• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

熱化学式の計算問題教えて下さい!

化学の問題の解き方がわかりません。どなたか教えて下さい! 酸化カルシウム1molに塩酸を加えて1molの塩化カルシウムが出来るときの反応熱は194kjである。また酸化カルシウム1molに水を加えて1molの水酸化カルシウムができるときの反応熱は65kjである。このデータから、熱化学方程式を用いて、水酸化カルシウムと塩酸の反応から1molの塩化カルシウムが出来るときの反応熱を計算するといくらになるか?という問題です。 CaO(固)+HCl(液)=CaCl(固)+OH(気)+194kj CaO(固)+H2O(液)=Ca(OH)2(固)+65kj Ca(OH)2(固)+HCl(液)=CaCl(固)+H2O(液)+OH(気)+Q ? この式合ってますか?どうやって計算したら良いのでしょう?よろしくお願いします!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数707
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • htms42
  • ベストアンサー率47% (1120/2361)

> CaCl2の液になるとは、わかりませんでした! これに対して#3様は >水溶液かどうかを憶えておくことももちろん重要ですが、・・・ >CaCl2の状態が解答に関係するなら、 CaCl2(固体)=CaCl2(水溶液)+▲kJ のような式が問題の中に出てきます。そのような式が問題の中に無いということは、式3のCaCl2も式1のCaCl2も同じ状態と考えるしかありません。つまり問題を解くことだけに関して言うならCaCl2の状態は考えなくてもよいということです。 と書かれています。でもこれは考えすぎでしょう。 問題文の中の式 >CaO(固)+HCl(液)=CaCl(固)+OH(気)+194kj >CaO(固)+H2O(液)=Ca(OH)2(固)+65kj >Ca(OH)2(固)+HCl(液)=CaCl(固)+H2O(液)+OH(気)+Q ? でHCl(液)というのはHCl(水溶液)の意味です。 HClは常温で気体の物質ですから常温での反応で液体状態のHClが出てくることはありません。塩酸というのはHClの水溶液であるというのは習っていると思います。ここでの塩酸は水の多い塩酸ですから希塩酸です。 (三態の1つとしての液体と混同しますので水溶液という意味のときはHCl(aq)と書きます。(aq)を単独で使うと水溶液を作るために用いる大量の水の意味になります。aqは水を意味する aqua の省略形です。教科書に載っていると思います。) 水溶液中で起こった反応の生成物に(固)という状態が書いてあれば沈殿が生じたということになります。CaCl2 は水によく溶ける物質ですから希塩酸との反応で沈殿を生じることはありません。CaCl2(aq)と書かれることになります。 3つの式を書きなおしてみます。 CaO(固)+2HCl(aq)=CaCl2(aq)+194kJ CaO(固)+H2O(液)=Ca(OH)2(固)+65kJ Ca(OH)2(固)+2HCl(aq)=CaCl2(aq)+QkJ (反応によって生じたH2Oは(aq)のなかに含めてしまっています。) CaCl2(固)を水に溶かして水溶液にするという反応はCaCl2(固)が出来ないのですから考える必要はありません。 CaO(固)+H2O(液)=Ca(OH)2(固)+65kJ (ア) という式には注意が必要です。 この式でCa(OH)2(固)と書いてあるのでCaCl2(固)も正しいと思ってしまわれた可能性があるからです。 この場合のH2O(液)はCaOと1:1で反応してCa(OH)2(固)を作るH2Oです。水溶液を作る水 aq ではありません。 CaO(固)については水溶液のCa(OH)2を作る反応を考えることも出来ます。 CaO(固)+aq=Ca(OH)2(aq)+△kJ (イ) したがって途中の状態を変えた反応式の組も可能になります。 CaO(固)+2HCl(aq)=CaCl2(aq)+194kJ CaO(固)+aq=Ca(OH)2(aq)+65kJ Ca(OH)2(aq)+2HCl(aq)=CaCl2(aq)+QkJ 2つ目の式のCa(OH)2の状態と3つ目の式のCa(OH)2の状態は一致している必要があります。一致していなければヘスの法則を使うことが出来ません。 途中にCa(OH)2(固)とCa(OH)2(aq)の2つの状態をはさんで4つの式でヘスの法則を考えることも出来ます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい説明をありがとうございます! 深い知識を授けていただいて、感謝です! 早く化学がわかるようになりたいです!

