• ベストアンサー
  • 困ってます

ヒントお願いします 大学入試化学

この元素Zの炭酸塩は石灰石の主成分として天然に多量 に存在する。この炭酸塩と酸化物ZOの混合物3.12gを 中和するのに2.00mol/lの塩酸40.0mlを要した。 混合物中のZOの質量%を求めよ。ただし、Zは仮の元素記 号とする。 という問題ですが。 まず、'Zの炭酸塩は天然に多量に存在する'よりZはCaだと思われます。 そして'この炭酸塩・・・・・塩酸40.0mlを要した’を化学式で示すと CaCO3 + 2HCl → CaCl2 + H2O + CO2 CaO + 2HCl  → CaCl2 + H2O となりますよね。で'混合物3.12gを中和するのに'より W[全] = W[CaO] + W[CaCO3] = 3.12 (単位はgです) それでこの後どうしたらいいかわからないので、どうかご教授お願いします。

noname#11758

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数69
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • shkwta
  • ベストアンサー率52% (966/1825)

No.2です。 No.2で物質量で連立方程式にしましたが、質量で連立方程式にする場合は ------------------------- CaCO3の質量をw1, CaOの質量をw2とします。 w1 + w2 = 3.12 g [ア] CaCO3のモル質量は100.09 g/mol, CaOのモル質量は 56.08 g/mol より、中和に必要なHClの物質量は (2/100.09)(mol/g) w1 + (2/56.08)(mol/g) w2 = 0.0800 mol [イ] [ア]と[イ]の連立方程式です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • CaCO3とCa(OH)2のどっちが反応する?

    CaOとCaCO3の混合物があり、今CaOの割合を知りたい為に うちの会社では下記のような簡易試験を昔から行っています。 <概要> 混合物を水に溶かし、塩酸で滴定して割合を求める。 <反応> CaO + H2O = Ca(OH)2 Ca(OH)2 + 2HCl = CaCl2 + 2H2O 上記反応を使って求めているのですが、 CaCO3も塩酸と反応すると思うのですが、 上記方法でCaOは簡易的にでも出せているのでしょうか? 会社でやっているので合ってるとは思うのですが 疑問です。

  • 炭酸塩と重炭酸塩の違いについて

     呼吸について勉強していてどうしても違いが分かりません。炭酸塩と重炭酸塩の違いについて教えてください。塩とは酸と塩基が中和されてできるものですよね?頻繁にH2CO3が出てきますが、これは炭酸塩ですか?重炭酸塩ですか?それぞれの塩について教えてください。

  • 高校化学I

    CaCo3+2HCl→CaCl2+CO2+H2O 酸化された元素の酸化数の変化 還元された元素の酸化数の変化 について、教えてください!! 酸化された元素、還元された元素とかどれだかよくわからないし だから酸化数もよく分からないんで、詳しく教えてください!!

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • shkwta
  • ベストアンサー率52% (966/1825)

CaCO3の物質量をn1, CaOの物質量をn2とします。 すると、中和に必要なHClの物質量は、 2 n1 + 2 n2 『中和するのに2.00mol/lの塩酸40.0mlを要した』より、HClの物質量は0.0800 mol よって、 2 n1 + 2 n2 = 0.0800 mol [ア] 次に、CaCO3のモル質量は100.09 g/mol, CaOのモル質量は 56.08 g/mol より (100.09 g/mol) n1 + (56.08 g/mol) n2 = 3.12 g [イ] [ア]と[イ]の連立方程式です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • c80s3xxx
  • ベストアンサー率49% (1603/3255)

滴定量から試料3.12g中のCaの総物質量がわかるわけで,そのうちのどれだけをCaCO3にして,どれだけをCaOにすれば3.12gになるか,計算すればいいだけ.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 理論化学の問題が解けなくて困っています

