締切済み

3つの質問をします。

  • すぐに回答を!
  • 質問No.299323
  • 閲覧数30
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 0% (0/4)

この質問を工業高校の生徒にわかりやすく説明したいのですが、なかなか伝わりません。せっけん分子の3つの質問をどうやって説明していいか教えて下さい。
1.せっけん分子には2つの性質(疎水基と親水基)をもっていますが、疎水基は 電荷をもっていないため(無極性)油との溶解性が高いといわれています。親水 基は電荷をもっているため(極性)水と溶けやすいといわれます。それはなぜな のか教えて下さい。
2.せっけん分子の大きさをわかりやすく教えて下さい。
3.せっけん分子は汚れが1mm2あたりどのくらいの量(何個くらいつくのか?)が つくのか教えて下さい。
よろしくお願い致します。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1

1.
そすいきは.炭化水素と構造がほぼおなじ.だから油に溶けやすい。
しんすいきは.かい離して.COO-になるので.酢酸とほぼ同じ構造.だから水に溶けやすい。
(ここで.C数の違う炭化水素とカルボンさんの溶解度の表を見せながら).一つのCOO-と大きなCH2nの力関係ある
2.忘却.古い化学の教科書で.石鹸の単分子膜から定数を求める問題があったはずなので.そちらを参照してください。
3.「が」が2つあって.質問の意味が解釈不能。
  • 回答No.2
レベル6

ベストアンサー率 42% (3/7)

「工業科教育法」の単位ぐらい努力して取って下さい。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