関連するQ&A

  • 高校化学の問題の解説でわからないところがあります。

    0.6mol/Lの塩酸100mlに酸化カルシウムを溶解させたのち、 0.10mol/Lの水酸化ナトリウム水溶液で中和滴定したところ100mlを必要とした。 溶解させた酸化カルシウムの質量は何gか。 という問題で、 解説に 酸化カルシウムCaOと塩酸の反応は次式で表される CaO + 2HCl → CaCl2 + H2O 溶かしたCaO(56g/mol)の質量をX{g(グラム)}とすると CaOと反応した後、残っているHCLの物質量は 0.60×100/1000-X/56×2{mol} 残っているHClを完全に中和するのに 0.10mol/Lの水酸化ナトリウムを100ml必要としたことから 0.60×100/1000-X/56×2=0.10×100/1000 X=1.4(g) と書いてあるのですが 0.60×100/1000-X/56×2の部分の 最後の×2がどこから出てきたのか分かりません。 初めてネットで質問するので 至らない点があれば指摘お願いします。

  • 酸化カルシウム

    炭酸カルシウムと酸化カルシウムが含まれている固体10.0gをとり、塩酸を加えて反応させたところ、標準状態で1.8Lの二酸化炭素が発生したとき、固体中の炭酸カルシウムの純度は何%かという問題についてです。 解答では炭酸カルシウムと塩酸が反応して塩化カルシウムと水と二酸化炭素ができることを利用して説明がされています。酸化カルシウムについては反応に無関係な不純物として扱われているようにみえました。 質問は次の2点です: (1)なぜCaO+2HCl→CaCl2+H2Oを同時に考えてはいけないのか? (2)塩酸は水に溶けて水溶液の状態なのだろうと思うのですが、水とCaOとが反応して水酸化カルシウムになる反応を考えなくてよいのはなぜなのか?

  • 化学反応式についてお願いします。

    カルシウムと水が反応すると Ca+H2O→Ca(OH)2+H2 水酸化カルシウムと水素が発生するのが理解できるのですが、 酸化カルシウムと水が反応しますと水酸化カルシウムができるのがよくわかりません。 CaO+H2O→Ca(OH)2 余ったOとかはどこへ行ってしまったのかと、、、

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

> ありがとうございます! > CaCl2の液になるとは、わかりませんでした! > 教えていただいて、助かります! > では、求める式も、 > Ca(OH)2(固)+2HCl(液)=CaCl2(液)+2H2O(液)+Q > になるのでしょうか? > 水は2分子出来ますが、この場合の反応熱Qも、194kjでよいのでし> ょうか? 横から失礼します。 htms42さんが答えておられますように、水溶液は十分に薄いなら関係しないということです。 水溶液かどうかを憶えておくことももちろん重要ですが、そもそもの問題は以下の通りでした。(下付の数字にあたるものは適当に読み替えておいてください) CaO+2HCl=CaCl2+H20+194kJ   …式1(問題文より) CaO+H2O=Ca(OH)2+65kJ     …式2(問題文より) Ca(OH)2+2HCl=CaCl2+2H2O+□kJ …式3←この□の部分が答。 CaCl2の状態が解答に関係するなら、 CaCl2(固体)=CaCl2(水溶液)+▲kJ のような式が問題の中に出てきます。そのような式が問題の中に無いということは、式3のCaCl2も式1のCaCl2も同じ状態と考えるしかありません。つまり問題を解くことだけに関して言うならCaCl2の状態は考えなくてもよいということです。水溶液の濃さに関しても同じで、問題文で触れていなければ関係しないということです。 したがって、式3に合わせて、式1、式2を使って、 Ca(OH)2+2HCl=...になるように書いていき、...=CaCl2+2H2O+■の形にできれば答えが出ます。 式2より Ca(OH)2     =CaO     +H2O-65kJ 式2' 式3の形にするには「+2HCl」が必要なので、式2'の両辺に2HClを足して、 Ca(OH)2+2HCl =CaO+2HCl +H2O-65kJ 式2''            CaO+2HCl        =CaCl2+H2O       +194kJ …式1より 式1を式2''に合わせて両式に「+H2O-65kJ」を加える。            CaO+2HCl+H2O-65kJ=CaCl2+H2O+H2O-65kJ+194kJ 式1' 式2''の右辺と式1'の左辺は同じなので、次のように書ける。 Ca(OH)2+2HCl=CaO+2HCl+H2O-65kJ=CaCl2+H2O+H2O-65kJ+194kJ 式4 式4の真ん中の式を飛ばして右辺を整理すれば、次のように書ける。 Ca(OH)2+2HCl               =CaCl2+2H2O+129kJ  これは、式3の□kJが解った式である。 したがって答えは129kJである。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧な解説ありがとうございます! 化学の考え方の深淵も、ちょっとだけ覗けたような気分です。 難しいことだらけですが、これからもがんばります!

