• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

平面研削盤設計

ご教示下さい。 写真のように簡単な平面研削盤を設計したいと思います。 色々考え方が分からないので教えて下さい。 大雑把な質問ですみません。↓ (1)砥石のフレ度((7)φ50に対して)の同軸度はいくつにすれば良いのですか? (2)アンギュラベアリングを2コ使いで検討しています。  等級をいくつにすれば良いのでしょうか?  その場合の(7)φ50のはめあい公差もご教示下さい。 (3)L型スタンドの直角度はいくつにすれば良いですか?(データムAに対して) (4)L型スタンド底面の平面度は? (5)全体ベースの底面(L型スタンドとの設置面)と上面の平行度は? (6)シャフトの太さは、モータシャフトと同等もしくはそれ以上にすれば良いですか? (8)(7)に対しての直角度はいくつですか? (9)カップリングはモータの出力と回転数からトルクを計算してそれを超えるものであれば基本はOKですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数172
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

はっきり言って丸投げは駄目です こう考えるがどうかと言う問いかけに変えましょう これだけの内容に時間を掛けて答えても いや、そこまでは   とか もっと  とか 言われると 回答者はガックリ来ます まずは自分の開示を🎵

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 研削砥石の選定について

    モリブデン鋼を平面研削盤で3.2S▽▽▽に仕上げる時の 砥石は何を使用すればよいでしょうか。 砥石メーカー:クレトイシ株式会社 砥石寸法:205×19×31.75 と粒/粒度/結合度/組織/結合剤などメーカー型番で ご教示いただければ幸いです。

  • 銅合金の研削方法について

    こんにちはyasutecと申します。研削に関しては理論的な知識も実務経験も無い初心者です。放電加工用にテルコ銅(銅にテルルが微量に合金されたもので、切削性や研削性が純銅に比べると良好で、放電性はあまり変わらないといわれているもの)を使っています。この材料を平面研削して材料の直角度と良好な表面粗さを得たいと考えています。が、材料メーカーは、GC系の砥石をお奨めしますとカタログ上に記しているだけで、砥石の番手、湿式か乾式か、といった条件的なものまで教えてくれていない為、この為に購入したGC80IV81という砥石は、目詰まりを起こしてしまいました。現場の経験者はポーラス系の(WA系)砥石にビーズワックスを塗りこんで目詰まりを防いで加工するのだと言っています。ただ、これは純銅の研削方法であり、このような手間をかけるのではテルコ銅をわざわざ使っている意味がありません。そこで皆さんの内のどなたか、この銅合金の研削の経験、もしくは知識をお持ちの方がいらっしゃいましたら、なんでも結構です、是非教えていただきたいと思います。宜しくお願い致します。

  • 回転数とインバータについて

    ど素人ですみません。 モータ回転数を定格回転1800rpm(60Hz)のを使用している研削盤に 砥石をつけて回したとき、モータと主軸はカップリングで直結、 無負荷のときと比べたところ、砥石をつけて回したときは3600rpm、 無負荷は1800rpmでした。 インバータは負荷が掛かると回転数が上げる性能を持っているのでしょうか?

  • 幾何公差

    添付写真はワイヤー放電加工機に取り付けたワークを加工する前にピックを使い測定している絵です。 ここで質問です。 どうしても分かりません。 ご教示下さい。 この絵はとあるメーカの取説を抜粋した絵です。 このワークの上下面とピックを当てている面は加工前にどのくらいの 平行度、直角度、平面度にしておけば良いのでしょうか? 下面をデータムAとした時・・・ (1)上面の平行度 (2)ピックを当てている面の直角度 (3)データムAの下面の平面度 を数値でご教示下さい。 また、前回もお聴きしましたが、 (4)ワイヤー放電加工機の静的精度測定(jis規格)で、xテーブル運動に円筒スコヤを置きZ軸にピックを取付け、ピック先端をこの円筒スコヤにあて上下に動かして直角度の許容値0.02/300と記載してありました。 これは、XテーブルをデータムAとした時、Z軸の直角度が0.02/300であると言う事なのですよね? この時のXテーブルの平面度はいくつなのでしょうか? 上の質問と重複しているかも知れませんが、ご教示下さい。

