• 締切済み
  • 困ってます

裁判官の守秘義務

故あって裁判員制度について調べています。 裁判員には法律で評議の秘密以外にも職務上知り得た秘密についての守秘義務を負います。 裁判官には裁判所法で評議の秘密については規定がありますが、その他の職務上知り得た秘密についての義務は負わないのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数505
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.6

裁判は憲法により公開されるものとされており、裁判所法第75条(評議の秘密)は司法の独立を守るための例外規定です。 従って、裁判官が職務上知りえる情報は、公判に限定すれば評議に関するもの意外はすべて公開情報であることから、とくに守秘義務は課されていません。 公判と評議に関すること意外であれば、裁判所法第49条(懲戒)の「品位を辱める行状」に含まれると解するべきでしょう(例えば職員情報の漏洩とか)。 以下は参考まで。 裁判員制度は1.裁判員の選任 2.公判への参加 3.評議への参加と、大きく3つに分けられますが、 このうち1については、裁判員の参加する刑事裁判に関する法律(裁判員法)の第72条で「何人も、裁判員(略)を特定するに足りる情報を公にしてはならない」とありますので、裁判官も守秘義務を負います。 2については、公判は公行されるものですので、その内容についてだれも守秘義務を負わない、というか秘匿できません。 3については、評議とその内容について裁判員法第70条で裁判員に、裁判所法第75条で裁判官等に守秘義務が課されています。 以上より、裁判員法第79条(罰則)に規定する評議以外の「その他職務上知りえた秘密」とは、裁判員個々の情報でも公判内容でも評議の内容でもないことになります。多分、この条項を適用できる「その他職務上知りえた秘密」は存在しないでしょう。 もしかすると「選任の質疑で××××と回答すると候補からはずされる」なんて情報かもしれませんが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

公判と評議に関すること意外であれば、裁判所法第49条(懲戒)の「品位を辱める行状」に含まれると解するべきでしょう これはあなたの個人的見解ですか? それとも根拠のある解釈ですか?

関連するQ&A

  • 裁判官の守秘義務

    裁判官には裁判所法で評議の秘密については規定がありますが、その他の職務上知り得た秘密についての一般的守秘義務は負わないのでしょうか? 国家公務員法上の守秘義務を負わないことは知ってますので、それ以外で法的根拠を教えてください。

  • 裁判官の守秘義務について

    裁判員制度について調べていたのですが、 裁判官にも裁判員と同じように 守秘義務が当然あると思って憲法を調べたのですが、 載っていませんでした。 どの法律に定められているのでしょうか?

  • 裁判員の守秘義務、傍聴人にはないのですか?

    近々始まる裁判員制度に関して質問です。 裁判員の人たちには、守秘義務が厳格に課せられますよね? でも、同じく法廷での内容を聞いている多くの傍聴人は、守秘義務がないとのこと。 これはどうしてですか? 守秘義務というのは、傍聴人とは関係ない評議の事とかなのですか?

  • 回答No.5

>>裁判官は国家公務員法上の特別職ですから、別段の定が >>なされない限り国家公務員法の適用はないはずです 裁判は原則として公開でなされるもの(日本国憲法)なので、裁判自体での守秘はないですが、裁判所法75条で評議の秘密が規定されています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 結局は評議の秘密以外の守秘義務は負わないと言うことですね。 裁判員には一般的な守秘義務を課すこととのバランスが悪い気がしたので質問をしました。 裁判官がしゃべってもいいことを裁判員がしゃべると罰せられるというのもアンバランスな気がしますね。

  • 回答No.4

>>公務員自体に守秘義務と言うにはどの規定の基づくものでしょうか? 国家公務員法第100条、地方公務員法第34条、外務公務員法3条・4条、自衛隊法第59条です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

夜中にありがとうございます。 もう少しおつきあいいただきたいのですが、 裁判官は国家公務員法上の特別職ですから、別段の定がなされない限り国家公務員法の適用はないはずですが、100条については適用があるという見解ですか。 これは”別段の定め”があるからなのか、解釈で特別に適用させているのか、どちらなんでしょう?

  • 回答No.3
noname#15285
noname#15285

ちなみに#2は国家公務員法ですが地方公務員法にも当然あります。 34条です。 http://www.houko.com/00/01/S25/261.HTM

参考URL:
http://www.houko.com/00/01/S25/261.HTM

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#15285
noname#15285

100条をご覧ください。 http://www.houko.com/00/01/S22/120.HTM

参考URL:
http://www.houko.com/00/01/S22/120.HTM

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

裁判官は国家公務員法上の特別職ですから、別段の定がなされない限り国家公務員法の適用はないはずですが、100条については適用があるという見解ですか。 これは”別段の定め”があるからなのか、解釈で特別に適用させているのか、どちらなんでしょう?

  • 回答No.1
noname#15285
noname#15285

>その他の職務上知り得た秘密についての義務は負わないのでしょうか? 公務員自体に守秘義務があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答ありがとうございます。 公務員自体に守秘義務と言うにはどの規定の基づくものでしょうか?

関連するQ&A

  • それって守秘義務?

