• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

It is ~ that ….

形式主語構文と強調構文についてです。両者とも訳の違いはほとんどないと思うのですが、(1)なぜこの2つは区別されているのでしょうか?(両者の文法上の見分け方は問題ありません) 私の考えでは、前者は「文末焦点の法則」で大事なことほど後ろに置かれるという法則に従って「後ろにあるもの」を強調したいのだろうな、後者はIt is ~ thatのはさまれている~の部分の語を強調したいのだろうなとかんがえています。 (2)形式主語構文に関してですが、It is ~ to….の文の事を「形式主語構文」、It is ~ that….の文のことを「仮主語構文」と論じているサイトや発言者の方がおられたのですが、一方、両者の構文の名前の違いを区別していないサイトもありました。どうなのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1302
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

ネイティブにとっては形式主語構文も強調構文も同じでしょう。 そもそも,構文なんて考えず,ネイティブとして自然に意味を感じ取ります。 しかし,外国人にとっては形式主語構文と,強調構文は全く別のものです。 It is clear that the man is wrong. というのが形式主語です。 it = that the man is wrong が成り立ちます。 that the man is wrong で名詞節としてまとまったもの。 It is the man that is wrong. これが強調構文です。 The man is wrong. において,the man を強調。 the man を it is ... that でくるむ。 The man is wrong. という文を分裂させて It is the man that is wrong. とするので,分裂文とも言われます。 これを「間違っているのは」その男性だ。 まるで,「間違っているのは」と主語のように訳しているだけ。 THE MAN is wrong.「その男性こそ,間違っているんだ」 と言っているだけで, 「~ということは~だ」という形式主語構文とは全く異なります。 どちらかというと,強調構文の that は関係代名詞的であり, 形式主語構文の that は接続詞です。 日本語とはまったく成り立ちや構造が異なる英語の構造を正しく理解すれば まったく別のものです。 もっとも,意味がちゃんとわかれば構文なんてどうでもいいです。 ここで以前回答されていたネイティブに近い人も区別できていませんでしたので, それはそれで構いません。 ただ,これを区別しないというのなら,日本でやっている学校文法的なものは 存在する意義はありません。 もともとそんなの意味はない,日本の英語教育はよくないと批判する人もいるでしょう。 最近,Yahoo answers で回答していて気づいたのが,いかに海外で日本語教育がひどいかということです。 結構,日本語の需要はあるみたいで,スペイン語や中国語などと並んで質問されていますが, アニメなどを通して日本語に興味を持った人の質問のレベル,それに回答する日本語学習者のレベルを ここで回答されている日本人の英語のレベルの差は歴然としています。 それに比べて,日本の英語教育はしっかりとしています。 英語は国際語みたいなものだからといって,言語に優劣などありません。 英語の方は完璧にできて当たり前などということはないのです。 日本語と英語は構造が全く違うので,誤り・誤解があって当然ですが, 形式主語構文と強調構文をまったく違うものとして扱うのは正しいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • It is ( ) that ~ は?

    It is ( ) that ~ は?強調とも形式主語の文とも,両方とれますか? (1)It was after 22th May that she came here. この文は,強調の文と思いますが, (2)That she came here was after 22th May. こうとって,単に形式主語の文とも考えることもありますか?

  • it is~thatの形式主語構文と強調構文の違い

    it is~thatの形式主語構文と強調構文の違いがわからないのですがどう違いますか?

  • 強調構文it is~thatについて

    強調構文it is~thatの文型はなんですか? 単純にSVCで考えるのか、あるいはit is~thatを消してthat以降の文で文型を考えるのか、どちらかわかりません。 それと、強調構文it is~thatのthatの品詞も教えて下さいm(_ _)m

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

>アニメなどを通して日本語に興味を持った人の質問のレベル,それに回答する日本語学習者のレベルを ここで回答されている日本人の英語のレベルの差は歴然としています。 すみません,日本語の方が分裂してしまいました。 it is to は形式主語で,it it that だと仮主語? そんなのは初めて聞きました。 to 不定詞でも that でも it は同じ。 形式主語とも仮主語とも言います。 もっとも,普通の it は「それ」で,天気の it や時の it は違う, とか,形式主語,状況の it,強調構文,などと区別するのは本来,意味はありません。 普通の it を「それ」とすること自体がよくない。 前に出てきたものを受ける普通の it も日本語では訳せない。 全部,同じ it です。 前の回答と矛盾しているかもしれません。 まあ,これを区別して説明する日本の文法の姿勢も一つのやり方です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

細かいご説明ありがとうございました。参考にさせていただきます。

  • 回答No.1

実際に区別する必要があるシチュエーションはあまりないと思います。 英語は述語をとにかく早く言いたい言語です。 特に、is なのか is not なのか、を早く言いたいんです。 なので、主語が長いと、仮主語を置いて、述語を早く言って、主語は後でゆっくり言う。 あまり主語が長くないけどこの形なら、強調構文なんじゃないですか? もともと、言語は文法があって話されているわけではなく、 話されている言葉の中から文法を見つけ出したものです。 なぜか、仮主語が置かれるシチュエーションがしばしばある。 その理由は何だろう。 きっとこんな理由だろう、これを形式主語構文と名付ける。 きっとこんな理由だろう、これを強調構文と名付ける。 そういうことです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

素早い回答ありがとうございました。参考にさせていただきます。

関連するQ&A

  • It...that~ 構文

    It is impatient of the utter confusion that results from local legislatures attempting to treat national issues as local issues. [T.Roosevelt "New Nationalism"] これは形式主語構文と強調構文、どちらになるでしょうか? impatient(我慢できない)が形容詞なので強調構文になると思うのですが、そうであればthat以下の文の主語がないのはおかしいですよね…

  • It is~that・・・の構文で・・・

    It is~that・・・でItを仮主語にしてthatを真主語にする構文がありますよね? そのとき~の部分の形容詞は何を使ってもいいのでしょうか? 具体的には「彼が真実を話していないことは明らかだ」という英作文でIt is obvious that he is not telling the truth.という文章を書いたのですが、正しいですか? またIt is your duty that~のように名詞を使うことも出来るのでしょうか?

