解決済み

長崎探題

  • 暇なときにでも
  • 質問No.1728920
  • 閲覧数229
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

長崎探題とはどういった役職だったのでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 25% (1361/5264)

長崎探題というのが正式な職名かはよくわかりませんが、江戸時代初期の正保元年に伊予松山久松松平家の2代目松平定行が南蛮船が長崎に来たときには、長崎で警備・防衛等の指揮をとるように命じられたことが探題職といわれたものだと思われます。
正保四年に実際に南蛮船が長崎に漂着したときに実際に長崎に出張しましたがなにごともなく南蛮船は引き上げました。
このときに南蛮菓子タルトに接し、それを松山に持ち帰りいまの松山名物タルトのおこりだといわれます。
お礼コメント
noname#30350

御回答ありがとうございます。
臨時の職だったのですね。
投稿日時 - 2005-10-23 15:03:56
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集

ピックアップ

ページ先頭へ