弁護士が仕事をしない

私は交通事故の被害者になり、加害者に慰謝料を払ってもらうため弁護士を雇いました。 事故後の経緯を話すと長くなるので簡単...

elmclose さんからの 回答

  • 2004-10-20 23:33:41
  • 回答No.1
elmclose レベル13

ベストアンサー率 31% (353/1104)

あなたと弁護士との契約では、どこまでのサービスを受けることになっていたのでしょうか?

もしかしたら、示談が成立した段階で、その弁護士は、仕事を完了したと認識しているのではないでしょうか?

具体的な、依頼内容を書いていただけると、もう少し回答し易いかもしれません。
補足コメント
AIX

お礼率 71% (205/287)

早々のご回答ありがとうございます。
委任契約書に目を通したところ「損害賠償請求示談、訴訟」となってます。
詳しい契約内容ですが簡単に言えば弁護士は加害者と示談交渉する→相手から慰謝料を支払ってもらう(催促する)→弁護士にもその中(毎月5万)から9%の報酬が発生する、といった感じです。
それから委任契約書に気になる文面があったので書いてみます。

委任契約の中途終了
(1)委任契約に基づく事件等の処理が、解任、辞任又は委任事務の継続不能により、中途で終了したときは、乙(弁護士)は、委任事務処理の程度に応じて、受領済みの弁護士報酬の全部若しくは一部を返還し、又は弁護士報酬の全部若しくは一部を請求することができる。
(2)前号において、委任契約の終了につき、乙のみに重大な責任がある時は、乙は受領済みの弁護士報酬の全部を返還しなければならない。
 ただし、乙が既に委任事務の重要な部分の処理を終了している時は、乙は、その全部又は一部を変換しないことができる。

要するに私が弁護士に対して請求できるということでしょうか?
この弁護士報酬の中に着手金は含まれるのでしょうか?
投稿日時 - 2004-10-20 23:38:39
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
-PR-
-PR-
-PR-
ページ先頭へ