• 締切済み
  • 困ってます

CaCO3とCa(OH)2のどっちが反応する?

CaOとCaCO3の混合物があり、今CaOの割合を知りたい為に うちの会社では下記のような簡易試験を昔から行っています。 <概要> 混合物を水に溶かし、塩酸で滴定して割合を求める。 <反応> CaO + H2O = Ca(OH)2 Ca(OH)2 + 2HCl = CaCl2 + 2H2O 上記反応を使って求めているのですが、 CaCO3も塩酸と反応すると思うのですが、 上記方法でCaOは簡易的にでも出せているのでしょうか? 会社でやっているので合ってるとは思うのですが 疑問です。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数538
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.3
  • htms42
  • ベストアンサー率47% (1120/2361)

(1)CaOとCaCO3の分離はどのようにされていますか。水に溶かして分離というのは無理があります。 CaOは水に溶けるといいますが食塩のようによく溶けるというわけではありません。飽和溶液100g中に溶けているCa(OH)2の質量は0.2g弱です。水に溶かして分離というのは無理ではないでしょうか。 塩酸との反応で発生するCO2の量が分かればCaCO3の量が分かります。 (2)CaOは空気中に保存しておくと水分を吸ってCa(OH)2に変わります。したがってCaO、Ca(OH)2、CaCO3の混合物として考える必要があります。 CaOの一部がCa(OH)2に変わっていると質量が増えますので全体に占めるCaOの割合を求める時には注意が必要です。 (1)でCaCO3の質量が分かると残りがCaOとCa(OH)2の混合物です。これは滴定で割合を決めることが出来ます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ヒントお願いします 大学入試化学

    この元素Zの炭酸塩は石灰石の主成分として天然に多量 に存在する。この炭酸塩と酸化物ZOの混合物3.12gを 中和するのに2.00mol/lの塩酸40.0mlを要した。 混合物中のZOの質量%を求めよ。ただし、Zは仮の元素記 号とする。 という問題ですが。 まず、'Zの炭酸塩は天然に多量に存在する'よりZはCaだと思われます。 そして'この炭酸塩・・・・・塩酸40.0mlを要した’を化学式で示すと CaCO3 + 2HCl → CaCl2 + H2O + CO2 CaO + 2HCl  → CaCl2 + H2O となりますよね。で'混合物3.12gを中和するのに'より W[全] = W[CaO] + W[CaCO3] = 3.12 (単位はgです) それでこの後どうしたらいいかわからないので、どうかご教授お願いします。

  • 滴定について(至急・・・)

    カルシウムを最初に水に溶かすと、Ca(OH)2と水素ができて、そのCa(OH)2をHClで滴定し、CaCl2と水ができるという実験についてです。 式にあらわすと、 最初の方は、Ca+2H2O→Ca(OH)2+H2 滴定の方は、Ca(OH)2+2HCl→CaCl2+2H2O このようになると思います。 そこで、もし、カルシウムが、滴定を始めたときにまだ残っていたとしたら、塩酸を加えるたびに、 Ca+2HCl→CaCl2+H2 という反応も起きると思うのですが、カルシウムがこうして残っていた場合、滴定に誤差がでてきてしまうものなのでしょうか? それとも誤差はでないのでしょうか? もしも誤差が出てしまう場合、塩酸はより多く必要になるのか、それとも少なくて平気なのか、教えてください。 よろしくおねがいします。

  • 化学反応式の立て方を教えてください

    こんにちは。 今化学で無機物をやっているのですが、化学反応式の立て方がまったくわからずに困ってます。 計算式を立てて答えを出す部分はよくできるのですが、酸塩基反応や酸化還元反応の部分がよくわかっていなくて化学反応式を立てろ、といわれると簡単なものなら一応はできるのですが難しいのになるとさっぱりです。 来週からテストで今まで勉強してこなかった自分が悪いのですが次の化学反応式がどうしてこうなるのかということがわからず本当に困窮しています。 どなたかこれらの式がどうしてこうなるかというのを全部でなく一部でもポイントだけでもいいのでもしよろしければ教えていただけないでしょうか? 酸化カルシウムに水を加える CaO+H2O→ Ca(OH)2+H2 水酸化カルシウムが空気中の二酸化炭素を吸収する Ca(OH)2+CO2→ CaCO3+H2O 炭酸カルシウムに塩酸を加えると二酸化炭素が生じる CaCO3+2HCl→ CaCl2+CO2+H2O 水酸化ナトリウムが空気中の二酸化炭素を吸収する 2NaOH+CO2→ H2O+Na2CO3 酸化アンモニウムに水酸化カルシウム水溶液を加えるとアンモニアが生じる 2NH4Cl+Ca(OH)2→ CaCl2 +2NH3+2H2O 水酸化カルシウムが二酸化炭素を吸収して固まる Ca(OH)2+CO2→ CaCO3+H2O どうかお願いします。

