderstanding seems to exist between him and her. でもよいような気がするんですが、やっぱり違和感がありますでしょうか?

  • It...that~ 構文

    It is impatient of the utter confusion that results from local legislatures attempting to treat national issues as local issues. [T.Roosevelt "New Nationalism"] これは形式主語構文と強調構文、どちらになるでしょうか? impatient(我慢できない)が形容詞なので強調構文になると思うのですが、そうであればthat以下の文の主語がないのはおかしいですよね…

  • it is~thatの形式主語構文と強調構文の違い

    it is~thatの形式主語構文と強調構文の違いがわからないのですがどう違いますか?

  • It seems to me that ...について

    It seems to me that he is honest. という文の書き換えについての質問です。 to meがなければ公式どおり He seems to be honest. でいいのでしょうが、to me がある場合はどうすればいいでしょうか。 「彼は正直であるようだ」と思っている"私"をどこかに表現したいな と思ったのが、質問のきっかけです。HeでなくIを主語にしても いいですが、多様な表現を知りたいです。

  • It is ~ that ….

    形式主語構文と強調構文についてです。両者とも訳の違いはほとんどないと思うのですが、(1)なぜこの2つは区別されているのでしょうか?(両者の文法上の見分け方は問題ありません) 私の考えでは、前者は「文末焦点の法則」で大事なことほど後ろに置かれるという法則に従って「後ろにあるもの」を強調したいのだろうな、後者はIt is ~ thatのはさまれている~の部分の語を強調したいのだろうなとかんがえています。 (2)形式主語構文に関してですが、It is ~ to….の文の事を「形式主語構文」、It is ~ that….の文のことを「仮主語構文」と論じているサイトや発言者の方がおられたのですが、一方、両者の構文の名前の違いを区別していないサイトもありました。どうなのでしょうか?