    高校範囲の理論化学の問題なのですが、答えをみて解法に納得はできるものの、自分の解法のどこが悪いのかが理解できません。 「CaCO3とMgCO3のある混合物を加熱分解すると、CaCO3はCaOに、MgCO3はMgOに変化する。また、加熱分解後、この混合物の重さは48%減少する。加熱前の混合物中に含まれるMgCO3の比率を百分率で求めよ。なお、原子量はC=12、O=16、Mg=24.3、Ca=40とし、この混合物中には主成分以外の不純物は含まれていないものとする。」 という問題で、答えの解法は、 「かりに混合物100gが分解したら、48gのCO2が発生する。 そこで、100g中のMgCO3がxg、CaCO3がygとすると、全質量より、x+y=100 … (1) また、MgCO3、CaCO3各1molより1molのCO2が発生するので、CO2の物質量より、 (x/84.3)+(y/100)=48/44 … (2) (1)、(2)より、x=48.8(g) したがって、求める解は48.8%である。」 というものです。 自分の解法は、 「混合物中のMgCO3のモル分率をxとおくと、CaCO3のモル分率は1-xとおける。 加熱後の混合物は加熱前に比べ、重さが48%減少したので、 {84.3x+100(1-x)}×0.48=44{x+(1-x)}=44 式を解くと、x=0.531 したがって、求める解は、53.1%である。」 解が答えと違うので、明らかに自分の解法が間違っているのは分かるのですが、どこがどう駄目なのかがわかりません。 分かるかた、どうかご説明して頂けると大変ありがたいです。

  • 酸・塩基反応

    酸の反応として、 強酸(例HCl)+弱酸の塩(CaCO3)→強酸の塩(CaCl2)+弱酸(H2CO3=H2O+CO2) になりますよね。 で、質問なんですが、塩基でも同じことができるのかどうかなんです。 強塩基(例NaOH)+弱塩基でできた塩(MgCO3)→強塩基でできた塩(Na2CO3)+弱塩基(Mg(OH)2)が起こるのでしょうか? 炭酸塩でなくて硫酸塩では、 2NaOH+MgSO4→Na2SO4+Mg(OH)2の反応が起こるのでしょうか?また、この反応はNaOHが塩基、MgSO4が弱酸として働く酸塩基反応(中和反応)と解釈していいのでしょうか? 頭の中でぐちゃぐちゃになってしまい、混乱しています。 よろしくお願いします。

  • 化学の問題がどうしてもわかりません

    炭酸ナトリウムと水酸化ナトリウムとの混合物がある。この2成分の含有量を決定するために次の滴定を行った。炭酸ナトリウムと水酸化ナトリウムとの混合物を蒸留水に溶かし1lの試料溶液とした。試料溶液20.0mlをとり、0.1mol/lの塩酸で滴定した。 (1)まずフェノールフタレインを指示薬として用い、中和点まで塩酸を加えると15.0mlを要した。(2)これにメチルオレンジを指示薬として,同じ塩酸で滴定を続けると2.5mlを加えたところで中和点となった。 <1>(1)の滴定実験で起こった反応を化学反応式で記せ。 <2>(2)の滴定実験で起こった反応を化学反応式で記せ。 <3>炭酸ナトリウムと水酸化ナトリウムとは1lの試料溶液中にそれぞれ何gふくまれていたか。 答えは <1> NaOH+HCl→NaCl+H2O Na2CO3+HCl→NaHCO3+NaCl <2> NaHCO3+HCl→NaCl+H2O+CO2 <3> 炭酸ナトリウム1.33g 水酸化ナトリウム2.50g なのですがフェノールフタレインとメチルオレンジの使い分けがよくわかりません。 できればすべての問題の解説をしてほしいです。よろしくお願いします。

  • 大学の化学の教科書の問題の解き方

    詳しく説明を受けたいので問題を1問区切りで質問しております ある章の終わり頃に問題が載ってるのですが答えだけが載っててやり方解き方が乗ってません 解き方を教えて欲しいです。 高校の時に化学をやっていなかったので非常に手間取っております。どうかよろしくお願いします   水酸化ナトリウムとNa2CO3がフェノールフタレインを用いる終点検出方(OH^-→H2O;CO3^2-→HCO3^-)で一緒に滴定される。 NaOHとNa2CO3の混合物を0.25M HClで滴定した所、終点まで26.2mLを要し、就職メチルオレンジの終点までにさらに15.2mL要した。混合物中にNaOHとNa2Co3は何ミリグラムあるか

  • 塩酸と石灰石鹸水の化学式

    塩酸に石灰を投入した時の化学式が CaCO3+2HCl→CaCl2+CO2+H2Oで 塩酸に石鹸を投入した時の化学式が R-COO-Na +HCl→R-COOH +NaClの場合 塩酸に石鹸分を含んだ石灰水を投入すると単純に R-COO-Na +HCl+CaCO3→R-COOH +NaCl+CaCl2+CO2+H2O になってしまうのでしょうか? またこの場合R-COOH は分離してしまうのでしょうか?

