• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

守秘義務について

守秘義務についてですが、弁護士や医師・助産師の様に刑法で定められている資格と、司法書士・看護師などの様にその資格に関する法律で規定されている場合がありますが、その違いがどういった事なのでしょうか? 助産師と看護師は保健師助産師看護師法という一つの法律なのに、何故一方は刑法で、一方は保健師助産師看護師法で規定されているのでしょうか? 患者の秘密について知り得る情報と守秘義務重要性において、助産師と看護師で大差があるようには思えないのです。 同様に、弁護士と司法書士も何故、弁護士だけが刑法で規定されているのでしょうか? どなたか御教授頂ければ幸甚です。

noname#30350
noname#30350

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1839
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

刑法は、途中で何度も改訂されてはいますが、もともと明治時代にできた法律です。(だから、漢字と濁点、半濁点のないカタカナで書かれてますよね) 刑法の機密漏洩罪は、お客様の機密(個人情報が中心ですな)を扱う「プロフェッショナル」が、機密をもらしてはダメよというのが立法趣旨なのですが、刑法ができた当時のプロフェッショナルつまり、国家が免許を与える職業というのは、刑法に記載されている方たちしか、立法にたづさわる人が思いつかなかった、というか、いなかったということなのです。 その後、いろんな国家資格ができているわけですが、刑法に「限定列挙」されていないということで、それぞれの法律に、刑法と同趣旨の規程を置いているということなのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御回答ありがとうございます。 刑法の改正ではなく個々の資格の法律に分散させているのか立法者の意図がいまいち分かりませんが(法律を作った所管官庁の官僚が、刑法改正ではなく自分の所管する資格の法律で対応するのが手っ取り早いと考えたのでしょうか?)、明治時代の基準では刑法典に列挙されている資格が主要な守秘義務を帯びる専門職だったのですね。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

単純に、守秘義務は皆同じです、但し親告罪になる場合と、ならない場合があります。 刑法に規定が無くとも、罰則がちゃんと存在していますので・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御回答ありがとうございます。 刑罰の重さが多少違う資格はありますが、基本的には皆同じなのですね。 ただ似た様な資格なのに敢えて区別している立法者の立法趣旨が何なのか気になって質問させて頂きました。

関連するQ&A

  • 国家公務員の守秘義務

    医師や司法関係者らには刑法によっても厳密な守秘義務が科せられています。 国家公務員にも国家公務員法で守秘義務が科せられていますが、刑法には記されていませんが、なぜなんでしょうか。 

  • 司法書士の守秘義務について

    司法書士や弁護士は依頼者のプライバシーを守るために守秘義務があるそうですが、その守秘義務が守られず第三者にその全てが筒抜けになっていたとするならばどうなるのでしょうか? 1、その苦情を受け付ける公的機関は? 2、その精神的被害の賠償は? 3、責任の追及はどうすればよいのでしょうか? どなたか詳しい方はいらっしゃいませんか?お教えください。 尚、このプライバシーとは、   財産放棄の為の個人の戸籍(個人の生立ち、養子縁組等)に関する問題です。  

  • 元看護師の守秘義務について

    私の知人に50歳代の元看護師の方がいます。 看護師には守秘義務があると思うのですが、以前の職場での出来事をよくお話しされます。 その中で、ある妊娠中絶手術の事を、事詳しく聞かされました。素人の私にはそれは「殺人」なのでは?と思ってしまう内容でした。 現在、その女性は退職し、また看護師も辞めています。そのせいか、自分に守秘義務が課せられているとは、微塵も感じていない様子です。 この病院には、今、私の縁戚にあたる者が勤務している事もあり、、元看護師という立場の人が、病院の内部事情を人様にお話ししているのを見過ごす訳にはいかなくなりました。 元看護師の守秘義務違反はどのような処罰があるのでしょうか? また、告発する場合、当該病院の他、窓口などはありますか?

  • 社会福祉法人に法的な守秘義務があるか?

    近くの老人施設に父を滞在させたいと思うのですが、近所の人が勤めていることがわかり心配しています。 医師や看護師には守秘義務が法的に決められていたと思うのですが、社会福祉法人に法的な守秘義務があるのでしょうか? 同義的には秘密を漏らしてよいものではない、ということはわかっているのですが何かあったときのために知っておきたいと思います。 あるとすれば、根拠となる法律について教えてください。

  • 裁判官の守秘義務

    裁判官には裁判所法で評議の秘密については規定がありますが、その他の職務上知り得た秘密についての一般的守秘義務は負わないのでしょうか? 国家公務員法上の守秘義務を負わないことは知ってますので、それ以外で法的根拠を教えてください。

  • 国税専門官の守秘義務について

    はじめして。  国税専門官の守秘義務規定について調べているのですが、なにか分かりやすいサイトがあれば教えてくださいお願いします。

  • 守秘義務について

    守秘義務の内容は把握しているつもりなのですが、患者さんから「○○さんの様態はどうなの?」とか「○○さんて脳梗塞なんでしょ?」などと第3者に質問される場合があります。このときに自分なりに返事をしているのですが、いまいち納得して頂けないみたいなのです。そこで法律で・・・など、難しい言葉ではなくサラっと受け流しが出来るような答え方はありませんか?

  • 税理士の守秘義務

    弁護士は受任した依頼人の訴訟内容や個人情報は守秘義務が有るので第三者に漏らしたり出来ません。税理士にも全く同じような守秘義務が課されているのでしょうか?また、それぞれ、違反した場合、どのような刑事罰が科せられるのでしょうか?それとも民事の損害賠償責任だけですか?

  • 看護師の守秘義務について

    いつもお世話になっております。 私は、鬱を抱えながら会社に行っているのですが、仕事中に気分が悪くなった時など看護室に行ったりします。 この間、上司に呼ばれて注意を受けたのですが、上司が、私が看護室に行った日数から話した内容まで全て知っているのです。看護師が上司に話したようで、おかげで、この職場に居られなくなり、現在、異動申請中です。 社内の看護師ですと、守秘義務というのは無いのでしょうか?私の話した事は、私の上司だけでなく、総務関係の人も知ってるようです。 これらの事で、私の人生は今ボロボロです。 ご回答を頂きましてもどうにもならないのですが、お時間ある方いらっしゃいましたら、アドバイス頂けましたら幸いです。 よろしくお願い申し上げます。

  • 警察官の守秘義務について

    あるトラブルが発生したため、110番通報により警察官の臨場を願いました。警察官の到着後、突然、通報者である私の名前をトラブルの相手や全く関係のない第三者の前で大声で呼ぶことは、地方公務員法第34条などの「職務上知り得た情報」を漏らしてはならないことを禁ずる法律(守秘義務)に抵触すると私は考えています。 しかし、名前を大声で呼ばれたことに関しては、守秘義務の存在にかかわらず、職務上知り得た秘密を開示することが認められた「正当な理由」として、許されることなのでしょうか。 トラブルの相手に少々不安があるため、今後、報復など家族の安全に関し懸念があります。 警察官も法律上の守秘義務が課せられているはずですが、この問題に関しての対処法を教えてください。 私は法律には素人であるため、できれば法律の専門家の方の助言を宜しくお願いします。