• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

化学反応式が作れない

この度、化学のテストで化学反応式の範囲が出る事になりました。 私が分からないのは何となにがくっつくのかがいまいち分からないのです。 例えば『石灰石に希塩酸を加えると二酸化炭素になる』という問題では、 CaCO3+2HCl→CO2+H2O+CaCl2 となりますよね。 勘でCaCl2が発生するというのは分かりますが具体的にどうしてそうなるのか分かりません。 この場合、何となにが反応したらなにが出来る。というのを最低でも知っておかなければならないのでしょうか。 宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数4
  • 閲覧数246
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • g_zero
  • ベストアンサー率37% (26/70)

考え方を軽く解説します。あくまで私の考え方ですが。 電気陰性度を考えます。ようはパッと見どの原子or分子がイオン化しやすそうか、しにくそうかを考えます。 CaCO3とHClの中では、Clはハロゲンでマイナスにイオン化しやすいのは分かると思います。Caもアルカリ金属ほどではありませんがプラスにイオン化しやすい元素です。 イオン化しやすいということは水に入れると(希塩酸はHClを水で薄めたものですよね)その分子がイオンとしてフヨフヨ離れていきます。後に残ったイオン化しにくい分子は、そのままでは不安定なので、反対の電荷を持つ同様にイオン化しにくい分子と結合します(イオン化しにくい→結合していたほうが安定)。この場合[H(+)]と[CO3(2-)]が結合します。電荷の数を合わせるとHは2つ必要ですので、2H(+) + CO3(2-)となります。あとは単純にくっつけてH2CO3となりますが、ちょっと頭をひねってみて、「これより水と二酸化炭素に分けたほうが安定そうだ」と思ったらしめたものです。後に残るのはCaとClですが、水を飛ばせば互いの電荷で引き寄せられてくっつきます。Hの時に電荷をあわせた関係でClは2つになっていますので、Ca(2+) + 2Cl(-)→CaCl2となります。 化学は暗記だと思ってる人もいますが、基本は元素や分子の性質と電気陰性度、それがどう反応に影響するか等を知っておけばそれほど難しくはないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

プラスとマイナスに分けてみてはいかがでしょうか? CaCO3 → Ca(+2) + CO3(-2) 2HCl → 2H(+2) + 2Cl(-2) ーーーーーーーーーーーーーーー CaCO3 + 2HCl → H2CO3 + CaCl2 (H2CO3→CO2+H2O) プラスやマイナスの数は周期表でほぼ決まります。 Ca:2族なので+2 CO3:Cが+4,Oが-2X3=-6なので-2。もしくはCaが+2なので-2 H:1族なので+1X2=+2 Cl:希ガスまであと電子ひとつなので-1。 ある程度は覚えてもいいかもしれません。 H(+1), He(0) Li(+1), Be(+2), B(+3), C(+4), N(+5), O(-2), F(-1) Ne(0) Na(+1), Mg(+2), Al(+3), Si(+4), P(+5), S(-2), Cl(-1), Ar(0)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます

  • 回答No.3

この程度ならわざわざ覚える必要はありません まず、気になるのは >『石灰石に希塩酸を加えると二酸化炭素になる』 『石灰石に希塩酸を加えると二酸化炭素が発生する』ですよね、細かいことですが誤解を与えかねません CaCO3⇔Ca^2+ + CO3^2- と電離するので、これは弱酸-強塩基の塩であり HCl⇔H^+ + Cl^- と電離するので、これは強酸となります 弱酸-強塩基の塩 + 強酸 → 強酸-強塩基の塩 + 弱酸 となって、弱酸が遊離するというのは教科書に書いてあります。 さらに、今回は生成する弱酸がH2CO3であり、炭酸の水への溶解度が小さく、 H2CO3⇔H2O + CO2↑ ↑は気体が発生することを意味する となって、二酸化炭素が気体として発生し、反応が右に偏ることがわかっていると 石灰石がCaCO3であり、希塩酸がHClであることがわかれば CaCO3+2HCl→CO2↑+H2O+CaCl2 ということがわかります まあ、ありふれた反応なので覚えてしまってもいいかもしれませんが

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • ye11ow
  • ベストアンサー率40% (230/564)

CaCO3+2HCl→CO2+H2O+CaCl2 の反応を一般化して表現すれば、 「弱酸の塩+強酸→弱酸+強酸の塩」 と表現できます。 (これは教科書に載っている重要事項のはずです) この反応が進行する理由を、直感的かつアバウトに言えば、 「『強酸』という過激な物質が反応を起こした結果、 『弱酸と塩』という穏やかなものが生成し、より安定な状態になるため」となります。 ところで、「NaOH+HCl→H2O+NaCl」は、 最も有名な「塩基+酸→H2O+塩」の反応ですが、 この場合も、過激な物質がなくなり、穏やかな物質が生成していますよね?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 化学反応式の過程がわかりません?

