-PR-
解決済み

交通事故の示談を弁護士さんに委任しようと思っています

  • 困ってます
  • 質問No.2246941
  • 閲覧数1895
  • ありがとう数7
  • 気になる数1
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 66% (203/306)

交通事故の被害者になり、示談して欲しいと保険会社から電話が来て精神的に病んでしまいました。こちらで皆さんの助けを借りて数件の弁護士さんのところへ行きお話を聞いてきたところです。


どの弁護士さんもこれといっていい印象はなく、私にはどの方も同じに見えました。弁護士さんたちの説明を受け、ぜひ事故の件をお願いしたいと思っていますが1つもデメリットを話さない弁護士さんに疑問を持ちました。


弁護士さんの話によると私の症状は固定されていて 後遺症の診断書も出るので 示談金は間違いなく取れる。よって 委託時に着手金はもらわず、最後に成功報酬と着手金をもらうということでした。


私がただ心配性なだけかと思うのですが、もし示談金がとれなかったら?と心配になってしまいました。身近に弁護士さんにお世話になった人もおらず、まったく初めてのことで心配です。本当に弁護士さんに頼んでデメリットはないのでしょうか。交通事故で弁護士さんを通して示談された方、経験者や有識者の方、なにかアドバイスがあったら教えてください。どんな些細なことでもかまいません。よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる1
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル9

ベストアンサー率 57% (51/88)

えー,保険会社の基準は低いです。
弁護士に依頼することで,裁判にならずとも,裁判になったら赤い本等の基準になることを見越し,裁判基準に基づいた和解ができるということです。
保険会社が「裁判になったら認められる額」というのを見越して提示してくるのは,こちらが弁護士を頼むなどして,保険会社の基準がおかしいことを主張してからになります。
保険会社は少しでもお金を払いたくないのですから,保険会社基準などというよくわからない基準を作り,市民の無知につけこんで賠償額の提示を行っているのです。

後遺症が残っているなら,逸失利益の計算,慰謝料の算出が重要で金額が大きくなります。
逸失利益の算出にあたってもどの賃金センサスを用いるのか,これは裁判基準でも明確なものはないともいえます。
そして,保険会社は考えられる適用賃金センサスのうち,最も金額が低くなる賃金センサスを用いることになります。
しかし,事案によっては,その算出に用いた賃金センサスが適当ではないこともあり,弁護士に依頼することで,このあたりの合理的な判断もしてくれるでしょう。
どの賃金センサスを用いるかとは,賃金センサスには,全労働者平均とか,男性平均とか女性平均とか,大卒者平均とか色々あるのです。

まともな弁護士なら,弁護士に依頼すべきではない(結局弁護士費用を考えたらメリットが小さい)事件は,そのように依頼者に説明します。
少なくとも私はそうしています。
結果的によい結果にならないかもしれないというリスクも当然に説明します。
リスクを承知で依頼してもらわなければ,後で依頼者とトラブルになるからです。
数人の弁護士さんに相談されて,特にご自身での交渉を勧められなかったのであれば,弁護士に依頼すべき事案なのだと思いますよ。

着手金を最初にもらわないのは,弁護士にとってはリスクです。
それをするということは,その依頼者が信用できる,依頼者にとって利益のある結果が得られる見通しをもっているというものといえます。
お礼コメント
ami1126

お礼率 66% (203/306)

どうもありがとうございます。
具体的に書いてくださるのはhachi2191さんだけです。
本当に丁寧に書いてくださってありがとうございました。
夫とはなしあった結果
弁護士さんに頼むことにしました。
気分的に楽になったのか とても体が軽く
病院でうつの薬をもらったのが馬鹿馬鹿しくなるくらいです。
hachi2191さんには本当に感謝しています。
どうもありがとうございました。
投稿日時 - 2006-07-06 14:35:08
悩みは調べるより詳しい専門家に聞こう!OKWAVE 非公開Q&A

『法律や相続』の悩みに強い専門家

※完全非公開、1,080円(税込)

弁護士畑中 優宏

質問する非公開

相続診断士河東田 桃子

質問する非公開

行政書士石川 裕也

質問する非公開
他カテゴリーの専門家を見る

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 57% (51/88)

相手方が任意保険に入っていて,保険会社から回収できますし,デメリットがあるとすれば,弁護士費用がかかることくらいでしょう。

交通事故において弁護士に依頼する大きなメリットとしては,保険会社が提示する示談金が高くなるということです。
保険会社の基準は,裁判の基準(いわゆる赤本など)より低くなっていますが,市民はそんなこと知りませんので,平気で保険会社の基準で提示してきます。
弁護士が介入して,裁判なったらそんな金額になるわけないじゃないかって言うと,保険会社も保険会社の基準ではないところで話をしてきます。

後遺症も残るくらいの傷害を負われたのでしたら,必ず弁護士を依頼するべきです。
お礼コメント
ami1126

お礼率 66% (203/306)

以前もhachi2191さんにお答えいただいたことがあります。
今回も回答ありがとうございます。
弁護士費用はかかるのがデメリットでも
最後にとれる示談金で着手金ぶんも払えれば
私にはデメリットはないのですよね?
そういう解釈でいいのでしょうか。
本当にhachi2191さんにはいつも助けられ本当に感謝しています。
投稿日時 - 2006-06-30 13:59:14


  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 33% (813/2428)

相手が保険で対応しているのなら、特にメリットはありません。むしろ弁護士に払う費用がデメリットいえばデメリットに当たります。

確かに司法の場に持ち込んだときには、慰謝料等賠償金の増額の可能性もあるようですが、必ず増額となるものではありません。保険会社の基準も認められているものであり、保険会社自身も「裁判で認められる額」という認識のはずです。

増額が認められれば弁護士費用ぐらい賄えるのかもしれませんが、逆の結果になることもあります。
お礼コメント
ami1126

お礼率 66% (203/306)

ありがとうございました
投稿日時 - 2006-07-06 14:32:10
  • 回答No.4
レベル12

ベストアンサー率 27% (213/786)

示談ならメリットなし。
後遺障害10~12等級以上で裁判し判決を取るのならメリットあり。
お礼コメント
ami1126

お礼率 66% (203/306)

ありがとうございました
投稿日時 - 2006-07-06 14:32:36
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