• 締切済み
  • 暇なときにでも

塗料や塗料や油性マジックと石けん

油性塗料や油性マジックが石けんで落とせない理由を教えてほしいです。 塗料や油性マジックに含まれる化学物質にもよると思いますが、石けんは疎水基を持つのになぜ落とせないのかと疑問に思いました。 恥ずかしながら学生時代に化学を勉強していたのですが、うまく理由を見つけられませんでした。 ご教授お願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数98
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1

一言で言ってしまえば、それらは石鹸の分子と結合するよりも強い力でそれ自身(塗膜が溶けない理由)、あるいは下地と(下地から外れない理由)結合しているからです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • シャーペン、ボールペン、油性マジックのインクの成分

    シャーペン、ボールペン、油性マジックのインクの成分を調べています。(化学物質で) どなたかわかる方教えてください。 よろしくお願いします。

  • 髪の毛に良い石けん

    最近、髪の毛が少なくなって来ました。 聞いた話によると頭の洗い過ぎと、今のシャンプーは化学物質が含まれているので薄くなる原因みたいです。自然の物が良いと聞きました、おすすめの石けん、シャンプーはありますか?教えてください。

  • 石けん(両親媒性分子)はなぜアルカリ性?

    両親媒性分子というのは、親油基と親水基をどちらも含む物質であるというように習いました。 アルカリの語源が灰で、灰に動物の皮脂が落ちたものが石けんといわれると経験則としては納得できるのですが、なぜ、アルカリ性物質(正確には水に溶かしたときに水酸化物イオンを放出することで水溶液をアルカリ性にする物質)は両親媒性分子になって、酸性物質はならないのかが分かりません。 詳しい方がおられましたらご教授下さい。

  • 直ぐに?げる塗料又は化学物質を探しています。下地が膨張すると膨張の程度

    直ぐに?げる塗料又は化学物質を探しています。下地が膨張すると膨張の程度に応じて剥げ落ちる塗料は無いでしょうか? 膨張しない間はしっかり下地に固着していて、僅かでも・或いはある一定量膨張すると、パラパラと?げるのが、理想です。

  • 工業地域、塗料会社や化学物質会社の開発部のある地域の住環境

    近くに塗料会社、化学物質開発の会社などの開発部がある地域はやはり住むのには向いてないのでしょうか? 1km以内の距離なのでちょっと心配なのですが。

  • 砂糖で石けんの酸化を還元できる?

    手作り石けんに凝ってます。新しい油を使い、顔や体や髪も洗ったりしています。 ですが、1年位経つと石けんに使った油脂が酸化するのか、ちょっと臭くて使う気になれません。高い油も使ったりするので捨てるのはもったいなく、ちょっと困っています。 ところで、砂糖には還元作用があると学生時代習ったことを思い出しました。 そこで、水に溶かした古い石けんと砂糖水を煮詰めたりすることで石けんの酸化臭を取ることは科学的に可能なのでしょうか。 煮詰めるくらいの温度では反応しないかな、とか油が分離したりするのかな、とか考えています。 素人考えで恐縮ですが、わかる方、どうかよろしくお願いします。 石けんはオリーブオイルとラードを苛性ソーダでけん化し、保湿分として10%程度油脂を過剰にしています。

  • 化学物質の性質を知るには…

    よろしくお願い致します。 この世界に沢山の化学物質がありますが その性質を知るにはどうしたら良いでしょうか? 化学を理解されている方には 実験の時に試薬を何故入れるかは無論ご存知です 素人には名前を読んでもどういう性質の物質なのか 全くわかりません。 物質には沢山の元素が結合し性質を現していると思います。 水に溶けやすいかそうでないかは 総合的にどちらかに軍配が?上がり 親水・疎水が決まると聞きました。 そうすると見るべきは1つ1つの元素の性質 と言う事でしょうか? 総合的に決まるのがその「物質の性質」 なんでしょうか? 化学を勉強したての私には 何を見ればその物質の性質がわかるのか 目の付け所がわからず、だた 暗記の様にし覚えています それでは絶対いけない 頑張って理解したい・けど 例えているならページの端が みつからなくて探せない状態 先に勉強すべき物はなんでしょうか 化学を勉強していれば おのずと分かる事でしょうか (友人をみるかぎりそうでないような…) どなたかよろしくお願い致します(切実)

  • 硫酸(AL/K)について

    買いたいと思っている石けんに、硫酸(AL/K)という成分が入っています。 この石けんは、界面活性剤などの化学物質無添加で天然成分100%と表記されてありますが、硫酸が入っていても天然成分100%といえるのでしょうか? このような表記に文句があるわけではなく、無添加の石けんを探していまして、硫酸が有害物質であるのか無いのかを知りたいです。 インターネットでも調べてみたのですが、イマイチ確信がもてません。 硫酸はどういったものなのか宜しくお願い致します。

  • 化学反応速度論の問題です。

    化学反応速度論の問題です。 化学物質AがBへ転化する不可逆反応で、次の化学量論式で表される。 2A → B (1)この反応速度の関して(1)~(5)のうち、最も適切なものはどれか?ただし、AとBの濃度はそれぞれ[A]、[B]で表し、k、k’、k”は反応速度定数を表す。 (1)化学物質Aの消失速度式Raは Ra=k[A]^2である。 (2)化学物質Aの消失速度式Raは Ra=k’[A]^1/2である。 (3)化学物質Bの生成速度式Rbは Rb=k”[B]である。 (4)化学物質Bの生成速度式RbはAの濃度に依存しない。 (5)説明の情報だけでは化学物質Aの消失速度式はわからない。 (2)(1)で(1)~(5)のうち、それを選んだ理由は? (1)が正解かなと思うのですが。。。 どなたか、教えて頂けませんか?随分昔に習ったので、すっかり忘れてしまいました。。。 宜しくお願い致します。

  • 自然塗料と謳ってる製品について

    無垢のオーク材の木目を残し塗装いたしたく、塗装方法と塗料を検索していましたところ、ドイツ製の「オスモカラー」と日本製「アサヒペン油性ナチュラルウッド」なるものに辿り着きました。いかし値段がずいぶん違っておりまして、輸入物と国産の違いだけでなく、そもそも両者「自然塗料」と謳っていますが全く別物の為違っているのか?又他にも理由があるのか?・・・どちら様か詳しい方ご教授下さい。 ちなみにオーク材のテーブル天板の旧塗膜を剥離後、自然塗料を塗り研磨し、オイルフィニッシュとして「キヌカ」という米から出来たオイルで仕上げようと思っております。