  • 回答No.2
  • htms42
  • ベストアンサー率47% (1120/2361)

>CaO(固)+HCl(液)=CaCl(固)+OH(気)+194kj >CaO(固)+H2O(液)=Ca(OH)2(固)+65kj >Ca(OH)2(固)+HCl(液)=CaCl(固)+H2O(液)+OH(気)+Q ? CaO、Ca(OH)2 という式を書いていますね。 OH- 2つと結びついた式を書いていますからCa2+だということが分かるはずです。O2-と結合しているということからも同じことが言えます。化学式を組み立てていくのではなくて物質ごとにバラバラに覚えていっているのではないでしょうか。 書かれた式の中での整合性を考えることをやるだけでもかなり間違いが減るはずです。 OH(気) という物質が存在するというのを習いましたか。 OHという変な物質を考えなくてはならなくなったということからもCaClという式を疑うということが出来そうです。 化学反応式をきちんと書くことができなければ熱化学方程式には行き着くことが出来ません。 (1)CaO(固)+2HCl(液)→CaCl2(液)+H2O(液体) (2)CaO(固体)+H2O(液)→Ca(OH)2(固) (3)Ca(OH)2(固)+2HCl(液)→CaCl2(液)+2H2O(液) >どうやって計算したら良いのでしょう? 何が起こっているかがわかっていないようですね。 3つの式の関係も分かっていないようです。 上の式で(1)と(2)(3)を合わしたものとが同じ内容になっているという理解が必要なのです。 HCl(液)としていますが(水溶液)の意味です。 希塩酸に固体の酸化カルシウムを入れると中和反応が起こり塩化カルシウム水溶液になります。この時の反応熱が194kJです。でもこの熱は中和熱だけではありません。CaOを水に入れただけでもかなりの熱が出るからです。194kJのうち、中和熱に相当する部分はいくらになるでしょうか。 CaO →→→194kJ→→→ CaCl2  ↓→65kJ→Ca(OH)2→QkJ→↑ >水は2分子出来ますが、この場合の反応熱Qも、194kjでよいのでしょうか? (1)の式の両辺にH2Oを足してみてください。 HCl(液)は元々水溶液ですから水の量が少し変わったということです。濃い溶液の時は水で薄めると発熱が起こる場合があります。熱化学方程式で出てくる反応熱はそういう効果が現れないような薄い溶液を使っていることを前提した値になっています。したがって少し水が増えても反応熱の値には影響が出てこないと考えていいことになります。 #1 >塩化カルシウムは吸水性が大きいので気体の塩化水素と反応しても、水和物をつくります 「塩化カルシウム」は「酸化カルシウム」のミスではないでしょうか。 塩化カルシウムも乾燥剤に使いますが「塩化水素と反応する」とは言いませんので。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい説明をありがとうございました! まだ化学を学習し出して、1ヶ月ちょっとなので、はっきり言って、ちんぷんかんぷんです。化学式のルールがわかれば、楽しいものだと思うのですが、思っていたより、ずっと複雑です。日本名をウィキで調べて化学式の確認とかをしているので、CaCl2で液体になるとかいう事が出てきませんでした。(見逃しているのかもしれませんが、教科書にも)。 ちょっと教科書を見直してみて、Caの原子価が2価で、2つの共有結合を持てることはわかりましたが、Ca2+というのは、わかりませんでした。OHは、電離して出来る水酸化イオンOH-があるので、あるのかなあと思いました。状態では、単独では存在しないということでしょうか? 問題は、Q=Ca(OH)2(固)+2HCl(液)-CaCl2(液)-2H2の式のCa(OH)2(固)にCaO(固)+H2O(液)-65KJを代入。さらにそのCaOにCaCl2(液)+H2O(液)+194kj-2HClを代入して計算し、Q=129kj-H2Oとなり、水が減った分は考えないで、答えは、129Kjになりました。 けっこう苦労しましたが、とても勉強になりました。ありがとうございました!

  • 回答No.1
noname#160321

まず式が違います。 >CaO(固)+HCl(液)=CaCl(固)+OH(気)+194kj CaO(固) + 2HCl(液) = CaCl2(液) + H2O(液) + 194kJ です。塩化カルシウムは吸水性が大きいので気体の塩化水素と反応しても、水和物をつくります。ましてや塩酸は水溶液ですから出来るものは塩化カルシウムの水溶液。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます! CaCl2の液になるとは、わかりませんでした! 教えていただいて、助かります! では、求める式も、 Ca(OH)2(固)+2HCl(液)=CaCl2(液)+2H2O(液)+Q になるのでしょうか? 水は2分子出来ますが、この場合の反応熱Qも、194kjでよいのでしょうか?