  • SUS630 鏡面研削時のダイヤ砥石ツルーイング

    題記の鏡面研削はノウハウが多分に関わる内容ですので、 砥石面をどのように作るか?に焦点をあててアドバイスを頂きたく質問致します。 産業機器制作メーカに勤務しており、海外顧客よりSUS630のテスト加工を依頼されております。 ワーク幅200mm(研削部幅は80mm)、長さ2100mm、高さ80mmの鏡面研削をしております。 使用している平面研削機仕様は ・最小切込0.1μm ・テーブル動作油圧式で電磁チャック ・対話ソフトで反転位置、送り速度、切込量などを設定 ・スピンドルモータ回転数はインバータ制御。 砥石仕様:アライドマテリアル両テーパ型 SD****J100BS5 D450 砥石幅20 (**** 部分には#600~#3000) 研削液はケミカルソリューションタイプを使用。 研削装置は23±1℃の恒温室に設置し作業。 要求精度:JIS B 0633-2001でRa0.02μm Rz0.2μm 真直度1μm 大体上記のような条件でやっております。 仕上げの#3000では切込0.1μmでバイアス送りにて研削しています。 具体的な数字は顧客情報も含むので示せませんが、テーブル速度、砥石回転数ともに極力下げています。 要求精度はクリアしたのですが、顧客から見た目が良くないと言われております・・・。 確かに送り目というか送り模様というか、そのような感じのものがうっすらとあります。 3か月ぐらい試行錯誤を繰り返しておりますが、安定的に良い研削面を出す上でも ツルーイング時の砥石面の作り方で変わるのではないかと考え、現在奮闘中です。 このような鏡面加工をされたことある方は、砥石のドレス/ツルーイングをする際にどのようなことに 気をつけていられるのでしょうか。 アドバイスいただければ幸いです。 ちなみに私は三栄精工X-POWERでドレス/ツルーイングしております。 #3000だけはツルーイングだけSUS304に置き換えたりしてます。 質問を〆させて頂きます。 ありがとうございました。

  • 固定-支持の梁のたわみにおいて、両端部に角度を有…

    固定-支持の梁のたわみにおいて、両端部に角度を有する計算方法 現在、板金を用いた長尺のカバーのたわみ計算を行っています。 カバーの両端をあるブラケットの上面部に締結します。 また、ブラケットは研削されたベースの上面にボルト締結します。 このとき、カバーを取付けるブラケットの底面(基準面)に対する上面の平行度が狂っていると、理論で求めたカバーのたわみと値が異なります。 このように、両端に予め角度(たわみ角方向)を設けた場合のたわみ計算の方法はありますか。

  • 攪拌機設計時のモーター容量の選定

     いつもお世話になっております。  さっそく質問なのですが、モーター、カップリング、シャフト、攪拌羽根の構造で攪拌機を作ろうとしているのですが、モーター容量を決める際に、どのくらいのトルクが必要なのか、計算する方法がわかりません。  参考になるようなお話、サイトなどがありましたら、ご教授ください。  条件は  流体  :ATF(動粘度:22cSt)  羽根角度:45°  羽根径 :φ300mm  羽根数 :4枚  です。  初めての設計するので、右も左もわかりません。お手数ですが、宜しくお願いいたします。

  • 面の輪郭度交差などについて

    図面の読み方について質問です。 図面は見せられないので簡単に説明します。 図面を円柱のビルに例えて質問します。 ビルの外径をデータムA ビルの上面をデータムB ビルの中心と真北に線を引きそこをデータムC 平面図でビルに出窓があったとしてその出窓をデータムCから理論的に正確な寸法(四角に囲まれた寸法)で平坦に加工するとします。 正面図で理論的に正確な寸法がビルの中心から500mmとあります。 ここで |平面度交差0.1mm| |傾斜度交差0.3mm|A|B|C| |面の輪郭度交差0.7mm|A|B|C| 平面度が0.1mm以内 データムCから指定角度に回転させた時、平面が0.3mm以内 面の位置がビルの中心から指定された位置(500mm)から0.7mm以内、 このように理解しても良いでしょうか? このような図面の書き方は、有りでしょうか?