    中学二年のテストで薄い塩酸と石灰石の化学反応式は 2HCl+CaCo3=CaCl2+H2O+CO2 ですが、その過程がわかりません。

  • 化学反応式の立て方を教えてください

    こんにちは。 今化学で無機物をやっているのですが、化学反応式の立て方がまったくわからずに困ってます。 計算式を立てて答えを出す部分はよくできるのですが、酸塩基反応や酸化還元反応の部分がよくわかっていなくて化学反応式を立てろ、といわれると簡単なものなら一応はできるのですが難しいのになるとさっぱりです。 来週からテストで今まで勉強してこなかった自分が悪いのですが次の化学反応式がどうしてこうなるのかということがわからず本当に困窮しています。 どなたかこれらの式がどうしてこうなるかというのを全部でなく一部でもポイントだけでもいいのでもしよろしければ教えていただけないでしょうか? 酸化カルシウムに水を加える CaO+H2O→ Ca(OH)2+H2 水酸化カルシウムが空気中の二酸化炭素を吸収する Ca(OH)2+CO2→ CaCO3+H2O 炭酸カルシウムに塩酸を加えると二酸化炭素が生じる CaCO3+2HCl→ CaCl2+CO2+H2O 水酸化ナトリウムが空気中の二酸化炭素を吸収する 2NaOH+CO2→ H2O+Na2CO3 酸化アンモニウムに水酸化カルシウム水溶液を加えるとアンモニアが生じる 2NH4Cl+Ca(OH)2→ CaCl2 +2NH3+2H2O 水酸化カルシウムが二酸化炭素を吸収して固まる Ca(OH)2+CO2→ CaCO3+H2O どうかお願いします。

  • 高校化学 過不足のある反応と量的関係

    化学の質問です。明日までの宿題なのでとても困っています。至急回答宜しくお願い致します。 過不足のある反応と量的関係 炭酸カルシウムCaCO3を主成分とする大理石4.0gに1.0mol/Lの塩酸HClを100mL作用させたところ、塩化カルシウムCaCl2、二酸化炭素CO2、水H2Oが生じた。生じた二酸化炭素は標準状態で0.672Lであった。次の各問に答えよ。 (1)炭酸カルシウムと塩酸の反応を化学式で表せ。 (2)反応した塩酸の体積は何mLか。 (3)大理石中の不純物は塩酸と反応しなかったものとして、この大理石に含まれていた炭酸カルシウムの質量パーセントを求めよ。 という問題です。答えは (2)60mL (3)75% ですが、解き方が解りません。 (1)の答えは、CaCO3+2HCl→CaCl2+CO2+H2O だと思いますが、合っていますか?  下付き数字が表示出来ませんが、どうぞ宜しくお願い致します。

  • 混合物の変化と量的関係【化学】

    化学基礎の授業でこの問題を取り扱っているのですが、よく理解出来なかったので回答解説をお願いしたいです。 不純物を含む石灰石(主成分は炭酸カルシウム CaCO3)を10gとり、これに十分な量の塩酸を加えると、標準状態で2.0lの二酸化炭素が発生した。(不純物は塩酸と反応しない。反応生成物ら二酸化炭素の他に塩化カルシウムCaCl2と水である。式量CaCO3=100) これについて、(1)石灰石中に含まれていた炭酸カルシウムは何gか。また(2)石灰石中の炭酸カルシウム純度(質量百分率)は何%か。 化学反応式は CaCO3+2HCl→CaCl2+CO2+H2O と考えたのですが、合っているのか確証がありません…。 よろしければ回答解説をお願いします。

  • 塩酸と石灰石鹸水の化学式

    塩酸に石灰を投入した時の化学式が CaCO3+2HCl→CaCl2+CO2+H2Oで 塩酸に石鹸を投入した時の化学式が R-COO-Na +HCl→R-COOH +NaClの場合 塩酸に石鹸分を含んだ石灰水を投入すると単純に R-COO-Na +HCl+CaCO3→R-COOH +NaCl+CaCl2+CO2+H2O になってしまうのでしょうか? またこの場合R-COOH は分離してしまうのでしょうか?