関連するQ&A

  • 熱化学の問題がわからなく困っています。教えてください。

    (1)断熱容器に0.40mol/lのHCl水溶液100ml(100g)をいれ、 これにHClと等しい物質量のNaOHを含む水溶液150gを加えてかき混ぜたところ、 混合液の温度は20.0℃から22.2℃に変化した。 水溶液の比熱を4.2J/g.kとして、有効数字2桁で答えよ。 (1)中和熱をQkJ/molとして、この反応を熱化学方程式で示せ。 HClaq+NaOHaq=NaClaq+H2O(液)+QkJ (2)この実験の中和反応で発生した熱量(kJ)を求めよ。 2.31kJ (3)中和熱Qを求めよ。 この問題の解説には、 反応したHClの物質量は0.40×100/1000=0.040mol 中和熱(kJ/mol)は1molあたりの量であるから、←この1molは何の1molですか? 2.31kJを0.040molで割れば中和熱を求められる。←なぜ2.31kJを0.040molで割れば中和熱を求められるのか?が、理解できません。 できるだけ詳しく説明していただけるとありがたいです。 よろしくお願いします。

  • 化学反応式の立て方を教えてください

    こんにちは。 今化学で無機物をやっているのですが、化学反応式の立て方がまったくわからずに困ってます。 計算式を立てて答えを出す部分はよくできるのですが、酸塩基反応や酸化還元反応の部分がよくわかっていなくて化学反応式を立てろ、といわれると簡単なものなら一応はできるのですが難しいのになるとさっぱりです。 来週からテストで今まで勉強してこなかった自分が悪いのですが次の化学反応式がどうしてこうなるのかということがわからず本当に困窮しています。 どなたかこれらの式がどうしてこうなるかというのを全部でなく一部でもポイントだけでもいいのでもしよろしければ教えていただけないでしょうか? 酸化カルシウムに水を加える CaO+H2O→ Ca(OH)2+H2 水酸化カルシウムが空気中の二酸化炭素を吸収する Ca(OH)2+CO2→ CaCO3+H2O 炭酸カルシウムに塩酸を加えると二酸化炭素が生じる CaCO3+2HCl→ CaCl2+CO2+H2O 水酸化ナトリウムが空気中の二酸化炭素を吸収する 2NaOH+CO2→ H2O+Na2CO3 酸化アンモニウムに水酸化カルシウム水溶液を加えるとアンモニアが生じる 2NH4Cl+Ca(OH)2→ CaCl2 +2NH3+2H2O 水酸化カルシウムが二酸化炭素を吸収して固まる Ca(OH)2+CO2→ CaCO3+H2O どうかお願いします。

  • 化学反応式の係数

    何度もすいません・・・ 水酸化カルシウム+塩酸 ()Ca(OH)2+()HCl→()CaCl2+()H2O の係数の求め方がわかりません。未定係数法を使うのですか? やり方を教えて下さい!

  • CaCO3とCa(OH)2のどっちが反応する?

    CaOとCaCO3の混合物があり、今CaOの割合を知りたい為に うちの会社では下記のような簡易試験を昔から行っています。 <概要> 混合物を水に溶かし、塩酸で滴定して割合を求める。 <反応> CaO + H2O = Ca(OH)2 Ca(OH)2 + 2HCl = CaCl2 + 2H2O 上記反応を使って求めているのですが、 CaCO3も塩酸と反応すると思うのですが、 上記方法でCaOは簡易的にでも出せているのでしょうか? 会社でやっているので合ってるとは思うのですが 疑問です。

  • 有効数字について

    こんばんは。 高1のflankです。 「塩化ナトリウム11.7gは何molか。」 という問題で、 答えは0.200mol  となっていました。 塩化ナトリウムの場合は、 1molで58,5だから、 0.2molではないのでしょうか。 あともう一問、 「炭酸カルシウムCaCO3を塩酸と反応させたとき、 塩化カルシウムCaCl2と二酸化炭素が発生した。 このときの反応を化学反応式で表せ。」 という問題で、 答えはCaCO3+2HCl→CaCl2+H2O+CO2 となっていました。 なぜ文章に入っていない水が反応式に書かれて いるのでしょうか。

