-PR-

弁護士が仕事をしない

私は交通事故の被害者になり、加害者に慰謝料を払ってもらうため弁護士を雇いました。 事故後の経緯を話すと長くなるので簡単...

MagMag40 さんからの 回答

  • 2004-10-20 23:42:11
  • 回答No.3
MagMag40 レベル12

ベストアンサー率 59% (277/463)

まずあなたと弁護士との委任契約の範囲を確認する必要があります。
通常、交通事故示談の委任については、示談が成立するまでとなっている場合が多いでしょう。
その場合は、その後の催告についてはサービスでやっていることになりますので、無理は言えないでしょう。
示談後の回収まで委任する場合は、本来は別料金を支払う必要があります。
初めから回収まで依頼する契約(例えば○年○月までは債務者に不履行があった場合、回収手段をつくすなどの約束)になっていたのであれば、弁護士の職務怠慢となりますので、その場合は所属弁護士会に苦情を申し立てれば、その弁護士に勧告してくれます。
ご検討下さい。
補足コメント
AIX

お礼率 71% (205/287)

詳しい契約内容ですが簡単に言えば弁護士は加害者と示談交渉する→相手から慰謝料を支払ってもらう(催促する)→弁護士にもその中(毎月5万)から9%の報酬が発生する、といった感じです。
示談交渉だけでは契約成立ではないですよね?
投稿日時 - 2004-10-21 00:08:58
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
-PR-
-PR-
関連するQ&A
-PR-
-PR-
-PR-
-PR-
-PR-
ページ先頭へ