  • 回答No.2
  • km1939
  • ベストアンサー率33% (59/176)

方法は間違っていません。  但し、ご存知だと思いますがCa(OH)2は温度上昇に伴い溶解度が減  ずる物質です。測定の際は温度を一定にすることが望ましいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

CaOは水に良く溶けて、CaCO3は水に殆ど溶けません。従いCaOとCaCO3の混合物を水を加えて、水溶液となったものは大まかにはCaOが水に溶けたものと思って構いません。従い、それを滴定すればCaOを滴定することになります。(滴定なので、固形物を溶かすということではありません。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど。 ありがとうございました。 大変分かりやすかったです。。。

関連するQ&A

  • 化学反応式の過程がわかりません?

    中学二年のテストで薄い塩酸と石灰石の化学反応式は 2HCl+CaCo3=CaCl2+H2O+CO2 ですが、その過程がわかりません。

  • 塩化カルシウム

    塩化カルシウムに水酸化ナトリウムを加えると、白濁しました。---(1) これに塩酸を加えると、白濁が消えました---(2) 別の試験管には、塩化カルシウムに炭酸ナトリウムを加え、白濁しました。---(3) これも塩酸を入れると、白濁が無くなりました。---(4) (1)、(2)、(3)、(4)の化学式は自分的には・・・ (1)CaCl2+2NaOH→Ca(OH)2+2NaCl (2)Ca(OH)2+2NaCl+2HCl→CaCl2+2H2O+NaCl (3)CaCl2+Na2CO3→CaCO3+2NaCl (4)CaCO3+NaCl+2HCl→CaCl2+H2O+CO2+NaCl だと思うのですが、合っているでしょうか?

  • 熱化学式の計算問題教えて下さい!

    化学の問題の解き方がわかりません。どなたか教えて下さい! 酸化カルシウム1molに塩酸を加えて1molの塩化カルシウムが出来るときの反応熱は194kjである。また酸化カルシウム1molに水を加えて1molの水酸化カルシウムができるときの反応熱は65kjである。このデータから、熱化学方程式を用いて、水酸化カルシウムと塩酸の反応から1molの塩化カルシウムが出来るときの反応熱を計算するといくらになるか?という問題です。 CaO(固)+HCl(液)=CaCl(固)+OH(気)+194kj CaO(固)+H2O(液)=Ca(OH)2(固)+65kj Ca(OH)2(固)+HCl(液)=CaCl(固)+H2O(液)+OH(気)+Q ? この式合ってますか?どうやって計算したら良いのでしょう?よろしくお願いします!

  • 炭酸カルシウム

    学校の実験で、大理石に塩酸を加えて溶かしました。 溶かして発生した気体が二酸化炭素で、 大理石の溶けた塩酸に火をつけて炎色反応を見たらカルシウムでした。 これの化学式を書かなければいけません。 (以後、後ろの数字は小さい数字と考えてください。前の数字は大きいままです) いろいろ調べてみて、 (1)CaCo3+2HCl→CO2+CaCl+H2O という式が出てきました。 (2)CO2+CaO→CaCO3 もありましたが、これは熱反応なので違いますよね? それで、(1)だった場合、 CO2はわかりますが、CaClのClの部分と、 H2Oがあったかというのはわかりませんよね。 ということは、この場合は違うのでしょうか。 先生に質問したところ、わたしが (3)CaCO3→Ca+CO2   Oが足りない!! と書いたメモを見て、 「炭酸カルシウムを一分子じゃなく考えてごらん」 と言われたのですが、わかりません。 どういう式になるのでしょうか?

  • 化学反応式の係数

    何度もすいません・・・ 水酸化カルシウム+塩酸 ()Ca(OH)2+()HCl→()CaCl2+()H2O の係数の求め方がわかりません。未定係数法を使うのですか? やり方を教えて下さい!

  • 過剰CaCO3の飽和CO2状態のH2O内でのpHは?