  • 塩化カルシウム

    塩化カルシウムに水酸化ナトリウムを加えると、白濁しました。---(1) これに塩酸を加えると、白濁が消えました---(2) 別の試験管には、塩化カルシウムに炭酸ナトリウムを加え、白濁しました。---(3) これも塩酸を入れると、白濁が無くなりました。---(4) (1)、(2)、(3)、(4)の化学式は自分的には・・・ (1)CaCl2+2NaOH→Ca(OH)2+2NaCl (2)Ca(OH)2+2NaCl+2HCl→CaCl2+2H2O+NaCl (3)CaCl2+Na2CO3→CaCO3+2NaCl (4)CaCO3+NaCl+2HCl→CaCl2+H2O+CO2+NaCl だと思うのですが、合っているでしょうか?

  • 化学Iの熱化学方程式の問題です。

    問)次の内容を熱化学方程式で表せ。 ★ 水素 1.0g が完全燃焼すると水(液)が生じ,143kJ の熱が発生する。原子量 H=1.0 1mol の物質量が完全燃焼するときに発生する熱量を燃焼熱というんですよね? このことから、1mol の H2 では、143×(1.0g)/(1.0g/mol)=143[kJ] の発熱となり、 H2(気)+(1/2)O2(気)=H2O(液)+143kJ という答えでいいのかな。と、最初は思ったのですが、 H2O(液) の生成熱や、H2 の燃焼熱は、286kJですよね? 僕の解答のどこがいけなかったのでしょうか。 略解も分からないので、143 か、286 か、正解がどちらになるかというのは分かりませんが、 143 は、286 のちょうど 1/2 になっているというところも気がかりです。 教えてください。よろしくお願いします。

  • 滴定について(至急・・・)

    カルシウムを最初に水に溶かすと、Ca(OH)2と水素ができて、そのCa(OH)2をHClで滴定し、CaCl2と水ができるという実験についてです。 式にあらわすと、 最初の方は、Ca+2H2O→Ca(OH)2+H2 滴定の方は、Ca(OH)2+2HCl→CaCl2+2H2O このようになると思います。 そこで、もし、カルシウムが、滴定を始めたときにまだ残っていたとしたら、塩酸を加えるたびに、 Ca+2HCl→CaCl2+H2 という反応も起きると思うのですが、カルシウムがこうして残っていた場合、滴定に誤差がでてきてしまうものなのでしょうか? それとも誤差はでないのでしょうか? もしも誤差が出てしまう場合、塩酸はより多く必要になるのか、それとも少なくて平気なのか、教えてください。 よろしくおねがいします。

  • 高校化学 過不足のある反応と量的関係

    化学の質問です。明日までの宿題なのでとても困っています。至急回答宜しくお願い致します。 過不足のある反応と量的関係 炭酸カルシウムCaCO3を主成分とする大理石4.0gに1.0mol/Lの塩酸HClを100mL作用させたところ、塩化カルシウムCaCl2、二酸化炭素CO2、水H2Oが生じた。生じた二酸化炭素は標準状態で0.672Lであった。次の各問に答えよ。 (1)炭酸カルシウムと塩酸の反応を化学式で表せ。 (2)反応した塩酸の体積は何mLか。 (3)大理石中の不純物は塩酸と反応しなかったものとして、この大理石に含まれていた炭酸カルシウムの質量パーセントを求めよ。 という問題です。答えは (2)60mL (3)75% ですが、解き方が解りません。 (1)の答えは、CaCO3+2HCl→CaCl2+CO2+H2O だと思いますが、合っていますか?  下付き数字が表示出来ませんが、どうぞ宜しくお願い致します。

  • ヒントお願いします 大学入試化学

    この元素Zの炭酸塩は石灰石の主成分として天然に多量 に存在する。この炭酸塩と酸化物ZOの混合物3.12gを 中和するのに2.00mol/lの塩酸40.0mlを要した。 混合物中のZOの質量%を求めよ。ただし、Zは仮の元素記 号とする。 という問題ですが。 まず、'Zの炭酸塩は天然に多量に存在する'よりZはCaだと思われます。 そして'この炭酸塩・・・・・塩酸40.0mlを要した’を化学式で示すと CaCO3 + 2HCl → CaCl2 + H2O + CO2 CaO + 2HCl  → CaCl2 + H2O となりますよね。で'混合物3.12gを中和するのに'より W[全] = W[CaO] + W[CaCO3] = 3.12 (単位はgです) それでこの後どうしたらいいかわからないので、どうかご教授お願いします。