  • 化学反応における量的関係

    化学反応における量的関係のレポートを書かなければなりません。 炭酸カルシウム(CaCO3)と希塩酸(HCl)との反応による化学反応の量的関係。 CaCO3 + 2HCl → CaCl2 + CO2 +H2O 希塩酸(20ml)に炭酸カルシウムを1.00gずつ 7回加え(すべてで7.00g)、1.00g加えるごとに 質量をはかり、CO2発生量を求めるという実験をしました。 結果として、 加えた炭酸カルシウムの物質量(mol)/ CaCO3の物質量×10の-2乗(横軸)と 発生した二酸化炭素の物質量(mol)/ CO2の物質量×10の-2乗(縦軸)を グラフで表しました。 そのグラフに点は打ったのですが、 どうつなげていいか分かりません。 横軸の1.00~5.00間は比例でつなげそうなのですが 5.00~7.00間はそのまま比例でつなげそうにありません。 どう処理すればいいのでしょうか。 また、このレポートの考察には どういったことをまとめるのが適切なのでしょうか。 わかる方いましたら、 教えていただけるとありがたいです。 よろしくお願いします。

  • リン酸カルシウムに硫酸を加えても反応しないのでは?

    二酸化炭素の製法に、石灰石(炭酸カルシウム)に塩酸を加えるというものがありますが、  CaCO3 + 2HCl → CaCl2 + H2O + CO2 弱酸の遊離反応だからといって硫酸を使うと、 石灰石の表面に不溶性の硫酸カルシウムCaSO4が生じて反応が停止するそうです。 では、過リン酸石灰の製法  Ca3(PO4)2 + 2H2SO4 → Ca(H2PO4)2 + 2CaSO4 も、Caを含む固体に硫酸を加え、硫酸カルシウムが生じるのに、 反応が停止しないのは何故でしょうか?

  • 炭酸カルシウム

    学校の実験で、大理石に塩酸を加えて溶かしました。 溶かして発生した気体が二酸化炭素で、 大理石の溶けた塩酸に火をつけて炎色反応を見たらカルシウムでした。 これの化学式を書かなければいけません。 (以後、後ろの数字は小さい数字と考えてください。前の数字は大きいままです) いろいろ調べてみて、 (1)CaCo3+2HCl→CO2+CaCl+H2O という式が出てきました。 (2)CO2+CaO→CaCO3 もありましたが、これは熱反応なので違いますよね? それで、(1)だった場合、 CO2はわかりますが、CaClのClの部分と、 H2Oがあったかというのはわかりませんよね。 ということは、この場合は違うのでしょうか。 先生に質問したところ、わたしが (3)CaCO3→Ca+CO2   Oが足りない!! と書いたメモを見て、 「炭酸カルシウムを一分子じゃなく考えてごらん」 と言われたのですが、わかりません。 どういう式になるのでしょうか?

  • 物質量・体積

    (1)化学反応式(C=12、H=1、O=16) C2H4→2CO2+2H2O(二酸化炭素と水の化学式の前の2以外は小さい2です) エチレン(C2H4)14gを完全燃焼させるのに必要な酸素の体積は標準常態で何リットルか。ただし窒素と酸素が4対1の体積比で混合しているものとする。 (2) CaCO3+2HCl→CaCl2+H20+CO2 石灰岩(主成分CaCO3分子量80)に希塩酸を入れると 二酸化炭素が発生する。 不純物を含む石灰岩10gに過剰の希塩酸を加えたところ 標準状態で1.68ℓの二酸化炭素が発生した。 この石灰岩に含まれるCaCO3は何%か。 (C=12、O=16、Ca=40) この2問なんですけど、上の問題は何度計算しても 答えがあいません。 下の問題はいつ90%を使えば良いのか分かりません。 どちらか片方でも良いんで分かる人いたら教えて下さい。

  • 化学反応式と量的関係

    化学1の問題です。 (問題) 炭酸カルシウムに希塩酸を加えると二酸化炭素が発生する。炭酸カルシウム5.0gを完全に溶かすには2.5mol/Lの塩酸が何ml必要か。 反応式の係数比から、 CaCO3:HCl=1:2というのはわかるのですが、ここから何故HClが0.10mol必要なのかが分かりません。 回答お願いします?