    25℃でpH 5.6状態の大気CO2を飽和させたH2Oに過剰のCaCO3を溶解させます。 推論では、 CO2のH2Oへの溶解と解離反応 H2O ←→ H^+ + OH^- CO2 + H2O ←→ H2CO3 H2CO3 ←→ HCO3^- + H^+ HCO3- ←→ CO3^2- + H^+ CaCO3の解離反応 CaCO3 ←→ Ca^2+ + CO3^2- CO3^2- + H+ ←→ HCO^3- HCO3^- + H^+ ←→ H2CO3 CaCO3 + H2CO3 ←→ Ca^2+ + 2HCO3^- Ca(HCO3)2は単なるCO2飽和H2Oでは生成しませんよね? CaCO3の加水分解反応 CaCO3 + 2H^+ +2OH^- ←→ Ca^2+ + Ca(OH)2 + H2CO3 H2CO3 ←→ HCO3^- + H^+ HCO3^- + H^+ +OH^- ←→ H2CO3 + OH^- は考慮すべきでしょうか? 分かりにくく書いてしまっているかもしれませんので申し訳ございません。 以前の類似投稿を参考にさせていただいたのですが、それらの計算よりも実際はもっと低いpHになってしまい、新たに式を追加させて考えてみたのですが・・・。 また、不親切な紹介になってしまっているかもしれませんので、併せてお詫び致します。 実際に調製してみたらpH推移は10.0→8.1程度と減衰していきました。 なので、単純なCaCO3の解離反応だけではないと思ったのですが。 以上、ご教示いただきますようよろしくお願い致します。

  • 塩酸と石灰石鹸水の化学式

    塩酸に石灰を投入した時の化学式が CaCO3+2HCl→CaCl2+CO2+H2Oで 塩酸に石鹸を投入した時の化学式が R-COO-Na +HCl→R-COOH +NaClの場合 塩酸に石鹸分を含んだ石灰水を投入すると単純に R-COO-Na +HCl+CaCO3→R-COOH +NaCl+CaCl2+CO2+H2O になってしまうのでしょうか? またこの場合R-COOH は分離してしまうのでしょうか?

  • 化学の問題がどうしてもわかりません

    炭酸ナトリウムと水酸化ナトリウムとの混合物がある。この2成分の含有量を決定するために次の滴定を行った。炭酸ナトリウムと水酸化ナトリウムとの混合物を蒸留水に溶かし1lの試料溶液とした。試料溶液20.0mlをとり、0.1mol/lの塩酸で滴定した。 (1)まずフェノールフタレインを指示薬として用い、中和点まで塩酸を加えると15.0mlを要した。(2)これにメチルオレンジを指示薬として,同じ塩酸で滴定を続けると2.5mlを加えたところで中和点となった。 <1>(1)の滴定実験で起こった反応を化学反応式で記せ。 <2>(2)の滴定実験で起こった反応を化学反応式で記せ。 <3>炭酸ナトリウムと水酸化ナトリウムとは1lの試料溶液中にそれぞれ何gふくまれていたか。 答えは <1> NaOH+HCl→NaCl+H2O Na2CO3+HCl→NaHCO3+NaCl <2> NaHCO3+HCl→NaCl+H2O+CO2 <3> 炭酸ナトリウム1.33g 水酸化ナトリウム2.50g なのですがフェノールフタレインとメチルオレンジの使い分けがよくわかりません。 できればすべての問題の解説をしてほしいです。よろしくお願いします。

  • 塩化カルシウム6水和物は何g得られるか?

    「90%のCaCO3を含む石灰石180gから、塩化カルシウム6水和物は何g得られるか」という問題です。 自分では CaCO3+2HCl→CaCl2+H2O+CO2 という反応式から出せないかなぁと思ったんですが、CaCl2・6H2Oの「6H2O」の部分はどう処理すればいいのでしょうか? 教えていただけるとありがたいです。

  • 酸化カルシウムについて

    酸化カルシウムの保存方法について、 少し疑問に思ったんで質問させて頂きます。 酸化カルシウムを放置しておくと、 CaO + H2O → Ca(OH)2 Ca(OH)2 + CO2 → CaCO3 + H2O の反応によって、炭酸カルシウムに変化しますよね? では、もし水が全く(ほとんど)無い場所に保存すれば、 上記の反応は進行しないのでしょうか? それとも、 CaO + CO2 → CaCO3 のように、直接的な反応が起こるのでしょうか?