  • 無機化学について

    はじめまして。 一昨日に代ゼミ模試を受けてきましたが、 1つ気になる問題がありますので、 どなかた教えて頂けないでしょうか(>_<。)HelpMe!! 「マグネシウムに関する記述として正しいものを、以下から選べ」との 問題で、私は 「(4)塩化物や炭酸塩は、水によく溶ける。」を選択したのですが、 間違っていました。 マグネシウムの塩化物といったらMgCl2、炭酸塩はMgCO3のことで(これがそもそも違うのでしょうか・・・)、両方とも沈殿物じゃないので、 水に溶けると思ったのですが、何故違うのでしょうか? ちなみに、答えは「(3)酸化物や水酸化物は、塩酸によく溶ける」でした。 どなたか教えてご教授くださいm(__)m

  • 高校化学の問題の解説でわからないところがあります。

    0.6mol/Lの塩酸100mlに酸化カルシウムを溶解させたのち、 0.10mol/Lの水酸化ナトリウム水溶液で中和滴定したところ100mlを必要とした。 溶解させた酸化カルシウムの質量は何gか。 という問題で、 解説に 酸化カルシウムCaOと塩酸の反応は次式で表される CaO + 2HCl → CaCl2 + H2O 溶かしたCaO(56g/mol)の質量をX{g(グラム)}とすると CaOと反応した後、残っているHCLの物質量は 0.60×100/1000&#65293;X/56×2{mol} 残っているHClを完全に中和するのに 0.10mol/Lの水酸化ナトリウムを100ml必要としたことから 0.60×100/1000&#65293;X/56×2=0.10×100/1000 X=1.4(g) と書いてあるのですが 0.60×100/1000&#65293;X/56×2の部分の 最後の×2がどこから出てきたのか分かりません。 初めてネットで質問するので 至らない点があれば指摘お願いします。

  • Csイオンを沈殿させたいのですが・・・

    塩化セシウム(CsCl)水溶液に、何らかの試薬を投入し、Csを不溶性の化合物にして沈殿させることを試みています。 Ba、Sr、Caのように炭酸塩(BaCO3等)に出来るのが理想なのですが、方法が分かりません。 なお、炭酸塩に拘るわけではなく、まずは沈殿させることを優先しております。 どなたかご存知の方がいましたら、完全な回答でなくとも結構ですので、よろしくお願いいたします。

  • 化学反応式の過程がわかりません?

    中学二年のテストで薄い塩酸と石灰石の化学反応式は 2HCl+CaCo3=CaCl2+H2O+CO2 ですが、その過程がわかりません。

  • 酸の電離

    先日、弱酸遊離について質問させていただきました。 弱酸遊離の基本的な流れは大方理解できたのですが、 ひとつ、腑に落ちない点がありましたので、再度質問させていただきます。 なお、なるべく高校1年くらいでもわかるレベルでお願いします。 酸性物質が水に溶け電離する際、 その物質はイオンに分かれ片方がH^+に結合しますよね。 以前と同じCaCO3(炭酸カルシウム)を例にとってみると、 CaCO3 + 2HCl → CaCl2 + H2CO3 (→H2O + CO2↑) となるはずです。HClを入れる前、CaCO3 のイオンは水溶液中で Ca^2+ と CO3^2- にわかれていると思います。 そこに強酸の HCl を入れると電離度が高い HCl は CaCO3 よりも 優先的に電離します。 H^+ と Cl^- となるわけですが この後、一体どのイオンがどういった経緯で結びつき、 塩化カルシウムと炭酸を構成するのでしょうか。 はじめイオン化していたCaと後にいれられるClのイオン同士が 結合することはなんとなくわかりますが 特に炭酸を作る際の H^+ イオンの出所と、その結合の仕方(いつしたか等) がわかりません。 お忙しいとは思いますが教えてください。よろしくお願いいたします。