  • It is since...that はありですか?

    It is since...that のように形式主語の文は英語では正しい用法とされているのでしょうか? 例文:It is since I wear no bras that I get lots of compliment.

  • It seems that...などの構文について

    It seems that...という構文は、形式主語構文ではないようです。 しかし、私はずっと形式主語構文だと思っていて、Itにthat...を代入して考えていました。 ロイヤル英文法を見るとP.47から以下のように書いてあります 『「~のようだ」という意味を表す It seems that... , It appears that... などの構文では、it がthat以下の節を導入する働きをしている。形の上では<主語+述語>となるので、第1文型として扱われることが多いが、特殊な文型としておく方がよい。 It seems that john dislikes his boss. (ジョンはボスが嫌いらしい。) It appeared that john was ill at ease in my company. (ジョンは私と一緒にいると落ち着かないようだった。) It turned out that one of the pictures was missing. (絵の一つがなくなっていることがわかった。) 注:It seems that... 型と一般の形式主語構文 <It seems that...>型構文では、that節を文頭に置くことはできない。 [誤] That john dislikes his boss seems. 次の文との比較:これは第2文型である。 It is obvious that money doesn’t grow on trees. (お金が木にならないことは明らかだ。) (=That money doesn’t grow on trees is obvious.) ※that節が前に出ることは少なく、It is ~ that…のほうがふつう。』 とあります。 この解説を読んで、 『It seems that... , It appears that... などの構文では、it がthat以下の節を導入する働きをしている。』と書いてあるので、itがthat以下の節を導入しているのだから、itが受けるのはやはりthat以下なのでは?やはりthat以下はitの意味上の主語になっているのでは?などと考えてよく分かりません。このitは何を指すのでしょうか。またthat...はどう扱えばいいのでしょうか。 あともう一つ分からないことがあります。 『It seems that... , It appears that... などの構文では、it がthat以下の節を導入する働きをしている。形の上では<主語+述語>となるので、第1文型として扱われることが多い』 『注:It seems that... 型と一般の形式主語構文 <It seems that...>型構文では、that節を文頭に置くことはできない。 [誤] That john dislikes his boss seems. 次の文との比較:これは第2文型である。 It is obvious that money doesn’t grow on trees. (お金が木にならないことは明らかだ。) (=That money doesn’t grow on trees is obvious.)』 ここでの第1文型、第2文型って何のことでしょうか。 It seems that...などが第1文型で It is obvious that money doesn’t grow on trees.などの形式主語構文が第2文型 ということなのでしょうか。 この文型の区分が、どうしてそうなるのか、が全く分かりません。 どなたか、この2つの疑問をお答え頂けることを願っております。 よろしくお願い致します。

  • It's the thought that

    It's the thought that counts.  「気持ちが大切なんだ。」 という文がありますが,文法的にはどうなっているのでしょうか? (1)It is ~ that … の強調構文でしょうか? The thought counts. → It's the thought that counts. たぶん合っていると思うのですが。

  • これは強調構文ですか?

    「It is ten days ago that she moved to San Francisco.」 強調構文と形式主語構文の見分け方として、 強調構文:that 以後が不完全な文または、「It is ~ that」 を取り除いて文章が成立する場合 と覚えました。私は、上記の文は形式主語構文のように思うのですが、 (It is) ten days ago (that) she moved to San Francisco. は完全な文だから強調構文だと言われ、混乱しています。 上記の文はどちらなのでしょうか?

  • 強調構文 It is ...that---- 省略

    2つ質問します (1)強調構文でthatが省略可能な場合はありますか? (2)同じく強調構文で It isが it'sと短縮されることはありますか? よろしくお願いします 辞書を調べたのですがよく分からなくて…

  • it is ....that の構文を教えてください

    次の文は、文法的に正しいでしょうか? It can't have been Tom that I met at the station. It could have been Tom that I met at the station. 私が思うに、it is..,...that の強調の文は、私がトムに駅で会ったということが前提になっていて成り立つ構文なので、その前提をくつがえすような、私が駅であったのがトムであるかどうかを推測するような文章は一緒になるはずがないと考えますがどうでしょうか?

  • how it is・・・that・・・

    Children want to know how it is if there was chaos early that there is apparently order today. how it is・・・that・・・が強調構文ではないかと思うのですがif・・・はどう訳に組み込めばいいのでしょうか教えてください。

  • 強調構文と形式主語構文

    強調構文と形式主語構文について確認させてください。 どちらもIt is~that ...「…は~だ」ですが, It is[was] と that を取り除いて文が成り立つときは強調構文。成り立たないときは形式主語構文。例として, It is ten days ago that she moved to San Francisco.  ten days ago she moved to San Francisco 成り立つ→強調構文 It is easy that she speaks English.  easy she speakes English 成り立たない→形式主語構文 文法書には強調構文の~の部分には,主語・目的語・補語になっている名詞,代名詞,または副詞の働きをする語句が入るとありますが,形容詞は入らないと考えてよいでしょうか。もしあり得るなら例文をいただければ助かります。 もしそうなら,It is~that ...の~の部分が形容詞なら,それは無条件に形式主語構文だと判断してよいでしょうか。

専門家に質問してみよう