その他(税金)

全37818件中91~100件表示
  • 法人税と所得税の申告期限がなぜ違うのでしょうか

    法人税と所得税の申告期限の違いについて 法人税(法人)は、決算から2ヵ月後が期限ですが、 所得税(個人)は、決算(暦年単位)から2ヵ月後(2/28)ではなく3/15です。 この違い(差別)は、どういう理由や意図があるのでしょうか?

  • 国民健康保険料について。

    国民健康保険料について。 1月末から旦那の扶養に入りました それまでは国民健康保険に加入しており 国保脱退手続きは完了しております。 しばらくしてから 国保から精算後の通知が届き 29年度の精算手続きを完了させていただきました。 変更後は以下の通りです。 年税額177700⇨精算後111100 9期分 44400⇨精算後22200 なお、減額された納税通知書は 3月中旬にお送りします。 と書かれていました。 どういうことでしょうか? ちなみに9期分の22200円まで支払い済みです

  • 祖父からの生前贈与について質問です。

    祖父からの生前贈与について質問です。 今現在新築の家を建てる予定があり、増税前にと思い年内での購入を考えています。 その旨を祖父に伝えたところ、可能な限り出資をしてくれると言われました。 祖父から孫への土地+新築を新規購入で生前贈与する場合、いくらまで可能なのでしょうか? 購入住宅の条件や、増税前増税後の違いについても分かりません。 ネットで調べてはみたのですがとても難しく理解することができませんでした。 簡単に分かりやすく教えて頂ける方がいましたらよろしくお願いします。

  • 退職所得の受給に関する申告書について

    退職所得の受給に関する申告書について 退職金は、従業員の老後の生活の糧となるものなので所得税の負担が重くなり過ぎないように軽減措置が設けられている。従業員がこの軽減措置を受けるために必要になるのが「退職所得の受給に関する申告書」です。 ということで、もし、上記の書類を提出しないと軽減税率が受けられず、高い税率になるんですよね(取り返すには確定申告の必要がある)。 ●そこで、非常に疑問なのですが、なぜ、上記の書類をわざわざ提出しないと軽減税率が受けられない、なんて制度になっているのですか? 退職金は従業員の老後の生活の糧となる大事なものなんですから、書類の提出の有無に関わらず、一律で軽減税率を適用すればいいと思うのですか…。 宜しくお願いします。

  • 認定利息は個人事業主にはかかりますか

    認定利息について 法人は、法人税法22条で認定利息の計上が義務付けられていますが、 個人事業主の場合はどうなのでしょうか? たしか法人に認定利息が求められる趣旨というのは、法人は営利性があるからだと思います。であれば個人であっても、営利性は当然ありますし、同様に認定利息が求められる、という考えはどうでしょうか (もしも法人にしか求められていないのであれば、それはなぜか?、考えや趣旨を知りたいです。法律で、そう決まっているから…ではなく)

  • どちらがいいの?

    家を建ててある土地の税金と建物の税金がありますが建物をこわしてしまうと土地の税金はかなり高くなるのですか 建物の税金もあるのでトータルではどちらが税金が安く済みますか

  • 水田と山林の贈与について

    水田(評価額200万円くらい)と山林(評価額は10万円にもならないと思う)を親戚(農業者)に、無償で譲渡したいと考えていますが、この場合、贈与税は発生しますか???どのくらいの贈与税額になりますか???

    • ベストアンサー
    • すぐに回答を!
    • noname#238475
    • その他(税金)
    • 回答数 2
  • 個人って営利目的ですか?

    個人って営利目的ですか? 法人は営利目的なのは分かりますが、個人はどうなのでしょうか? 個人でも事業を営んでいれば営利目的と考えていいのでしょうか。 (その場合 事業所得だけ? 給与所得は? 雑所得は?…) 個人は開業届けを出して事業主になったら営利性が出るのでしょうか? いろいろ考えていたら、ゴチャゴチャしてきて分からなくなってきました… 総括して分かりやすくご教授いただければ助かります。 宜しくお願いします。

  • 【相続財産評価】純資産価額で負債に加算する未払税金

    【相続財産評価】純資産価額で負債に加算する未払税金の金額 取引相場のない株式を計算するにあたっての純資産価額の計算ですが、 財産評価基本通達186(純資産価額計算上の負債) に「次に掲げる金額は負債に含まれる」と列挙されているうちの (1) 課税時期の属する事業年度に係る法人税額、消費税額、事業税額、道府県民税額及び市町村民税額のうち、その事業年度開始の日から課税時期までの期間に対応する金額(課税時期において未払いのものに限る。) は、 (1)課税時期の時点で未払計上されていた金額(前事業年度のもの) でしょうか。 (2)相続のあった日に一旦仮決算して計算した税額 でしょうか。 (3)相続があった日の属する事業年度の決算が終わってから計算した金額を日割する。 のでしょうか。 最初(1)と思っていたのですが、文言を読むと「課税時期の属する事業年度」となっているのでわからなくなりました(前事業年度の確定申告書を提出するのは課税時期の属する事業年度と無理やり読めなくもないかもしれませんが。。。) お詳しい方お教えいただければ幸いです。

  • 分筆した土地の名義

    義父の土地に新築します。 名義変更する為に分筆を済ませましたが、贈与税の事が頭に無かった為に迷っています。 土地の名義を義父名義にしておいた方が良いか、名義変更した方が良いか、どちらがメリットがあるでしょうか。