• ベストアンサー
  • 困ってます

研削盤で研削して平面を出すには

研削盤について疑問があります。 たとえば平面研削盤で平面を研削して平面を出す場合に 研削し始めと、研削し終わりでは砥石が減って砥石径が小さくなるような気がします。 たとえわずかであっても砥石径が変わってしまえば平面ではなくなると思うのですが これはどのように理解すればいいのでしょうか? よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数3590
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • toro321
  • ベストアンサー率29% (1222/4138)

単純な疑問であれば、砥石の減りは無視できます。 それ以上に、機械の精度の方が、平面度に影響します。 砥石を手前から向こうへ送るベッドの平行度が効きますから。 量産などで、何個も同じ加工していくと、砥石はだんだん減ってきます。これを感知して、自動的に切り込みを入れていくように機械がなってます。自動定寸装置です。2~3ミクロンで管理できます。 それでも、砥石が片減りしていくので、数百個に一回とか、1000個で一回とかドレス(砥石をダイヤで削り、形を整える)をかけます。NC研削盤だとこれも自動です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答下さりありがとうございます。 砥石の減りをフォローする機構があるかどうか疑問でした。 自動定寸装置があるとは知らず、大変参考になりました。 2/1000mmで管理できるとするとかなり条件(環境温度など)は厳しい物になりますでしょうか。 またドレスをかけるダイヤ砥石は使い捨てになるのでしょうか。 ともかくありがとうございます。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • toro321
  • ベストアンサー率29% (1222/4138)

2/1000mmで管理できるとするとかなり条件(環境温度など)は厳しい物になりますでしょうか。 温度の問題は別です。 部屋を一定の温度にするとか、クーラントを冷やすとか、そういう精度が必要(例えば、測定機器のマスターなどを作る時)な場合は、それなりの設備が必要にまります。 またドレスをかけるダイヤ砥石は使い捨てになるのでしょうか。 ダイヤの砥石ではありません。 先端にダイヤがついた鉛筆みたいなもので、砥石を舐めて行きます。高いですけど、かなりもちます。 ダイヤモンド砥石で研磨する場合(超硬などの刃物の研磨)は、このダイヤのホイールは使い捨てです。相当もちますけど。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

toro321様、詳しく教えてくださいましてありがとうございました。 大変勉強になりまして、とても有難く思っております。

  • 回答No.1
  • O8GR
  • ベストアンサー率17% (54/309)

研削盤で加工して出来た以上の平面精度を求めるのであれば、ラップ加工など次の工程に移ります。 研削盤の加工で出来た平面が製品として十分であれば、質問者の方のおっしゃるように厳密に平面でなくとも完成なのでそれで作業終了です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答下さりありがとうございます。 精度が範囲内に収まっていればいいのですね。 参考になりました。

関連するQ&A

  • 平面研削盤について

    現在355φ内径76.2厚さ38のWAの砥石を使用しています。 超硬研磨するために砥石を選択したのですが、355φでは内径が127のGC砥石しかありません。内径を76.2の研削盤に取り付ける方法はないでしょうか? 何かアタッチメントでもあるのでしょうか?お教え下さい。 かなり古い岡本の平面研削盤を使用しています。

  • 平面研削盤の役割

    平面研削盤はどのような目的を主とした機械でしょうか? 焼き入れしたあとの鋼材など固くてフライスなどで削れない時に 削るというのが 主な目的なのか それとも 面を平らにするというのが主な目的なのでしょうか? 後者の視点からいうと、 SS400などの やわらかい フライスでも削れる 材料においても、 平面研削盤を使うことは結構あるのでしょうか? またSS400を 砥石で削る場合 SS400など 向けの砥石があるのでし ょうか? それともSKS3の焼入れ鋼材を研磨する砥石でそのまま やって いいのでしょうか? ?それが普通でしょうか?