  • 自動機設計において

    写真のような自動機を検討しています。 ガイド付シリンダの先端にチャックが各々ついており、A・Bのワークを隣のA'・B'の冶具ベースの上に搬送します。 その時、下記(1)~(4)についてご教示下さい。 (1)冶具の寸法公差、平面度  ワークチャックしたいのですが、ここは寸法公差が±0.03?±0.02?どのくらい  にすれば良いのですか?平行度も必要ですか? (2)ベースの寸法公差、平行度  フレーム架台を上面をRz6.3できれいに加工させれおり、その上にベースを引こう と思います。その時、この板の上面と裏面を引こうと思いますが、  その時、この板 厚には寸法公差±0.??どのくらい必要ですか?   平行度も必要ですか? (3)直角度と表面粗さ  LMガイドの取付面は、ミスミのカタログ(LMガイドブロック)を見ると平行度  0.02とうたわれており、これにちなんで直角度も0.02にしようと思います。  どのくらいが妥当なのでしょうか? (4)ガイド付シリンダが取付いている板 (4)の板厚寸法公差、平行度はどのように考えてたら良いのでしょうか? 全て、板厚公差、平行度、直角度についてどのように決めたら良いのか分かりません。弊社では今まで自動機を設計したこともなく参考図面がありません。 どうか、板厚やワークの大きさと言った細かい寸法は記載していませんが、 精々考え方だけでもご教示頂けないでしょうか? 何卒よろしくお願い致します。

  • カッタ―盤設計

    小型研削盤を製作しようと思います。 以下のスペックで製作しようと思いますが、計算方法や計算結果が正しいか分かりません。 ご教示ください。 <砥石側ユニット> 砥石径φ150 切削回転数2600min-1 砥石駆動モータ0.4kwのブラシレスモータ  50HZ/60HZ 定格回転数1300min-1 プーリーとベルトを使用して増速 <送りテーブルユニット> 送り速度V=500mm/min 機械効率η=0.9 テーブル質量M=15kg ワーク質量最大m=1kg(ワークはφ3~10程度のSUS管 テーブル上に固定) テーブルはLMガイドにて右から左にスライドする(摩擦係数μ=0.01とする) 転造ボールねじC10 φ14 リード2mm ※駆動はACスピードコントロールモータを使用予定 ※加減速は特になくゆっくりと時間をかけてあげて構いません 質問(1)ワークと砥石が接触する際、砥石から出力されるF=19.6Nで合っていますか?    ブラシレスモータ定格回転数1300min-1 0.4kwより    0.4kw=(T0×1300)/9445 T0=2.94Nm    ※原動機側トルクをT0、従動機側トルクをT1とする。 T1=T0×1/2=1.47Nm    砥石φ150なので砥石がワークに伝える外力F=1.47Nm÷0.075m=19.6N 質問(2)送りテーブルのモータ容量の計算は下記であっていますか? この公式(三菱モータ資料より)を使って良いのか分かりませんが... (テーブル質量M+ワーク質量m)×摩擦係数μ×送り速度V/6120×機械効率η    ={(15+1)×0.01×0.5}/6120×0.9=0.00001452kW・・・?    使うモータの最小Wの物を使用するということですか? 質問(3) (2)の式はテーブル質量Mとワーク質量mの足し算から求めていますが、     実際は数秒ワークのパイプが切れるまで、(1)で求めた外力Fが加わって来る     と思いますが、考え方は合っていますか? 質問(4)砥石等負荷が掛かってもトルクが低下しないようにするにはブラシレスモータ    を使うのが良いのでしょうか? 質問(4)LMガイドの摩擦係数は通常もっと少ない0.003~0.004ぐらいですか? 質問(5)ACインダクションモータやスピードコントロールモータは定格回転数から    減速比を返して従動機側の回転数またはトルクを算出することが出来るみたい    ですね。サーボモータやステッピングモータ場を使用する場合は定格回転数は   あるのでしょうか?   以上ご回答をお願い致します。