    裁判所に行ったときに、裁判員裁判の安全性について疑問に思うことがあったので、 裁判所の広報に質問してみたときのことです。 審理後の裁判員に暴力団の声かけがあったという事件がつい先日ありましたよね。 私はもし、裁判員になった場合にこのようなことがあったら怖いと思い、 「裁判員の安全に対して問題になっていますが、対策などをされているのでしょうか。 送迎などはないのでしょうか。」と対策についてたずねました。 そしたら、 裁判所の広報は「それは守秘義務なのでお答えできません。」 とのことでした。 これって守秘義務なんですか。裁判員の安全に対して何も教えてもらえないなんて、 こんなので裁判員になりたがる人なんているのでしょうか。

  • 裁判員裁判の守秘義務違反ですが・・?

      以下の様な場合違反らしいが では本当で無い作り話 または嘘の話なら違反になりませんか?  裁判員法ではどのような過程で結論に達したかや、裁判員や裁判官の意見、また、評決での多数決などは「評議の秘密」とされ、守秘義務が課せられている。違反すれば6月以下の懲役か50万円以下の罰金となる可能性がある。

  • 守秘義務

    契約書に、守秘義務を盛り込まなく 守秘義務の契約をしてなかった場合 秘密をべらべら漏らしてもいいわけではないですよね? 守秘義務の契約を使用がしまいが、 秘密を漏らすのは、OUTですよね? であればわざわざ契約書内で守秘義務の条項を入れる必要があるのでしょうか?

  • 裁判員の守秘義務は?

    裁判員に選ばれてそれが終わった後、担当した裁判の守秘義務は何年ですか? それに違反したとして罪に問われるなら、職業裁判官も過去に担当した裁判の事をマスコミのインタビューなどで答えている。 最近では袴田事件の一審を担当した裁判官も、http://m.huffpost.com/jp/entry/5061378/ となりますよね? 詳しい方教えてください。

  • 守秘義務について

    守秘義務についてですが、弁護士や医師・助産師の様に刑法で定められている資格と、司法書士・看護師などの様にその資格に関する法律で規定されている場合がありますが、その違いがどういった事なのでしょうか? 助産師と看護師は保健師助産師看護師法という一つの法律なのに、何故一方は刑法で、一方は保健師助産師看護師法で規定されているのでしょうか? 患者の秘密について知り得る情報と守秘義務重要性において、助産師と看護師で大差があるようには思えないのです。 同様に、弁護士と司法書士も何故、弁護士だけが刑法で規定されているのでしょうか? どなたか御教授頂ければ幸甚です。

  • 警察官の守秘義務について

    あるトラブルが発生したため、110番通報により警察官の臨場を願いました。警察官の到着後、突然、通報者である私の名前をトラブルの相手や全く関係のない第三者の前で大声で呼ぶことは、地方公務員法第34条などの「職務上知り得た情報」を漏らしてはならないことを禁ずる法律(守秘義務)に抵触すると私は考えています。 しかし、名前を大声で呼ばれたことに関しては、守秘義務の存在にかかわらず、職務上知り得た秘密を開示することが認められた「正当な理由」として、許されることなのでしょうか。 トラブルの相手に少々不安があるため、今後、報復など家族の安全に関し懸念があります。 警察官も法律上の守秘義務が課せられているはずですが、この問題に関しての対処法を教えてください。 私は法律には素人であるため、できれば法律の専門家の方の助言を宜しくお願いします。 

  • 裁判官の守秘義務:法律家同志では筒抜けの可能性は?

    守秘義務について、考えていたら、急に疑問がわいてきました。 よく、弁護士には守秘義務があるといいますよね。 裁判官は、どうなんでしょうか? たとえば、裁判中に、被告側、原告側と裁判官は話しますよね? その際に、オフレコで、とお願いした内容を、法律家同志ということで、 「言わないでくださいね」と念ををした上で、話してしまう。 ということはあり得るのでしょうか? 裁判官の守秘義務、という言葉を耳にしたことがないので、 気になっています。 ご教示頂きますよう、よろしくお願いいたします。

  • 裁判員制度の守秘義務

    裁判員制度に守秘義務というものがあるそうですが もし、候補者や呼び出しがあった場合、仕事をしている 人はどのようにして職場に言うのが良いのでしょうか? また、どのような形で家族に説明したらいいのでしょうか? 今一つ分かりにくいのでどなたかご説明をお願いします。

  • 守秘義務について

    職務上知り得た情報を、職務以外で無断で情報を話すことが守秘義務だと聞きます。ここで質問が御座います。例えば、医者が職場以外のプライベートな場で患者と遭遇して、完全に二人だけの空間で「最近、うつ病の調子はどう?」と質問をすることは守秘義務違反になるのでしょうか? ご回答いただければ、幸いです。

  • 守秘義務と告発義務

    行政は違法な事柄を発見した場合は告発する義務があると思いますが、 裁判所などは守秘義務などにより例外があるのでしょうか? 最もほとんど守秘義務は(相当の理由=不法行為は例外事項)でしょうが、、。