  • 鋳物の平面研削加工について

    FC250の鋳物300×300の定盤を平面度5μ以内に入れようと平面研削(トラバース)していると砥石のもちが悪い(目づまり)ような気がします。研削後にキサゲ加工をするので荒仕上げ程度の表面粗さでいいのですが・・・研削砥石の営業マンとも話をしているのですがみなさんが使っている鋳物用の砥石を参考までに出来るだけくわしく教えてください。単純に結合度を軟らかく、組織を粗にしたらいいのか?よくわかりません。よろしくお願いします。  ちなみに、横形平面研削盤ナガセSGEー63 砥粒C 粒度46 結合度I 組織6 355×38×127 研削液はジュラロン S500N です。 

  • 平面研削用セラミック砥石について。

    現在、岡本工作機械製平面研削盤PSG-125DX 1997年製を使用して研削加工をしているのですが、新しくかなり硬いワークの研削を行うことになり、砥石メーカーと相談してセラミックと粒を使っている砥石を選定して頂いたのですが、といしのドレススピードをかなり速くして加工するとなんとか削る事は出来るのですが、少しでもドレススピードを遅くすると、研削焼けがあっという間に発生してしまいます。その後、砥石メーカーに相談すると、粒度を変えた物を提案して頂いたのですが、そのセラミック砥石も加工がうまくいきませんでした。弊社の研削加工されている先輩に聞いたら、砥石が機械に合ってないからそうなると言われました。砥石メーカーが、選定した物でも合わないことがあるのでしょうか?しかし、部品納期があるので、現在使用している砥石を使用して加工しているのですが、かなり目こぼれしてしまい、かなり削るのに時間がかかってしまうし、ドレスもかなりの頻度で必要です。加工内容の詳細を記載しますので、同じような加工経験がある方、使われていた砥石を教えて頂きたいです。使用されていた平面研削盤の型式もお願いします。※CBN砥石は金額的に不可能です。加工内容 材質 SK材 油焼入れ SCM材 高周波焼入れ 硬度 HRC60~65 現在のといし 粒度46 と粒PA 結合度 G といしメーカー ノリタケ、テイケン 取り代 0.5~0.8mm 切込み 5ミクロン 是非ともアドバイスをお願い致します。

  • 平面研削時の送り縞に関して

    平面研削加工において送り縞が発生するのは普通だと認識しています。 ただし、今回同じ砥石・研削油・加工条件で同等設備2台で研削した面を 油砥石で擦ると、片方の設備で加工した方が等間隔で黒い筋の送り縞が発生してしまいます。 何が原因なのか解かりません。 思い当たる事が解かる方か、くっきりとした送り縞を見難くする方法をご存知の方、ご回答お願いします

  • 平面研削盤で材料が飛ぶ場合

    平面研削盤で 電磁石ベッドをオンにしていても 材料が飛んだ場合は、 小さい材料の場合 ワーク面積が小さいから 磁石によりひっつく力も ちいさくなり、 砥石の 回転する力に負けて飛ぶのが主なのか? それとも 小さいワークでも 切り込みが適正であれば、 電磁石がオンであれば、 とんだりしないものでしょうか? 原因としてはやはり切り込みの方でしょうか?

  • 粗研削では砥石を傾けて

    平面粗研削を行う場合、 故意に砥石を傾けて (ワークの加工平面に対し、砥石の回転軸を垂直な方向から少し傾ける) 能率を向上させるそうですが、 砥石を傾けると能率が向上するのはどういう原理によるものでしょうか。 教えてください。お願いいたします。

  • 平面研削での送りマークを消したい

    宜しくお願いします。 平面研削での送りマーク消したいのですが、完全に消えません。 送りマークを消したい砥石は WA#60・CBN#500・ダイヤ#1000 今まで実施したこと 砥石周速度の調整・テーブル送り速度の調整・砥石の振れ取り これらでは効果があまりありませんでしたが、砥石の角を竹を使用して ダラシているのですが少し送りマークが薄くなります。 竹は昔から使用してますが、なにか砥石の角を落とすものがありましたら 教えてください。

  • 円筒研削盤によるハードクロムメッキの研削

    円筒研削盤を使い、ハードクロムメッキの研削をしたいのですが、 加工実績が無く、砥石の選定について教えていただけませんでしょうか? 被削材の外径はφ230とφ410の2種類です。 普段はステライトNO.1を研削しています。 ステライト研削時に使用している砥石は、 形状 1A 寸法 610×75×304.8 砥粒 60 結合度 K 組織 8 結合剤 VSK-1 です。 この砥石を使って実際に研削できるかを試す時間があれば一番良いのですが、被削剤にメッキが乗って研削できる状態になるのは納期ギリギリなので、砥石の選定をしておく必要にせまられています。

  • 超硬の成型研削

    超硬の角ピン(□で1mmくらい)にRを加工したいと考えています。精度は±0.005mmくらいです。プロファイル研削盤では時間が非常にかかるため、平面研削盤(成形)で行いたいのですが砥石は何がいいのでしょうか?